藤山 知加子 (フジヤマ チカコ)

FUJIYAMA Chikako

所属組織

大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門

職名

准教授



出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1999年03月

    京都大学   工学部   土木工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2011年03月

    東京大学  工学系研究科  社会基盤学専攻  博士課程  修了

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

    東京大学  工学系研究科  社会基盤学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  東京大学

  • 修士(工学) -  東京大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション研究院   都市イノベーション部門   准教授  

  • 2019年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション学府   都市地域社会専攻   准教授  

  • 2019年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   理工学部   建築都市・環境系学科   准教授  

  • 2019年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   都市科学部   都市基盤学科   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年06月
    -
    2017年09月

      カールスルーエ工科大学   研究員

  • 2017年04月
    -
    2019年03月

      法政大学   デザイン工学部   教授

  • 2013年04月
    -
    2017年03月

      法政大学   デザイン工学部   准教授

  • 2012年04月
    -
    2013年03月

      法政大学   デザイン工学部   専任講師

  • 2011年04月
    -
    2012年03月

      東京大学   工学系研究科社会基盤学専攻   特任研究院

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2016年07月
    -
    継続中
     

    fib

  • 2016年04月
    -
    継続中
     

    プレストレストコンクリート工学会

  • 2013年07月
    -
    継続中
     

    日本風力エネルギー学会

  • 2006年12月
    -
    継続中
     

    日本コンクリート工学会

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    土木学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 構造工学・地震工学・維持管理工学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Stability Control and Reliable Performance of Wind Turbines

    Chikako Fujiyama, Yasuhiro Koda, Noriaki Sento (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Evaluation and Stability Analysis of Onshore Wind Turbine Supporting Structures )

    Intech Open Limited  2018年10月 ISBN: 978-1-78984-148-0

  • ようこそドボク学科へ

    佐々木葉,真田純子,中村晋一郎,仲村成貴,福井恒明 (担当: 分担執筆 )

    学芸出版社  2015年05月 ISBN: 9784761513498

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 鋼コンクリート合成床版の損傷機構と交通疲労限界状態の照査

    藤山知加子

    東京大学大学院    2011年03月  [査読有り]

    学位論文(博士)   単著

  • 移動荷重と水分が同時に作用するRC 部材の疲労破壊特性

    藤山知加子

    東京大学大学院    2008年03月  [査読有り]

    学位論文(修士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • bond loss response of reinforced concrete dapped-end beam subjected to static and low cyclic fatigue loading

    Ajibola Ibrahim Quadri, Chikako Fujiyama

    コンクリート工学年次論文集 ( JCI )  43 ( 2 ) 439 - 444   2021年07月  [査読有り]

    共著

  • 疲労損傷を受けたUFC床版より切出したはりを用いた繰返し荷重下のUFC部材破壊過程の検討

    徳武恭一,藤山知加子,永井勇輔,濱崎浩太

    コンクリート工学年次論文集 ( JCI )  43 ( 1 ) 191 - 196   2021年07月  [査読有り]

    共著

  • Study on Damaged Process, Workability and Compressive Strength of Fly ash based Geopolymer Concrete

    Uthuman Abdul Bari, Shoma Nohara, Chikako Fujiyama

    Proceedings of the fib Symposium 2021 ( fib )    198 - 207   2021年06月  [査読有り]

    共著

  • Response of Reinforced Concrete Dapped-End Beams Exhibiting Bond Deterioration Subjected to Static and Cyclic Loading

    Ajibola Ibrahim Quadri, Chikako Fujiyama

    advanced concrete technology ( JCI )  19 ( 5 ) 536 - 554   2021年05月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • 砂利をモルタルで部分的に固結したコンクリートの力学特性に基づく橋梁床版の砂利化機構に関する検討

    藤山 知加子, 仙頭 紀明, 子田 康弘

    構造工学論文集 A ( 公益社団法人 土木学会 )  67 ( 0 ) 119 - 126   2021年04月

    共著

     概要を見る

    <p>The mechanical properties of both ordinary concrete and less binder concrete are examined in terms of uni-axial compression, shear and cyclic compression under tri-axial condition. The uni-axial compressive strength decreased with decrease of mortar volume. Decrease of shear resistance was not proportional to decrease of mortar. However, cohension with assumption of 35degree of internal friction was clearly affected by mortar volume. The strain distribution suggested that fracture of concrete started from upper to lower. Mohr's circles of the materials on the way to segmentation implied that the mechanical properties of both concrete and gravels can be estimated with single method. According to these experimental facts, the mechanism of segmentation of bridge deck was described.</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 洋上風力発電推進のための最近のコンクリート技術

    藤山知加子,前川宏一

    風力エネルギー学会誌 ( 風力エネルギー学会 )  44 ( 4 ) 587 - 590   2021年02月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 道路橋コンクリート系床版の疲労解析の要点

    藤山知加子

    橋梁と基礎 ( 建設図書 )  54 ( 8 ) 117 - 120   2020年08月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

    CiNii

  • 近年における鋼コンクリート合成床版の動向

    藤山知加子.大山理

    コンクリート工学 ( JCI )  54 ( 9 )   2016年09月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • コンクリート工学会賞 論文賞

    2014年06月   日本コンクリート工学会   Pseudo Cracking Approach to Fatigue life Assessment of RC Bridge Decks in Service  

    受賞者:  藤山知加子 Xue Juan Tang 前川宏一 Xue Hui An

  • Outstanding Paper Award 2010

    2011年09月   Society for Social Management System   Fatigue Damage Assessment For Steel Concrete Composite Deck  

    受賞者:  Chikako Fujiyama and Koichi Maekawa

  • 平成22年度田中賞 論文部門

    2011年05月   土木学会   直接経路積分法に基づく鋼コンクリート合成床版の疲労寿命推定と損傷モード  

    受賞者:  藤山 知加子 商 峰 櫻井 信彰 前川 宏一

  • Outstanding Paper Award 2009

    2010年03月   Society for Social Management System   A proposal of durability assessment for existing bridge decks subjected to heavy traffic  

    受賞者:  Chikako Fujiyama Esayas Gebreyouhannes Koichi Maekawa

  • コンクリート工学協会賞 論文賞

    2009年05月   日本コンクリート工学会   Shear Fatigue Simulation of RC Beams Subjected to Fixed Pulsating and Moving Loads  

    受賞者:  Esayas Gebreyouhannes 千々和伸浩 藤山知加子 前川宏一

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • NDTと構造解析とのデータ同化による道路床版の余寿命評価システムの研究開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2018年04月  -  継続中  代表者:  田中泰司

  • 地盤の液状化メカニズムに立脚したコンクリート砂利化機構の解明

    基盤研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月  代表者:  藤山知加子

     概要を見る

    湿潤状態で繰返し作用をうける我が国の道路橋鉄筋コンクリート床版で多くみられるコンクリートの「砂利化」と言われる現象について,その原因のひとつがコンクリート細孔中の凝縮水の水圧上昇によるコンクリート骨格の破壊であるという仮説を,地盤の液状化発生メカニズムに立脚した実験と理論から検証することが,本研究の目的である. このため,昨年に引き続き,コンクリートのマトリックスにおける微細ひび割れの発生と水圧の上昇を想定した繰返し圧縮試験と,ひび割れへの水の浸入とすり磨きを想定した繰返し一面せん断試験を行った。 水圧試験では,繰返し圧縮力より,ひび割れがある中で水圧が発生する方がひび割れ密度が大きくなる傾向であった。また,ひび割れ密度は,圧縮力の繰り返し回数の多少より,載荷重の影響が大きかった。ひび割れを通じて水圧が供試体全体に作用しモルタル部を粉砕するのと同時に間隙水圧上昇が損傷を促進したと考えられた。よって,比較的大きなひび割れが発生したコンクリートに対して,圧縮応力と水圧が作用した状態で,砂利化が進行すると考えられた。 一面せん断試験では,ひび割れ面には砂利化の兆候を示す粉体が確認され,その量は水浸供試体のほうが多いことを示した。粉体質量は水平変位両振幅および垂直変位(沈下量)が大きくなると増加し,正の相関が見られた。繰返しせん断中は,沈下と膨張を繰返しながら,沈下が進行していくことがわかった。この傾向は,緩い砂の繰返しせん断に伴う体積収縮挙動,すなわち液状化と類似することを示した。

  • 実物モデルを用いた性能評価に基づく高耐久コンクリート床版の開発と実装

    基盤研究(A)

    研究期間:  2015年04月  -  2017年03月  代表者:  岩城一郎

  • 細孔内自由水の移動によるコンクリート粘性発現機構の解明と支配的空隙スケールの特定

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2014年04月  -  2016年03月  代表者:  藤山知加子

  • コンクリート細孔に存在する凝縮水の圧力変動と移動による構造物動的応答の変化

    若手研究(A)

    研究期間:  2012年04月  -  2016年03月  代表者:  藤山知加子

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 砂利を部分的に固結したコンクリートの力学特性に基づく橋梁床版の砂利化機構に関する研究

    提供機関:  公益財団法人 高速道路調査会  公益財団法人 高速道路調査会 研究助成

    研究期間: 2021年04月  -  2022年03月  代表者:  藤山知加子

  • 微視的機構に基づくジオポリマーコンクリートの破壊過程に関する研究

    提供機関:  民間財団等  大倉和親記念財団研究助成

    研究期間: 2020年09月  -  継続中  代表者:  藤山知加子

  • 砂利化途上にある道路橋RC床版の性能評価と補修材料の検討

    提供機関:  民間財団等  上田記念財団研究助成

    研究期間: 2020年04月  -  2021年03月  代表者:  藤山知加子

  • 多方向かつ不規則振幅による風車RC基礎接合部の疲労実験

    提供機関:  鹿島学術振興財団  鹿島学術振興財団 研究助成

    研究期間: 2016年04月  -  2017年03月 

  • 材料表面の粗度と骨材寸法が鋼コンクリート境界面接着性状に及ぼす影響

    提供機関:  前田記念工学振興財団   前田記念工学振興財団 研究助成

    研究期間: 2013年04月  -  2014年03月  代表者:  藤山知加子

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院都市イノベーション学府  インフラ防災特論

  • 大学院都市イノベーション学府  インフラ防災学

  • 教養教育科目  Prospects of Arch, Infstr & Ecosystem Sci

  • 都市科学部  複合構造

  • 都市科学部  コンクリート工学演習

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 法政大学デザイン工学部   RC構造デザイン

  • 法政大学デザイン工学部   工学実験

  • 法政大学デザイン工学部   工業力学

  • 法政大学デザイン工学部   構造力学1及び演習

  • 法政大学デザイン工学部   物理1及び演習

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • ISO/TC71/SC7 for revising ISO 16311-3

    2021年06月
    -
    継続中

    学協会   Project Leader

  • 土木学会誌編集委員会

    2021年06月
    -
    2023年05月

    学協会   委員

  • コンクリート診断士講習委員会

    2021年05月
    -
    2023年03月

    学協会   幹事

  • 233新しいアルカリ活性材料を用いた低炭素社会におけるインフラ構築に関する研究小委員会

    2021年05月
    -
    2022年03月

    学協会   委員

  • 土木学会コンクリート委員会

    2021年04月
    -
    2023年03月

    学協会   委員

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 中規模陸上風車基礎接合部の実態調査と維持管理手法の検討

    土木学会構造工学委員会  平成30年度 第2回研究会  (東京都新宿区) 

    2018年12月
     
     

  • コンクリートおよびコンクリート床版の疲労

    吹付協会  平成30年吹付協会総会 

    2018年07月
     
     

  • 橋梁の維持管理システム構築とRC床版の性能評価の試み

    マルチフィールド研究会  第55回マルチフィールド研究会  (東京都港区) 

    2017年01月
     
     

  • 鋼コンクリート合成床版の損傷機構と検出について

    OSMOS技術協会  OSMOS技術協会講演会  (横浜市) 

    2014年09月
     
     

  • 合成床版の可能性について

    日本橋梁建設協会  ブリッジトーク(平成26年度第2回) 

    2014年07月