石原 顕光 (イシハラ アキミツ)

ISHIHARA Akimitsu

所属組織

先端科学高等研究院

職名

特任教員(教授)

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0002-7515-7374

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) - 横浜国立大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年1月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   先端科学高等研究院   特任教員(教授)  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年4月
    -
    現在

      大分大学   理工学部   客員教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2014年
    -
    現在
     

    触媒学会

  • 2008年
    -
    現在
     

    米国電気化学会

  • 2000年
    -
    現在
     

    水素エネルギー協会

  • 1999年
    -
    現在
     

    日本化学会

  • 1987年
    -
    現在
     

    電気化学会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • CSJカレントレビュー モビリティ用電池の化学

    石原顕光・難波江裕太( 担当: 共著 ,  範囲: 非白金酸素還元触媒)

    化学同人  2022年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:176   担当ページ:116-121   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Metal Oxide-Based Nanostructured Electrocatalysts for Fuel Cells, Electrolyzers, and Metal-Air Batteries

    Akimitsu Ishihara, Yoshiyuki Yamamoto, Osamu Sugino, and Ken-ichiro Ota( 担当: 共著 ,  範囲: Chap.3 Oxygen reduction reaction (ORR) in acidic media with nanostructured metal oxide-based electrocatalysts)

    Elsevier  2021年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • トコトンやさしいエントロピーの本第2版

    石原顕光( 担当: 単著)

    日刊工業新聞社  2020年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • New Perspectives on Hydrogen Production, Separation, and Utilization (Current Trends and Future Developments on (Bio-) Membranes)

    A. Ishihara and K. Ota( 担当: 共著 ,  範囲: Chap.16 Role of green hydrogen for our sustainable growth)

    Elsevier  2020年   [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • しっかり学ぶ 化学熱力学: エントロピーはなぜ増えるのか

    石原顕光( 担当: 単著)

    裳華房  2019年5月  ( ISBN:4785335165

     詳細を見る

    総ページ数:217   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Analysis Method for Rotating Disk Voltammograms of Electrocatalytic Reaction —Oxygen Reduction Reaction—

    Yuko YOKOYAMA , Takaaki NAGAI, Akimitsu ISHIHARA, Masahiro YAMAMOTO, Kohei MIYAZAKI, Takeshi ABE, … 全著者表示

    Electrochemistry   90 ( 10 )   1030003   2022年8月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 電気化学会   単著  

    <p>Rotating disk voltammograms of electrocatalytic reactions were often analyzed on a model of the totally irreversible reaction. The problem with the conventional method is pointed out, and the validity of an analysis method on a model of the electrocatalytic reaction is demonstrated for oxygen-reduction reaction (ORR) as an example. Rotating disk voltammograms of ORRs sometimes show gradual change in the limiting current region called residual slope. The phenomenon has been explained on a random distribution model in which the catalytic sites communicate in long-range electron transfer with the electronic conductor that locate at distances (<i>z</i>), and are uniformly distributed with respect to <i>z</i>. Observed data of an ORR were well reproduced by non-linear least squares analysis on the random distribution model. The result of the analysis is briefly discussed.</p>

  • Enhancement of Oxygen Reduction Activity of Fe-added Zirconium Oxide Electrocatalysts without Conductive Supports in Sulfuric Acid

    Y. Takeuchi, K. Watanabe, K. Matsuzawa, T. Nagai, K. Ikegami, R. Monden, and A. Ishihara

    Chemistry Letters   51 ( 9 )   927 - 931   2022年8月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本化学会   単著  

    <p>Fe-added zirconium oxide electrocatalyst was synthesized using pyrazine carboxylic acid for catalyzing oxygen reduction reactions (ORR) in acidic media. The optimization of the Fe-additive ratio led to the highest onset potential of 0.917 V for ORR at −10 mA g<sub>cat</sub><sup>−1</sup> compared to that of previous studies. The high ORR activity was due to the formation of high-quality active sites with Fe addition in monoclinic ZrO<sub>2</sub> and a suitable electron supply path created through carbon deposited using a pyrazine carboxylic acid complex.</p>

  • Effect of Foreign Elements Added Oxide-Based Electrocatalyst for Oxygen Reduction Reaction as Non-Precious Metal Cathodes

    K. Matsuzawa, M. Obata, Y. Takeuchi, Y. Ohgi, K. Ikegami, T. Nagai, R. Monden, and A. Ishihara

    ECS Transaction   108 ( 7 )   181 - 188   2022年6月  [査読有り]

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   単著  

  • PEFCカソード用酸化物担体としてのPドープSnO2の適用性評価

    井上裕太, 永井崇昭 大城善郎, 黒田義之, 松澤幸一, 石原顕光

    燃料電池   21 ( 3 )   79 - 88   2022年  [査読有り]  [招待有り]

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:燃料電池開発情報センター   共著  

  • Degradation Analysis of Pt/Nb–Ti4O7 as PEFC Cathode Catalysts with Controlled Arc Plasma-deposited Platinum Content

    MA Yongbing, KAJIMA Hirokata, SHIMASAKI Yuta, NAGAI Takaaki, NAPPORN Teko W., WADA Hiroaki, KURODA … 全著者表示

    Electrochemistry   90 ( 5 )   057004   2022年  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 電気化学会   共著  

    <p>For polymer electrolyte fuel cell cathodes, highly durable supports are required to prevent catalyst degradation in supports. In this study, as model Pt catalysts, 2–10 wt% Pt was deposited on Magnéli-phase niobium-doped macroporous Ti<sub>4</sub>O<sub>7</sub> (Nb–Ti<sub>4</sub>O<sub>7</sub>) mounted on glassy carbon rods using the coaxial arc plasma deposition method. The morphologies of 2, 5, and 10 wt% Pt catalysts showed the hemisphere fine particles, islands with ca. 1.4 nm diameter and ca. 2.4 nm thickness, and films with ca. 3.3 nm thickness, respectively. During start/stop accelerated durability tests (ADTs) of 5000 cycles following the Fuel Cell Commercialization Conference of Japan protocol, Pt was slightly agglomerated; consequently, the morphologies of the 2, 5, and 10 wt% Pt catalysts were island-like with 3.5 nm thickness, chain bead-like with 4 nm thickness, and film-like with 4 nm thickness, respectively. This slight agglomeration led to good durability during the ADTs. Herein, the oxygen reduction reaction (ORR) mass activity (MA) values at 0.9 V vs. reversible hydrogen electrode (RHE) of the 2, 5, and 10 wt% Pt catalysts were 79, 60, and after 5000 cycles ADT, respectively, which had declining ratios after 5000 cycles were 32 %, 17 %, and 0 %, respectively. The island-like and film-like Pt/Nb–Ti<sub>4</sub>O<sub>7</sub> presented activity and durability comparable to a Pt/C catalyst, which was (0.9 V vs. RHE) with a 12 % of declining ratio after the ADTs. The durability of the MA suggested that the different affinity caused by different crystal faces led to the slight agglomeration of 2, 5, and 10 wt%_Pt/Nb–Ti<sub>4</sub>O<sub>7</sub> catalysts. These catalysts showed electrochemical surface areas (ECSAs) of 36, 27, and 29 m<sup>2</sup> g<sup>−1</sup> after the ADTs, with declining ratios as low as 20 %, 6 %, and 0 %, respectively. All Pt/Nb–Ti<sub>4</sub>O<sub>7</sub> catalysts showed higher durability of the ECSAs than the Pt/C catalyst, which was 68 m<sup>2</sup> g<sup>−1</sup> with a 30 % declining ratio after the ADT. Different from common Pt nanoparticle catalysts, which agglomerate into large spherical Pt particles, the slight agglomeration was caused by the interconnection of the deposits and supplemented by a limited increase in the diameter or thickness. The island-like morphology of Pt with a limited thickness presented both high durability and activity among the Pt/Oxide catalysts.</p>

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 非貴金属酸化物系触媒の高耐久化に向けての研究開発

    松澤幸一・石原顕光

    月刊 車載テクノロジー   9 ( 4 )   6 - 10   2022年1月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著  

  • 非貴金属酸化物ベース酸素還元触媒

    石原顕光・冨中悟史・久保田純

    水素エネルギーシステム   46 ( 2 )   95 - 101   2021年  [依頼有り]

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:水素エネルギー協会   共著  

  • 基礎講座第2回 電極電位及び電池電圧と反応の駆動力

    石原顕光

    燃料電池   19 ( 3 )   61 - 72   2020年2月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:燃料電池開発情報センター   単著  

  • 酸化物系酸素還元触媒

    石原顕光・太田健一郎

    工業材料   67 ( 7 )   42 - 45   2019年6月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日刊工業新聞社   共著  

    著者らが世界に先駆けて開発してきた酸化物系酸素還元触媒の開発状況と可能性について述べた。

  • 基礎講座第1回 電気化学システムとしての燃料電池の理論効率-熱力学からみた燃料電池-

    石原顕光

    燃料電池   19 ( 2 )   24 - 31   2019年  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:燃料電池開発情報センター   単著  

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Challenges of high-performance oxide-based cathodes for future advanced polymer electrolyte fuel cells

    A. Ishihara  [招待有り]

    The 3rd China-Japan Forum on Clean Energy  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Online  

  • Challenges of PGM- and Carbon-free Cathodes Based on Metal Oxides for Future Advanced PEFCs

    A. Ishihara  [招待有り]

    The 2nd Japan-China Symposium on Power Batteries for New Energy Vehicles  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online  

  • Challenges of PGM- and Carbon-Free Cathodes Based on Group 4 and 5 Metal Oxides for Future Advanced PEFCs

    Akimitsu Ishihara  [招待有り]

    The 10th Asian Conference on Electrochemical Power Sources 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Effect of Nitrogen Doping on Oxygen Reduction Activity of TiO2 in Acidic Media

    Akimitsu Ishihara  [招待有り]

    236th Meeting of Electrochemical Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Emergence of Oxygen Reduction Activity of Group 4 and 5 Oxide-Based Cathodes for Polymer Electrolyte Fuel Cells

    Akimitsu Ishihara  [招待有り]

    Electrolysis and Fuel Cell Discussions 2019 – Towards Catalysts free of Critical Raw Materials  EFCD 2019 Conference

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • Electrochemistry

    2021年4月
    -
    現在
     

  • 燃料電池

    2018年8月
    -
    現在
     

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 電気化学会90周年事業実行委員

    2021年11月 - 2023年3月 

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 2022年町田市夏休み環境学習

    役割:講師, 企画

    町田市環境資源部・自然共生課  2022年8月

  • 第33回寺子屋式 燃料電池講習会

    役割:講師

    2022年6月

  • 2022年関東支部セミナー 1から学ぶ電気化学のいろは (原理からアプリケーションまで)

    役割:講師

    電気化学会関東支部  2022年5月

  • 第32回寺子屋式 燃料電池講習会

    役割:講師

    (一社)燃料電池開発情報センター  2021年12月

  • 電気化学セミナーB ( 2021 ) 初心者のための電気化学測定法―実習編

    役割:講師

    電気化学会  2021年9月

全件表示 >>