片寄 祐作 (カタヨセ ユウサク)

KATAYOSE Yusaku

所属組織

大学院工学研究院 知的構造の創生部門

職名

准教授

生年

1968年

研究分野・キーワード

宇宙線物理学,放射線計測学,シミュレーション物理学、電子回路

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.cr.ynu.ac.jp/index.html



出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1992年

    高知大学   理学部   物理   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1997年

    大阪市立大学  理学研究科  物理学  博士課程  単位取得満期退学

  •  
    -
    1994年03月

    大阪市立大学  理学系研究科  物理学  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) -  大阪市立大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2013年03月

      宇宙研究開発機構   客員

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

      (兼任)宇宙航空研究開発機構   主任開発員(招聘職員)

  • 1997年04月
    -
    1999年11月

      東京大学   宇宙線研究所   研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本物理学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • シミュレーション物理学

  • 放射線計測学

  • 宇宙線物理学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • チベット空気シャワー観測装置による宇宙線の起源、加速機構に関する研究

    国際共同研究  

    研究期間:  - 

  • 国際宇宙ステーションでの高エネルギー宇宙線観測

    共同研究  

    研究期間:  - 

  • 放射線計測、測定装置、エレクトロニクス開発

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

  • 雷雲起源のガンマ線発生機構の研究

    研究期間:  - 

  • 中性子の物質中の伝播のシミュレーション

    国際共同研究  

    研究期間:  - 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 高エネルギー宇宙線到来時間のノンランダム性の探索

    片寄祐作

      1998年12月  [査読有り]

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    大阪市立大学理学研究科 大阪市立大学三石空気シャワー観測装置により1014eV付近の宇宙線観測を行った。イベントの到来時間に対してクラスター解析を行った結果、統計的に有意なノンランダム現象が5つ見つかり、その方向は銀河面に集中していた

  • 高エネルギー宇宙線の点源探索及びバーストの観測

    片寄祐作

      1994年03月  [査読有り]

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    大阪市立大学理学研究科 大阪市立大学三石空気シャワー観測装置により1014eV付近の宇宙線観測を行った。CygnuxX-3等からの宇宙線過剰とバースト現象を調べ、統計的な有意なイベントの有無を述べた

論文 【 表示 / 非表示

  • Characteristics and Performance of the CALorimetric Electron Telescope (CALET) Calorimeter for Gamma-Ray Observations

    The Astrophysical Journal Supplement Series     2018年09月  [査読有り]

    DOI

  • Influence of Earth-directed Coronal Mass Ejections on the Sun's Shadow Observed by the Tibet-III Air Shower Array

    The Astrophysical Journal   860 ( 1 )   2018年06月  [査読有り]

    DOI

  • Extended Measurement of the Cosmic-Ray Electron and Positron Spectrum from 11 GeV to 4.8 TeV with the Calorimetric Electron Telescope on the International Space Station

    Phys. Rev. Lett.   120 ( 26 )   2018年06月  [査読有り]

    DOI

  • Search for GeV Gamma-Ray Counterparts of Gravitational Wave Events by CALET

    The Astrophysical Journal     2018年  [査読有り]

  • ALPAQUITA Array in the ALPACA Project

    T. Asaba, K. Hibino, N. Hotta, M. Kataoka, Y. Katayose, C. Kato, K. Kawata,H. Kojima, R. Mayta, P. Miranda, K. Munakata, Y. Nakamura, M. Nishizawa,S. Ogio, M. Ohnishi, A. Oshima, M. Raljevich, H. Rivera, T. Saito, T. K. Sako,T. Sasaki, S. Shibata, A. Shiomi, M. Subieta, M. Suzuki, N. Tajima, M. Takita, Y. Tameda, K. Tanaka, R. Ticona, H. Tsuchiya, Y. Tsunesada, S. Udo and M. Wakamatsu (The ALPACA Collaboration)

    Proceedings of 35th International Cosmic Ray Conference     2017年07月

    共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 100TeV領域宇宙ガンマ線と原子核測定による高エネルギー天体現象の研究

    二国間交流事業共同研究

    研究期間:  2018年04月  -  継続中  代表者:  片寄祐作

     概要を見る

    テラ電子ボルトからペタ電子ボルトを超える宇宙線起源やその天体等の高エネルギー宇宙現象の未解決問題の観測的研究を行ため、ボリビア・アンデス高原で計画されている、空気シャワー測定器アレイ型の高視野宇宙線望遠鏡と大型水チェレンコフ型のミュー粒子検出器を使った連動実験(ALPACAプロジェクト)に参加し、①100テラ電子ボルト領域における世界最高感度での南天宇宙ガンマ線の探索を行う。②空気シャワーコア測定器アレイを追加した連動実験により、10テラ電子ボルト以下から100ペタ電子ボルト領域までの陽子から鉄に至る宇宙線化学組成の精密測定を行うことを目標としている。

  • 音響波を用いた超高エネルギー宇宙線観測法の研究

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2014年04月  -  2016年03月  代表者:  片寄祐作

  • スペース実験用カロリメータの大ダイナミックレンジ読み出しシステムの実証化研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2009年04月  -  2011年03月  代表者:  片寄祐作

  • スペース実験用カロリメータでの結晶シンチレータのVLSI読み出しシステムの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2005年04月  -  2007年03月  代表者:  片寄祐作

  • 結晶シンチレータのフォトダイオード読み出しによる宇宙線観測システムの開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2003年04月  -  2005年03月  代表者:  片寄祐作

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • チベットでの宇宙線化学組成研究

    提供機関:  横浜工業会  横浜工業会 研究者等の海外派遣

    研究期間: 2008年  -  2008年  代表者:  片寄祐作

  • Knee領域一次宇宙線組成の研究

    提供機関:  東京大学宇宙線研究所  東京大学宇宙線研究所共同利用研究

    研究期間: 2012年04月  -  継続中  代表者:  片寄祐作

研究発表 【 表示 / 非表示

  • LHC-ALICE実験における前方方向カロリメータのための読み出し用ASICの開発

    日本物理学会 第67回年次大会  (関西学院大学)  2012年03月26日  

  • 宇宙線観測のための光センサ読み出し用ワイドレンジアンプASICの開発

    日本物理学会 第67回年次大会  (関西学院大学)  2012年03月24日  

  • CALET-TASCに用いるPWOの発光特性に関する研究

    日本物理学会 第67回年次大会  (関西学院大学)  2012年03月24日  

  • CERN-SPSによるCALET-TASCプロトタイプ性能実証試験

    日本物理学会 第67回年次大会  (関西学院大学)  2012年03月24日  

  • CERN-SPSによるCALETプロトタイプ性能実証試験の概要

    日本物理学会 第67回年次大会  (関西学院大学)  2012年03月24日  

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  高エネルギー宇宙線物理学特論

  • 教養教育科目  物理数学基礎演習B

  • 理工学部  インベスティゲーション演習

  • 理工学部  インベスティゲーション実習

  • 理工学部  物理数学基礎演習Ⅱ

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 宇宙線研究者会議

    2018年04月
    -
    2019年03月

    その他   実行委員