AYALA CHRISTOPHER (アヤラ クリストファー)

AYALA Christopher

所属組織

先端科学高等研究院

職名

特任教員(准教授)

研究分野・キーワード

電気電子工学、「Beyond CMOS」、コンピュータ・アーキテクチャ

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.yoshilab.dnj.ynu.ac.jp/ias_e3p/



ORCID  https://orcid.org/0000-0002-3510-9626

写真a

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 2004年08月
    -
    2009年05月

    ニューヨーク州立大学ストーニブルック校   電気工学・情報工学 (Department of Electrical & Computer Engineering)   情報工学   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2009年08月
    -
    2012年12月

    ニューヨーク州立大学ストーニブルック校 (Stony Brook University)  電気工学・情報工学 (Department of Electrical & Computer Engineering)  情報工学・VLSIデザイン (Computer Engineering with focus on VLSI Design)  博士課程  修了

  • 2008年09月
    -
    2009年05月

    ニューヨーク州立大学ストーニブルック校 (Stony Brook University)  電気工学・情報工学 (Department of Electrical & Computer Engineering)  電気工学 (Electrical Engineering)  修士課程(博士前期課程)  修了

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   先端科学高等研究院   特任教員(准教授)  

  • 2015年04月
    -
    2018年03月

    専任   横浜国立大学   先端科学高等研究院   特任教員(助教)  

  • 2015年03月
     
     

    専任   横浜国立大学   先端科学高等研究院   特任教員(研究教員)  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年03月
    -
    2015年02月

      IBM Research - チューリッヒ (Zurich)   Accelerator Technologies Group   博士研究員 (Postdoctoral Fellow)

  • 2012年05月
    -
    2012年08月

      NVIDIA   ASIC Group   GPU ASICの実習生 (GPU ASIC Intern)

  • 2007年09月
    -
    2012年12月

      ニューヨーク州立大学ストーニブルック校   Ultra High-Speed Computing Laboratory   大学院生(博士課程)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2016年03月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会

  • 2015年07月
    -
    継続中
     

    応用物理学会

  • 2005年12月
    -
    継続中
     

    IEEE

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 電子デバイス・電子機器

  • 超伝導エレクトロニクス

  • ナノ電気機械システム技術 (NEMS)

  • Beyond CMOS

  • 高性能計算

 

学位論文 【 表示 / 非表示

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 16-bit Adiabatic Quantum-Flux-Parametron SerDes Components

    C. L. Ayala, N. Takeuchi, and N. Yoshikawa

    33rd International Symposium on Superconductivity (ISS 2020)  (Online (virtual))  2020年12月  

  • Development of a Generic Two-Layer Channel Routing Algorithm for Adiabatic Quantum-Flux-Parametron Logic Using Advanced Fabrication Processes

    T. Yamada, T. Tanaka, R. Saito, C. L. Ayala, and N. Yoshikawa

    33rd International Symposium on Superconductivity (ISS 2020)  (Online (virtual))  2020年12月  

  • A 4-bit RISC-Dataflow AQFP MANA Microprocessor: Architecture, Design Challenges, and Demonstration

    C. L. Ayala, R. Saito, T. Tanaka, T. Tamura, N. Takeuchi, and N. Yoshikawa

    2020 Applied Superconductivity Conference  (Online (virtual))  2020年10月  

  • Demonstration of Interfaces Between Adiabatic Quantum-Flux-Parametron and Rapid Single-Flux-Quantum Circuits Using the MIT-LL SFQ5ee Process

    Y. He, C. L. Ayala, N. Takeuchi, Y. Hironaka, T. Yamae, S. Meher, A. Inamdar, D. Gupta, and N. Yoshikawa

    2020 Applied Superconductivity Conference  (Online (virtual))  2020年10月  

  • A 16-bit parallel prefix carry look-ahead Kogge-Stone adder implemented in adiabatic quantum-flux-parametron logic

    T. Tanaka, C. L. Ayala, and N. Yoshikawa

    2020 Applied Superconductivity Conference  (Online (virtual))  2020年10月  

全件表示 >>