池口 明子 (イケグチ アキコ)

IKEGUCHI Akiko

所属組織

教育学部 学校教育課程 社会科教育

職名

准教授

研究分野・キーワード

漁業,地理学,開発論,湿地



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 池口明子・佐藤廉也編著.身体と生存の文化生態.海青社   2014年05月

    【論文】 池口明子「エコ・ナマズ」にみる湿地の政治生態. 経済地理学年報60:264-286  2014年12月

    【国際会議発表】 IKEGUCHI, A. Adaptive governance of coastal fisheries resources in response to Isoyake (seaweed deforestation): a case study in Ojika island, Japan. 3rd World Small-Scale Fisheries Congress, Chiang Mai, Thailand, October 22-26.  2018年10月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 池口明子・佐藤廉也編(2014)『身体と生存の文化生態』海青社.pp.372.   2014年05月

    【著書】 池口明子(2017)先住民マッピング.若林芳樹・今井修・瀬戸寿一・西村雄一郎編『参加型GISの理論と応用』古今書院:82-90.  2017年03月

    【国際会議発表】 Ikeguchi, A. 2019. Learning from situatedness of indigenous knowledge: from case studies in fishing regions in Japan. 4th South Africa-Japan University Forum Conference, Pretoria, South Africa, May 21-24.  2019年05月

    【国際会議発表】 Ikeguchi, A. 2018. Adaptive governance of coastal fisheries resources in response to Isoyake (seaweed deforestation): a case study in Ojika island, Japan. 3rd World Small-Scale Fisheries Congress, Chiang Mai, Thailand, October 22-26.  2018年10月

    【国際会議発表】 Ikeguchi, A. 2015. Governance of MPA and indigenous cartography in the western Caribbean, International Geographical Congress, Moscow, Russia, August 17-21.  2015年08月

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1993年

    琉球大学   理学部   海洋学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2004年

    名古屋大学    地理学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(地理学) -  名古屋大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2007年03月

      名古屋産業大学   環境情報ビジネス学部   専任講師

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    人文地理学会

  •  
     
     
     

    生き物文化誌学会

  •  
     
     
     

    生態人類学会

  •  
     
     
     

    地域漁業学会

  •  
     
     
     

    日本地理学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 人文地理学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 「漁業・漁村を調査しよう」荒木一視・林紀代美編『食と農のフィールドワーク入門』昭和堂39-46

    池口明子 (担当: 共著 )

    昭和堂  2019年04月 ISBN: 9784812218099

  • 海辺の環境と資源利用.佐藤廉也・宮澤仁編『現代人文地理学』放送大学教育振興会:106-123.

    佐藤廉也,宮澤仁,村山良之,矢部直人 (担当: 共著 )

    放送大学教育振興会  2018年03月 ISBN: 9784595318627

  • 河川生態系への環境適応.佐藤廉也・宮澤仁編『現代人文地理学』放送大学教育振興会:124-139.

    池口明子 (担当: 単著 )

    放送大学教育振興会  2018年03月

  • 「先住民マッピング」若林芳樹・今井修・瀬戸寿一・西村雄一郎編『参加型GISの理論と応用』古今書院:82-90

    (担当: 単著 )

    古今書院  2017年03月 ISBN: 9784772242004

  • 「人間の営みを学際的に探る:貝類採集からみる干潟の漁撈文化」秋道智彌・赤坂憲雄編『人間の営みを探る』玉川大学出版部

    池口明子 (担当: 単著 )

    玉川大学出版部  2016年06月 ISBN: 9784472182051

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 学界展望:地域研究・地誌

    人文地理   67 ( 3 )   2015年  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • クメール・クロムの暮らしからみるベトナム

    歴史と地理 ( 山川出版社 )  ( 678 ) 53 - 63   2014年10月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 雨降ればカエル、水引けばバッタ -- 天水田と生物利用

    地理   51 ( 12 ) 50 - 55   2006年12月

    総説・解説(その他)   共著

  • 味と匂いと浅い海

    地理   51 ( 5 ) 68 - 71   2006年05月

    総説・解説(その他)   単著

  • 学界展望:漁業

    人文地理   57 ( 3 ) 70   2005年

    総説・解説(学術雑誌)   単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本地理学会奨励賞

    2004年    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 気候変動下における沿岸堆積物の動態と漁場認識−零細金採掘地域をモデルとして

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  継続中  代表者:  川瀬久美子

  • 南洋地理学の系譜と現代地誌・地域研究への意義

    基盤研究(B)

    研究期間:  2019年04月  -  継続中 

  • 「被災地」陸前高田の場所再構築と地理学ー感情・身体・ジェンダーと風土の視点から

    基盤研究(B)

    研究期間:  2018年04月  -  継続中 

  • 沿岸漁場における順応的環境ガバナンスの地理学的研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  継続中  代表者:  池口明子

  • 人力小規模金採掘が農水産物に与える水銀汚染の時空間的影響評価と対策手法

    基盤研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月  代表者:  竹中千里

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Learning from situatedness of indigenous knowledge: from case studies in fishing regions in Japan.

    Ikeguchi, A.

    4th South Africa-Japan University Forum Conference  (Pretoria, South Africa)  2019年05月21日  

  • Adaptive governance of coastal fisheries resources in response to Isoyake (seaweed deforestation): a case study in Ojika island, Japan.

    Ikeguchi, A.

    3rd World Small-Scale Fisheries Congress  (Chiang Mai, Thailand)  2018年10月22日  

  • Ethno-ecology of mangrove ecosystem from geo-chemical viewpoint: gleaning of Mangrove clam Pedophysema philippiana in the Philippines.

    Ikeguchi, A., Kawase, K., Inoue, T., Yamashita, H., Lebata M.J.H.L., Doyola-Solis, E.F.C.

    International Geographical Congress  2018年08月06日  

  • Governance of MPA and indigenous cartography in the western Caribbean

    Ikeguchi, A.

    International Geographical Congress  2015年08月17日  

  • Hunting-gathering, trace element, and social change: case studies in Laos and Papua New Guinea

    Ikeguchi A, Nonaka K, Kumagai K, Ajisaka T, Ii Sunae, Miyagawa S , Shinmoto M

    International Geographical Congress  (Kyoto, Japan)  2013年08月04日  

全件表示 >>

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 大分県佐伯湾における沿岸採集活動の研究

    研究期間:  -   

  • 日韓共同干潟調査

    研究期間:  -   

  • 琉球列島における潟生業についての研究

    研究期間:  -   

  • アジア・熱帯モンスーン地域における地域生態史の統合的研究 1945-2005

    研究期間:  -   

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 教育学部  地理学野外実習Ⅱ

  • 教育学部  地理学実験実習

  • 教育学部  人文地理学演習B

  • 教育学部  人文地理学演習A

  • 教育学部  人文地理学

全件表示 >>

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • シンポジウム「羽地内海の人と自然」

    羽地内海の自然を守り育む会  (名護市羽地地区センターホール) 

    2007年01月
     
     

     概要を見る

    基調講演「羽地内海の人と自然」

  • 東海大学海洋学部公開シンポジウム「アジアモンスーンの水と人」

    東海大学海洋学部  (清水マリンビル) 

    2006年11月
     
     

     概要を見る

    ベトナム・メコンデルタの貝類生産からみるアジアの干潟

  • シンポジウム「大入島発!大分の豊かな里海を守ろう」

    大入島自然史研究会  (佐伯文化会館) 

    2006年03月
     
     

     概要を見る

    石間浦の「磯草」利用の実態

  • フォーラム「地域を知る―市民調査の可能性」

    沖縄大学地域研究所 トヨタ財団  (沖縄大学地域研究所) 

    2005年01月
     
     

     概要を見る

    琉球列島における潟生業についての研究

  • 幸田町職員まちづくり講座

    幸田町役場  (愛知県額田郡幸田町) 

    2004年07月
     
     

     概要を見る

    「文化とまちづくり」のテーマで幸田町職員向けに講義をおこなった