橋本 徹 (ハシモト トオル)

HASHIMOTO Toru

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

職名

助教

研究分野・キーワード

有機金属化学,有機合成化学

メールアドレス

メールアドレス



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Iron-Catalyzed Suzuki-Miyaura Coupling of Alkyl Halides   2010年07月

    【論文】 Acetylacetonato-based pincer-type nickel(II) complexes: Synthesis and catalysis in cross-couplings of aryl chlorides with aryl Grignard reagents  2018年06月

    【学術関係受賞】 平成28年度有機合成化学協会研究企画賞  2016年12月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Acetylacetonato-based pincer-type nickel(II) complexes: Synthesis and catalysis in cross-couplings of aryl chlorides with aryl Grignard reagents   2018年06月

    【論文】 Synthesis of N-heterocyclic carbene boranes via silver N-heterocyclic carbene complexes  2017年

    【論文】 Iron(II) bipyridine complexes for cross-coupling reaction of bromocyclohexane with phenylmagnesium bromide  2017年

    【学術関係受賞】 平成28年度有機合成化学協会研究企画賞  2016年12月

    【論文】 Cross-Coupling Reactions of Alkyl Halides with Aryl Grignard Reagents Using a Tetrachloroferrate with an Innocent Countercation  2019年07月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  京都大学

  • 修士(工学) -  名古屋大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2017年05月
    -
    継続中
     

    ケイ素化学協会

  • 2013年04月
    -
    継続中
     

    近畿化学協会

  • 2005年11月
    -
    継続中
     

    日本化学会

  • 2005年11月
    -
    継続中
     

    有機合成化学協会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 有機化学

  • 合成化学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 普遍金属錯体の創製と触媒反応の開発

    研究期間:  - 

論文 【 表示 / 非表示

  • Cross-Coupling Reactions of Alkyl Halides with Aryl Grignard Reagents Using a Tetrachloroferrate with an Innocent Countercation

    Toru Hashimoto, Tsubasa Maruyama, Takamichi Yamaguchi, Yutaka Matsubara, and Yoshitaka Yamaguchi

    Advanced Synthesis and Catalysis     2019年07月  [査読有り]

    共著

  • Cross-Coupling Reaction of Allylic Ethers with Aryl Grignard Reagents Catalyzed by a Nickel Pincer Complex

    Hashimoto Toru, Funatsu Kei, Ohtani Atsufumi, Asano Erika, Yamaguchi Yoshitaka

    MOLECULES   24 ( 12 )   2019年06月

    共著

    Web of Science DOI

  • A b-diketiminato-based pincer-type nickel(II) complex: Synthesis and catalytic performance in the cross-coupling of aryl fluorides with aryl Grignard reagents

    Nobutaka Kurisu Erika Asano Yuki Hatayama Youji Kurihara Toru Hashimoto Kei Funatsu Kazuyoshi Ueda Yoshitaka Yamaguchi

    European Journal of Inorganic Chemistry     2018年10月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Acetylacetonato-based pincer-type nickel(II) complexes: Synthesis and catalysis in cross-couplings of aryl chlorides with aryl Grignard reagents

    Erika Asano, Yuki Hatayama, Nobutaka Kurisu, Atsufumi Ohtani, Toru Hashimoto, Youji Kurihara, Kazuyoshi Ueda, Shinji Ishihara, Hirotaka Nagao, Yoshitaka Yamaguchi

    Dalton Transactions ( The Royal Society of Chemistry )  47 ( 24 ) 8003 - 8012   2018年03月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI PubMed

  • Synthesis of Multisubstituted Azatriphenylenes by Iridium-Catalyzed [2 + 2 + 2] Cycloaddition of Biaryl-Linked Diynes with Nitriles

    Ryo Takeuchi , Shunsuke Fujisawa, Yuzo Yoshida, Jun Sagano, Toru Hashimoto, Asuka Matsunami

    The Journal of Organic Chemistry ( ACS Publications )  83 ( 4 ) 1852 - 1860   2018年01月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI PubMed

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 鉄ビスホスフィン錯体を触媒とする精密クロスカップリング反応

    中川尚久、河村伸太郎、橋本徹、畠山琢次、中村正治

    触媒 ( 触媒学会 )  54   241 - 244   2012年  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    PubMed

  • 鉄触媒鈴木−宮浦カップリング

    畠山琢次、橋本徹、中村正治

    月刊ファインケミカル ( シーエムシー出版 )  41   5 - 11   2012年  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 塩化鉄ージホスフィン錯体・FeCl2-SciOPPを用いる鉄触媒クロスカップリング反応の開発

    畠山琢次、橋本徹、中村正治

    和光純薬時報 ( 和光純薬 )  79   10 - 14   2011年  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 鉄触媒C−Cカップリング反応の最近の展開

    橋本徹、中村正治

    化学と工業 ( 日本化学会 )  63   636 - 638   2010年  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Chiral phenyl-bis(oxazoline) as an efficient auxiliary for asymmetric catalysis

    Nishiyama, H.; Ito, J.; Shiomi, T.; Hashimoto, T.; Miyakawa, T.; Kitase. M.

    Pure and Applied Chemistry   80   743 - 749   2008年  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • クロスカップリング体の製造方法及びテトラハロゲノ鉄塩

    特願 2017–114017 

    山口佳隆,橋本徹

  • 単核ルテニウム錯体およびそれを使用した有機合成反応

    特願 PCT/JP2014/054715  特開 WO2014133014 A1 

    永島英夫、砂田祐輔、堤大典、橋本徹、作田晃司

  • 単核鉄錯体およびそれを使用した有機合成反応

    特願 PCT/JP2014/054718  特開 WO2014133017 A1 

    永島英夫、砂田祐輔、堤大典、橋本徹、作田晃司

  • ビスホスフィン化合物、及びビスホスフィン化合物を配位子とする遷移金属触媒、並びにこれらの製造方法

    特願 特願2012-046272  特開 特開2013-180991 

    中村正治、畠山琢次、橋本徹、仲嶋翔、中川尚久

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度有機合成化学協会研究企画賞(中外製薬  研究企画賞)

    2016年12月12日   有機合成化学協会  

    受賞者:  橋本 徹

  • 京都大学化学研究所学生研究賞

    2010年12月   京都大学化学研究所   鉄触媒鈴木–宮浦カップリング反応の開発研究  

    受賞者:  橋本 徹

  • 第59回リンダウ・ノーベル賞受賞者会議参加

    2009年07月   日本学術振興会  

    受賞者:  橋本 徹

  • Nature COE 若手研究奨励賞受賞

    2007年01月   名古屋大学21世紀COE  

    受賞者:  橋本 徹

  • 0th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia ポスター賞

    2006年03月   アジア最先端有機化学国際会議   Synthesis of Spirocyclic C-Arylglycosides  

    受賞者:  橋本 徹

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ハイブリッド型NHCカルベンを基盤とする異種複核錯体の創製と協同的反応場の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月  代表者:  山口佳隆

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • モノアニオン性3座ピンサー型配位子を有するニッケラート錯体の研究

    提供機関:  京都大学化学研究所  京都大学化学研究所平成31年度共同利用・共同研究

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月  代表者:  山口佳隆

  • 3座アニオン性配位子を用いた幾何拘束型第一列後周期遷移金属錯体の開発

    提供機関:  京都大学化学研究所  京都大学化学研究所平成30年度共同利用・共同研究

    研究期間: 2018年04月  -  2019年03月  代表者:  山口佳隆

  • 化石燃料に代わる天然資源の利用を目指した汎用性金属触媒の開発

    提供機関:  横浜国立大学 平成30年度学内重点化競争的経費(若手) 

    研究期間: 2018年04月  -  2019年03月  代表者:  橋本徹

  • 不斉イオン対型鉄錯体の創製と不斉クロスカップリング反応の開発

    提供機関:  民間財団等  有機合成化学協会研究企画賞

    研究期間: 2017年04月  -  2018年03月  代表者:  橋本徹

  • 水素活性化を可能にする第一遷移金属錯体の創製と難利用化合物の資源化反応の開発

    提供機関:  東燃ゼネラル石油研究奨励・奨学財団  第36回(平成28年度) 東燃ゼネラル石油研究奨励・奨学財団 研究助成

    研究期間: 2017年04月  -  2018年03月  代表者:  橋本徹

全件表示 >>