荒木 拓人 (アラキ タクト)

ARAKI Takuto

所属組織

大学院工学研究院 システムの創生部門

職名

教授

生年

1975年

ホームページ

http://arakilab.ynu.ac.jp/



出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年

    京都大学   工学部   物理工学科 機械システム学コース  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2003年

    京都大学  工学研究科  機械工学専攻  博士課程  修了

  •  
    -
    2000年

    京都大学  工学研究科  機械工学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  京都大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   システムの創生部門   教授  

  • 2007年04月
    -
    2020年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   システムの創生部門   准教授  

  • 2020年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院工学府   システム統合工学専攻   教授  

  • 2020年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   理工学部   機械工学・材料系学科   教授  

  • 2020年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   理工学部   機械・材料・海洋系学科   教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年01月
    -
    2007年03月

      豊橋技術科学大学   電気電子工学系   助手

  • 2003年07月
    -
    2003年12月

      カリフォルニア大学ロサンゼルス校   日本学術振興会特別研究員

  • 2002年04月
    -
    2003年06月

      京都大学機械工学専攻   /

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本伝熱学会

  •  
     
     
     

    日本機械学会

  •  
     
     
     

    電気化学会

  •  
     
     
     

    電気学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 流体工学

  • 熱工学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Fuel Cells and Hydrogen: From Fundamentals to Applied Research

    Viktor Hacker, Shigenori Mitsushima et al. (担当: 単著 )

    Elsevier  2018年08月 ISBN: 0128114592

    Amazon

  • Advanved Studies of Polymer Electrolyte Fuel Cells

    Shigenori Mitsushima, Takuto Araki, Ken-ichiro Ota, Viktor Hacker, Matthuasus Siebenhofer (担当: 共著 )

    TU Graz  2015年11月

     概要を見る

    固体高分子形燃料電池に関して,電気化学的な基礎,熱物質輸送,モデリング,設計,評価手法,社会実装など包括的に解説した. 特に燃料電池内の熱流体・物質輸送現象について,基礎となる方程式から解説し,実際の測定手法についても詳述した.さらに,それらを組み合わせた数値解析手法とその結果について説明した.

  • LiBの高容量・高耐久化のための電極-電解液(質)の界面制御技術と解析・評価法

    荒木拓人 他104名 (担当: 共著 , 担当範囲: 第3章2節を担当. )

    技術情報協会  2015年02月

     概要を見る

    リチウムイオンバッテリーの発熱特性の評価要因としてのインピーダンス測定法について具体例を用いながら解説した.

  • 電気化学/インピーダンス測定のノウハウと正しいデータ解釈

    荒木拓人 他 97名 (担当: 共著 , 担当範囲: 第2章第2節第23項を担当 )

    技術情報協会  2013年06月

     概要を見る

    リチウムイオン二次電池のインピーダンス測定の実際について,実例を交えながら解説した.特に二次電池は測定中に内部状態(SOC)が変化するため,定電流測定の結果をSOCごとに整理することで簡便に正確なインピーダンスを測定できることを示した.

学位論文 【 表示 / 非表示

  • マイクロスケール流路内の気体の熱流動特性

    荒木 拓人

      2003年03月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    京都大学 工学研究科 マイクロスケール流れにおける熱流動特性を実験と解析両面から包括的に明らかにした。

  • マイクロチャネル内気体流れの圧力損失特性に関する実験的研究

    荒木 拓人

      2000年03月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    京都大学 工学研究科 マイクロチャネル内流れの摩擦特性について実験的に明らかにした。

論文 【 表示 / 非表示

  • Measurement of temperature difference on catalyst layer surface under rib and channel in PEFC using micro sensors

    Yota Otsuki, Kaito Shigemasa, Takuto Araki

    International journal of heat and mass transfer   160   120169-1 - 120169-8   2020年10月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Influence of the Diffusion Media Structure for the Bubble Distribution in Direct Formic Acid Fuel Cells

    Watanabe Konosuke, Araki Takuto, Tsujiguchi Takuya, Inoue Gen

    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY   167 ( 13 ) 134502   2020年09月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • プロトン伝導体/酸化物イオン伝導体形水蒸気電解による水素製造システムの効率検討

    李 坤朋, 荒木 拓人, 森 昌史

    燃料電池,   20 ( 1 ) 76 - 83   2020年07月  [査読有り]

    共著

  • Effect of water distribution in gas diffusion layer on proton exchange membrane fuel cell performance

    Like Yue, Shixue Wang, Takuto Araki, Yoshio Utakaa, Yulin Wang

    International Journal of Hydrogen Energy     2020年07月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • 粉体成膜プロセス研究のハイスループット化のためのデータ駆動型粉体プロセス・インフオマテイクス

    長藤圭介, 井上元, 荒木拓人, 黒田義之, 辻口拓也, 長隆之

    機械の研究 ( 養賢堂 )  72 ( 7 ) 5 - 10   2020年07月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 電気学会優秀論文発表賞

    2008年03月    

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 固体高分子形水電解で発生する酸素気泡の可視光カメラによる挙動観察

    中山 武志, 渡邊 孝之介, 荒木 拓人

    動力・エネルギー技術の最前線講演論文集 : シンポジウム  2019年   一般社団法人 日本機械学会

     概要を見る

    In order to construct a hydrogen energy system, water electrolysis technology for converting renewable energy into hydrogen has recently attracted attention. In particular, a proton exchange membrane (PEM) water electrolysis can be operated at high current density and can produce high purity hydrogen compared to other water electrolysis techniques. However, increasing th0e efficiency is indispensable for putting PEM water electrolysis into practical use in the future. One of the serious problems is that the staying of generated oxygen bubbles in the reaction site inhibits the water supply and significantly reduces the reaction efficiency. However, the mechanism of generation, growth and detachment of oxygen bubbles on the reaction site in the PEM electrolyzer has not been clarified. Therefore, in this research, in order to understand the two-phase flow phenomenon of this oxygen bubble, the behavior of the bubbles was observed using a visible light high-speed camera and a visualized electrolysis cell.

    DOI CiNii

  • 供給ガス中の酸素濃度が共電解SOECシステム効率へ与える影響

    河村 駿希, 太田篤人, 荒木拓人, 森昌史

    第28回日本MRS年次大会  (北九州国際会議場)  2018年12月18日  

  • Improved Sensitivity of Thin Film Sensor for Humidity Measurement inside a Operating PEMFC

    N. Hasegawa, Y. Otsuki, M. Kurosu, and T. Araki

    Power MEMS 2018  (Miami USA)  2018年12月06日  

  • Visualization and multi-physical analysis of two phase flow inside Electrochemical energy devices

    Konosuke Watanabe, Takuto Araki

    2nd International Workshop on Phase Interfaces for Highly Efficient Energy Utilization  (Baltimore Marriott InnerHarborat Comden Yard (MD, USA))  2018年11月26日  

  • Multi-physical approach for fuel cells

    Takuto ARAKI  [招待有り]

    2nd International Workshop on Phase Interfaces for Highly Efficient Energy Utilization  (Baltimore Marriott InnerHarborat Comden Yard (MD, USA))  2018年11月26日  

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  先端燃料電池技術

  • 大学院理工学府  熱流体システム製作B

  • 大学院理工学府  熱流体システム製作A

  • 大学院理工学府  熱流体システム設計B

  • 大学院理工学府  熱流体システム設計A

全件表示 >>