川端 康之 (カワバタ ヤスユキ)

KAWABATA Yasuyuki

所属組織

大学院国際社会科学研究院 国際社会科学部門

職名

教授

生年

1959年

研究分野・キーワード

租税法



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 米国内国際入法典482条における所得配分−関係理論から見た「所得創造理論」(1〜4完)   1989年11月

    【論文】 アームズレングスの周辺問題  1990年03月

    【論文】 租税条約における受益者の意義と機能  2000年09月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Japanese Experience: Fukushima beyond Disaster- Tax and Public Finance, in M. Basilavecchia Et. a., Ed., Tax Implication of Natural Disasters and Pollution   2015年08月

    【論文】 Three Regional Tax Relations among Asia, Europe and Americas, in University of Seoul, Ed., New Approaches to Tax and Welfare in Australia and Korea: Australian National University- University of Seoul Invitation Workshop  2018年09月

    【国際会議発表】 Three Regional Tax Relations among Asia, Europe and Americas, in University of Seoul, Ed., New Approaches to Tax and Welfare in Australia and Korea: Australian National University- University of Seoul Invitation Workshop  2018年09月

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1978年04月
    -
    1982年03月

    関西大学   法学部   法律学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1990年03月

    関西大学  法学研究科  公法学専攻  博士課程  単位取得満期退学

  •  
    -
    1987年03月

    関西大学  商学研究科  会計学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

  •  
    -
    1985年03月

    関西大学  法学研究科  公法学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 商学修士 -  関西大学

  • 法学修士 -  関西大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年03月
    -
    2008年09月

      Yale University   Yale Law School   訪問研究員

  • 2000年08月
    -
    2000年09月

      International Bureau of Fiscal Documentaiton   訪問研究員

  • 1995年04月
    -
    1998年03月

      関西大学   商学部   助教授

  • 1994年08月
    -
    1994年09月

      International Bureau of Fiscal Documentaiton   招聘研究員

  • 1994年02月
    -
    1994年03月

      Katholieke Universitaet   Leuven Centre for Advanced Legal Studies   訪問研究員

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1993年
    -
    継続中
     

    International Fiscal Association(日本支部理事)

  • 2003年01月
    -
    継続中
     

    European Association of Tax Law Professors

  • 1992年01月
    -
    継続中
     

    租税法学会(理事)

  •  
     
     
     

    日本公法学会

  •  
     
     
     

    日米法学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 会計学

  • 国際租税法学

  • 租税法学

  • 公法学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 所得課税における費用収益の計上時期

    研究期間:  - 

  • 国家間における税源配賦

    研究期間:  - 

  • 租税法と私法

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • Tax Implication of Natural Disasters and Pollution

    Dr. Stephane Buffa, Dr. David Fisher, Raquel Franco, Prof.Dr. Werner Haslehner, Prof. Yasuyuki Kawabata, Dr. Borbala Kolozs, Prof.Dr. Carlos Maria Lopez Espadafor, Dr. Guilherme Olivieira Martins, Prof.Dr. Pasquale Pistone, Prof.Dr. Livia Salvini, Sarah Supino, Prof.Dr. Edoardo Traversa, Dr. Cristina Trenta, Prof.Dr. Pernille Wegener Jessen, Prof.Dr. Bjorn Westberg, (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Chapter 9 Japanese Experience: Fukushima beyond Disaster- Tax and Public Finance Assistance (pp.157-168) )

    Wolters Kluwer Law & Business  2015年08月 ISBN: 9789041156112

  • 水野武夫先生古稀記念論文集刊行委員会編「行政と国民の権利」

    三木義一・中川丈一他編 (担当: 共著 , 担当範囲: 分担箇所647頁〜668頁「租税条約上の租税回避否認の意義と範囲」 )

    法律文化社  2011年12月

  • OECDモデル租税条約2010年版(所得と財産に対するモデル租税条約)

    川端康之、古賀敬作、金子陽明、鈴木悠哉、上田陽子、北田全基、水野正夫、一高龍司 (担当: 共著 )

    社団法人日本租税研究協会  2011年11月 ISBN: 9784930964403

    Amazon

  • 税法用語辞典〔八訂版〕

    平野嘉秋 (担当: 共編者 )

    大蔵財務協会  2011年10月

  • 知財ライセンス契約の法律相談〔改訂版〕

    山上和則(編集) (担当: 共著 )

    青林書院  2011年06月 ISBN: 9784417015406

    Amazon

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Three Regional Tax Relations among Asia, Europe and Americas

    Yasuyuki Kawabata

    New Approaches to Tax and Welfare in Australia and Korea: Australian National University - University of Seoul Invitation Workshop ( Department of Science in Taxation, Graduate School of Science in Taxation, The University of Seoul )    29 - 53   2018年09月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

  • 所得課税上の納税者の地位の変動と課税のタイミング

    川端 康之

    Law and Practice ( 早稲田大学大学院法務研究科臨床法学研究会 )  ( 9 ) 143 - 160   2015年05月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

    CiNii

  • Limitation on the Legal Interpretation of Japanese Tax Laws

    川端康之

    Journal of International Fiscal Association, Korea ( Korean Branch, International Fiscal Association, Korea )  30 ( 2 ) 63 - 79   2014年06月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

  • タックス・ヘイブン対策税制における実体基準・管理支配基準の意義と挙証責任

    川端康之

    平成25年度重要判例解説(ジュリスト臨時増刊) ( 有斐閣 )    218 - 219   2014年04月  [招待有り]

    単著

  • 帰国後に給付された海外勤務者内外給与差補填を受けた者の所得税法上の地位と源泉徴収義務の存否

    川端康之

    ジュリスト ( 有斐閣 )    8 - 9   2014年04月  [招待有り]

    単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 米国子会社に対する貸付金に係る独立企業間利子の算定基準

    川端康之

    株式会社有斐閣・ジュリスト ( 株式会社有斐閣 )  ( 1527 ) 10 - 11   2018年12月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 新刊案内・BDO税理士法人編「BEPS対応移転価格文書化ハンドブック」

    川端康之

    株式会社中央経済社 ( 株式会社中央経済社 )  ( 1519 ) 63   2018年07月  [依頼有り]

    書評,文献紹介等   単著

     概要を見る

    書評

  • 在外不動産の相続税財産評価において現地遺産税評価額(鑑定価額)を用いることが妥当であるとされた事例

    ジュリスト ( 有斐閣 )  ( 1502 ) 10 - 11   2017年01月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 過大徴収電気料金の返還と収益の計上時期

    租税判例百選(第6版) ( 有斐閣 )    126 - 127   2016年06月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成3年度第14回日本税理士会連合会主催日税研究賞奨励賞(研究分担者)

    1991年10月    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 地域間租税関係と税源配賦の正当化プロセスに関する法政策学的研究(研究代表者)

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2019年03月  代表者:  川端康之

  • 地域共同体と域外国の租税関係に関する法政策学的研究(研究代表者)

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月  代表者:  川端康之

  • 日米欧の租税関係に関する法政策学的研究(研究代表者)

    基盤研究(C)

    研究期間:  2009年04月  -  2012年03月 

  • 資本の自由移動を促進する法制の発展と実経済社会の要請の符合に関する法政策学的研究(研究代表者)

    基盤研究(B)

    研究期間:  2002年04月  -  2006年03月  代表者:  川端康之

  • 地方分権化における財政システムと税制(研究分担者)

    基盤研究(B)

    研究期間:  2000年04月  -  2003年04月  代表者:  林宣嗣

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 国際租税条約における「受益者」の信託法的構成

    提供機関:  社団法人信託協会  社団法人日本租税研究協会

    研究期間: 1996年04月  -  2000年03月  代表者:  川端康之

     概要を見る

    所得税条約において用いられている要件の一つとしての「受益者」の意義と範囲について信託法との関係の有無を中心に欧州の議論を整理する。

  • 欧州における税制統合

    提供機関:  公益信託山田学術助成基金  公益信託山田学術助成基金助成研究

    研究期間: 1994年07月  -  1995年03月  代表者:  川端康之

     概要を見る

    欧州における税制の調和、統合の動向について、カトリック・ルーバン大学法学部のバニステンデール教授の指導の下、欧州委員会等でのヒアリング調査などを行う。

  • 国際租税法の研究

    提供機関:  学校法人関西大学  関西大学百周年奨学研究基金

    研究期間: 1987年04月  -  1990年03月  代表者:  川端康之

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Le Best Practices nel Sistema Giapponese

    Yasuyuki Kawabata

    Finanza Pubblica e Fiscalita per Patrimonio Culturale- Le Misure Finanziarie e Tributarie per il Patrimonio Culturale: Best Practices Internazionali e Proposte per il Sistema Italiano  (Sapienza Universita di Roma)  2019年06月17日   Finanza Pubblica e Fiscalita per Patrimonio Culturale- Comitato scientifico organizzatore

     概要を見る

    Presentation of Best Practices of Japanese Cases for Public Finance and Taxation for the Protection of Cultural Heritages

  • II Sessione- Le Esperienze Nationali

    Yasuyuki Kawabata  [招待有り]

    Finanza Pubblica e Fiscalita per Patrimonio Culturale- Convegno Internationale- Misure Finanziarie e Tributarie per il Patrimonio Culturale  (Universita Degli Studi Chieti-Pescara)  2019年06月14日   Finanza Pubblica e Fiscalita per Patrimonio Culturale- Comitato Scientifico Organizzatore

     概要を見る

    Presentation on Japanese Experience for Public Finance and Taxation for the Protection of Cultural Heritages

  • III Session - B) International and European Profiles

    Yasuyuki Kawabata  [招待有り]

    Finanza Pubblica e Fiscalita per Patrimonio Culturale- Incontro di studio per Dottorati di ricerca e giovani studiosi  (Universita Degli Studi Chieti-Pescara)  2019年06月13日   Finanza Pubblica e Fiscalita per Patrimonio Culturale Comitato scientifico organizzatore

     概要を見る

    Comments on the presentation by Ms. Cristina Trenta: The Sale of Work of Art: Issues of Qualification within the National Situations and in Cross-border Scenarios

  • 法人税における所得と資本〜米国デラウェア州LLCから受ける分配の日本法人税上の性質と日本出資者の計算

    川端康之

    租税判例研究会(第852回)  (法務省)  2019年04月05日   法務省

  • 徴収確保策の合理化

    川端康之

    租税法学会第47回研究総会  (立命館大学朱雀キャンパス)  2018年10月21日   租税法学会

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 関西大学法学ジャーナル

    責任編集人 

    1987年04月
    -
    1990月03日
     

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 租税法の法的分析

  • 国際税務

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 科学研究費補助金基盤研究(C)「地域間租税関係と税源配賦の正当化プロセスに関する法政策学的研究」

    その他  

    研究期間: 2017年04月  -  2019年03月 

  • 科学研究費補助金基盤研究(C)「地域共同体と域外国の租税関係に関する法政策学的研究」

    その他  

    研究期間: 2014年04月  -  2017年03月 

  • 科学研究費補助金基盤研究(C)「日米欧の租税関係に関する法政策学的研究」

    その他  

    研究期間: 2009年04月  -  2012年03月 

  • 科学研究費補助金基盤研究(B)(2)「資本の自由移動を促進する法制の発展と実経済社会の要請の符合に関する法政策学的研究」

    提供機関: 慶応義塾大学  その他  

    研究期間: 2002年04月  -  2006年03月 

  • 科学研究費補助金基盤研究(B)(1)「地方分権化における財政システムと税制」

    提供機関: 東京大学他  その他  

    研究期間: 2000年04月  -  2002年03月 

全件表示 >>

 

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • Utrecht University Graduate School of Law   Asian Taxation

  • University of Seoul Graduate School of the Science of Taxation   Japanese Taxation (Special Lecture)

  • Organisation for Economic Co-operation and Development   Tax Treaty -OECD Outreach Program on International Taxation

  • 早稲田大学/St. Gallen大学修士課程プログラム日本モジュール   Taxation in Japan- Overview with Emphasis on Corporate Taxation

  • Utrecht University Graduate School of Law   Transfer Pricing

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 経済産業省国際課税研究会

    2012年12月
    -
    2013年03月

    政府   座長

  • 横浜市税制調査会

    2012年07月
    -
    継続中

    自治体   委員・会長職務代行者

  • 経済産業省外国事業体課税研究会

    2011年11月
    -
    2012年03月

    政府   委員

  • 全国農業協同組合中央会消費税研究会

    2011年09月
    -
    2012年08月

    その他   委員

  • 横浜市新たな大都市制度における広域連携・財政調整に関する研究会

    2010年03月
    -
    2011年03月

    自治体   委員

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • Group of Two: Leading Asian Inter-College Joint Tax Seminar - The University of Seoul and Yokohama National University Graduate Tax Semiar

    川端康之・Hyejung Byun  (横浜) 

    2018年12月
     
     

  • 平成24年度神奈川県社会人大学フェスタ記念講演

    神奈川県教育委員会  (横浜市) 

    2012年07月
     
     

     概要を見る

    「社会人のための大学活用法−法と現代社会」と題する記念講演。

  • International Fiscal Association 第61回年次大会

    (Kyoto, Japan) 

    2007年09月