跡部 真人 (アトベ マヒト)

ATOBE Mahito

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

職名

教授

生年

1969年

研究キーワード

電解合成、電解重合、有機電気化学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.atobe-lab.ynu.ac.jp

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0002-3173-3608

代表的な業績 【 表示 / 非表示

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年9月

    東京工業大学   総合理工学研究科   電子化学専攻   博士課程   中退

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) - 東京工業大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   教授  

  • 2010年7月
    -
    2019年3月

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   人工環境と情報部門   教授  

  • 2019年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院理工学府   化学・生命系理工学専攻   教授  

  • 2011年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   理工学部   化学・生命系学科   教授  

  • 2010年7月
    -
    2019年3月

    併任   横浜国立大学   大学院環境情報学府   環境システム学専攻   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年3月
    -
    2010年6月

      東京工業大学   大学院総合理工学研究科   准教授

  • 2002年7月
    -
    2007年2月

      東京工業大学   大学院総合理工学研究科   講師

  • 1996年10月
    -
    2002年7月

      東京工業大学   大学院総合理工学研究科   助手

  • 1996年4月
    -
    1996年9月

      日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2015年1月
    -
    現在
     

    高分子学会

  • 2014年1月
    -
    現在
     

    American Chemical Society

  • 2010年1月
    -
    現在
     

    有機合成化学協会

  • 2010年1月
    -
    現在
     

    International Society of Electrochemistry

  • 2007年4月
    -
    現在
     

    電気化学会電解技術委員会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 有機合成化学

  • ナノテク・材料 / グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学

  • ナノテク・材料 / エネルギー化学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 特殊反応場(超音波場、遠心場、イオン液体、超臨界流体)における有機電極反応プロセスの開拓

    科学研究費補助金  

    研究期間:

  • 導電性高分子ナノ材料の創製

    科学研究費補助金  

    研究期間:

  • 環境調和型電解合成プロセスの開拓

    科学研究費補助金  

    研究期間:

  • マイクロフロー電気化学に関する研究

    科学研究費補助金  

    研究期間:

  • 固体高分子電解質電解技術を利用する有機電解合成

    JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)  

    研究期間: 2018年10月 - 現在

著書 【 表示 / 非表示

  • フローマイクロ合成の最新動向

    深瀬浩一(監修), 永木愛一郎(監修), 跡部真人( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2021年8月  ( ISBN:978-4-7813-1615-4

     詳細を見る

    総ページ数:250   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Middle Molecular Strategy: Flow Synthesis to Functional Molecules

    Fukase, Koichi, Doi, Takayuki (Eds.), Mahito Atobe, Naoki Shida( 担当: 共著 ,  範囲: Development of Novel Organic Electrosynthetic Processes Using Electrochemical Flow Microreactor)

    Springer Nature  2021年7月  ( ISBN:978-981-16-2457-5

     詳細を見る

    総ページ数:357   担当ページ:297-308   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Modern Electrosynthetic Methods in Organic Chemistry

    Frank MARKEN, Mahito ATOBE( 担当: 共著)

    CRC Press  2019年1月  ( ISBN:978-1-4822-4916-3

     詳細を見る

    総ページ数:1-182   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Fundamentals and Application of Organic Electrochemistry: Synthesis, Materials, Devices

    Toshio FUCHIGAMI, Mahito ATOBE, Shinsuke INAGI( 担当: 共著)

    Wiley  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 第14章 電解反応, フロー・マイクロ合成

    ( 担当: 単著)

    化学同人  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 超音波照射場における有機電極反応

    跡部真人

    1998年10月

    学位論文(博士)   単著    [査読有り]

論文 【 表示 / 非表示

  • Anodic Substitution Reaction of Carbamates in a Flow Microreactor Using a Stable Emulsion Solution

    Mikami Rio, Nakamura Yuto, Shida Naoki, Atobe Mahito

    REACTION CHEMISTRY & ENGINEERING   2021年10月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry ({RSC})   共著  

    その他リンク: https://doi.org/10.1039/D1RE00403D

  • Electrocatalytic Hydrogenation of Benzoic Acids in a Proton-exchange Membrane Reactor

    Fukazawa Atsushi, Shimizu Yugo, Shida Naoki, Atobe Mahito

    ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY   19 ( 34 )   7363 - 7368   2021年9月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry ({RSC})   共著  

    その他リンク: https://doi.org/10.1039/D1OB01197A

  • Integrated Flow Synthesis of α-Amino Acids by In Situ Generation of Aldimines and Subsequent Electrochemical Carboxylation

    Yuki Naito, Yuto Nakamura, Naoki Shida, Hisanori Senboku, Kenta Tanaka, Mahito Atobe

    The Journal of Organic Chemistry   2021年6月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS   共著  

  • Electrochemical Trimerization of Catechol to 2,3,6,7,10,11-Hexahydroxytriphenylene Using a Flow Microreactor

    NAKAMURA Yuto, SATO Yasushi, SHIDA Naoki, ATOBE Mahito

    Electrochemistry   89 ( 4 )   395 - 399   2021年5月  [査読有り]

    DOI CiNii

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 電気化学会   共著  

    <p>In this study, we report one step electrochemical trimerization of catechol to 2,3,6,7,10,11-hexahydroxytriphenylene (HHTP) for the first time. Electrochemical trimerization was demonstrated in a flow microreactor, which offers advantages for reaction screening owing to short reaction time and small reaction scale, as well as avoiding the further oxidation of HHTP. The use of 1,1,1,3,3,3-hexafluoro-2-propanol (HFIP) as a solvent was essential for the efficient production of HHTP. Computational simulation, p<i>K</i><sub>a</sub> calculation, and electrochemical measurements gave some important insights into the mechanism of the electrochemical oxidation of catechol in HFIP.</p>

    その他リンク: https://doi.org/10.5796/electrochemistry.21-00053

  • Electrolytic Oxidation of 1H-1,2,4-Triazole, 3-Amino-1,2,4-Triazole, and 4-Amino-1,2,4-triazole for Energetic Material Synthesis

    Mori Kanae, Kumasaki Mieko, Atobe Mahito

    SCIENCE AND TECHNOLOGY OF ENERGETIC MATERIALS   82 ( 2 )   44 - 49   2021年5月  [査読有り]

    DOI Web of Science CiNii

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 火薬学会   共著  

    In order to change the energy release properties of energetic materials by altering the electronic state, the electrolytic oxidation of azoles with sodium perchlorate was carried out at conditions determined by linear sweep voltammetry. The change in electronic state due to the electrolytic oxidation was verified using ultraviolet spectroscopy. The thermal stability of products was investigated using sealed cell differential scanning calorimetry and thermogravimetricdifferential thermal analysis. The electrolytic oxidation provided products whose onset temperatures of peaks differed from those of reactant azoles. The electrolytic oxidation destabilized 1,2,4-triazole (TA) and 4-amino-1,2,4-triazole (4ATA), but increased the stability of 3-amino-1,2,4-triazole (3ATA). However, distinct exothermic peaks were observed and <i>Q<sub>DSC</sub></i> significantly increased for all triazole products. The gasification rates increased by more than 50 % due to electrolytic oxidation. In particular, electrolytic oxidized TA with perchlorate reached 99.5 % of gasification rate. These results confirmed that electrolytic oxidation is a promising method for developing new energetic materials with favorable energy release properties.

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008037386

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 固体高分子膜電解によるエネルギーキャリアとしての有機ハイドライド合成と膜電解技術の応用

    光島重徳、長澤兼作、跡部真人

    触媒   63 ( 8 )   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:触媒学会   単著  

  • History of ECSJ Awards and Introduction of Award Winners in 2021

    Mahito ATOBE, Minoru MIZUHATA

    Electrochemistry   89   21-00102   2021年9月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:電気化学会   共著  

  • タンデム式超音波乳化法が拓く新たなポリマーナノ粒子合成

    跡部真人、越野美春、白石幸秀、信田尚毅

    化学工学   85 ( 4 )   236 - 238   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:化学工学会   単著  

  • 固体高分子電解質電解技術が拓く新たな有機電解合成プロセス

    跡部真人、深澤 篤、信田尚毅

    触媒   63 ( 3 )   148 - 152   2021年3月  [査読有り]  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:触媒学会   共著  

  • フローが拓く新たな有機電解合成

    跡部真人,田中健太

    化学と工業   72   印刷中   2019年6月  [査読有り]  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:日本化学会   共著  

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • アルデヒド製造装置、およびアルデヒド製造法

    佐藤康司、跡部真人、伊土悠人、深澤篤

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 横浜国立大学、ENEOS株式会社

    出願番号:特願2021-030197  出願日:2021年2月26日

    出願国:国内  

  • 水素化電極触媒

    井上秀男、黒瀬裕、光島重徳、跡部真人、長澤兼作、黒田義之

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人横浜国立大学、石福金属興業株式会社

    出願番号:特願2020-003065  出願日:2020年1月10日

    出願国:国内  

  • 光学活性化合物の製造装置及び製造方法

    橋本康嗣、佐藤康司、跡部真人、深澤 篤、簑島樹里

     詳細を見る

    出願人:JXTGエネルギー株式会社、横浜国立大学

    出願番号:特願2018-021155  出願日:2018年2月8日

    出願国:国内  

  • シス-アルケンの製造装置及び製造方法

    橋本康嗣、佐藤康司、跡部真人、深澤 篤、簑島樹里

     詳細を見る

    出願人:JXTGエネルギー株式会社、横浜国立大学

    出願番号:特願2018-021153  出願日:2018年2月8日

    出願国:国内  

  • シス-二置換非芳香族化合物の製造装置及び製造方法

    橋本康嗣、佐藤康司、跡部真人、深澤 篤、簑島樹里、清水祐太郎

     詳細を見る

    出願人:JXTGエネルギー株式会社、横浜国立大学

    出願番号:特願2018-021154  出願日:2018年2月8日

    出願国:国内  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 手島精一記念研究賞(著述賞)

    2020年02月   国立大学法人 東京工業大学   Fundamentals and Application of Organic Electrochemistry: Synthesis, Materials, Devices(Wiley出版)  

    受賞者:  跡部真人

  • 文部科学大臣表彰 若手科学者賞

    2009年04月    

  • 電気化学会電解科学技術委員会工業電解奨励賞

    2007年11月    

  • 日本化学会関東支部大会優秀講演賞

    2007年10月    

  • 有機電子移動化学奨励賞

    2007年06月    

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 有機合成反応の自動化を指向したフローマイクロ電解合成技術の創製

    2021年10月 - 現在

    科学研究費補助金  学術変革領域研究(A)

    代表者:跡部真人

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 革新的酸化反応プロセスの構築を指向するカラムフロー電解基盤技術の創出

    2020年7月 - 現在

    科学研究費補助金  挑戦的研究 (萌芽)

    代表者:跡部真人

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    本研究では既往の酸化反応プロセスに代わり得る化学品生産プロセスの構築を目指し、常温・常圧でありながら電位制御により高度な酸化反応が実施でき、連続的かつ効率的な生産も実現できるカラムフロー電解基盤技術を世界に先駆け創出する。
    このような目的を達成するために本研究課題では、カラムフロー電解による酸化反応プロセスを高効率かつ省エネルギー的に実施するためのカーボン基体材料や電極触媒(金属微粒子)などの要素材料の開発を行い、加えて、反応適用性などの知見拡充を図るとともに実用化を指向したカラムフロー電解モジュールの大型化のための技術基盤の整備も行う。

  • 活性種の時空間制御が可能なフロー電解反応を基軸とする多段階連続反応システムの創製

    2020年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    代表者:跡部真人

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    マイクロフロー技術は、これまで反応に用いることが難しかった化学種を制御、利用できる可能性を秘めており、これによる多段階連続反応システムの開発が注目されている。
    本研究課題では電気化学的に発生させた活性種・中間体あるいは不安定な電解反応基質をマイクロフロー技術により時間的・空間的に制御し、これを利用することで、従来法では決して実現できない全く新しい高効率・高選択的な多段階連続反応システムを創製する。

  • 有機電解反応の集積化

    2015年6月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

    代表者:跡部 真人

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    本研究は反応場が微小空間であるマイクロリアクターの特徴を利用し、電気化学的に発生させた高活性中間体を時間的・空間的に制御することで、従来のバッチ型の電解セルでは決して実現できない生産性を兼備した全く新しい電解合成反応や電解システムの構築を目指すものである。具体的には「マイクロリアクター内の液-液平行流を利用した高効率的な電解反応プロセスの開発」および「電解反応をキーステップとする連続フロー反応システムの開発」の2テーマを主に展開した。これらの研究を通じて、電解プロセスへのマイクロリアクターの適用は、全く新しい電解合成反応や電解システムの構築に繋がる画期的な合成技術に成りうることを検証した。

  • タンデム式超音波乳化法による分散剤フリーナノエマルション創製技術の開発

    2015年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    代表者:跡部 真人

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    本研究では界面活性剤や乳化安定剤といった化学的な分散剤を一切用いることなく、周波数の異なる超音波を逐次的に照射するだけで、透明でしかも安定なナノエマルション作製を可能にする新技術「タンデム式超音波乳化法」の開発を行った。また、得られた各種ナノエマルションを高分子材料合成のテンプレートへと展開し、機能性材料の創製に繋げた。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 固体高分子電解質電解技術に基づく革新的反応プロセスの構築

    2018年10月 - 2024年3月

    科学技術振興機構  JST-CREST

    代表者:跡部真人

  • 有機ハイドライド電解合成用電極触媒の研究開発

    2017年4月 - 2018年3月

    経済産業省  NEDOエネ環

    代表者:跡部真人

  • 有機ハイドライド電解合成

    2014年7月 - 2017年3月

    科学技術振興機構  SIP

    代表者:跡部真人

  • 再生可能エネルギー利用の拡大に資する次世代有機ハイドライド技術

    2013年7月 - 2014年7月

    科学技術振興機構  JST-ALCA

  • 超音波電解重合を援用する固体電解コンデンサの製法

    2008年6月 - 2010年3月

    民間財団等  共同研究費

    代表者:跡部真人

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Electrocatalytic Semihydrogenation of Alkynes in a PEM Reactor with Pt-Pd Alloy Cathode Catalysts

    Shuji Nogami, Atsushi Fukazawa, Naoki Shida, Kensaku Nagasawa, Hideo Inoue, Shigenori Mitsushima, Mahito Atobe

    Pacifichem 2021  (オンライン)  日本化学会 他

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  • PEM型リアクターを利用した一置換シクロヘキサノン類の立体選択的電解水素化反応

    清水勇吾、深澤篤、信田尚毅、跡部真人

    第45回電解技術討論会  (オンライン)  電気化学会電解科学技術委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • Anodic Substitution Reaction of Carbamates in a Flow Microreactor Using a Tandem Acoustic Emulsified Solution

    Rio MIKAMI, Yuto NAKAMURA, Naoki SHIDA, Mahito ATOBE

    ESS-JSS-AOSS 1st Joint Sonochemistry Conference  日本ソノケミストリー学会 他

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • タンデム超音波乳化により作製された安定なエマルション溶液を活用するカルバメート類のマイクロフロー陽極置換反応

    三上莉桜、中村悠人、信田尚毅、跡部真人

    第30回ソノケミストリー討論会  (オンライン)  日本ソノケミストリー

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  • 安定な二相エマルション溶液を活用するカルバメート類のマイクロフロー陽極置換反応

    三上莉桜、中村悠人、信田尚毅、跡部真人

    第11回CSJ化学フェスタ  (オンライン)  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • Electrochemistry

    編集理事・副編集長 

    2020年3月
    -
    現在
     

  • Ultrasonics Sonochemistry

    Editorial Board Member 

    2018年1月
    -
    現在
     

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 有機電解合成に関する研究

  • マイクロフロー電解に関する研究

  • 超音波乳化に関する技術

  • 多孔質基体への電解重合

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 生体内代謝反応を再現する有機電解法の開発

    提供機関: 住友化学株式会社  学内共同研究  

    研究期間: 2020年04月  -  2021年12月 

  • マイクロリアクターを用いた短寿命活性種の捕捉に関する研究

    提供機関: 三菱ケミカル株式会社  学内共同研究  

    研究期間: 2019年07月  -  2019年12月 

  • 生体内で起こる代謝反応の再現が可能な有機電化処理方法の開発

    提供機関: 住友化学株式会社  学内共同研究  

    研究期間: 2018年10月  -  2020年3月 

  • 導電性高分子の電解重合法最適化

    提供機関: パナソニック株式会社  学内共同研究  

    研究期間: 2018年07月  -  2020年7月 

  • 超音波アシスト重合に関する研究

    提供機関: 株式会社クラレ  学内共同研究  

    研究期間: 2018年04月  -  2019年3月 

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年度   環境調和有機合成プロセス学演習

    大学院環境情報学府

  • 2021年度   エネルギー化学演習BF

    大学院理工学府

  • 2021年度   エネルギー化学演習BS

    大学院理工学府

  • 2021年度   有機電気化学特論

    大学院理工学府

  • 2021年度   有機化学Ⅰ

    理工学部

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学ベストティーチャー賞

    2014年06月03日   横浜国立大学  

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2021年06月
     
     
    第10回JACI/GSCシンポジウム GSCポスター賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:内藤有貴(横浜国立大学大学院理工学府 博士課程前期2年) 指導教員:跡部真人 教授 受賞論文:「脱水反応と電解カルボキシル化によるα-アミノ酸の連続フロー合成」 授与者:公益社団法人 新化学技術推進協会 受賞年月:2021(R3)年6月29日

  • 2021年06月
     
     
    第14回 GSC Student Travel Grant Award   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:野上周嗣(横浜国立大学大学院理工学府 博士課程前期2年) 指導教員:跡部真人 教授 受賞論文:「PEM型リアクターを利用したPtPd/C触媒によるアルキン類の選択的部分水素化反応」 授与者:公益社団法人 新化学技術推進協会 受賞年月:2021(R3)年6月28日

  • 2021年06月
     
     
    第45回有機電子移動化学討論会優秀ポスター賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:内藤有貴(横浜国立大学大学院理工学府 博士課程前期2年) 指導教員:跡部真人 教授 受賞論文:「CO2を炭素源に用いる芳香族及び脂肪族アミノ酸の連続フロー合成」 授与者:第45回有機電子移動化学討論会 実行委員長 受賞年月:2021(R3)年6月25日

  • 2021年06月
     
     
    第45回有機電子移動化学討論会優秀ポスター賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:吉永昌平(横浜国立大学大学院理工学府 博士課程前期1年) 指導教員:跡部真人 教授 受賞論文:「超原子価ヨウ素合成を志向したヨードアントラセン類の電気化学的レドックス挙動調査」 授与者:第45回有機電子移動化学討論会 実行委員長 受賞年月:2021(R3)年6月25日

  • 2021年06月
     
     
    令和3年度有機電子移動化学奨励賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:信田尚毅 助教(跡部研究室) 受賞論文:「電解質イオンの配位が誘起する電解発生化学種の反応性制御」 授与者:公益社団法人電気化学会 受賞年月:2021(R3)年6月24日

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 電気化学会業務執行理事会

    2020年03月 - 現在  編集理事

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 日本化学会関東支部

    2020年03月 - 現在  幹事

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 電気化学会Electrochemistry誌編集委員会

    2020年03月 - 現在  副編集長

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • Ultrasonics Sonochemistry誌 編集委員会

    2018年01月 - 現在  Editorial Board Member

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 電気化学会普及委員会

    2015年03月 - 2019年2月  委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 横須賀高校出前授業

    役割:講師

    神奈川県立横須賀高等学校  横須賀高校出前授業  神奈川県立横須賀高等学校  2018年9月 - 2019年9月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    神奈川県立横須賀高校において「導電性高分子」に関する出前講義を行った。