石井 一洋 (イシイ カズヒロ)

ISHII Kazuhiro

所属組織

大学院工学研究院 システムの創生部門

職名

教授

研究分野・キーワード

燃焼 熱工学 内燃機関 衝撃波 化学反応 デトネーション 煤

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.ishii-lab.ynu.ac.jp/



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Mechanism of detonation transition from accelerating flames in a channel   2017年

    【論文】 Initiation and Propagation of Detonation Waves in Combustible High Speed Flows  2009年

    【論文】 Behavior of Detonation Propagation in Mixtures with Concentration Gradients  2007年

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 水中衝撃波背後の可燃性気泡の挙動   2018年08月

    【論文】 Mechanism of detonation transition from accelerating flames in a channel  2017年

    【論文】 An experimental study on the mechanism of self-ignition of high-pressure hydrogen  2017年

    【論文】 Effects of boundary layer on flame propagation generated by forced ignition behind an incident shock wave  2016年

    【論文】 円管における隔膜の開口過程が衝撃波強さに及ぼす影響  2016年

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年

    東京大学   工学部   航空学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1993年

    東京大学  工学系研究科  航空学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  東京大学

  • 工学修士 -  東京大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年12月
    -
    1996年09月

      アレクサンダー・フォン・フンボルト財団   奨学研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2014年01月
    -
    継続中
     

    火薬学会

  •  
     
     
     

    日本機械学会

  •  
     
     
     

    日本航空宇宙学会

  •  
     
     
     

    自動車技術会

  •  
     
     
     

    日本燃焼学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 航空宇宙工学

  • 熱工学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 次世代型バーナシステムの開発

    受託研究  

    研究期間:  - 

  • 気相デトネーション

    研究期間:  - 

  • 煤生成メカニズムの解明

    共同研究  

    研究期間:  - 

  • 回転デトネーションエンジン

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 機械工学総論

    (担当: 分担執筆 , 担当範囲: ロケットエンジン )

    日本機械学会  2012年10月 ISBN: 978-4-88898

  • デトネーションの熱流体力学1

    笠原次郎、石井一洋、小原哲郎、坪井伸幸、大八木重治、滝史郎、越光男、八房智顕、加藤幸夫、田中克己、水書稔治 (担当: 共著 )

    理工図書  2011年09月

  • 工業熱力学 基礎編

    (担当: 共著 )

    東京大学出版会  2004年09月

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 乱流可燃性混合気の火花点火機構に関する研究

    石井一洋

      1993年03月  [査読有り]

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    東京大学 工学系 研究科空港学専攻 容器内で4方向からの可燃性ジェットを衝突させることで主流のない強乱れ場を実現し,容量火花および合成火花による点火実験を行っている。さらに数値シミュレーションにより,火炎核の成長形態を調べている。これらの結果より,乱れ強さ、火花エネルギー,火花放電時間,火花エネルギーの配分火花点火能力に及ぼす影響を明らかにしている。

    DOI

  • 可燃性混合気の火花点火過程の数値シミュレーションによる機構解明

    石井 一洋

      1990年03月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    東京大学 工学系研究科 航空学専攻 静止混合気の火花点火過程について,火花放電後の火炎核の成長形態に重点を置いて火花電極を軸とする二次元円筒座標の元で数値シミュレーションを行っている。火花エネルギー,火花放電間隔,火花間隙長,火花電極直径,火花電極先端形状が最小点火エネルギーに及ぼす影響について計算結果と実験結果の比較より,火花点火機構の解明を行っている。

論文 【 表示 / 非表示

  • Shock wave generation by collapse of an explosive bubble in water

    K.Ishii,N.Watanabe

    Proceedings of the Combustion Institute   37 ( 3 ) 3653 - 3660   2019年01月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Development of a High Efficiency System with a Rotating Detonation Engine for a Gas Turbine Engine (RDE-GTE) using Pressure Gain Combustion

    A. Koichi Hayashi, Nobuyuki Tsuboi, Kohei Ozawa, Kazuhiro Ishii, Tetsuro Obara, Shinichi Maeda, Edyta Dzieminska, Toshiharu Mizukaki

    AIAA Scitech 2019 Forum     2019年01月

    単著

    DOI

  • Propagation Stability of Rotating Detonation Waves Using Hydrogen/Oxygen-Enriched Air Mixtures

    Daisuke IKEMA, Atsushi YOKOTA, Wataru KURATA, Haruhiro KAWANA, Kazuhiro ISHII

    Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences   61 ( 6 ) 268 - 273   2018年11月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • ガソリンサロゲート燃料のすす粒子生成モデルの検討

    秋濱一弘, 由井寛久, 生井裕樹, 岩田和也, 今村宰, 石井一洋, 橋本淳

    自動車技術会論文集   49 ( 6 ) 1132 - 1137   2018年11月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • 収束デトネーションにより駆動される水中衝撃波を用いた海洋微生物処理

    石井一洋, 伊藤響平, 渡辺菜月, 片岡秀文

    日本機械学会論文集   84 ( 867 ) 18-00135   2018年10月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 第13回デトネーション研究会「若手夏の学校」

    石井一洋

    Explosion   28 ( 3 ) 203 - 205   2018年12月  [依頼有り]

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)   単著

  • デトネーション現象

    石井一洋

    日本燃焼学会誌   60 ( 193 ) 199 - 199   2018年08月  [依頼有り]

    書評,文献紹介等   単著

  • デフラグレーションからデトネーションへの遷移過程における新展開―音速近傍で伝播する火炎の存在―

    朝原誠,坪井伸幸,石井一洋,林光一

    EXPLOSION ( 火薬学会 )  25 ( 1 ) 16 - 21   2015年04月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

     概要を見る

    デフラグレーションからデトネーションへの遷移メカニズムに関する最新の研究成果について実験と数値計算の両面から解説している。

  • デフラグレーション-デトネーション遷移(DDT)

    石井一洋

    日本燃焼学会誌   55 ( 174 ) 329 - 336   2013年11月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

     概要を見る

    デフラグレーションからデトネーションへの遷移について,一次元的描写に始まり,DDT過程の可視化,管内のDDT,デトネーション開始の機構に関して近年の研究による知見を解説している。

    DOI

  • 管状火炎を用いた実用燃焼器の開発

    石塚悟, 下栗大右, 岡田邦明, 高士弘一, 鈴川豊

    日本燃焼学会誌   51 ( 156 ) 104 - 113   2009年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • パルスデトネーションエンジン着火方法およびその装置

    特願 2005-070863  特開 2005-315250  特許 4618612

    村山元英、 中村良也、石井一洋

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本燃焼学会論文賞

    2003年12月    

  • 自動車技術会論文賞

    1993年05月    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 安全な水素エネルギー社会の実現に向けたハイブリッドデトネーションアレスターの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中 

  • 回転デトネーションの伝播モードダイナミクス解明と燃焼器設計指針の確立

    基盤研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中  代表者:  石井一洋

  • 可燃性マイクロバブル爆轟による液体殺菌技術の開発

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月  代表者:  石井一洋

  • 回転デトネーションエンジン安定作動条件の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月  代表者:  石井一洋

  • 衝撃波風洞を利用した可燃性高速流中における回転デトネーションの実現

    萌芽研究

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月  代表者:  石井一洋

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • CH4-O2を用いた回転デトネーションエンジンに関する実験的研究

    提供機関:  宇宙研究開発機構 

    研究期間: 2019年01月  -  2019年03月 

  • 管内火炎伝播時の圧力計測手法の構築と管壁への熱損失に関する研究

    提供機関:  東京瓦斯 

    研究期間: 2016年07月  -  2017年03月  代表者:  石井一洋

  • 衝撃波管による多成分燃料における粒子生成量と粒子数との関係モデル化・機構解明とデータベース構築

    提供機関:  科学技術振興機構  SIP「革新的燃焼技術」

    研究期間: 2016年04月  -  2019年03月 

  • マイクロバブル爆轟生成特性の解明

    提供機関:  公益財団法人 谷川熱技術振興基金  公益財団法人 谷川熱技術振興基金

    研究期間: 2015年10月  -  2016年09月  代表者:  石井一洋

  • 観測ロケット・ランダー用革新的デトネーション推進機構の研究

    提供機関:  宇宙航空研究開発機構  宇宙工学委員会戦略的研究費

    研究期間: 2015年07月  -  継続中  代表者:  石井一洋

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学における回転デトネーションエンジン研究

    石井一洋, 倉田航, 川名陽大, 大野寛太

    平成30年度衝撃波シンポジウム  2019年03月06日  

  • ディスク型燃焼器を用いた回転デトネーションエンジンに関する研究

    川名陽大, 倉田航, 大野寛太, 石井一洋, 林光一, 坪井伸幸, ジェミンスカ・エディータ, 小原哲郎, 水書稔治, 前田慎市, 小澤晃

    平成30年度衝撃波シンポジウム  2019年03月06日  

  • 粒神PS3-SMモデルの構築と検証

    橋本淳,髙橋美沙紀, 石井一洋, 秋濱一弘

    第29回内燃機関シンポジウム  2018年11月26日  

  • 衝撃波管壁面温度が自発点火により生ずる圧力波に及ぼす影響

    三田村優希, 石井一洋

    第56回燃焼シンポジウム  2018年11月16日  

  • ガソリンエンジンの実用計算に適用可能なすす生成モデル

    高橋美沙紀, 橋本淳, 石井一洋, 秋濱一弘

    第56回燃焼シンポジウム  2018年11月15日  

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 火薬学会

    編集委員 

    2014年01月
    -
    2017月05日
     

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • パルスデトネーションエンジン用液体燃料の研究

    国内共同研究  

    研究期間: 2003年10月  -  2006年03月 

  • 次世代型バーナシステムの開発

    企業等からの受託研究  

    研究期間: 2002年01月  -  2007年03月 

  • 炉心溶融により生ずる水素デトネーションの基礎研究

    提供機関: アーヘン工科大学  国際共同研究  

    研究期間: 1999年04月  -  2002年03月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  熱流体システム製作B

  • 大学院理工学府  熱流体システム製作A

  • 大学院理工学府  熱流体システム設計B

  • 大学院理工学府  熱流体システム設計A

  • 大学院理工学府  反応性気体力学

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • デトネーション研究会

    2019年04月
    -
    2020年03月

    学協会   幹事

  • 火薬学会

    2018年05月
    -
    2020年04月

    学協会   理事

  • 平成30年度衝撃波シンポジウム実行委員会

    2018年04月
    -
    2019年03月

    学協会   実行委員長

  • 火薬学会

    2017年04月
    -
    継続中

    学協会   ガスデトネーション専門部会長

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 第49回燃焼シンポジウム

    (横浜) 

    2011年12月