藤井 友比呂 (フジイ トモヒロ)

FUJII Tomohiro

所属組織

大学院環境情報研究院 社会環境と情報部門

職名

准教授

研究分野・キーワード

言語理論,統語論,認知科学

メールアドレス

メールアドレス



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 複文の構造と埋め込み補文の分類   2016年11月

    【論文】 Comparative remarks on wh-adverbials in situ in Japanese  2014年06月

    【論文】 Interpreting thematic relations cyclically  2013年12月

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年

    大阪大学   文学部   英米文学・英語学   卒業

  •  
    -
    1996年

    九州大学   文学部   哲学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2006年

    メリーランド大学  言語学科  博士課程  修了

  •  
    -
    2000年

    大阪大学  文学研究科  英語学  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(言語学) -  メリーランド大学

  • 修士(文学) -  大阪大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   社会環境と情報部門   准教授  

  • 2009年04月
    -
    2011年03月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   准教授  

  • 2021年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院先進実践学環   准教授  

  • 2018年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院環境情報学府   情報環境専攻   准教授  

  • 2013年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   国際戦略推進機構   准教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2009年03月

      大東文化大学   外国語学部英語学科   講師

  • 2006年10月
    -
    2008年03月

      南山大学   人間文化研究科GP嘱託   講師

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中
     

    日本言語学会

  • 1999年
    -
    継続中
     

    関西言語学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 言語学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 理論言語学(制御理論,移動のコピー理論)

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語研究から生成文法理論へ

    藤井友比呂 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: ECP効果の獲得と間接否定証拠 )

    開拓社  2020年09月 ISBN: 9784758922883

    CiNii

  • 日本語文法ハンドブック

    藤井友比呂 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 複文の構造と埋め込み補文の分類 )

    開拓社  2016年11月 ISBN: 9784758922302

  • Japanese syntax in comparative perspective

    Tomohiro Fujii, Kensuke Takita, Barry Chung-Yu Yang, Wei-Tien Dylan Tsai (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Comparative remarks on wh-adverbials in situ in Japanese and Chinese )

    Oxford University Press  2014年06月

  • Deep insights, broad perspectives: essays in honor of Mamoru Saito

    Tomohiro Fujii (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Light verbs and Last Resort )

    Kaitakusha  2013年11月

  • Movement theory of control

    Tomohiro Fujii (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Split control and the Principle of Minimal Distance )

    John Benjamins  2010年04月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Evaluating two grammar types for Japanese: A preliminary study

    Tomohiro Fujii, Hibiki Yamashita

    Nanzan Linguistics ( Nanzan University )  16   2021年03月  [招待有り]

    共著

  • Japanese subject-oriented adverbs in a scope-based theory of adverbs

    Kaori Miura, Tomohiro Fujii

    Proceedings of the Linguistic Society of America ( Linguistic Society of America )  6 ( 1 ) 254 - 264   2021年03月  [査読有り]

    共著

  • Eliciting focus-sensitive why-questions in Japanese

    Kodai Aramaki, Kanako Ikeda, Kyoko Yamakoshi, Tomohiro Fujii

    ExLing 2020, Proceedings of 11th international conference of experimental linguistics ( ExLing Society )    2020年09月

    共著

    DOI

  • Highs and lows of the syntax of agent-oriented adverbs in Japanese

    Kaori Miura, Tomohiro Fujii

    Proceedings of the 22nd Seoul International Conference on Generative Grammar     188 - 200   2020年08月  [査読有り]

    共著

  • Why in the left periphery in child Japanese: evidence from children's word order

    Kanako Ikeda, Tomohiro Fujii, Kyoko Yamakoshi

    Proceedings of the 14th Workshop on Altaic Formal Linguistics ( MIT Working Papers in Linguistics )  14   91 - 102   2019年07月

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Topics in theoretical Asian linguistics: Studies in honor of John B. Whitman

    Tomohiro Fujii

    Journal of Japanese Linguistics   36 ( 2 ) 301 - 310   2020年09月  [依頼有り]

    書評,文献紹介等   単著

    DOI

  • 生成文法理論にもとづく現代中国語の包括的な記述文法書

    藤井友比呂

    東方 ( 東方書店 )  460   28 - 31   2019年05月  [依頼有り]

    書評,文献紹介等   単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • パラメタ値学習モデルの知見を活用した生得的な文法原理への接近

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  藤井友比呂

  • 日本語複文構造の学習において役割を果たす生得的知識の同定について

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月  代表者:  藤井友比呂

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本語の構成素構造と文法評価尺度

    藤井友比呂

    2020年度比較統語論ワークショップ  2021年02月21日   南山大学言語学研究センター

  • Japanese subject-oriented adverbs in a scope-based theory of adverbs

    Kaori Miura, Tomohiro Fujii

    LSA 2021 Annual Online Meeting  2021年01月08日   Linguistic Society of America

  • Eliciting focus-sensitive why-questions in Japanese

    Kodai Aramaki, Kanako Ikeda, Kyoko Yamakoshi, Tomohiro Fujii

    ExLing 2020  (Athens, Greece)  2020年09月11日   ExLing Society

  • The Intervention Effects with NPIs and the Position of Naze ‘Why’ in Child Japanese

    Kanako Ikeda, Tomohiro Fujii, Kyoko Yamakoshi

    28th Japanese/Korean Linguistics Conference  (University of Central Lancashire)  2020年09月10日  

  • Highs and Lows of the Syntax of Agent-Oriented Adverbs in Japanese

    Kaori Miura, Tomohiro Fujii

    SICOGG 22  (Gyeongsang National University)  2020年08月12日   Korean Generative Grammar Circle

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • Journal of East Asian Linguistics

    編集委員 

    2012年01月
    -
    継続中
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院先進実践学環  理論言語学特論Ⅱ

  • 大学院先進実践学環  理論言語学特論Ⅰ

  • 大学院先進実践学環  理論言語学基盤論Ⅱ

  • 大学院先進実践学環  理論言語学基盤論Ⅰ

  • 大学院先進実践学環  IT技法通論Ⅱ

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成26年度ベストティーチャー賞

    2015年06月   横浜国立大学