石井 一洋 (イシイ カズヒロ)

ISHII Kazuhiro

所属組織

大学院工学研究院 システムの創生部門

職名

教授

研究分野・キーワード

燃焼 熱工学 内燃機関 衝撃波 化学反応 デトネーション 煤

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.ishii-lab.ynu.ac.jp/



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Mechanism of detonation transition from accelerating flames in a channel   2017年

    【論文】 Initiation and Propagation of Detonation Waves in Combustible High Speed Flows  2009年

    【論文】 Behavior of Detonation Propagation in Mixtures with Concentration Gradients  2007年

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 水中衝撃波背後の可燃性気泡の挙動   2018年08月

    【論文】 Mechanism of detonation transition from accelerating flames in a channel  2017年

    【論文】 An experimental study on the mechanism of self-ignition of high-pressure hydrogen  2017年

    【論文】 Effects of boundary layer on flame propagation generated by forced ignition behind an incident shock wave  2016年

    【論文】 円管における隔膜の開口過程が衝撃波強さに及ぼす影響  2016年

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年

    東京大学   工学部   航空学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1993年

    東京大学  工学系研究科  航空学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  東京大学

  • 工学修士 -  東京大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年12月
    -
    1996年09月

      アレクサンダー・フォン・フンボルト財団   奨学研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2014年01月
    -
    継続中
     

    火薬学会

  •  
     
     
     

    日本機械学会

  •  
     
     
     

    日本航空宇宙学会

  •  
     
     
     

    自動車技術会

  •  
     
     
     

    日本燃焼学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 航空宇宙工学

  • 熱工学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 次世代型バーナシステムの開発

    受託研究  

    研究期間:  - 

  • 気相デトネーション

    研究期間:  - 

  • 煤生成メカニズムの解明

    共同研究  

    研究期間:  - 

  • 回転デトネーションエンジン

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 機械工学総論

    (担当: 分担執筆 , 担当範囲: ロケットエンジン )

    日本機械学会  2012年10月 ISBN: 978-4-88898

  • デトネーションの熱流体力学1

    笠原次郎、石井一洋、小原哲郎、坪井伸幸、大八木重治、滝史郎、越光男、八房智顕、加藤幸夫、田中克己、水書稔治 (担当: 共著 )

    理工図書  2011年09月

  • 工業熱力学 基礎編

    (担当: 共著 )

    東京大学出版会  2004年09月

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 乱流可燃性混合気の火花点火機構に関する研究

    石井一洋

      1993年03月  [査読有り]

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    東京大学 工学系 研究科空港学専攻 容器内で4方向からの可燃性ジェットを衝突させることで主流のない強乱れ場を実現し,容量火花および合成火花による点火実験を行っている。さらに数値シミュレーションにより,火炎核の成長形態を調べている。これらの結果より,乱れ強さ、火花エネルギー,火花放電時間,火花エネルギーの配分火花点火能力に及ぼす影響を明らかにしている。

    DOI

  • 可燃性混合気の火花点火過程の数値シミュレーションによる機構解明

    石井 一洋

      1990年03月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    東京大学 工学系研究科 航空学専攻 静止混合気の火花点火過程について,火花放電後の火炎核の成長形態に重点を置いて火花電極を軸とする二次元円筒座標の元で数値シミュレーションを行っている。火花エネルギー,火花放電間隔,火花間隙長,火花電極直径,火花電極先端形状が最小点火エネルギーに及ぼす影響について計算結果と実験結果の比較より,火花点火機構の解明を行っている。

論文 【 表示 / 非表示

  • 水中衝撃波背後の可燃性気泡の挙動

    渡辺菜月,石井一洋

    日本燃焼学会誌 ( 一般社団法人 日本燃焼学会 )  60 ( 193 ) 202 - 208   2018年08月  [査読有り]

    共著

    DOI CiNii

  • An Experimental Study on Effects of Chamber Size on Behavior of Rotating Detonation Waves

    W. Kurata, A. Yokota, D. Ikema, H. Kawana, K. Ishii

    The 6th International Symposium on Energetic Materials and their Applications     2017年10月  [査読有り]

    共著

  • Behavior of explosive bubbles behind an underwater shock wave

    N. Watanabe, K. Ishii

    Proceedings of the 26th International Colloquium on the Dynamics of Explosions and Reactive Systems     2017年08月

    共著

  • A Study on suppression of detonation propagation by inert gas injection

    K. Ishii, K. Seki

    Proceedings of the 26th International Colloquium on the Dynamics of Explosions and Reactive Systems     2017年08月  [査読有り]

    共著

  • A study on soot formation characteristics of a gasoline surrogate fuel using a shock tube

    Y. Nagata, K. Ishii

    Proceedings of The 31th International Symposium on Shock Waves     2017年07月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • NHKスペシャルを見て

    水素エネルギーシステム   43 ( 1 ) 44-45   2018年03月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • デフラグレーションからデトネーションへの遷移過程における新展開―音速近傍で伝播する火炎の存在―

    朝原誠,坪井伸幸,石井一洋,林光一

    EXPLOSION ( 火薬学会 )  25 ( 1 ) 16 - 21   2015年04月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

     概要を見る

    デフラグレーションからデトネーションへの遷移メカニズムに関する最新の研究成果について実験と数値計算の両面から解説している。

  • デフラグレーション-デトネーション遷移(DDT)

    石井一洋

    日本燃焼学会誌   55 ( 174 ) 329 - 336   2013年11月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

     概要を見る

    デフラグレーションからデトネーションへの遷移について,一次元的描写に始まり,DDT過程の可視化,管内のDDT,デトネーション開始の機構に関して近年の研究による知見を解説している。

    DOI

  • 管状火炎を用いた実用燃焼器の開発

    石塚悟, 下栗大右, 岡田邦明, 高士弘一, 鈴川豊

    日本燃焼学会誌   51 ( 156 ) 104 - 113   2009年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • LIIによるすす粒子計測

    日本燃焼学会誌   48   166 - 173   2006年05月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • パルスデトネーションエンジン着火方法およびその装置

    特願 2005-070863  特開 2005-315250  特許 4618612

    村山元英、 中村良也、石井一洋

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本燃焼学会論文賞

    2003年12月    

  • 自動車技術会論文賞

    1993年05月    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 安全な水素エネルギー社会の実現に向けたハイブリッドデトネーションアレスターの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中 

  • 回転デトネーションの伝播モードダイナミクス解明と燃焼器設計指針の確立

    基盤研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中  代表者:  石井一洋

  • 可燃性マイクロバブル爆轟による液体殺菌技術の開発

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月  代表者:  石井一洋

  • 回転デトネーションエンジン安定作動条件の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月  代表者:  石井一洋

  • 衝撃波風洞を利用した可燃性高速流中における回転デトネーションの実現

    萌芽研究

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月  代表者:  石井一洋

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 管内火炎伝播時の圧力計測手法の構築と管壁への熱損失に関する研究

    提供機関:  民間財団等 

    研究期間: 2016年07月  -  2017年03月  代表者:  石井一洋

  • 衝撃波管による多成分燃料における粒子生成量と粒子数との関係モデル化・機構解明とデータベース構築

    提供機関:  地方自治体  SIP「革新的燃焼技術」

    研究期間: 2016年04月  -  2019年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • デトネーションの起爆(DDT,直接起爆,臨界管直径)

    石井一洋

    第12回デトネーション研究会若手夏の学校   2017年08月26日  

  • デトネーション

    日本燃焼学会・第3回先進的燃焼講座  (東京)  2007年10月12日  

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 火薬学会

    編集委員 

    2014年01月
    -
    2017月05日
     

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • パルスデトネーションエンジン用液体燃料の研究

    国内共同研究  

    研究期間: 2003年10月  -  2006年03月 

  • 次世代型バーナシステムの開発

    企業等からの受託研究  

    研究期間: 2002年01月  -  2007年03月 

  • 炉心溶融により生ずる水素デトネーションの基礎研究

    提供機関: アーヘン工科大学  国際共同研究  

    研究期間: 1999年04月  -  2002年03月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  熱流体システム製作B

  • 大学院理工学府  熱流体システム製作A

  • 大学院理工学府  熱流体システム設計B

  • 大学院理工学府  熱流体システム設計A

  • 大学院理工学府  反応性気体力学

全件表示 >>

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 第49回燃焼シンポジウム

    (横浜) 

    2011年12月