海老原 修 (エビハラ オサム)

EBIHARA Osamu

所属組織

教育学部 学校教育課程 保健体育

職名

教授

生年

1955年

メールアドレス

メールアドレス


代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 スポーツ・キャリアを考える   2011年09月

    【著書】 小学校教員を目指す人のための【教育実習ノート】<横浜スタンダード準拠>  2008年06月

    【論文】 体力低下の正体  2014年02月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 障害者スポーツ選手発掘・育成システムのモデル構築に向けた基礎的調査研究報告書   2016年03月

    【論文】 計量的アプローチからみたスポーツ社会学の質的研究の未来  2014年09月

    【論文】 幼稚園児と保育園児にみる運動遊びとスポーツの構造比較分析  2015年02月

    【論文】 スポーツにみるダイバーシティとマイノリティ  2017年03月

    【論文】 運動遊び、リードアップゲーム、スポーツにみる重構造分析  2017年12月

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1978年

    広島大学   教育学部   高等学校教育養成課程体育専攻   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1985年

    東京大学  教育学研究科  体育学    単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 教育学修士 -  東京大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本体育学会

  •  
     
     
     

    日本スポーツ社会学会

  •  
     
     
     

    日本ウォーキング学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 応用健康科学

  • スポーツ科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • スポーツ・キャリア・パータン

    その他の研究制度  

    研究期間:  - 

  • スポーツ社会化

    研究期間:  - 

  • 生涯スポーツ政策に関する研究

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • スポーツ白書2017-スポーツによるソーシャルイノベーション-

    海老原修ほか (担当: 共編者 )

    笹川スポーツ財団  2017年03月 ISBN: 9784915944638

    Amazon

  • 小学校教員を目指す人のための 教育実習ノート(横浜スタンダード準拠)

    (担当: 共著 )

    東洋館出版社  2008年06月

  • スポーツの科学

    (担当: 共著 )

    (財)日本学術協力財団  2007年09月

  • 子どものこころとからだを強くする

    (担当: 共著 )

    市村出版  2005年04月

  • 保健体育~健康志向と競技志向の 運動

    (担当: 共著 )

    (財)放送大学教育振興会  2005年03月

論文 【 表示 / 非表示

  • 縦横断的にみる運動・スポーツ実施状況の特異性~文部省ならびに文部科学省「体力・運動能力調査報告書」にみる経年的推移に基づき~

    海老原修

    発育発達研究   83   15 - 31   2019年05月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

  • 11教-25-ポ-26 創作ダンスにより得られる資質・能力に関する研究

    櫻井 加菜, 髙橋 和子, 海老原 修

    日本体育学会大会予稿集 ( 一般社団法人 日本体育学会 )  69 ( 0 ) 272_2 - 272_2   2018年

    共著

     概要を見る

    <p> 江口(1947)による真の芸術の論議をもとに石井(1953)は舞踊教育がもつ心身両面への寄与を論究するが、とりわけて、体育実践家たちが有する芸術舞踊の教育的意義を評価する。これに刺激されて松本(1949)は「ダンスは子どもたちの個性的な、芸術的芽生えを伸ばす」と展望するが、翻って、舞踊を通じて育成される力量とはどのような資質や能力を具体的に指すのか。それを体現する人物のプロフィールや展開される時空間などを勘案して、例えば、高橋(2017)は創作ダンスによって身につく力を表現性や創造性に求めるが、この指摘は学校体育の範囲内にあり、高い完成度が希求されるコンクールにおける意義に敷衍できるだろうか。本研究では、「全日本高校・大学ダンスフェスティバル」での受賞作品にかかわる3チーム、62名を対象に、3人の主将へのインタビューと62名への自由記述を通じて、彼らが内省する資質・能力を論究した。テキスト計量分析によって、中核となる項目は8件抽出されそれぞれ、責任感・役割創造力・役割完遂力ならびに完遂力・目標指向力・創作力・技術力・コミュニケーション能力と命名し、資質・能力を問う手掛かりとした。</p>

    DOI CiNii

  • 02社-25-ポ-01 ジェンダーからみる文部科学省「体力・運動能力調査報告書」のありかた

    大坪 菜々美, 海老原 修

    日本体育学会大会予稿集 ( 一般社団法人 日本体育学会 )  69 ( 0 ) 88_3 - 88_3   2018年

    共著

     概要を見る

    <p> 国民の誰しもが経験する身体検査や体力・運動能力テストにより暗黙裡に身につけた性向は、同じく誰もが参加する運動会で強化され、さまざまな男女別の区分けに敷衍される。この区分けへの疑義をもたず、アプリオリな制度としてジェンダーの論議の蚊帳の外にある。文部科学省「体力・運動能力調査報告書」のありようが論議されるセクハラやジェンダー・バイアスの源流にあたる可能性を秘めるかもしれず、そこで、本研究では平成27年度調査報告書にテスト項目ごとの加齢に伴う男女の差の変化傾向を手掛かりにこの論議の端緒を求めた。そこには長座体前屈を除くすべての種目で、男子が女子よりも高い水準を示しているという文言が記載され、女子は男子よりも体力・運動能力が低いと判定される。体力・運動能力テストはもとよりスポーツが男女別に運営・管理される理由が再生産される。しかし、積極的な運動能力における男女の差は、全体の平均値のみで求められる調査が多く、男女の差が存在するのかは定かでない。そこで、社会的・文化的な要因によって、男女の体力・運動能力に差が生じたと仮定し、体力・運動能力調査報告書を傍証に、その要因が何であるかを検証する。</p>

    DOI CiNii

  • 02社-24-口-30 パラスポーツ体験による障害者対応行動変容の比較

    海老原 修

    日本体育学会大会予稿集 ( 一般社団法人 日本体育学会 )  69 ( 0 ) 87_3 - 87_3   2018年

    単著

     概要を見る

    <p> 本研究では障害者スポーツの体験が障害者への対応という社会的行動に変化をもたらすかを検討する。障害者スポーツへの関与は、同じ環境であっても、従前では気づかず、関心をもたない姿勢がこれやあれやの存在に気づき、積極的にかかわる意欲を喚起せしめ、実際の行動にあらわれる可能性がある。そこで、同じ環境下にあると期待される、同一の小中学校に在籍する児童生徒を対象に、実験群がブラインド・ウォーキングやジョギング、ゴールボール、車いすバスケットボールを体験し、統制群がこれらのプログラムを体験しない、もしくは、後日に体験するプロトコールを用意した。インクルーシブ教育に連動する目的を含み、障害者への対応14項目を「見たことがある」(知識・理解)、「手伝おうとしたことがある」(関心・意欲)、「手伝ったことがある」(態度・行動)の3区分で、障害者スポーツ種目15種目を「実際に見たり、テレビやネットで見たりしたことがある」「実際に観戦したり、または、テレビやネットで観戦したい」「やってみたい」「やったことがある」の4区分で、合計29項目それぞれ「はい」「いいえ」で回答する調査票を準備し比較検討した。</p>

    DOI CiNii

  • 幼稚園児と保育園児にみる運動遊びとスポーツの構造比較分析

    海老原 修・武長 理栄

    横浜国立大学教育人間科学部紀要. I, 教育科学 ( 横浜国立大学教育人間科学部 )  ( 17別冊 ) 27 - 37   2015年02月

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • スポーツの百科事典

    丸善     2007年01月

    総説・解説(その他)   共著

  • 最新スポーツ科学事典

    平凡社     2006年09月

    総説・解説(その他)   共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 障害者スポーツのリバースインテグレーションによるインクルーシブスタンダードの開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  海老原修

     概要を見る

    本研究は教育基本法やスポーツ基本法が保障するところの、障害をもつ児童・生徒が健常児と等しく教育を受ける権利を履行しているのかを問 う挑戦的な試論と位置付けられる。障害者スポーツは、とりわけて、リバース・インテグレーションの実践は、障害による不可視な区分を可能 な限り可視的に取り払う身体表現をともなう挑戦であり、必要最低限の条件整備となる応戦を超え、多種多様な障害をさらに乗り越える可能性 をもつ。

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • わが国における18歳以上のスポーツ実施状況の把握に関する研究

    提供機関: 公益財団法人 笹川スポーツ財団  学内共同研究  

    研究期間: 2018年10月  -  2019年03月 

  • 我国10代のスポーツ実施状況の質的把握に関する研究

    国内共同研究  

    研究期間: 2005年08月  -  2005年09月 

  • 地域別運動・スポーツ実施状況に関する研究

    国内共同研究  

    研究期間: 2004年12月  -  2005年03月 

  • 我国成人のスポーツ実施状況の質的把握に関する研究

    国内共同研究  

    研究期間: 2004年08月  -  2004年09月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 教育学部  課題研究B(ゼミナール)

  • 大学院教育学研究科  体育社会学演習Ⅰ

  • 大学院教育学研究科  体育社会学講義Ⅰ

  • 大学院教育学研究科  課題研究

  • 大学院教育学研究科  教育インターン

全件表示 >>