加藤 千香子 (カトウ チカコ)

KATO Chikako

所属組織

教育学部 学校教育課程 社会科教育

職名

教授

生年

1957年

研究分野・キーワード

日本近代史

メールアドレス

メールアドレス

特記事項

通称、戸籍名は岩井



出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1990年

    一橋大学  社会学研究科  地域社会研究専攻    単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 文学修士 - 

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2004年12月
    -
    継続中
     

    ジェンダー史学会

  • 1990年
    -
    継続中
     

    歴史学研究会

  •  
     
     
     

    同時代史学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ジェンダー

  • 日本近代史

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 戦後日本の国民統合過程における包摂と排除

    研究期間:  - 

  • 国民国家とジェンダー

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 近代日本の国民統合とジェンダー

    加藤 千香子 (担当: 単著 )

    日本経済評論社  2014年06月 ISBN: 9784818822979

    Amazon

  • 戦後史再考ー「歴史の裂け目」をとらえる

    西川長夫、大野光明、番匠健一、西川祐子、加藤千香子ほか (担当: 共著 , 担当範囲: 第2章 <国民の歴史>の越え方 )

    平凡社  2014年10月 ISBN: 9784582454475

    Amazon

  • 差異を生きる-アイデンティティの境界を問い直す

    宮崎かすみ、高橋勝、渡部真、金井淑子、加藤千香子 (担当: 共著 )

    明石書店  2009年01月

  • 日本における多文化共生とは何か―在日の経験から―

    崔勝久、朴鐘碩、上野千鶴子(編集) (担当: 共著 )

    新曜社  2008年07月 ISBN: 9784788511170

    Amazon

  • 早川紀代、江上幸子、李・ヒョンナン、加藤千香子編『東アジアの国民国家形成とジェンダー―女性像をめぐって―』

    早川紀代、江上幸子、李・ヒョンナン (担当: 共著 )

    青木書店  2007年06月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 国民国家論と戦後歴史学

    加藤 千香子

    立命館大学国際言語文化研究所紀要 ( 立命館大学 )  27 ( 1 ) 125 - 139   2015年10月  [招待有り]

    単著

  • 「大正デモクラシー」と国民国家

    加藤 千香子

    歴史評論 ( 歴史科学協議会 )  ( 766 ) 47 - 60   2014年02月  [招待有り]

    単著

    CiNii

  • 1950年代日本における包摂と排除―戦後復興と在日朝鮮人「帰国」事業

    加藤 千香子

    樋口映美ほか編『<近代規範>の社会史―都市・身体・国家』 ( 彩流社 )    2013年11月

    単著

  • 戦後日本における公共性とその転回―1970年代を起点とする川崎・在日朝鮮人の問いを中心に

    加藤 千香子

    高嶋修一・名武なつ紀編『都市の公共と非公共―20世紀の日本と東アジア』 ( 日本経済評論社 )    2013年10月

    単著

  • 戦間期における「農村青年」運動

    加藤 千香子

    田崎宣義編『近代日本の都市と農村―激動の1910-50年代』 ( 青弓社 )    2012年03月

    単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 戦後日本における植民地忘却の歴史的メカニズム

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月  代表者:  加藤千香子

  • 「戦後復興」と都市社会―川崎市を事例として

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

  • 市民規範のポリティクス

    基盤研究(B)

    研究期間:  2010年04月  -  2013年03月  代表者:  樋口映美

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 都市の公共と非公共-20世紀のアジア都市を手掛かりに-

    政治経済学・経済史学会   (東京大学)  2010年06月  

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院教育学研究科  歴史学演習B(日本近現代史)Ⅱ

  • 大学院教育学研究科  歴史学講義B(日本近現代史)Ⅱ

  • 大学院教育学研究科  課題研究

  • 大学院教育学研究科  教育インターン

  • 大学院教育学研究科  教育デザイン

全件表示 >>

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • ジェンダーと家族

    教育人間科学部  (横浜) 

    2005年10月
     
     

     概要を見る

    近代日本のナショナリズムと家族のテーマを担当。