福榮 太郎 (フクエ タロウ)

FUKUE Taro

所属組織

ダイバーシティ戦略推進本部

職名

准教授

研究分野・キーワード

臨床心理学

関連SDGs




取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(教育学) -  横浜国立大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   ダイバーシティ戦略推進本部   准教授  

  • 2019年11月
    -
    2020年03月

    専任   横浜国立大学   障がい学生支援室   准教授  

  • 2016年06月
    -
    2019年10月

    専任   横浜国立大学   障がい学生支援室   講師  

  • 2012年04月
    -
    2016年05月

    専任   横浜国立大学   保健管理センター   講師  

  • 2011年08月
    -
    2012年03月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   講師  

全件表示 >>

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 公認心理師

  • 臨床心理士

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 不安 (これからの対人援助を考える くらしの中の心理臨床)

    青木紀久代,野村俊明 (担当: 共編者 , 担当範囲: 事例12,13,資料1 )

    福村出版  2017年07月 ISBN: 4571245548

    Amazon

  • 乳幼児精神保健の基礎と実践―アセスメントと支援のためのガイドブック

    青木豊, 松本英夫 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 第17章 アタッチメントの障害 )

    岩崎学術出版社  2017年06月 ISBN: 4753311201

    Amazon

  • トラウマ (これからの対人援助を考える くらしの中の心理臨床)

    藤森和美・青木紀久代 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 事例2「ドメスティックバイオレンス」,PTSDの歴史と世界的トラウマティックイベント )

    福村出版  2016年11月 ISBN: 457124553X

    Amazon

  • パーソナリティ障害 (これからの対人援助を考える くらしの中の心理臨床)

    林直樹・松本俊彦・野村俊明 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 事例7「奇妙で風変わりな行動」 )

    福村出版  2016年02月 ISBN: 4571245521

    Amazon

  • うつ (これからの対人援助を考える くらしの中の心理臨床)

    野村 俊明, 青木 紀久代 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 事例13,16,18,20 )

    福村出版  2015年10月 ISBN: 4571245513

    Amazon

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • アタッチメント行動チェックリスト(親用)の信頼性・妥当性の検討

    宮戸美樹・福榮太郎・青木豊

    心理臨床学研究   38 ( 1 ) 39 - 45   2020年04月  [査読有り]

    共著

  • ウェクスラー式知能検査からみる被虐待児の発達の障害

    福榮太郎,鈴木清,須田雄大,菊地一真,内田なぎさ,工藤惟可,大地まどか,長谷川真里

    横浜国立大学大学院教育学研究科教育相談・支援総合センター研究論集   19   65 - 75   2019年11月  [査読有り]

    共著

  • 大学教員の属性による学生の問題への関わり方の違いの分析

    住岡 恭子, 井上 果子, 福榮 太郎, 小野 康男

    心理学研究 ( 公益社団法人 日本心理学会 )  89 ( 6 ) 625 - 631   2019年02月

    共著

     概要を見る

    <p>This study investigated university teachers' engagement in students' problems by conducting a free description survey. The relationship between the teachers' personal attributes and their style of involvement with the students were analyzed. Of the 607 teachers surveyed, 207 responded (response rate: 34.1%). Of those, the responses given in the free description column by 78 teachers (12.9%) were coded into eight categories and analyzed, using quantification theory type 3. A scatter plot was formed, based on two axes, "Approach Management" and "Strict Protective." Cluster analysis identified the following clusters: strict relationship, proactive commitment, and situational plasticity. The mean sample scores of each attribute showed gender differences in teachers' engagement only in the "Strict Protective" axes, while other attributes, such as position and length of service, had no significant effect on the style of teachers' engagement with the students.</p>

    DOI CiNii

  • 横浜市児童相談所における被虐待児の知的発達の特徴~2017年度調査結果より~

    福榮太郎,鈴木清,須田雄大,内田なぎさ,大地まどか,工藤惟可,長谷川真里

    横浜国立大学大学院教育学研究科教育相談・支援総合センター研究論集   ( 18 ) 39 - 52   2018年12月  [査読有り]

    共著

  • 五角形模写の採点システムの作成に関する予備的研究

    福榮太郎,福榮みか,諏訪淳也,石束嘉和,嶋津奈,京野穂集

    横浜国立大学大学院教育学研究科教育相談・支援総合センター研究論集   17   37 - 45   2017年12月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 今,大学で―聴覚障害学生のサポート―横浜国立大学の巻

    ジーアス教育新社・聴覚障害   772   68 - 71   2018年02月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本総合病院精神医学会優秀ポスター賞

    2013年11月   日本総合病院精神医学会   認知機能検査バッテリーの継時的変化についての研究  

    受賞者:  石束嘉和,福榮太郎,福榮みか,嶋津奈,武藤仁志,谷顕,池井大輔,田中健三郎,川元茉莉乃,諏訪淳哉

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 認知機能検査による軽度認知機能障害の予後予測

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  継続中  代表者:  福榮 太郎

  • フォスタリングチェンジ・プログラムの効果研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  継続中  代表者:  佐藤篤司

  • 愛着スペクトラム評価システムの開発とその有用性の検討

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年  -  継続中  代表者:  青木豊

  • 認知機能検査のディスクレパシーと認知機能の継時的変化の関連についての研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  継続中  代表者:  福榮太郎

  • 認知機能検査バッテリーを用いた認知障害の鑑別に関する研究

    研究活動スタート支援

    研究期間:  2012年08月  -  2014年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 思春期の親子間相互交流尺度の開発

    佐藤篤司,福榮太郎,新井洋輔

    第35回日本精神衛生学会  (別府大学)  2019年12月07日   日本精神衛生学会

  • 認知機能検査による軽度の認知障害の予後予測

    福榮太郎,福榮みか,一田侑希子,行実知昭,池井大輔,山口友子,武藤貴弘,橋本寛史, 清水真央,京野穂集

    第32回日本総合病院精神医学会総会  (倉敷市芸文館)  2019年11月15日   日本総合病院精神医学会

  • うつ及びせん妄と アルツハイマー型認知症の比較

    福榮太郎,福榮みか,一田侑希子, 京野穂集

    日本心理学会第82回大会  (仙台国際センター)  2018年09月25日   日本心理学会

  • Clinical Dementia Rating (CDR)と各種認知機能検査の関連

    福榮太郎,福榮みか,一田侑希子,行実知昭,池井大輔,菊地蔵乃介,山口友子,小林七彩,道垣内美保,石束嘉和,嶋津奈,京野穂集

    第30回日本総合病院精神医学会総会  (富山国際会議場)  2017年11月17日   日本総合病院精神医学会

  • 認知機能の継時的変化と COGNISTAT の下位項目のディスクレパシーの関連

    福榮太郎,福榮みか,諏訪淳哉,京野穂集,池井大輔,菊地蔵乃介,山口友子,小林七彩,道垣内美保,石束嘉和,嶋津奈

    日本総合病院精神医学会 第29回総会  (東京都千代田区 日本教育会館)  2016年11月27日   日本総合病院精神医学会

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 教養教育科目  健康の科学

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度YY講座「認知症とはどのような状態なのか」

    2018年07月
     
     

  • 平成28 年度ひとり親家庭支援者向け研修

    川崎市こども家庭課  (川崎市母子・父子福祉センター会議室) 

    2016年07月
     
     

     概要を見る

    傾聴の意義や基本的態度を学ぶ