石川 正弘 (イシカワ マサヒロ)

ISHIKAWA Masahiro

所属組織

大学院環境情報研究院 自然環境と情報部門

職名

教授

生年

1967年

研究分野・キーワード

地球科学,地質学,構造地質学、構造岩石学,テクトニクス,地殻,高温高圧,岩石物性,南極,オマーン,マダガスカル

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

https://www.facebook.com/masahiro.ishikawa.9081



写真a

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    1989年03月

    東北大学   理学部   地学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    1995年03月

    東北大学  理学研究科  地学専攻  博士課程  修了

  • 1989年04月
    -
    1991年03月

    東北大学  理学研究科  地学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) -  東北大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年07月
    -
    1997年03月

      第38次日本南極地域観測隊   地学隊員

  • 1992年07月
    -
    1993年03月

      第34次日本南極地域観測隊   地学隊員

  • 1991年07月
    -
    1992年03月

      第33次日本南極地域観測隊   地学隊員

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1988年12月
    -
    継続中
     

    日本地質学会

  • 2007年09月
    -
    継続中
     

    日本鉱物科学会会員

  • 1993年10月
    -
    2007年09月
     

    岩石鉱物鉱床学会

  • 2004年
    -
    継続中
     

    アメリカ地球物理連合

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地質学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 日本海東縁ひずみ集中帯の地殻構造の岩石学的イメージング

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

  • 地殻流体:その実態と沈み込み変動への役割

    科学研究費補助金(学術創成研究費)  

    研究期間:  - 

  • 極域から探る固体地球ダイナミクス:南極セールロンダーネ山地の地質学的研究

    その他の研究制度  

    研究期間:  - 

  • 南極大陸の岩石物性に関する研究

    研究期間:  - 

  • マダガスカル中央東部の地質学的研究

    研究期間:  - 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 地質・水循環と水源地の地球科学的リスク-地球科学

    有馬眞, 石川正弘 (担当: 共著 )

    佐土原聡編集, 『時空間情報プラットフォーム: 環境情報の可視化と協働』,p.56-73,東京大学出版  2010年

  • Laboratory measurements of ultrasonic wave velocities of crustal rocks at high pressures and temperatures: petrological structure of Izu-Bonin-Mariana Arc crust.

    Masahiro Ishikawa, Makoto Arima (担当: 共著 )

    Springer-Verlag New York  2009年 ISBN: 978-1-4419-03

  • 丹沢変成岩類 丹沢深成岩類

    石川正弘, 有馬眞 (担当: 共著 )

    日本地方地質誌〈4〉中部地方 朝倉書店  2006年

  • 丹沢山地に露出する伊豆弧地殻断面

    石川正弘, 田山良一, 有馬眞 (担当: 共著 )

    日本地質学会第111年学術大会見学旅行案内書  2004年

  • Geological map of Skallen, Antarctica (revised edition). Antarctic Geological Map Series, Sheet 39

    Osanai, Y., Toyoshima, T., Owada, M., Tsunogae, T., Hokada, T., Crowe, W.A., Ikeda, T., Kawakami, T., Kawano, Y., Kawasaki, T., Ishikawa, M., Motoyoshi, Y., Shiraishi, K. (担当: 共著 )

    National Institute of Polar Research  2004年

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Structural and metamorphic evolution of granulite to amphibolite-facies terrane along Lützow-Holm Bay and Prince Olav Coast, East Antarctica: implications for deep crustal deformation and uplift

    Masahiro Ishikawa

      1995年03月

    学位論文(博士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Brine Infiltration in the Middle to Lower Crust in a Collision Zone: Mass Transfer and Microtexture Development Through Wet Grain–Boundary Diffusion

    Higashino, F., Kawakami, T., Tsuchiya, N., Satish-Kumar, M., Ishikawa, M., Grantham, G.H., Sakata, S., Hirata, T.

    Journal of Petrology   60   329 - 358   2019年02月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    Brine-induced microtexture formation in upper amphibolite to granulite facies lower crust is investigated using a garnet–hornblende (Grt-Hbl) selvage developed along a planar crack discordantly cutting the gneissic structure of an orthopyroxene-bearing gneiss (central Sør Rondane Mountains, East Antarctica). The Cl contents of hornblende and biotite, K contents of hornblende and the thickness of relatively Na-rich rims of plagioclase decrease with distance from the center of the Grt–Hbl selvage (inferred position of the crack). Biotite and hornblende arrangement defining the gneissic structure can be traced into the selvage, suggesting that the wall-rock was overprinted by the selvage formation. Addition and loss of elements to the wall-rock was examined using Zr as an immobile element. Trace elements that tend to be mobile in brines rather than in melts are added to the wall-rock, indicating that the Grt–Hbl selvage was formed by the advection of NaCl–KCl brine into a thin crack. Plagioclase in the wall-rock shows a discontinuous drop of anorthite content at the rim, indicating that coupled dissolution–reprecipitation took place and the grain boundaries were once wet. Trace element concentrations in the wall-rock minerals decrease with distance from the crack, and, in most cases show exponentially decreasing/increasing profiles depending on the elements. These profiles are best modelled by a diffusion equation, suggesting that the wet grain–boundary diffusion in the wall-rock minerals controlled the observed mass transfer and resulted in dissolution–reprecipitation of mineral rims.

    DOI

  • Sintering polycrystalline olivine and polycrystalline clinopyroxene containing trace amount of graphite from natural crystals

    Tsubokawa, Y. Ishikawa, M.

    Earth, Planets and Space ( SPRINGER HEIDELBERG )  69   2017年09月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • 岩石の弾性波速度に基づく島弧地殻深部及び最上部マントルの構成岩石の推定: 伊豆弧と東北本州弧

    石川正弘

    地質学雑誌   123 ( 6 ) 355 - 364   2017年06月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

    DOI CiNii

  • Prograde infiltration of Cl-rich fluid into the granulitic continental crust from a collision zone in East Antarctica (Perlebandet, Sør Rondane Mountains)

    Kawakami, T. Higashino, F. Skrzypek, E. Satish-Kumar, M. Grantham, G. Tsuchiya, N. Ishikawa, M. Sakata, S. Hirata, T.

    Lithos ( ELSEVIER )  274   73 - 92   2017年03月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Pressure-temperature-time path of a metapelite from Mefjell, Sør Rondane Mountains, East Antarctica

    Tsubokawa, Y. Ishikawa, M. Kawakami, T. Hokada, T. Satish-Kumar, M. Tsuchiya, N. Grantham, G.H.

    Journal of Mineralogical and Petrological Sciences ( JAPAN ASSOC MINERALOGICAL SCIENCES )  112 ( 2 ) 77 - 87   2017年02月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

全件表示 >>

作品・芸術・データベース等 【 表示 / 非表示

  • オマーン国、アハダル山脈に分布するオマーンオフィオライトに関する地質調査

    その他 

    2012年12月
     
     
     

  • オマーン国、アハダル山脈に分布するオマーンオフィオライトに関する地質調査

    その他 

    2012年01月
     
     
     

  • オマーン国、アハダル山脈に分布するオマーンオフィオライトに関する地質調査

    その他 

    2011年11月
     
     
     

  • 南極大陸セールロンダーネ山地における地質調査研究

    その他 

    2009年11月
     
     
     

  • オマーン国、アハダル山脈に分布するオマーンオフィオライトに関する地質調査

    その他 

    2009年02月
     
     
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 南極地域観測功労者表彰

    2010年04月    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • グラファイトのマントル粘性への影響―初期地球リソスフェア軟化の解明―

    基盤研究(B)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月  代表者:  石川正弘

  • 地殻流体の実態と島弧ダイナミクスに対する役割の解明

    新学術領域研究

    研究期間:  2014年07月  -  2019年03月  代表者:  飯尾能久

  • 日本海東縁ひずみ集中帯の地殻構造の岩石学的イメージング

    基盤研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月  代表者:  石川正弘

  • 地震波で診る地殻流体

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    研究期間:  2011年  -  2013年03月  代表者:  松澤 暢

  • 地殻部分融解域のポアソン比に関する高温高圧測定実験

    基盤研究(B)

    研究期間:  2007年04月  -  2010年03月  代表者:  有馬 眞

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • Island Arc

    Associate Editor 

    2012年01月
    -
    継続中
     

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 関東下の構成岩石モデルの構築

    提供機関: 東京大学地震研究所  国内共同研究  

    研究期間: 2012年  -  2016年 

  • 極域から探る固体地球ダイナミクス

    提供機関: 大学共同利用機関法人,情報・システム研究機構,国立極地研究所  国内共同研究  

    研究期間: 2010年07月  -  継続中 

  • 高温高圧下における弾性波速度測定実験による地殻マントル構造の研究

    提供機関: 独立行政法人海洋研究開発機構  国内共同研究  

    研究期間: 2007年05月  -  2011年03月 

  • 南極から見たゴンドワナの形成と分裂の研究

    提供機関: 大学共同利用機関法人,情報・システム研究機構,国立極地研究所  国内共同研究  

    研究期間: 2004年04月  -  2009年03月 

  • 東南極ドロンニングモードランド・エンダービーランドの変成作用に関する精密な再検討

    提供機関: 大学共同利用機関法人,情報・システム研究機構,国立極地研究所  国内共同研究  

    研究期間: 2003年04月  -  2005年03月 

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院環境情報学府  地殻ダイナミクス演習

  • 大学院環境情報学府  地殻ダイナミクス

  • 大学院環境情報学府  地球科学特別講義

  • 大学院環境情報学府  地球システム科学Ⅱ

  • 大学院環境情報学府  地球システム科学Ⅰ

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 地球惑星科学委員会IUGS分科会ILP小委員会

    2018年
    -
    継続中

    学協会   副委員長

  • 日本地質学会代議員

    2012年05月
    -
    継続中

    その他  

  • Island Arc編集委員会

    2012年04月
    -
    継続中

    その他   Associate Editor

  • 日本地質学会関東支部幹事

    2012年04月
    -
    2017年

    その他  

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • サイエンスカフェ

    横浜国立大学  (横浜国立大学) 

    2012年03月
     
     

     概要を見る

    横浜国立大学サイエンスカフェ第31回「南極大陸:極限のフィールド調査~剥き出しの地球を探る~」講師

  • 末は博士か― 大学院の授業を受けてみよう ―

    環境情報研究院  (横浜国立大学 中央図書館 メディアホール) 

    2006年05月
     
     

     概要を見る

    地球システムのGIS分析

  • COEシンポジウム「生態環境リスクマネジメントへのアプローチ-丹沢山系から相模湾まで-」

    21世紀COE「生物・生態環境リスクマネジメント」事務局  (横浜国立大学) 

    2006年03月
     
     

     概要を見る

    丹沢山系における斜面崩壊と環境リスク