市毛 弘一 (イチゲ コウイチ)

ICHIGE Koichi

所属組織

大学院工学研究院 知的構造の創生部門

職名

教授

生年

1972年

研究キーワード

ディジタル信号処理、移動体通信、画像処理

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.ichilab.dnj.ynu.ac.jp/

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0001-7663-6919

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年3月

    筑波大学   工学研究科   電子情報工学   博士課程   修了

  •  
    -
    1994年3月

    筑波大学   第3学群   情報学類   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) - 筑波大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年3月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   教授  

  • 2007年4月
    -
    2019年2月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   准教授  

  • 2003年4月
    -
    2007年3月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   助教授  

  • 2001年4月
    -
    2003年3月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   講師  

  • 2001年3月
     
     

    専任   横浜国立大学   工学部   講師  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年9月
    -
    2002年9月

      スイス連邦工科大学ローザンヌ校   客員研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1994年4月
    -
    現在
     

    電子情報通信学会

  • 1994年4月
    -
    現在
     

    IEEE

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 理工系のための解く! 電気回路2 -交流・基礎編-

    竹村泰司,濱上知樹,市毛弘一( 担当: 共著)

    講談社  2011年4月  ( ISBN:4062806015

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 理工系のための解く! 電気回路1 -交流・基礎編-

    石井六哉,竹村泰司,濱上知樹,市毛弘一( 担当: 共著)

    講談社  2010年3月  ( ISBN:4061557769

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

学位論文 【 表示 / 非表示

  • A Study on Improvements in Computational Efficiency of a Filter Design

    市毛 弘一

    1999年3月

    学位論文(博士)   単著  

    DOI

     詳細を見る

    筑波大学大学院博士課程工学研究科

    様々なディジタルフィルタの設計における計算効率を改善するアルゴリズムを提案し,それぞれ従来手法との比較を行い有効性を検証した。

  • Discrete B-spline Functions and Their Application to B-spline Decomposition and Reconstruction of Signals

    市毛 弘一

    1994年3月

    学位論文(修士)   単著  

     詳細を見る

    筑波大学大学院修士課程理工学研究科

    B-スプライン関数のひとつの離散系として多重RRS関数を提案し,その諸性質について調べるとともに,A-D/D-A変換回路への応用について検討した.

論文 【 表示 / 非表示

  • 複数スケール画像を加えた曲線マップ推定による低光量画像の鮮明化手法

    鈴木 悠茉, 市毛 弘一

    電子電子情報通信学会論文誌A 基礎・境界   J105-A ( 9 )   106 - 110   2022年9月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会   共著  

    本論文では,従来の学習モデルに複数スケールの画像特徴量を追加することで,低光量画像を高精度に鮮明化する手法を提案する.提案手法の有効性は,画像鮮明化のシミュレーションを通して評価される.

  • Characterization of modal interference in multi-core polymer optical fibers and its application to temperature sensing

    Toda Kanon, Kishizawa Kazuya, Toyoda Yuma, Noda Kohei, Lee Heeyoung, Nakamura Kentaro, Ichige Koich … 全著者表示

    APPLIED PHYSICS EXPRESS   15 ( 7 )   2022年7月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • Accurate Source-Number Estimation Using Denoizing Preprocessing and Singular Value Decomposition

    Shohei Hamada, Koichi Ichige, Katsuhisa Kashiwagi, Nobuya Arakawa, Ryo Saito

    IEICE Transactions on Communications   E105-B ( 6 )   766 - 774   2022年6月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   単著  

  • Learning-Based Prediction Method for Radio Wave Propagation Using Images of Building Maps

    Inoue Kazuya, Ichige Koichi, Nagao Tatsuya, Hayashi Takahiro

    IEEE ANTENNAS AND WIRELESS PROPAGATION LETTERS   21 ( 1 )   124 - 128   2022年1月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • スパースアレー受信信号の拡張と位相復元による適応ビームフォーミング

    森本 慎也, 岩崎 翔, 市毛 弘一

    電子電子情報通信学会論文誌A 基礎・境界   J104-A ( 12 )   250 - 257   2021年12月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:電子情報通信学会   共著  

    本論文では,スパースアレーアンテナの受信信号に対する適応ビームフォーミング手法,並びに仮想アレー受信信号の復調手法を提案する.著者らはこれまでに,実アレーの受信信号にKhatri-Rao (KR)積拡張処理を適用することで,到来方向(Direction-Of-Arrival; DOA)推定並びに適応ビームフォーミング性能の向上を確認している.しかしながら,ディジタル変調システムに仮想信号を用いる際には,仮想信号特有の性質から,実アレー領域の処理をそのまま採用することはできない.本論文では,拡張後の仮想信号に対応した新たな適応ビームフォーミング手法を検討し,仮想信号の復調時に位相情報を復元することによって,ビームフォーミング性能の改善を試みる.提案するビームフォーミング手法の性能は,計算機シミュレーションにより評価される.

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 信号処理装置、信号処理システム、信号処理方法、及びプログラム

    平原大地,市毛弘一

     詳細を見る

    出願番号:2019-****  出願日:2019年6月

    出願国:国内  

受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Paper Award

    2021年10月   国際会議 ISCIT 組織委員会   ECG Signal Reconstruction Using FMCW Radar and Convolutional Neural Network  

    受賞者:戸田大貴(理工学府M2),安済練(理工学府M1),市毛弘一

  • Best Paper Award

    2018年11月   ISPACS 2018  

    受賞者:Yuji Araki, Koichi Ichige

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • スパースアレーによる拡張アレー信号処理とその高精度センシング応用

    2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:市毛弘一

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • スパース信号表現に基づいた高速移動体追跡技術とそのスポーツ競技戦略分析への応用

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:市毛弘一

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • マイクロセル環境下での3次元構造マルチアンテナシステムの開発

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:市毛弘一

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Extended beamforming by sum and difference composite co-array for radio surveillance

    市毛 弘一

    2017 IEEE Workshop on Information Forensics and Security (WIFS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Underdetermined DOA estimation in the presence of mutual coupling for sparse circular array

    市毛 弘一

    2017 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation & USNC/URSI National Radio Science Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Multi-sensor Indoor Target Localization Based on Multipath Exploitation

    市毛 弘一

    International Conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Accurate RSSI-Based Indoor Localization Using Time-Domain Path Loss Compensation

    市毛 弘一

    International Conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation, no. 207 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • An Efficient Direction-Of-Arrival Estimation Method Based on Weighted Sparse Spectrum Fitting

    市毛 弘一

    Signal Processing with Adaptive Sparse Structured Representations Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   無線通信システムS

    大学院理工学府

  • 2022年度   無線通信システムF

    大学院理工学府

  • 2022年度   電子情報システムプログラミング演習Ⅱ

    理工学部

  • 2022年度   電子情報システムプログラミング演習

    理工学部

  • 2022年度   先端電磁波設計S

    大学院理工学府

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年11月
     
     
    Best Paper Award   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    Best Paper Award Yuji Araki, Koichi Ichige, International Symposium Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS), Nov. 2018. http://www.ispacs2018.org/award.html https://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/21251/detail.html

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会信号処理研究専門委員会

    2022年06月 - 現在  副委員長

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 電子情報通信学会英文論文誌A

    2019年06月 - 2021年5月  編集幹事

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 国際会議ISAP2020

    2017年07月 - 2021年2月  論文委員会副委員長

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 国際会議ISCAS2019

    2015年02月 - 2020年5月  財務委員長

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 電子情報通信学会英文論文誌A

    2015年01月 - 2018年5月  編集委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会