日野 孝則 (ヒノ タカノリ)

HINO Takanori

所属組織

大学院工学研究院 システムの創生部門

職名

教授

研究分野・キーワード

船舶流体力学 CFD



写真a

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1979年03月

    東京大学   工学部   船舶工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年03月

    東京大学  工学系研究科  船舶工学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士 -  東京大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2011年03月

      独立行政法人海上技術安全研究所   /

  • 1984年04月
    -
    2001年03月

      運輸省船舶技術研究所   /

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    継続中
     

    日本船舶海洋工学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 船舶海洋工学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 海事流体力学における計算流体力学手法の研究および計算流体力学を用いた性能評価に関する研究

    経常研究  

    研究期間:  - 

     概要を見る

    流体運動の基礎方程式を数値的手法で解析して、船舶や海洋構造物の性能を評価するため、数値解法の開発や物理モデルの研究を行っている。また、数値シミュレーションを用いた機器の性能評価および最適設計に関する研究を行っている。

著書 【 表示 / 非表示

  • リスク共生学 先端科学技術でつくる暮らしと新たな社会

    日野 孝則 外 (担当: 分担執筆 )

    丸善出版  2018年06月 ISBN: 978-4-621-30301-6

  • The Specialist Committee on Computational Fluid Dynamics Final Report and Recommendations to 27th ITTC

    T.Hino, P.Carrica, R.Broglia, P.Bull, S.-E.Kim, D.-Q.Li, D.Wang, S.-H.Rhee, I.Saisto, I.M.Viola (担当: 共著 , 担当範囲: 新技術のトレンドの他、委員長として全体の編集を担当した。 )

    Proceedings of 27th International Towing Tank Conference  2014年09月

     概要を見る

    第27回国際試験水槽会議に対するCFD(計算流体力学)専門家委員会の最終報告および勧告をまとめたものである。報告は急峻波や波崩れのモデル、定常・非定常流れ計算法、各種新技術のトレンド、伴流のスケーリング、検証と妥当性に関する現状解析に加え、抵抗、推進、推進器、操縦性、耐航性、海洋工学、最適化などの船舶海洋分野のCFD適用事例のレビューからなる。

  • 数値流体力学ハンドブック

    小林敏雄、池川昌弘、他 (担当: 共著 , 担当範囲: 12.4.5 船舶 )

    丸善  2003年03月 ISBN: 4621071858

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 非線形海洋波の数値解折に関する研究

    日野孝則

      1984年03月  [査読有り]

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    東京大学大学院工学系研究科 非線形自由表面条件を組み込んだナビエ・ストークス方程式の有限差分法による流場の数値解析法を開発し、2次元および3次元の、海洋波の海底地形との干渉による非線形変形や浮体に与える流体力を計算した。自由表面モデルは2次元では波高関数を、3次元ではパーティクル法を採用した。得られた計算結果の波高分布や圧力分布を計測結果と比較した結果、よい一致が見られ、計算手法の有効性を示した。

  • 自由表面衝撃波の線形波動に対する影響

    日野孝則

      1981年03月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    東京大学大学院工学系研究科 線形波動である船首自由表面衝撃波が、後続の船体まわりの線形波動に与える影響について、水槽実験による流場計測とポテンシャル理論による数値計算を用いて解析した。数値計算では、実験で得られた自由表面衝撃波に伴う運動量損失領域を渦モデルで表現して、線形波動に対する影響を解析した。解析結果により、造波抵抗の線形成分と非線形成分の関係を考察した。

論文 【 表示 / 非表示

  • CFDを用いた伴流中プロペラ形状最適化(第一報)

    齋藤 裕樹, 日野 孝則, 増田 聖始

    日本船舶海洋工学会論文集   26   35 - 50   2018年03月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Numerical simulation of the free-running of a ship using the propeller model and dynamic overset grid method

    Kunihide Ohashi,Hiroshi Kobayashi,Takanori Hino

    Ship Technology Research   65 ( 3 )   2018年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • RANS investigation of influence of wave steepness on ship motions and added resistance in regular waves

    Si Chen · Takanori Hino · Ning Ma · Xiechong Gu

    Journal of Marine Science and Technology     2018年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • 重合格子法を応用した局所細密化格子によるPMM試験のCFD計算

    新井 祐司, 日野 孝則

    日本船舶海洋工学会論文集   25   77 - 91   2017年09月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • 船首船底下流場の実船スケールCFD解析

    日野 孝則, 安藤 英幸, 谷川 雅彦, 須藤 康広, 杉田 浩士, 虫明 昌彦, 川浪 敏志

    日本船舶海洋工学会論文集 ( 日本船舶海洋工学会 )  24   39 - 49   2017年02月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 船型生成方法

    特開 特開2006-079247号 

    川島英幹、日野孝則

     概要を見る

    船体形状の特徴線を制御することで船型を生成する。

  • 船体用抵抗低減装置

    特許 特許第3116816号

    川島英幹、日野孝則、右近良孝、加納敏幸、辻本勝

     概要を見る

    船舶の主機関から排出される高温の排気ガスにより船体外板に沿う境界層を加熱して船体の受ける粘性抵抗を低減させる。

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 40th Weinblum Memorial Lectureship

    2017年11月22日   TUHH  

    受賞者:  日野 孝則

  • 日本造船学会論文賞

    1996年05月    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 水槽施設活用のための試験水槽シミュレータの構築

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月  代表者:  日野孝則

     概要を見る

    船型試験や海洋開発の実験で用いられる種々の水槽施設は、その施設の大きさや特性により模型サイズや流れの条件が制限されるため、計測精度維持や実験パラメータ設定が困難になることも多い。一方、計算流体力学(CFD:Computational Fluid Dynamics)による数値シミュレーションは実験を補完するものとして、近年その活用が進んでいる。従来、数値シミュレーションは水槽実験の制限を取り払って「理想状態」の流れ解析を行う役割を担ってきた。本研究では逆の発想から、数値シミュレーション技術によって水槽実験状態を再現する試験水槽シミュレータを構築し、それによって水槽試験の精度評価や新たな水槽利用技術の展開を図る。

  • 船舶流体力学におけるマルチスケールシミュレーションの研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月  代表者:  日野孝則

     概要を見る

    船舶の流体力学的性能は、極めて複雑な流体現象に支配されている。その複雑性は、流体現象に関わる空間スケールと時間スケールが広いレンジに分布していることからくる。したがって、計算流体力学(CFD) によって高精度な船舶の性能予測を行うためには、マルチスケールの流体現象を効率的にかつ精度良く解析する必要がある。本研究では、流体船舶流体力学におけるマルチスケールシミュレーション技術の開発を行う。さまざまなスケールの流体現象が混在する複雑な流場を、適切な数理モデルと最適な格子サイズや時間刻みの組み合わせによって統合的に扱い、高効率かつ高精度に解析する技術の開発を目標とする。

  • 船舶性能予測シミュレーションにおける実海域再現技術

    基盤研究(B)

    研究期間:  2009年04月  -  2011年03月  代表者:  日野 孝則

  • 高速ウォータージェット推進船の最適設計を目的としたSBDシステムの開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2009年04月  -  2011年03月  代表者:  田原 裕介

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 粗度を持つ平板の摩擦抵抗計算

    提供機関:  民間財団等 

    研究期間: 2011年07月  -  継続中  代表者:  日野 孝則

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Development of CFD methods for Industrial Ship Flow Applications

    T. Hino  [招待有り]

    32nd Symposium on Naval Hydrodynamics, August 2019   2018年08月  

  • 省エネ性能評価のためのCFD技術

    日野孝則  [招待有り]

    海事三学会合同 『次世代エコシップシンポジウム』 -地球環境負荷低減と海洋環境技術開発-  (東京)  2015年01月29日   日本航海学会、日本船舶海洋工学会 日本マリンエンジニアリング学会

  • 重合格子法によるコンテナ船の流場解析

    岡本拓也、日野孝則

    第28回数値流体力学シンポジウム  (東京)  2014年12月  

  • 重合格子対応構造格子NSソルバーの開発

    大橋訓英、日野孝則、平田信行、小林寛

    第28回数値流体力学シンポジウム  (東京)  2014年12月  

  • Curved Surface Reconstruction for Local Refinement of CFD Grids

    Takanori Hino

    日本船舶海洋工学会平成26年度秋季講演会  (長崎)  2014年11月   日本船舶海洋工学会

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • Journal of Ship Technology Research

    Editorial Board 

    2014年12月
    -
    継続中
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 理工学部  応用流体力学演習

  • 大学院理工学府  数値流体解析特別演習

  • 大学院理工学府  海洋空間流体力学スタジオB

  • 大学院理工学府  海洋空間流体力学スタジオA

  • 大学院理工学府  日伯特別講義D

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 平成31年度貨物輸送事業者と荷主の連携等による運輸部門省エネルギー化推進事業費補助金(内航船の運航効率化実証事業)の採択委員会

    2019年04月
    -
    2020年03月

    政府   外部評価委員

  • 海上保安庁

    2018年09月
    -
    2019年03月

    政府   技術審査委員

  • 日本船舶海洋工学会

    2013年05月
    -
    2015年05月

    学協会   理事

  • 日本工学会

    2013年05月
    -
    2015年05月

    学協会   監事

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • CFDワークショップ2015

    (日本 東京) 

    2015年12月