長谷川 誠 (ハセガワ マコト)

HASEGAWA Makoto

所属組織

大学院工学研究院 システムの創生部門

職名

准教授

生年

1973年

研究分野・キーワード

材料強度学、界面強度学、材料組織学、破壊力学

メールアドレス

メールアドレス



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Fracture toughness of a lamellar orientation-controlled TiAl-based alloy processed by either one-step or two-step compression at high temperature   2018年

    【論文】 Lamellar Orientation Control in TiAl Base Alloy by a Two-step Compression Process at High Temperature  2009年

    【論文】 Effect of Metal Layer Thickness on the Decohesion of High Purity Copper-Sapphire Interfaces  2003年

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Fracture toughness of a lamellar orientation-controlled TiAl-based alloy processed by either one-step or two-step compression at high temperature   2018年

    【論文】 Texture development of α-Al2O3 ceramic coatings by aerosol deposition  2016年10月

    【論文】 Effects of heat exposure time and temperature on the delamination behavior of air plasma-sprayed thermal barrier coatings under shear loading  2016年07月

    【論文】 Microstructural control of Ti-46Al-7Nb-0.7Cr-0.2Ni-0.1Si alloy by heat treatment  2014年11月

    【論文】 Structural stabilization of EBC with thermal energy reflection at high temperatures  2017年

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1997年

    横浜国立大学   工学部   生産工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2002年

    横浜国立大学  工学研究科  生産工学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  横浜国立大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年02月
    -
    2006年03月

      東京大学   先端科学技術研究センター   助手

  • 2004年05月
    -
    2005年01月

      東京大学   大学院工学系研究科マテリアル工学専攻   助手

  • 2002年04月
    -
    2004年04月

      東京大学   生産技術研究所研究機関   研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2014年
    -
    継続中
     

    日本セラミックス協会

  • 2010年
    -
    継続中
     

    日本軽金属学会

  • 2003年
    -
    継続中
     

    The American Ceramic Society

  • 1997年
    -
    継続中
     

    日本鉄鋼協会

  • 1997年
    -
    継続中
     

    日本金属学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 構造・機能材料

  • 複合材料・表界面工学

  • 機械材料・材料力学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • TiAl系金属間化合物の組織制御と破壊特性

    研究期間:  - 

  • 熱遮蔽コーティングの界面特性および破壊挙動

    研究期間:  - 

  • 金属/セラミックス接合界面の力学特性

    研究期間:  - 

  • ナノ粒子分散アルミニウム/アルミニウム積層材料の力学特性

    研究期間:  - 

  • エアロゾルガスデポジッション法による作製したセラミックスコーティングの組織形成過程と力学特性

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • エアロゾルデポジション法の新展開―常温衝撃固化現象活用の最前線―、第21章 タービン部材―輻射熱反射機能を有する耐環境コーティング―

    田中誠、長谷川誠、北岡諭 、明渡純 (担当: 分担執筆 )

    CMC出版  2019年 ISBN: 978-4-7813-1409-9

     概要を見る

    ISBN 978-4-7813-1409-9 田中誠、長谷川誠、北岡諭 (分担)、明渡純(監修)エアロゾルデポジション法の新展開―常温衝撃固化現象活用の最前線―、第21章 タービン部材―輻射熱反射機能を有する耐環境コーティング―、(2019)、p.276-282、CMC出版

  • Handbook of Mechanics of Materials

    Chun-Hway Hsueh (Editor-in-Chief), Siegfried Schmauder, Chuin-Shan Chen, Krishan K. Chawla, Nikhilesh Chawla, Weiqiu Chen, Yutaka Kagawa,M. Tanaka, M. Hasegawa (担当: 分担執筆 )

    Springer Nature Singapore Pte Ltd.  2018年 ISBN: 978-981-10-6855-3

     概要を見る

    Online ISBN 978-981-10-6855-3 DOI: https://doi.org/10.1007/978-981-10-6855-3_83-1 Handbook of Mechanics of Materials, Chun-Hway Hsueh (Editor-in-Chief), Siegfried Schmauder, Chuin-Shan Chen, Krishan K. Chawla, Nikhilesh Chawla, Weiqiu Chen, Yutaka Kagawa(編) Y. Kagawa, M. Tanaka, M. Hasegawa (分担)Interface Delamination Analysis of Dissimilar Materials: Application to Thermal Barrier Coatings (2018), pp 1-41, Springer Nature Singapore Pte Ltd.

  • ナノコーティング -セラミックス・コーティング技術の新しい展開- 第4章、第2節「コーティング材料特性評価」

    長谷川誠、松村功徳、田中誠、田中義久、香川豊(分担)、吉田豊信、香川豊、松原秀彰(編著) (担当: 共著 )

    技報堂出版  2010年03月 ISBN: 9784765503969

  • 次世代構造材料の最新技術-社会・産業へのインパクト- 第4編、第3章、第1節 熱遮蔽コーティング技術

    長谷川誠、香川豊(分担)、新谷紀雄(監修) (担当: 共著 )

    CMC出版  2008年05月

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 結晶方位分布と結晶粒界の解析に基づく動的再結晶組織形成機構の解明

    長谷川 誠

      2002年03月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    横浜国立大学大学院工学研究科生産工学専攻 -TiAl、純ニッケル、純銅を対象として動的再結晶組織の形成機構を結晶方位分布と結晶粒界の解析によって調査した。低温、高ひずみ速度(高Z条件)では核生成・成長機構、高温、低ひずみ速度(低Z条件)ではひずみ誘起粒界移動が支配的であった。高Z条件においては弱い集合組織が形成され、低Z条件における-TiAlでは先鋭な集合組織が形成されるが、その他の材料では粒界移動中の双晶形成によって集合組織が形成されないことが明らかとなった。

  • 動的再結晶における粒内での結晶方位分布と核生成

    長谷川 誠

      1999年03月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    横浜国立大学大学院工学研究科生産工学専攻 低温、高ひずみ速度での変形条件(高Z条件)における動的再結晶機構を純ニッケルを対象に調査した。動的再結晶組織では、同一結晶粒内での結晶方位の分散は大きい。 また、同一結晶粒界近傍にあっても、場所による結晶方位の差異が大きく、結晶方位の違いが結晶粒界に沿って系統的に生じているわけではないことが分かった。結晶粒界の形状変化によって局所的な格子回転に差異が生じるため、新粒に特定の優先方位が認められないと考えた。

論文 【 表示 / 非表示

  • エアロゾルデポジション法によるムライト膜の形成と大気熱曝露にともなう組織変化

    渋屋 俊貴, 水野 泰輔, 井内 敦久, 長谷川 誠

    日本金属学会誌 ( 公益社団法人 日本金属学会 )    2019年

    共著

     概要を見る

    <p>In this study, the optimal parameters for aerosol deposition (AD) of mullite coating and the microstructure change of mullite coating after heat exposure in an air were investigated. Mullite, which is one of the component materials for environmental barrier coatings was deposited on glass, Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub> and Si by AD method. In order to produce a homogeneous mullite coating, the angle of the gas flow direction from the nozzle to the substrate plane should be 60°. Deposition rate increased with increasing gas flow rate, when the gas flow rate was in the range from 18 to 36 L/min. Further increase of the gas flow rate resulted in the formation of heterogeneous coating. The mullite coating formed by the optimized parameters was almost dense and crystalline. The chemical composition of the mullite coating was almost the same as the composition of the mullite raw powder used for the deposition. The coating was composed of mullite single phase. Delamination was not observed at the interface between the Si substrate and the mullite coating. Since the interface showed undulation, it was considered that the substrate and the coating were bonded due to the anchor effect. Heat exposure was carried out at 1573 K in a specimen in which the mullite coating was deposited on the Si substrate. When the specimen was heat exposed for 10 h, coating at the surface side and the coatings at the central part and near the interface between the substrate and the coating were composed of (Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub> + mullite) and (SiO<sub>2</sub> + mullite) two-phase state, respectively. Further heat exposure formed an altered layer near the interface. The layer was composed of (SiO<sub>2</sub> + mullite) two-phase state containing more than 80 mol% of SiO<sub>2</sub>. The thickness of the layer increased with increasing heat exposure time. Formation of the altered layer was due to the diffusion of Al present in the mullite coating to the coating surface and the diffusion of Si into the coating from the Si substrate.</p>

    DOI CiNii

  • Fracture toughness of a lamellar orientation-controlled TiAl-based alloy processed by either one-step or two-step compression at high temperature

    K. Sakurai, L. Stratil, I. Dlouhy, H. Fukutomi

    Materials Science and Engineering A ( ELSEVIER )  721   303 - 310   2018年  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Fracture Toughness of Massively Transformed and Subsequently Heat Treated TiAl Intermetallic Compound

    K. Sakurai, M. Hasegawa, I. Dlouhy

    Key Engineering Materials   741   25 - 30   2017年  [査読有り]

    共著

  • Crack Resistance Characterization in TiAl Intermetallics Showing Enhanced Toughness

    I. Dlouhy, L. Stratil, H. Fukutomi, M. Hasegawa

    Key Engineering Materials   741   13 - 18   2017年  [査読有り]

    共著

  • Structural stabilization of EBC with thermal energy reflection at high temperatures

    M. Tanaka, S. Kitaoka, M. Yoshida, O. Sakurada, M. Hasegawa, K. Nishioka and Y. Kagawa

    Journal of the European Ceramics Society ( ELSEVIER )  37 ( 13 ) 4155 - 4161   2017年  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ガスタービンエンジン用熱遮蔽コーティングシステムの現状

    長谷川誠、福富洋志

    熱処理   49 ( 3 ) 91 - 98   2009年06月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

     概要を見る

    熱遮蔽コーティング材料(TBCs)の構成および最近のボンドコート(BC)層やTBC層における材料開発状況を解説した。TBCsの熱的・力学的負荷による損傷の特徴を概観し、せん断負荷が界面剥離に大きな影響を与えることを示した。その後、せん断負荷による界面の寿命および信頼性評価手法を紹介した。

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第5回 日本金属学会・日本鉄鋼協会奨学賞

    1997年03月    

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Development of Texture on Alumina Coating Processed by Aerosol Deposition

    Makoto Hasegawa

    International Symposium for Advanced Materials Research 2018 16-19 August 2018, Sun Moon Lake, Taiwan, (Keynote)  2018年08月16日  

  • Fracture toughness of a lamellar orientation controlled TiAl intermetallic compounds

    Makoto Hasegawa, Koji Sakurai, Tomohiro Inui

    2018 International Conference on Material Strength and Applied Mechanics (MSAM 2018) April 10-13 2018, Kitakyushu City, Japan, (Invited Talk)   2018年04月10日  

  • Toughening of TiAl intermetallic compound by β phase precipitation

    Makoto Hasegawa, Kotatsu Hirata, Tomohiro Inui, Hiroki Mitsura

    5th Global Conference on Polymer and Composite Materials (PCM 2018) April 10-13 2018, Kitakyushu City, Japan, (Invited Talk)  2018年04月10日  

  • Texture Development of Alumina Coating Processed by Aerosol Deposition

    Makoto Hasegawa, Sinya Sato, Masahiro Komuro, Kyonosuke Kimura

    18th International Conference on Textures of Materials (ICOTOM 18)  2017年11月  

  • International Symposium for Advanced Materials Research 2016, Sun Moon Lake Teachers

    長谷川 誠

    Delamination property of air plasma sprayed thermal barrier coatings: effect of difference in microstructure of bond coat layer  (Taiwan)  2016年08月  

     概要を見る

    熱遮蔽コーティングを対象に剥離特性の評価手法とともに、BC層の組織および組成の違いが熱処理および大気熱暴露後の剥離特性に与える影響について検討した。NiCoCrAlY合金のBC層を有するTBCsでは従来Ni-Pt-Al合金のBC層を有するTBCsよりも剥離特性が低いことが知られていたが、熱処理を実施することにより、同等の剥離特性を示す可能性があることを示した。

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 材料界面における破壊および力学特性評価

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  材料工学国際インターンシップ

  • 大学院理工学府  サブ・リサーチ材料工学演習

  • 大学院理工学府  材料工学特別研究

  • 大学院理工学府  材料工学学外研修

  • 大学院理工学府  材料工学教育研修

全件表示 >>

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 第16回 生産OBブラッシュアップ研修会

    生産工学科同窓会  (横浜) 

    2013年03月
     
     

     概要を見る

    講演の依頼があり、「ガスタービンエンジン用熱遮蔽コーティングシステム ~現状および長寿命化に向けて~」というタイトルで行った。

  • 平成24年度 沼津東高キャリアガイダンス 大学出張講義

    静岡県立沼津東高等学校  (静岡県立沼津東高等学校) 

    2012年10月
     
     

     概要を見る

    静岡県立沼津東高等学校に赴き、「暮らしの中の金属材料を科学する」というタイトルで金属材料の一般的な特徴や材料の強度、信頼性について、導入的な内容の模擬講義を実施した。

  • 平成24年度GMI講座「結晶配向評価講座-座学と実習-」

    横浜国立大学 グリーンマテリアルイノベーション研究拠点  (横浜国立大学) 

    2012年10月
     
     

     概要を見る

    本講座では、最初に結晶配向を表現する手法の基礎と実習を行った上で、X線による手法とEBSD法による手法の二種類について実習を行った。

  • 研究会:「材料の異方性と強度・変形特性および中性子研究の新しい動き」での講演

    中性子産業利用推進協議会 金属組織研究会  (東京) 

    2011年11月
     
     

     概要を見る

    講演の依頼があり、「高温変形下での再結晶と集合組織」というタイトルで行った。

  • 塑性加工学会 東京・南関東支部 若手の会第9回勉強会 「集合組織の測定実習(EBSD, XRD)

    塑性加工学会 東京・南関東支部  (横浜国立大学) 

    2010年12月
     
     

全件表示 >>