藤岡 泰寛 (フジオカ ヤスヒロ)

FUJIOKA Yasuhiro

所属組織

大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門

職名

准教授

生年

1973年

研究分野・キーワード

建築計画、住居計画、都市計画

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.ynu-arc.jp/



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 住むための建築計画   2013年05月

    【著書】 現代集合住宅のリ・デザイン  2010年09月

    【著書】 建築のサプリメント  2014年05月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 戦災と長期接収を経た都市の復興過程に関する研究 -横浜中心部における融資耐火建築群の初期形成-   2017年11月

    【論文】 郊外住宅団地における親族近居世帯の外出行動の特徴に関する研究 -親族近居世帯間の相互支援に着目して-  2016年10月

    【論文】 郊外住宅団地における子育て世帯と高齢親世帯の近居実態からみたケアの社会化に関する考察  2015年09月

    【論文】 高齢化の進む長期経過団地におけるDIYヒートショック 対策技術の開発研究  2015年08月

    【学術関係受賞】 第18回 日本福祉のまちづくり学会大会奨励賞  2015年11月

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1997年

    京都大学   工学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年

    京都大学  工学研究科  環境地球工学専攻    修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  横浜国立大学

  • 学士(工学) -  京都大学

  • 修士(工学) -  京都大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2015年
    -
    継続中
     

    日本福祉のまちづくり学会

  • 2015年
    -
    継続中
     

    日本居住福祉学会

  • 2007年
    -
    継続中
     

    こども環境学会

  • 2003年
    -
    継続中
     

    日本都市計画学会

  • 1999年
    -
    継続中
     

    都市住宅学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 建築計画

  • 都市計画

  • 衣・住生活学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 1級福祉住環境コーディネーター(民間検定(東京商工会議所認定))

 

著書 【 表示 / 非表示

  • まち保育のススメ ―おさんぽ・多世代交流・地域交流・防災・まちづくり

    三輪律江,尾木まり,稲垣景子,田中稲子,谷口新,藤岡泰寛,棒田明子,松橋圭子,吉永真理,米田佐知子 (担当: 共著 , 担当範囲: pp.36-37 )

    萌文社  2017年05月 ISBN: 4894913321

  • 地域創造論 ポスト3.11の新しい地域像

    高見沢実、小嶋一浩、河端昌也、大門正克、藤岡泰寛、他12名 (担当: 共著 )

    横浜国立大学  2015年03月

  • 横浜関内地区の戦後復興と市街地共同ビル

    藤岡泰寛、速水清孝、水沼淑子ほか (担当: 分担執筆 , 担当範囲: pp.9-22 )

    神奈川県住宅供給公社  2014年07月

  • 建築のサプリメント

    小野田泰明、鈴木雅之、鈴木義弘、伊藤俊介、渡邊朗子(編著)、石井敏、石垣文、岩佐明彦、大野隆造、岡本和彦、川原晋、北川啓介、北野央、倉斗綾子、古賀紀江、小松尚、坂口大洋、祐成保志、高柳英明、橘弘志、田中友章、丁志映、納村信之、藤岡泰寛、真境名達也、松田雄二、本江正茂、森川泰成、森田芳朗、柳澤要、山田あすか、山田哲弥、厳爽、吉村英祐 (担当: 共著 , 担当範囲: 114-115,158-159 )

    彰国社  2014年05月 ISBN: 9784395320134

  • 住むための建築計画

    佐々木誠・篠崎正彦・田中友章・藤岡泰寛 (担当: 共著 , 担当範囲: 1(3),1(4),1(5),3(1),3(2),3(3),3(4),3(5),3(6),3(7),3(8),3(11),6(1),6(2),6(3),6(4),6(5),6(6),6(7),6(9),7(2),7(4),7(5),7(6),7(7),7(8),8(1),8(2) )

    彰国社  2013年05月 ISBN: 9784395023080

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 空き家活用による住民福祉活動拠点の確保に関する研究:-生活支援に取り組む住民福祉活動拠点に適した空き家の条件-

    中村 美安子, 大原 一興, 藤岡 泰寛

    日本建築学会計画系論文集 ( 日本建築学会 )  84 ( 758 ) 839 - 848   2019年04月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>In Japan, the aging rate is expected to increase up to 33.4% and the rate of one-person households up to 37.2% in 2035. Since it is deemed that the current social system cannot afford such circumstances, interest is growing on local communities and resident welfare activities, both from local and political points of view. Local interest is also growing on the utilization of increasing vacant houses. According to the Housing and Land Survey 2013, the total number of vacant houses in Japan is 8.2 million which accounts for 13.5% of total houses in Japan. Among the vacant houses, besides holiday houses and houses for rent or sale, the rate of "other houses" including the problematic vacant houses is rapidly increasing from 32.1% in 2003 to 35.4% in 2008 and to 38.8% in 2013. Many are individually owned houses inherited from deceased parents to children who already owns their houses and left unsold or unoccupied due to the owners' affection to their family homes or to matters of demolition costs. Therefore, such owners are assumed to hold the vacant houses until any compelling reasons occur to sell them.</p><p>The problem of the difficulty in securing community activity bases may be reduced if vacant houses can be rented free or at low cost. This is a beneficial way for both the local area and the community activity because utilizing vacant houses as community activity bases may solve vacant house problems, community activities may proceed smoothly assimilating into local communities by using pre-existing houses and the expected free or low rent is suitable to financially fragile community activities.</p><p>To define the conditions of vacant houses suitable for activity bases, we made a survey on the District Volunteer Center, an institution of the District Council of Social Welfare of Chigasaki City, Kanagawa Prefecture which is a precedent example of using vacant houses for activity bases. The results showed that the ideal conditions of vacant houses for community activity bases were to have "independent office space", "volunteer lounge space" and "space for multi-purpose use". Many of the vacant houses were second-hand housings. The merit of using a second-hand vacant house is that the rent may be free or low, however, on the other hand, there is a demerit of a possibility of moving out due to request for evacuation from the owner. If this demerit is taken merely as a risk, utilizing vacant houses may not proceed. It is therefore essential to develop an environment where information on vacant houses is accessible, making smooth relocation to better housings at any time. Information on vacant houses is hard to obtain, however, if opportunities are provided to meet owners suffering from handling their vacant houses and willing to rent to someone who can take care of such houses, there may be a chance to use such houses as community activity bases at free of charge or at low rent. Measures for approaching owners of vacant houses should be discussed in the future. Information on vacant houses are currently obtained through networks of the members of community activities or through real estate agents. Developing further measures may solve the problems of insufficient information and the members' anxiety of relocation that may become a blockade of discussing the utilization of vacant houses. It is required to recognize where the information on vacant houses is accumulated and to structure a system of obtaining and providing information that may organically connect various accumulation points.</p>

    DOI CiNii

  • 神奈川県におけるミュージアム施設と市民活動団体との連携 地域のエコミュージアム化に関する研究 その14

    小松辰啓・加藤大地・大原一興・藤岡泰寛

    日本建築学会大会学術講演梗概集   E-1   401 - 402   2018年09月

    共著

  • 空き家情報の集積点としての成年後見人の可能性 空き家活用による住民活動拠点の確保に関する研究

    中村美安子・大原一興・藤岡泰寛

    日本建築学会大会学術講演梗概集   F-1   823 - 824   2018年09月

    共著

  • ヒートショック対策を含むバリアフリー住宅改修に関する研究 大分県における高齢者リフォーム支援制度を利用した改修事例からの考察

    藤岡泰寛・田中稲子・大原一興

    日本建築学会大会学術講演梗概集   E-1   1343 - 1344   2018年09月

    共著

  • 日本と韓国の福祉住環境整備の専門的支援のあり方に関する研究 韓国の住居福祉士制度から見た考察

    曹敏根・大原一興・藤岡泰寛

    日本建築学会大会学術講演梗概集   E-1   1243 - 1244   2018年09月

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Creative Neighborhoods 農のあるコミュニティとその暮らし

    藤岡泰寛

    kanagawa ARTS PRESS ( 公益財団法人 神奈川芸術文化財団 )    2019年05月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

  • Creative Neighborhoods 団地を再読する

    藤岡泰寛

    kanagawa ARTS PRESS ( 公益財団法人 神奈川芸術文化財団 )    2018年07月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

  • 復興のハウジング

    藤岡泰寛

    経営視座 ( 株式会社タナベ経営 )    2015年03月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 近居― 縮減期を生き抜く 知恵と日本の盲点

    藤岡泰寛

    経営視座 ( 株式会社タナベ経営 )    2015年02月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 転換期を迎えた地域通貨

    藤岡泰寛

    経営視座 ( 株式会社タナベ経営 )    2015年01月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第88回 日本建築学会関東支部研究発表会優秀研究報告(共同)

    2018年03月      

    受賞者:  青木伊知郎・古野裕之・藤岡泰寛・高見沢実

  • 第15回 住総研研究選奨(共同)

    2017年04月      

    受賞者:  大原一興,藤岡泰寛,江水是仁

  • 左近山団地中央地区団地再生コンペティション2015優秀賞(共同)

    2016年01月24日      

    受賞者:  横浜国立大学建築計画研究室(楠本藍・我妻祐一郎・草山美沙希・高橋絵里・野村洋介・藤岡泰寛)+西田司(オンデザイン)

  • 第18回 日本福祉のまちづくり学会大会奨励賞(代表)

    2015年11月      

    受賞者:  藤岡泰寛・田中稲子

  • 第9回 関東工学教育協会賞(著作賞)(共同)

    2015年05月       著作:住むための建築計画  

    受賞者:  佐々木誠・篠崎正彦・田中友章・藤岡泰寛

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • いえのミュージアム概念による居住環境の保全継承の方法論

    基盤研究(B)

    研究期間:  2019年04月  -  2023年03月  代表者:  大原一興

  • 異世代シェア型地域居住モデル構築を通じた郊外住宅地の介護予防力向上に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  藤岡泰寛

  • 住民福祉活動の拠点確保における空き家活用方策に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  中村美安子

  • 郊外住宅地におけるローカルコア実装を通した超団地型地域コミュニティ再編手法の構築

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月  代表者:  野原卓

  • 高経年団地における高齢期居住の温熱環境リテラシー向上に資する多職種連携モデル構築

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月  代表者:  田中稲子

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 横浜防火帯建築を読み解く-焼け跡から新しい原風景への挑戦(仮題)

    提供機関:  一般財団法人住総研 出版助成  2019年度 住総研出版助成

    研究期間: 2019年07月  -  2020年09月  代表者:  藤岡泰寛

  • 長期経過団地における居住環境改善技術開発を通じた持続型居住モデルの構築

    提供機関:  民間財団等 

    研究期間: 2014年06月  -  2015年05月  代表者:  藤岡泰寛

  • くぬぎ台小学校の跡地利用を中心とした地域活性に関する研究

    提供機関:  地方自治体 

    研究期間: 2013年04月  -  2014年03月  代表者:  藤岡泰寛

  • 地域参画による学校環境改善手法に関する研究

    提供機関:  民間財団等 

    研究期間: 2007年04月  -  2008年03月  代表者:  藤岡泰寛

  • 昭和期に確立した近隣型商店街の生活史的研究

    提供機関:  地方自治体  笹川科学研究助成

    研究期間: 2001年04月  -  2002年02月  代表者:  藤岡泰寛

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ヒートショック対策を含むバリアフリー住宅改修に関する研究-大分県における高齢者リフォーム支援制度を利用した改修事例からの考察-

    藤岡泰寛,田中稲子,大原一興

    日本建築学会大会学術講演会  2018年09月  

  • 戦災と長期接収を経た都市の復興過程に関する研究 -横浜中心部における融資耐火建築群の初期形成-

    藤岡泰寛

    日本都市計画学会第52回学術研究論文発表会  2017年11月  

  • 横浜中心部における人口回復状況と住宅復興の特徴 戦災と接収を受けた都市の復興過程に関する研究 その2

    藤岡泰寛

    日本建築学会大会学術講演会  2017年09月  

  • 戦災と接収を受けた都市の復興過程に関する研究 横浜中心部における融資耐火建築群の初期形成とその変遷

    藤岡泰寛

    日本建築学会大会学術講演会  2016年09月  

  • 郊外住宅団地における子育て世帯と高齢親世帯の近居実態からみたケアの社会化に関する考察

    藤岡泰寛・加藤仁美・金由羅・山口剛史・大原一興

    日本建築学会大会学術講演会  2015年09月  

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 高齢期居住に対応した住居・住環境の計画と再生に関わる研究

  • コ・ハウジングなどのコミュニティデザインに関わる研究

  • 福祉のまちづくりに関わる研究

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 長期経過団地における実住戸を用いた温熱環境改善体験プログラムの構築

    提供機関: (株)翔設計,(株)伊勝  国内共同研究  

    研究期間: 2018年10月  -  2019年09月 

  • 高経年住宅地・マンションにおける持続的マネジメントに関する研究

    提供機関: 株式会社長谷工総合研究所、一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団  国内共同研究  

    研究期間: 2017年02月  -  2019年03月 

  • 横浜関内外地区における戦災復興ビル「防火帯建築」群の評価手法と再生手法の開発研究

    提供機関: 横浜市文化観光局  国内共同研究  

    研究期間: 2016年10月  -  2018年09月 

  • 長期経過団地における居住環境改善技術開発を通じた持続型居住モデルの構築

    提供機関: (株)翔設計  国内共同研究  

    研究期間: 2014年07月  -  2015年05月 

  • くぬぎ台小学校の跡地利用を中心とした地域活性に関する研究

    提供機関: 横浜市保土ケ谷区  企業等からの受託研究  

    研究期間: 2013年04月  -  2014年03月 

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院都市イノベーション学府  持続型集住計画特論

  • 大学院都市イノベーション学府  持続型集住特論

  • 大学院都市イノベーション学府  建築理論スタジオF

  • 大学院都市イノベーション学府  建築理論スタジオS

  • 大学院都市イノベーション学府  持続型集住計画論

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 静岡大学   住居計画

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成20年度ベストティーチャー賞

    2009年05月28日   横浜国立大学  

    受賞者: 大泉義一、小ヶ谷千穂、白崎実、坂井豊貴、青木洋、山岡徹、荒川太郎、白石俊彦、羽深等、藤岡泰寛、君嶋義英

  • 第5回日本都市計画家協会・横浜支部賞(和田町タウンマネジメント協議会活動)

    2007年06月   日本都市計画家協会・横浜支部  

    受賞者: 和田町タウンマネジメント協議会

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 横浜市バリアフリー検討協議会 保土ケ谷区部会

    2017年04月
    -
    2019年03月

    自治体   部会長

  • 横浜市保土ヶ谷区地域運営補助金検討会

    2015年04月
    -
    継続中

    自治体   座長

  • 公益社団法人都市住宅学会関東支部

    2018年05月
    -
    継続中

    学協会   副支部長

  • 日本建築学会コミュニティ居住小委員会

    2018年04月
    -
    継続中

    学協会   主査

  • 日本建築学会論文集委員会

    2016年06月
    -
    継続中

    学協会   部門幹事

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 「よこはま団地再生コンソーシアム」シンポジウム・基調講演

    よこはま団地再生コンソーシアム 

    2019年02月
     
     

  • 第13回住宅系研究報告会パネルディスカッション

    日本建築学会4委員会(建築計画・都市計画・農村計画・建築社会システム)共催 

    2018年11月
     
     

  • 福祉住環境コーディネーター(1級)セミナー講師

    東京商工会議所 

    2018年10月
     
     

  • 「よこはま団地再生コンソーシアム」シンポジウム・基調講演

    よこはま団地再生コンソーシアム 

    2018年03月
     
     

  • ヨコハマヘリテイジ・セミナー2018パネリスト

    公益社団法人横浜歴史資産調査会 

    2018年02月
     
     

全件表示 >>