AYALA CHRISTOPHER (アヤラ クリストファー)

AYALA Christopher

所属組織

先端科学高等研究院

職名

特任教員(准教授)

研究キーワード

「Beyond CMOS」、コンピュータ・アーキテクチャ、電気電子工学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.yoshilab.dnj.ynu.ac.jp/ias_e3p/

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0002-3510-9626

写真a

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年8月
    -
    2012年12月

    ニューヨーク州立大学ストーニブルック校 (Stony Brook University)   電気工学・情報工学 (Department of Electrical & Computer Engineering)   情報工学・VLSIデザイン (Computer Engineering with focus on VLSI Design)   博士課程   修了

  • 2008年9月
    -
    2009年5月

    ニューヨーク州立大学ストーニブルック校 (Stony Brook University)   電気工学・情報工学 (Department of Electrical & Computer Engineering)   電気工学 (Electrical Engineering)   修士課程(博士前期課程)   修了

  • 2004年8月
    -
    2009年5月

    ニューヨーク州立大学ストーニブルック校   電気工学・情報工学 (Department of Electrical & Computer Engineering)   情報工学   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • Doctor of Philosophy (Computer Engineering) - ニューヨーク州立大学ストーニブルック校(米国)

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   先端科学高等研究院   特任教員(准教授)  

  • 2015年4月
    -
    2018年3月

    専任   横浜国立大学   先端科学高等研究院   特任教員(助教)  

  • 2015年3月
     
     

    専任   横浜国立大学   先端科学高等研究院   特任教員(研究教員)  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年3月
    -
    2015年2月

      IBM Research - チューリッヒ (Zurich)   Accelerator Technologies Group   博士研究員 (Postdoctoral Fellow)

  • 2012年5月
    -
    2012年8月

      NVIDIA   ASIC Group   GPU ASICの実習生 (GPU ASIC Intern)

  • 2007年9月
    -
    2012年12月

      ニューヨーク州立大学ストーニブルック校   Ultra High-Speed Computing Laboratory   大学院生(博士課程)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2016年3月
    -
    現在
     

    電子情報通信学会

  • 2015年7月
    -
    現在
     

    応用物理学会

  • 2005年12月
    -
    現在
     

    IEEE

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器

  • その他 / その他  / 超伝導エレクトロニクス

  • 情報通信 / 高性能計算

  • その他 / その他  / Beyond CMOS

  • その他 / その他  / ナノ電気機械システム技術 (NEMS)

 

学位論文 【 表示 / 非表示

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 超伝導エレクトロニクス研究会業績賞

    2023年01月   電子情報通信学会  

    受賞者:Christopher Ayala

  • Best Young Scientist Paper Award

    2014年   European Conference on Solid-State Device Research Conference  

    受賞者:Christopher L. Ayala, Daniel Grogg, Antonios Bazigos, Simon J. Bleiker, Montserrat Fernandez-Bolaños, Frank Niklaus, Christoph Hagleitner

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • Fundamental Limits of Photon Detection

    2021年6月 - 2022年11月

    海外 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Leveraging Energy-Efficient Superconductor Electronics for Next Generation Cryptographic Computation

    Christopher L. Ayala, Tomoyuki Tanaka, Shohei Takagi, Lieze Schindler, Michael A. Johnston, and Nobuyuki Yoshikawa

    East Asia Symposium on Superconductor Electronics (EASSE 2023) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Okayama, Japan  

  • Moat Design and Analysis for AQFP Circuits

    Lieze Schindler, Christopher L. Ayala, and Nobuyuki Yoshikawa

    East Asia Symposium on Superconductor Electronics (EASSE 2023) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Okayama, Japan  

  • Data Transmission Study for AQFP Circuits

    Michael A. Johnston, Christopher L. Ayala, and Nobuyuki Yoshikawa

    East Asia Symposium on Superconductor Electronics (EASSE 2023) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Okayama, Japan  

  • 断熱量子磁束パラメトロンを用いた論理ゲートのタイミング特性評価

    星加優, Christopher L. Ayala, 吉川信行

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers (IEICE), General Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Saitama, Japan  

  • 断熱量子磁束パラメトロン回路を用いた論理ゲートのタイミング特性評価

    星加優, アヤラクリストファー, 吉川信行

    2022年電気学会金属・セラミックス/超電導機器合同研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都  

全件表示 >>

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • Superconductivity News Forum -- Associate Editor

    2022年12月 - 現在

  • TIF 戸塚国際フォーラム

    役割:出演

    2016年 - 現在

メディア報道 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • Applied Superconductivity Conference 2022 Session Moderator, Student Contest Judge

    役割:パネル司会・セッションチェア等, 審査・評価

    2022年10月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • International Symposium on Superconductivity 2016 -- Session Chair

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    2016年12月