今村 与一 (イマムラ ヨイチ)

IMAMURA Yoichi

所属組織

大学院国際社会科学研究院 国際社会科学部門

職名

教授

生年

1955年

研究分野・キーワード

抵当権,不動産登記,公証人

メールアドレス

メールアドレス



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 意思主義をめぐる法的思索   2018年07月

    【論文】 司法と正義  2018年07月

    【論文】 変動するフランス物的担保法制の現状:2006年民法典改正前後の点描  2018年01月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 意思主義をめぐる法的思索   2018年07月

    【論文】 司法と正義  2018年07月

    【論文】 変動するフランス物的担保法制の現状:2006年民法典改正前後の点描  2018年01月

    【論文】 不動産法序説  2015年12月

    【論文】 抵当権と所有権の関係――その理論的分析の試み  2013年08月

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1978年

    広島大学   政経学部   法律政治学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1983年

    東京都立大学  社会科学研究科  基礎法学    単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 法学修士 -  東京都立大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年09月
    -
    2003年03月

      岡山大学   法学部   教授

  • 1992年04月
    -
    1995年08月

      岡山大学   法学部   助教授

  • 1987年10月
    -
    1992年03月

      新潟大学   教養部   助教授

  • 1986年04月
    -
    1987年09月

      新潟大学   教養部   講師

  • 1983年04月
    -
    1986年03月

      東京大学   社会科学研究所   助手

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本私法学会

  •  
     
     
     

    日本法社会学会

  •  
     
     
     

    民主主義科学者協会法律部会

  •  
     
     
     

    日仏法学会

  •  
     
     
     

    金融法学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 民事法学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 意思主義をめぐる法的思索:不動産取引の多角的検討

    研究期間:  - 

  • 抵当信用の法:フランス抵当制度の歴史と理論

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 意思主義をめぐる法的思索

    (担当: 単著 )

    勁草書房  2018年07月 ISBN: 9784326403585

  • 新プリメール民法2物権・担保物権法

    今村与一・張洋介・鄭芙蓉・中谷崇・高橋智也 (担当: 共著 , 担当範囲: 序章物権法・担保物権法を学ぶための基礎知識、第2章物権変動1(不動産) )

    法律文化社  2018年06月 ISBN: 9784589039125

    Amazon

  • プリメール民法2 物権・担保物権法〔第3版〕

    松井宏興、鈴木龍也、上谷均、今村与一 (担当: 共著 , 担当範囲: 第6章 抵当権 )

    法律文化社  2005年10月 ISBN: 4589028743

    Amazon

  • 日本社会と市民法学

    広渡清吾、浅倉むつ子、今村与一 (担当: 共編者 )

    日本評論社  2013年08月 ISBN: 9784535519008

    Amazon

  • 論点体系 判例民法3 担保物権 〔第3版〕

    今村与一、関口剛弘、中山知己、松田典浩 (担当: 共著 )

    第一法規  2019年01月 ISBN: 9784474059443

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本の公証人法――制度と実務の両面からみた問題点

    現代消費者法 ( 民事法研究会 )  ( 41 ) 47 - 56   2018年12月  [招待有り]

    単著

  • 司法と正義

    日本の司法――現在と未来 江藤价泰先生追悼論集 ( 日本評論社 )    527 - 555   2018年07月

    単著

  • 変動するフランス物的担保法制の現状:2006年民法典改正前後の点描

    現代都市法の課題と展望:原田純孝先生古稀記念論集 ( 日本評論社 )    205 - 235   2018年01月

    単著

  • 改憲論議と債権法改正

    今村 与一

    法律時報増刊 ( 日本評論社 )    179 - 184   2014年12月  [招待有り]

    単著

  • 抵当権と所有権の関係――その理論的分析の試み

    清水誠先生追悼論集『日本社会と市民法学』     2013年08月

    単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 追悼・江藤价泰先生

    法の科学 ( 日本評論社 )  ( 49 ) 167 - 169   2017年09月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 清水誠先生の金融法研究

    消費者法ニュース   ( 87 ) 372 - 373   2011年04月

    総説・解説(その他)   単著

  • 一民法学者が見た「耐震強度偽装事件」の問題点

    NBL(New Business Law)   ( 829 )   2006年03月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

作品・芸術・データベース等 【 表示 / 非表示

  • 調査研究報告・在宅福祉サービス活動をめぐる法的問題に関する調査研究(東京都福祉局)

    その他 

    1984年
     
     
     

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • PFIの比較法的研究:公共性原理の変容と新たな構築の視点から

    基盤研究(C)

    研究期間:  2005年04月  -  2007年03月  代表者:  来生新

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • フランス抵当制度の歴史と理論

    提供機関:  地方自治体  全国銀行学術研究振興財団研究助成

    研究期間: 2002年04月  -  2003年03月 

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • PFIの比較法的研究:公共性原理の変容と新たな構築の視点から

    学内共同研究  

    研究期間: 2005年05月  -  2007年03月 

  • 高齢者の財産管理に関する研究

    学内共同研究  

    研究期間: 2001年  -  2001年 

  • 現代都市法の研究

    国内共同研究  

    研究期間: 1993年  -  1993年 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院国際社会科学府  演習Ⅱb(博士後期)

  • 大学院国際社会科学府  演習Ⅱa(博士後期)

  • 大学院国際社会科学府  演習Ⅰb(博士後期)

  • 大学院国際社会科学府  演習Ⅰa(博士後期)

  • 大学院国際社会科学府  民法特殊研究Ⅰ

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本学術会議

    2011年10月
    -
    2017年09月

    その他   連携会員

  • 民主主義科学者協会法律部会

    2011年11月
    -
    2014年10月

    その他   理事

  • 横浜弁護士会

    2012年07月
    -
    2014年06月

    その他   資格審査会予備委員

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 東京地方税理士会横浜中央支部研修会

    東京地方税理士会横浜中央支部  (桜木町税理士会館) 

    2014年08月
     
     

     概要を見る

    「業務に役立つ不動産登記簿の見方と最近の取引等の事例」を共通テーマとして、現役司法書士盛島満方氏とのジョイント講演。担当したのは「日本の不動産公示制度の沿革と現状」と題する部分。

  • 債権法改正講演会

    横浜弁護士会  (横浜弁護士会館) 

    2014年01月
     
     

     概要を見る

    上記シンポジウムの一環として「個人保証の現状と今後のあり方――比較法的視点を交えて債権法改正案を読む」を主題とする報告を担当。

  • 横浜弁護士会会員研修会

    横浜弁護士会  (横浜弁護士会館) 

    2013年11月
     
     

     概要を見る

    「不動産の物権変動をめぐる最近の裁判例と法律家の役割」と題された講演。