藤川 哲也 (フジカワ テツヤ)

FUJIKAWA Tetsuya

所属組織

安全衛生推進機構

職名

准教授

関連SDGs



出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年

    横浜市立大学   医学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2010年

    横浜市立大学  医学研究科  生命情報分子医科学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学) -  横浜市立大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   安全衛生推進機構   保健管理センター   准教授  

  • 2011年07月
    -
    2020年03月

    専任   横浜国立大学   保健管理センター   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2011年06月

      横浜市立大学   医学部   助教

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 循環動態測定デバイスの臨床応用についての研究

    研究期間:  - 

  • 貧血治療効率の至適化についての研究

    研究期間:  - 

  • 生活行動パターンと健康についての研究

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 学生の健康白書学生の健康白書 〜学生と保健管理スタッフのためのダイジェスト版2019〜

    石黒洋、安宅勝弘、川村祐一郎、高梨信吾、布施泰子、杉江征、潤間励子、藤川哲也、鈴木芳樹、山本明子、山本祐二、守山敏樹、丸山徹、一宮厚、古川卓 (担当: 共著 )

    一般社団法人、国立大学保健管理施設協議会 学生の健康白書に関する委員会編  2019年11月

  • 学生の健康白書2015

    石黒洋、安宅勝弘、川村淳、川村祐一郎、本田明、高梨信吾、布施泰子、杉江征、吉野啓子、潤間励子、早川東作、藤川哲也、鈴木芳樹、山本明子、山本祐二、守山敏樹、丸山徹、一宮厚、古川卓 (担当: 共著 )

    一般社団法人、国立大学保健管理施設協議会 学生の健康白書に関する委員会編  2018年03月

  • 学生の健康白書2010

    川村孝、石黒洋、武藏学、高梨信吾、飛田渉、鈴木芳樹、吉野啓子、長尾啓一、藤川哲也、山本祐二、後藤雅史、守山敏樹、佐伯修一、上園慶子 (担当: 共著 )

    国立大学法人保健管理施設協議会 学生の健康白書作成に関する特別委員会編  2013年03月

  • 変革する透析医学

    秋澤 忠男 (監修), 衣笠 えり子 (編集), 緒方 浩顕 (編集), 本田 浩一 (編集), 小岩 文彦 (編集) (担当: 共著 )

    医薬ジャーナル社  2012年07月

    Amazon

論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of Rikkunshito treatment on renal fibrosis/inflammation and body weight reduction in a unilateral ureteral obstruction model in mice

    Wakui Hiromichi, Yamaji Takahiro, Azushima Kengo, Uneda Kazushi, Haruhara Kotaro, Nakamura Akiko, O … 全著者表示

    SCIENTIFIC REPORTS   10 ( 1 )   2020年02月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Functional Impact of Proximal Tubule ATRAP in Blood Pressure Regulation.

    Kouichi Tamura, Sho Kinguchi, Kengo Azushima, Kotaro Haruhara, Takahiro Yamaji, Takayuki Yamada, Ry … 全著者表示

    J Am Soc Nephrol 30, 2019: Page(848).     2019年10月  [査読有り]

    共著

  • Impact of a Novel Dose Calculation Method for Erythropoiesis Stimulating Agents on Renal Anemia Therapy in Hemodialysis Patients.

    Tetsuya Fujikawa, Tadashi Kuji, Kazuhiko Shibata.

    J Am Soc Nephrol 30, 2019: Page(828-829).     2019年10月  [査読有り]

    共著

  • Effects of ATRAP in Renal Proximal Tubules on Angiotensin-Dependent Hypertension

    Kinguchi Sho, Wakui Hiromichi, Azushima Kengo, Haruhara Kotaro, Koguchi Tomoyuki, Ohki Kohji, Uneda … 全著者表示

    JOURNAL OF THE AMERICAN HEART ASSOCIATION   8 ( 8 )   2019年04月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Influence of Acute Mental Arithmetic Stress on Taste and Pungency

    Sawai Asuka, Motomura Takuma, Oshima Tatsuhiro, Sawai Shinya, Fujikawa Tetsuya, Fujii Hitoshi, Bann … 全著者表示

    JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE AND VITAMINOLOGY ( 一般財団法人 学会誌刊行センター )  65 ( 3 ) 224 - 232   2019年  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>Mental stress is a known risk factor for disease. This study investigated changes in sensations of taste and pungency before and after mental stress. Thirty healthy male university students rested for 20 min, performed mental arithmetic tasks for 10 min, and then underwent measurement of changes in their taste and ability to discern pungency. Taste was measured with the "Taste Disk<sup>®</sup>," and pungency was measured by a filter-paper disc method using capsaicin solution. Subjects were not told the order of the reagent solutions used. To quantify pain sensation, a weak current applied to the central inner forearm skin by a Pain Vision<sup>®</sup> quantitative pain sensation analyzer was gradually increased. The degree of stress was measured by portable electrocardiography (ECG). During mental stress, the cognitive threshold of salty taste, sweet taste, and bitterness was significantly decreased, whereas the sensations of pungency and forearm skin pain were increased and showed significant correlation. Based on sympathetic nerve activity analyzed with the ECG, the subjects were divided into the mental stress group and non-mental stress group. The mental stress group experienced an increase in the pungency threshold and sensation of forearm skin pain with significantly high correlations obtained, whereas no correlation was found between these factors in the non-mental stress group. Acute mental stress increased the sensitivity to taste but decreased the sensitivity to the sensation of pungency on the tongue and pain on the skin. Sympathetic activity activated by stress may affect taste and the sensation of pungency.</p>

    Web of Science DOI CiNii

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 和漢薬の有効性のエビデンス:最新の臨床試験から 肥満高血圧に対する防風通聖散の効果に関する基礎的・臨床的研究

    田村 功一, 小豆島 健護, 畝田 一司, 小林 竜, 大城 光二, 藤川 哲也, 涌井 広道

    和漢医薬学会学術大会要旨集 ( 和漢医薬学会 )  35   74   2018年09月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 血液透析患者の低用量鉄投与法と標準量鉄投与法の比較

    久慈 忠司, 藤川 哲也, 金田 朋子, 西原 正博, 柴田 和彦, 薩田 英久, 井元 清隆, 川田 征一, 高口 直明, 平和 伸仁, 戸谷 義幸, 田村 功一

    日本透析医学会雑誌 ( 日本透析医学会 )  51 ( Suppl.1 ) 699   2018年05月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • CERA投与下のヘプシジン変動に対する鉄剤投与の影響

    河野 知之, 藤川 哲也, 久慈 忠司, 川井 有紀, 植田 瑛子, 篠 みどり, 佐藤 陽, 三橋 洋, 小川 成章, 小田 寿, 山口 聡, 大西 俊正, 平和 伸仁, 戸谷 義幸, 田村 功一

    日本透析医学会雑誌 ( 日本透析医学会 )  51 ( Suppl.1 ) 700   2018年05月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 透析患者における生命予後と分岐鎖アミノ酸との関連に関する検討

    鈴木 将太, 篠 みどり, 藤川 哲也, 伊藤 陽子, 植田 瑛子, 畝田 一司, 橋本 達夫, 涌井 広道, 久慈 忠司, 小林 直之, 大西 俊正, 平和 伸仁, 戸谷 義幸, 田村 功一

    日本腎臓学会誌 ( 日本腎臓学会 )  60 ( 3 ) 334   2018年04月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 保存期CKD患者に対するエポエチンベータペゴルとダルベポエチルアルファの血圧に関する比較検討

    大城 光二, 涌井 広道, 小豆島 健護, 畝田 一司, 小林 竜, 白 善雅, 春原 浩太郎, 金口 翔, 山田 貴之, 山地 孝拡, 藤川 哲也, 戸谷 義幸, 田村 功一

    日本腎臓学会誌 ( 日本腎臓学会 )  60 ( 3 ) 425   2018年04月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 教養教育科目  健康の科学