市毛 弘一 (イチゲ コウイチ)

ICHIGE Koichi

所属組織

大学院工学研究院 知的構造の創生部門

職名

教授

生年

1972年

研究キーワード

ディジタル信号処理、移動体通信、画像処理

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.ichilab.dnj.ynu.ac.jp/



学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年3月

    筑波大学   工学研究科   電子情報工学   博士課程   修了

  •  
    -
    1994年3月

    筑波大学   第3学群   情報学類   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) - 筑波大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年3月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   教授  

  • 2007年4月
    -
    2019年2月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   准教授  

  • 2003年4月
    -
    2007年3月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   助教授  

  • 2001年4月
    -
    2003年3月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   講師  

  • 2001年3月
     
     

    専任   横浜国立大学   工学部   講師  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年9月
    -
    2002年9月

      スイス連邦工科大学ローザンヌ校   客員研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1994年4月
    -
    現在
     

    電子情報通信学会

  • 1994年4月
    -
    現在
     

    IEEE

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 理工系のための解く! 電気回路2 -交流・基礎編-

    竹村泰司,濱上知樹,市毛弘一( 担当: 共著)

    講談社  2011年4月  ( ISBN:4062806015

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 理工系のための解く! 電気回路1 -交流・基礎編-

    石井六哉,竹村泰司,濱上知樹,市毛弘一( 担当: 共著)

    講談社  2010年3月  ( ISBN:4061557769

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

学位論文 【 表示 / 非表示

  • A Study on Improvements in Computational Efficiency of a Filter Design

    市毛 弘一

    1999年3月

    学位論文(博士)   単著  

    DOI

     詳細を見る

    筑波大学大学院博士課程工学研究科

    様々なディジタルフィルタの設計における計算効率を改善するアルゴリズムを提案し,それぞれ従来手法との比較を行い有効性を検証した。

  • Discrete B-spline Functions and Their Application to B-spline Decomposition and Reconstruction of Signals

    市毛 弘一

    1994年3月

    学位論文(修士)   単著  

     詳細を見る

    筑波大学大学院修士課程理工学研究科

    B-スプライン関数のひとつの離散系として多重RRS関数を提案し,その諸性質について調べるとともに,A-D/D-A変換回路への応用について検討した.

論文 【 表示 / 非表示

  • Optimization of Microwave Circuit Parameters by CMA-ES Method

    Kosuke Hayashi, Koichi Ichige

    IEICE Communications Express   10 ( 9 )   681 - 687   2021年5月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 電子情報通信学会   共著  

  • FMCW radar with multiple initial frequencies for robust source number estimation

    Saito Ryo, Kashiwagi Katsuhisa, Arakawa Nobuya, Hamada Shohei, Ichige Koichi

    IEICE COMMUNICATIONS EXPRESS   10 ( 9 )   698 - 703   2021年5月  [査読有り]

    DOI Web of Science CiNii

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 電子情報通信学会   共著  

    <p>We propose a novel method to estimate source number used in Direction Of Arrival (DOA) estimator for Frequency Modulated Continuous Wave - Multiple-Input Multiple-Output (FMCW-MIMO) radar. The main principle is that the phase of the intermediate signals can be modified by the initial frequency of transmitted signals. We confirmed that our method can distinguish true and spurious sources when the number of sources is larger than the number of true sources.</p>

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008082843

  • Design of Sparse Arrays via Deep Learning for Enhanced DOA Estimation

    Steven Wandale, Koichi Ichige

    EURASIP Journal of Advances in Signal Processing   2021 ( 1 )   17-1 - 17-14   2021年4月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer   共著  

  • Optimization and Hole Interpolation of 2-D Sparse Arrays for Accurate Direction-of-Arrival Estimation

    NAKAMURA Shogo, IWAZAKI Sho, ICHIGE Koichi

    IEICE Transactions on Communications   104 ( 4 )   401 - 409   2021年4月  [査読有り]

    DOI CiNii

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 電子情報通信学会   共著  

    <p>This paper presents a method to optimize 2-D sparse array configurations along with a technique to interpolate holes to accurately estimate the direction of arrival (DOA). Conventional 2-D sparse arrays are often defined using a closed-form representation and have the property that they can create hole-free difference co-arrays that can estimate DOAs of incident signals that outnumber the physical elements. However, this property restricts the array configuration to a limited structure and results in a significant mutual coupling effect between consecutive sensors. In this paper, we introduce an optimization-based method for designing 2-D sparse arrays that enhances flexibility of array configuration as well as DOA estimation accuracy. We also propose a method to interpolate holes in 2-D co-arrays by nuclear norm minimization (NNM) that permits holes and to extend array aperture to further enhance DOA estimation accuracy. The performance of the proposed optimum arrays is evaluated through numerical examples.</p>

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008014020

  • 周波数帯域分割を用いたCNNによるピアノ音の多重音解析

    戸田 大貴, 市毛 弘一

    電子情報通信学会論文誌 A   J104-A ( 4 )   110 - 113   2021年4月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会   共著  

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 信号処理装置、信号処理システム、信号処理方法、及びプログラム

    平原大地,市毛弘一

     詳細を見る

    出願番号:2019-****  出願日:2019年6月

    出願国:国内  

受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Paper Award

    2018年11月   ISPACS 2018  

    受賞者:  Yuji Araki, Koichi Ichige

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • スパースアレーによる拡張アレー信号処理とその高精度センシング応用

    2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:市毛弘一

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • スパース信号表現に基づいた高速移動体追跡技術とそのスポーツ競技戦略分析への応用

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:市毛弘一

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • マイクロセル環境下での3次元構造マルチアンテナシステムの開発

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:市毛弘一

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Extended beamforming by sum and difference composite co-array for radio surveillance

    市毛 弘一

    2017 IEEE Workshop on Information Forensics and Security (WIFS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Underdetermined DOA estimation in the presence of mutual coupling for sparse circular array

    市毛 弘一

    2017 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation & USNC/URSI National Radio Science Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Multi-sensor Indoor Target Localization Based on Multipath Exploitation

    市毛 弘一

    International Conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Accurate RSSI-Based Indoor Localization Using Time-Domain Path Loss Compensation

    市毛 弘一

    International Conference on Indoor Positioning and Indoor Navigation, no. 207 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • An Efficient Direction-Of-Arrival Estimation Method Based on Weighted Sparse Spectrum Fitting

    市毛 弘一

    Signal Processing with Adaptive Sparse Structured Representations Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年度   回路解析Ⅰ

    理工学部

  • 2021年度   回路解析

    理工学部

  • 2021年度   ディジタルメディアのしくみⅡ

    大学院先進実践学環

  • 2021年度   ディジタルメディアのしくみⅠ

    大学院先進実践学環

  • 2021年度   システム設計実習

    大学院理工学府

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年11月
     
     
    Best Paper Award   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    Best Paper Award Yuji Araki, Koichi Ichige, International Symposium Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS), Nov. 2018. http://www.ispacs2018.org/award.html https://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/21251/detail.html

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会英文論文誌A

    2019年06月 - 現在  編集幹事

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 国際会議ISAPS2020

    2017年07月 - 現在  論文委員会副委員長

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 電子情報通信学会

    2016年02月 - 2017年7月  論文誌EB分冊ISAP2016特集号編集委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 国際会議ISCAS2019

    2015年02月 - 現在  財務委員長

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 電子情報通信学会

    2015年01月 - 2018年5月  論文誌EA分冊編集委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会