有吉 亮 (アリヨシ リョウ)

ARIYOSHI Ryo

所属組織

大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門

職名

特任教員(准教授)

関連SDGs



学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2014年9月

    横浜国立大学   都市イノベーション学府   都市イノベーション専攻   博士課程   修了

  •  
    -
    2004年3月

    横浜国立大学   工学部   土木工学科   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) - 横浜国立大学

  • 修士(工学) - 横浜国立大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション研究院   都市イノベーション部門   特任教員(准教授)  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2005年
    -
    現在
     

    土木学会

  • 2011年
    -
    現在
     

    日本都市計画学会

  • 2005年
    -
    現在
     

    交通工学研究会

  • 2020年
    -
    現在
     

    日本建築学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 土木計画学、交通工学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 技術士(建設)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 持続可能なモビリティシステムの社会実装に関する研究

    研究期間: 2014年10月 - 現在

著書 【 表示 / 非表示

  • 交通サービスの革新と都市交通計画

    髙見淳史, 有吉亮, 谷口守( 担当: 共著)

    公益社団法人日本交通政策研究会  2018年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 自家用車による送迎需要とアクセシビリティ特性の関係性の研究

    有吉 亮( 担当: 単著)

    公益社団法人日本交通政策研究会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

論文 【 表示 / 非表示

  • Public Transport Trends and Environmentally Sustainable Transport Acceptance During the COVID-19 Pandemic in the Philippines

    GARCIA Maria, NAKAMURA Fumihiko, TANAKA Shinji, MATSUYUKI Mihoko, ARIYOSHI Ryo

    Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies   14 ( 0 )   90 - 107   2022年3月

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Eastern Asia Society for Transportation Studies   共著  

  • An Integration of Social Protection, Disaster Risk Reduction, and Climate Change Adaptation in Disaster Policy, Plan and Program: A Review on Global Discourse and Case Study of Indonesia

    FITRINITIA Irene S, MATSUYUKI Mihoko, NAKAMURA Fumihiko, TANAKA Shinji, ARIYOSHI Ryo

    土木学会論文集D3(土木計画学)   78 ( 6 )   II_302 - II_314   2022年

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会   共著  

  • コンパクトシティ政策の交通行動・都市サービスへのアクセス面での効果に関する研究

    龍野 杏奈, 松行 美帆子, 中村 文彦, 田中 伸治, 有吉 亮

    都市計画論文集   56 ( 3 )   795 - 802   2021年10月

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本都市計画学会   共著  

    <p>本研究では、コンパクトシティ政策を推進している富山市を対象として、富山市のコンパクトシティ政策の交通行動面、都市サービスへのアクセス面に関する効果を検証し、その効果とコンパクトシティ政策の要素との関係を検討することを目的としている。富山市におけるアンケート調査を行い、立地適正化計画における居住誘導区域の内と外で比較を行った。その結果、居住誘導区域外では、居住誘導区域内に比べて1.2倍ほど自家用車の走行距離や自家用車利用率は高いが、区域内であっても多くの人が車中心の生活をしていることが分かった。また、現時点ではスーパーや内科へのアクセス困難を感じていない人が9割近くを占めるが、将来の移動や都市サービスへの不安を感じている人は区域内で4割、区域外で6割存在していることが明らかになった。また、都市サービスへのアクセス困難性は、コンパクトシティ政策の中でも特に「拠点エリアへの都市機能の誘導」、「公共交通沿線への居住の誘導」が影響していることが明らかになった。</p>

  • 「場」の機能に配慮した国内大都市のバス停周辺環境のあり方に関する研究

    三浦 詩乃, 吉田 宗人, 田中 伸治, 有吉 亮

    日本建築学会計画系論文集   86 ( 781 )   949 - 959   2021年3月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本建築学会   共著  

    <p> Enhancing the function of "place" is key to generate "user-oriented design". The research aims to clarify the spatial elements and their appropriate layout of the built environment surrounding bus stops co-existing with the function of "place" for street users, in consideration of dense Japanese urban contexts.</p><p> First, it conducted a literature review on international placemaking schemes. It found that a practical scheme named "Thinking beyond the Station" indicates there are 4 points of the index to measure the performance of "places". Subsequently, the research intended to find out how current bus stops in Japan perform as "place" for residents and bus users from the viewpoints of such place performance index and to designate the appropriate planning and management scheme.</p><p> Edogawa ward in Tokyo was selected as a case study site since it is a Japanese representative transit environment planning case coordinated with neighbor open spaces. The policy in the 1980s in the Edogawa ward prepared a comprehensive bus stop design scheme involving private landowners which are not seen in the general standards in other cities. The cross-tabulation and multivariate analysis were implemented, applying the findings of the questionnaire and field survey to collect both subjective data of users' opinions to the bus stop environment and objective data of users' activity. As a result, bus users tend to access just before the arrival time of buses. The waiting time is short due to the relatively high frequency of arrival of the bus. The number of daily users in the pocket park portion is less than 30%. Therefore, even there is a possibility that the issue of the pocket park was underestimated because there are many respondents with not much experience of use, the majority of the users pointed out no significant issues. Besides, it was suggested that the recognition of the pocket parks would lead to an increase in interest in management. The objective data revealed "private sector cooperation for bench installation" and "installation in front of the facility which is open to the general public" affect choices for staying. Because the R2 value is rather small, the observation survey at another sample in the Setagaya ward was also conducted to consider the additional possible factors to induce the user's activities. The result suggested that "visual information of approaching bus", "depth and room of open space", "connection with a building or waiting space in building" may influence the length of use time.</p><p> The paper concluded that the frontage land use and location of the seating facility might influence users' stational activities by the results above. The mechanism to foster attachment to the place is also considered as keys to a better place. The spatial design scheme in Edogawa has shaped less attachment to the transit environment by local users and neighbors even though it has achieved most of the place performance index. The lack of attachment causes some cases of the abolition of agreement with landowners. The usage time associated with public transportation is too short time to gather interests in the environment. The mechanism should include a particular process to create recognition as a local open space. It also indicated the necessity of the lower limit setting of the size as an integrated open space to keep the quality of place.</p>

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008007303

  • 道路網の段階構成に着目したバスの走行経路の評価に関する研究

    加藤 慶太, 田中 伸治, 中村 文彦, 有吉 亮, 三浦 詩乃

    土木学会論文集D3(土木計画学)   76 ( 5 )   I_1013 - I_1021   2021年  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会   共著  

    <p>1963年に英国で,居住環境の向上などを目的として道路網の段階構成が提案された.この考え方は日本をはじめとした世界の道路政策に影響を与えているが,バスが通るべき道路の基準が明示されていない.また,わが国におけるバス路線の決定方法は沿線の需要に基づいており,道路網の段階構成については検討されていない.本研究ではバスはどの段階の道路を通るべきかを明らかにすることを目的として,段階的な道路網を持つ多摩ニュータウンを対象に,バスの走行経路に関して事業者・利用者の観点から評価を行った.バスの走行距離,系統数や利用者の歩行距離,所要時間のトレードオフの関係を示し,バスは事業者の観点では制限速度50km/hの道路を走行すること,利用者の観点では40km/hの道路を走行することが望ましいことを明らかにした.</p>

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008027938

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 誰もが笑顔で移動できる世界を目指して

    有吉亮

    建設機械   2020年11月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:日本工業出版株式会社   単著  

  • 誰もが笑顔で移動できる世界を目指して  ─Universal MaaSが拓く公共交通サービスの未来─

    有吉亮

    土木学会誌   105 ( 5 )   28 - 29   2020年5月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会   単著  

  • 地域の持続力を高める協働・共有型モビリティシステム―大都市郊外地域への展開を見据えて

    有吉亮

    都市計画   69 ( 3 )   50 - 51   2020年5月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本都市計画学会   単著  

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 交通対応型ICTプラットフォームによる都市のリデザイン研究

    2013年10月 - 現在

    科学技術振興機構  JSTセンター・オブ・イノベーション(COI)プログラム

    代表者:有吉亮

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 成熟社会に対応した郊外住宅市街地の再生技術の開発 技術研究開発検討会

    2019年 - 現在  委員

     詳細を見る

    委員区分:政府 

  • ヨコスカ・スマートモビリティ・チャレンジ

    2019年 - 現在  委員

     詳細を見る

    委員区分:自治体 

  • スマートウェルネス住宅等推進モデル事業評価委員会

    2019年 - 2020年3月  委員

     詳細を見る

    委員区分:政府 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT) 「地域共創分野」シンポジウム

    役割:パネリスト

    科学技術振興機構  2021年3月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業, 行政機関

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 2020年度 第6回 ITS Japanコミュニティプラザ

    役割:講師

    ITS JAPAN  2021年3月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  • 2020年度第6回エネルギー政策懇話会「モビリティとエネルギーの協調による事業スキームとサステイナビリティへの貢献可能性」

    役割:講師

    一般社団法人エネルギー・資源学会  2021年3月

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:セミナー・ワークショップ

  • e-JAMP CONFERENCE~先端モビリティを体感するための地方公共団体向けカンファレンス~

    役割:パネリスト

    経済産業省 関東経済産業局  2021年2月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  • 持続可能なモビリティシステム研究拠点シンポジウム2020

    役割:パネリスト, 司会

    横浜国立大学 持続可能なモビリティシステム研究拠点  横浜市  2020年12月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者, 社会人・一般, 企業, 行政機関

    種別:セミナー・ワークショップ

全件表示 >>

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 令和 2 年度 神奈川県共生社会仕組みづくり外出支援モデル事業 地域住民向け説明会(綾西地区)

    役割:その他

    綾瀬市綾西自治会  2021年3月

     詳細を見る

    種別:その他 

ベンチャー企業設立 【 表示 / 非表示

  • LocaliST株式会社

    2018年5月

    サービス業