新井 宏之 (アライ ヒロユキ)

ARAI Hiroyuki

所属組織

大学院工学研究院 知的構造の創生部門

職名

教授

生年

1960年

研究分野・キーワード

移動体通信、アンテナ、マイクロ波

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.arailab.dnj.ynu.ac.jp

関連SDGs




代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【学術関係受賞】 第8回電波功績賞   1997年06月

    【学術関係受賞】 電子情報通信学会通信ソサイエティフェロー  2009年09月

    【学術関係受賞】 IEEE Fellow  2013年01月

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1982年03月

    東京工業大学   工学部   電気電子工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1987年03月

    東京工業大学  理工学研究科  電子物理工学専攻  博士課程  修了

  •  
    -
    1984年03月

    東京工業大学  理工学研究科  電子物理工学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士 -  東京工業大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   教授  

  • 2001年04月
    -
    2002年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   助教授  

  • 1991年04月
    -
    2001年03月

    専任   横浜国立大学   工学部   助教授  

  • 1989年04月
    -
    1991年03月

    専任   横浜国立大学   工学部   講師  

  • 2018年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院理工学府   数物・電子情報系理工学専攻   教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    2004年03月

      東京工芸大学   非常勤講師

  • 1987年04月
    -
    1989年03月

      東京工業大学   工学部   助手

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1987年04月
    -
    継続中
     

    IEEE

  • 1982年06月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会会員

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 電磁波工学、アンテナ工学、マイクロ波工学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • マイクロ波測定に関する研究

    研究期間:  - 

  • アンテナに関する研究

    研究期間:  - 

  • 移動体通信に関する研究

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 次世代無線通信に向けたアンテナ開発

    新井宏之 (担当: 監修 )

    シーエムシー出版  2020年10月 ISBN: 978-4-7813-152

  • 電波吸収体・電磁波シールド材の開発最前線─5Gに向けた設計と高性能化─

    橋本 修(監修), 三浦健司, 日高貴志夫, 正岡賢治, 須賀良介, 笠置映寛, 山本真一郎, 小畑 輝, 篠崎友花, 新井宏之, 道下尚文, 畠山賢一, 前田益利, 荻野 哲, 土屋明久, 菅 武, 近藤幸一, 五十嵐利行, 伊藤哲夫, 阿部正和, 小野裕司, 室賀 翔, 田中元志, 二川優平, 生井飛鳥, 大越慎一, 安住壮紀, 原田高志, 栗原 弘, 古神義則, 鈴木洋介, 太田英二郎, 二川佳央, 村上靖宜, 齋藤章彦, 長野利昭, 遠藤哲夫, 川瀬隆治 (担当: 共著 )

    シーエムシー出版  2020年07月 ISBN: 978-4-7813-1513-3

  • 電波工学基礎シリーズ 3波動伝送工学

    新井宏之,榊原久二男,太郎丸眞,藤森和博 (担当: 監修 )

    朝倉書店  2019年02月 ISBN: 978-4-254-22216-6

  • Sustainable Energy Harvesting Technologies - Past, Present and Future

    Chomora Mikeka, Hiroyuki Arai (担当: 共著 , 担当範囲: Design Issues in Radio Frequency Energy Harvesting System )

    InTech  2011年12月 ISBN: 978-953-307-438-2

  • アンテナ工学ハンドブック

    澤谷邦男、宇野亨、庄木裕樹、長敬三他 (担当: 共著 , 担当範囲: 編集幹事として取りまとめを担当.第3章主任,第4章副主任,第10章測定法の執筆 )

    電子情報通信学会,オーム社  2008年07月 ISBN: 978-4-274-205

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • A study of microwave circuits for RF heating in large tokamaks

    新井 宏之

      1987年03月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    東京工業大学 理工学研究科 電子物理工学専攻 核融合大型トカマク中のプラズマを電磁波加熱するために必要な,電磁波の伝送系に挿入される真空窓の理論的解析と,プラズマとの結合効率を改善する結合器についていくつかの候補を提案し,その特性を明らかにした。

  • 核融合プラズマ加熱用電磁波結合系の研究

    新井 宏之

      1984年03月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    東京工業大学 理工学研究科 電子物理工学専攻 核融合大型トカマク中のプラズマを電磁波加熱するために必要な,カットオフ導波管結合器を提案し,その特性を明らかにした。

論文 【 表示 / 非表示

  • Optical high-gain leaky-wave antenna by using a waffle-iron waveguide

    Kaneoka Shunichi, Iida Wataru, Hashiguchi Hiroshi, Baba Toshihiko, Arai Hiroyuki

    IEICE Electronics Express ( 一般社団法人 電子情報通信学会 )  18 ( 1 ) 20200411-1 - 20200411-4   2021年01月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>This paper presents a comparison of optical leaky-waveguide antennas, i.e., grating waveguide (GWG), waffle waveguide (WWG), and waffle-iron waveguide (WIWG), using both simulations and measurements. WIWG radiates a narrow beam that is tilted by sweeping the incident wavelength, and it possesses a higher antenna gain than GWG and WWG under the same fabrication condition. The reason is due to a slight difference in the effective index along the longitudinal sections, which provides a large aperture size for high antenna gain. We simulate the antenna characteristics and experimentally confirm the high antenna gain.</p>

    DOI CiNii

  • Compact Null Steering Antenna With Two Parasitic Elements for Angle-of-Arrival Estimation

    Tamura Jo, Arai Hiroyuki

    IEEE ANTENNAS AND WIRELESS PROPAGATION LETTERS ( Institute of Electrical and Electronics Engineers ({IEEE}) )  19 ( 7 ) 1123 - 1126   2020年07月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • A phase retrieval method with probe-positioning error compensation for phaseless near-field measurements

    SUGIMOTO Yoshiki, ARAI Hiroyuki

    IEICE Transactions on Communications ( 一般社団法人 電子情報通信学会 )    2020年07月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>The phaseless antenna measurement technique is advantageous for high-frequency near-field measurements in which the uncertainty of the measured phase is a problem. In the phaseless measurement, which is expected to be used in the frequency band with a short wavelength, a slight positional deviation error of the probe greatly deteriorates the measurement result. This paper proposes a phase retrieval method that can compensate the measurement errors caused by misalignment of a probe and its jig. And this paper proposes a far-field estimation method by phase resurrection that incorporated the compensation techniques. We find that the positioning errors are due to the random errors occurring at each measurement point because of minute vibrations of the probe; in addition, we determine that the stationary depth errors occurring at each measurement surface as errors caused by improper setting of the probe jig. The random positioning error is eliminated by adding a low-pass filter in wavenumber space, and the depth positioning error is iteratively compensated on the basis of the relative residual obtained in each plane. The validity of the proposed method is demonstrated by estimating the far-field patterns using the results from numerical simulations, and is also demonstrated using measurement data with probe-positioning error. The proposed method can reduce the probe-positioning error and improve the far-field estimation accuracy by more over than 10 dB.</p>

    DOI CiNii

  • Development of a 64 Gbps Si Photonic Crystal Modulator

    Hinakura Yosuke, Arai Hiroyuki, Baba Toshihiko

    IEICE Transactions on Electronics ( 一般社団法人 電子情報通信学会 )    2020年06月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>A compact silicon photonic crystal waveguide (PCW) slow-light modulator is presented. The proposed modulator is capable of achieving a 64 Gbps bit-rate in a wide operating spectrum. The slow- light enhances the modulation efficiency in proportion to its group index <i>n</i><sub>g</sub>. Two types of 200-μm-long PCW modulators are presented. These are low- and high-dispersion devices, which are implemented using a complementary metal-oxide-insulator process. The lattice-shifted PCW achieved low-dispersion slow-light and exhibited <i>n</i><sub>g</sub> ≈ 20 with an operating spectrum Δλ ≈ 20 nm, in which the fluctuation of the extinction ratio is ±0.5 dB. The PCW device without the lattice shift exhibited high-dispersion, for which a large or small value of <i>n</i><sub>g</sub> can be set on demand by changing the wavelength. It was found that for a large <i>n</i><sub>g</sub>, the frequency response was degraded due to the electro-optic phase mismatch between the RF signals and slow-light even for such small-size modulators. Meander-line electrodes, which bypass and delay the RF signals to compensate for the phase mismatch, are proposed. A high cutoff frequency of 55 GHz was theoretically predicted, whereas the experimentally measured value was 38 GHz. A high-quality open eye pattern for a drive voltage of 1 V at 32 Gbps was observed. The clear eye pattern was maintained for 50-64 Gbps, although the drive voltage increased to 3.5-5.3 V. A preliminary operation of a 2-bits pulse amplitude modulation up to 100 Gbps was also attempted.</p>

    DOI CiNii

  • ノッチ入り円形パッチを用いた FSS による電波吸収体

    篠崎友花, 新井宏之

    電子情報通信学会論文誌B ( 電子情報通信学会 )  103-B ( 2 ) 90 - 99   2020年02月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • アンテナ方式―無線通信の要求に応えてきたアンテナ素子の研究開発の変遷

    電子情報通信学会誌 ( 電子情報通信学会 )  99 ( 8 ) 799 - 804   2016年08月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

     概要を見る

    アンテナ方式の歴史的変遷の解説

  • 技術開発の歴史と未来予測

    日立国際電気技報2012年度版   ( 13 ) 1 - 5   2013年03月

    総説・解説(商業誌)   単著

     概要を見る

    無線技術の歴史とその将来動向の考察。

  • Small Antennas: Downsizing Techniques and Its Index Factor

    Trans. IEICE Japan   E88-B ( 5 ) 1801 - 1808   2005年05月

    総説・解説(その他)   単著

     概要を見る

    和文 "小形アンテナ:小形化手法とその評価法," 電子情報通信学会論文誌, vol. J87-B, no. 9, pp.1140-1148, 2004年9月.

  • FDTD解析における給電ピンの扱い

    電子情報通信学会論文誌   J86-B ( 9 ) 1775   2003年09月

    総説・解説(その他)   単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究専門委員会「功労賞」

    2019年06月20日   電子情報通信学会  

    受賞者:  新井宏之

  • Best Paper Award Third Prize

    2018年10月25日   2018 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2018)   Far Field from Hemispherical Near Field Measurements for Vehicular Mounted Antenna  

    受賞者:  BASIKOLO THOMAS, HIROYUKI ARAI,SATOSHI HORI,SHINYA IWANAGA 

     概要を見る

    BASIKOLO THOMAS, HIROYUKI ARAI Best Paper Award Third Prize 2018 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2018) ”Far Field from Hemispherical Near Field Measurements for Vehicular Mounted Antenna” 2018/10/25

  • IEEE International Conference on RFID-Technology and Applications presents Third Prize for the Best Paper Award

    2011年09月16日    

  • 2011 IEEE MTT-S International Microwave Workshop Series on Innovative Wireless Power Transmisson presents The Best Paper Award Silver

    2011年05月12日    

  • 電子情報通信学会通信ソサイエティフェロー

    2009年09月    

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Size Reduction of Optical Leaky Wave High Gain Antenna by Photonic Refector

    Hiroyuki Arai, Hiroshi Hashiguchi, Toshihiko Baba  [招待有り]

    The 13th European Conference on Antennas & Propagation 2019(Eucap2019)  (Krakow, Poland)  2019年04月05日   European Conference on Antennas & Propagation

  • Multi-beam scanning optical antenna system for 6G

    Hiroyuki Arai

    2019 Asian Workshop on Antennas and Propagation (AWAP2019)  (Seoul, Korea)  2019年04月24日   Asian Workshop on Antennas and Propagation

  • Dual Polarized Omni Cell Antenna with Cylindrical Loop Slot

    Rohani Bakar, Hiroyuki Arai

    2019 IEEE AP-S Symposium on Antennas and Propagation and USNC-URSI Radio Science Meeting (AP-S/URSI2019)  (Atlanta, Georgia, USA)  2019年07月07日   Antennas and Propagation and USNC-URSI Radio Science Meeting (AP-S/URSI2019)

  • Reflection Characteristic of Bent FSS Wave Absorber

    Yuka Shinozaki, Hiroyuki Arai

    IEEE International Workshop on Electromagnetics (iWEM2019)  (Qingdao, China)  2019年09月18日   IEEE International Workshop on Electromagnetics (iWEM2019)

  • Folded L-shaped circularly polarized antenna for Cube Sat

    Haruna Nagahara, Hiroyuki Arai

    IEEE International Workshop on Electromagnetics (iWEM2019)  (Qingdao, China)  2019年09月18日   IEEE International Workshop on Electromagnetics (iWEM2019)

全件表示 >>

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • パッシブ型28GHZ帯基地局アンテナの構成法の研究

    提供機関: 株式会社NTTドコモ  国内共同研究  

    研究期間: 2020年05月  -  2021年03月 

  • 基地局アンテナ指向性の全領域測定に関する研究

    提供機関: 有限会社NAZCA  国内共同研究  

    研究期間: 2020年03月  -  2021年03月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  システム設計実習

  • 大学院理工学府  先端電磁波設計F

  • 大学院理工学府  先端電磁波設計S

  • 大学院理工学府  先端電磁波解析F

  • 大学院理工学府  先端電磁波解析S

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • アンテナ・伝播研究専門委員会 若手奨励賞

    2019年06月20日   一般社団法人 電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究専門委員会  

    受賞者: 篠崎 友花

     概要を見る

    ノッチ入り円形パッチを用いたFSSによる電波吸収体

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2021年01月
     
     
    ISAP2020 Student Design Contest Judges’ Special Award   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    受賞者:林祐造, 楠瀬恭介(横浜国立大学大学院理工学府 博士課程前期2年) 指導教員:新井宏之 教授 受賞内容:課題に対するデザインコンテストにチームで参加し、優秀であったと評価された 授与団体:2020 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP 2020) 受賞年月:2021(R3)年1月28日

  • 2020年09月
     
     
    学生優秀発表賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    受賞者:篠崎良太(横浜国立大学大学院理工学府 博士課程前期1年) 指導教員:新井宏之 教授 受賞論文:「AMC基板の薄型に関する研究」 授与団体:一般社団法人 電子情報通信学会 アンテナ・伝播研究専門委員会 受賞年月:2020(R2)年9月24日

  • 2020年08月
     
     
    STUDENT PAPER AWARD   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    受賞者:篠崎友花(横浜国立大学大学院工学府 博士課程後期3年) 指導教員:新井宏之 教授 受賞論文:「A Study of NON-reciprocal Spatial Band Pass Filter」 授与団体:2020 IEEE International Workshop on Electromagnetics (iWEM 2020) 受賞年月:2020(R2)年8月26日

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • ISAP2020国際会議

    2018年01月
    -
    2020年12月

    その他   実行委員長

  • ISAP国際会議委員会

    2017年04月
    -
    2019年05月

    その他   委員長