河潟 俊吾 (カワガタ シュンゴ)

KAWAGATA Shungo

所属組織

教育学部 学校教員養成課程 理科教育

職名

教授

生年

1970年

研究キーワード

海洋微古生物学、古海洋学

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs




代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 The last global extinction (mid-Pleistocene) of deep-sea benthic foraminifera (Chrysalogoniidae, Ellipsoidinidae, Glandulonodosariidae, Plectofrondiculariidae, Pleurosomellidae, Stilostomellidae), their late Cretaceous-Cenozoic History   2012年12月

    【論文】 Middle Pleistocene to Holocene upper bathyal benthic foraminifera from IODP Hole U1352B in Canterbury Basin, New Zealand  2016年08月

    【論文】 Tasman Front shifts and associated paleoceanographic changes during the last 250,000 years: Foraminiferal evidence from the Lord Howe Rise  2001年

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Integrated Neogene biochemostratigraphy at DSDP Site 296 on the Kyushu–Palau Ridge in the western North Pacific   2019年09月

    【論文】 千葉県君津市川谷地域に露出する中部更新統柿ノ木台層から産出する冷湧水化石群集:その時空分布と共産する自生炭酸塩  2019年09月

    【論文】 Sediments of Matsushima Bay, Northeastern Japan: Insights Gained From 5 Years of Sedimentological Analysis Following the 2011 Tohoku Earthquake-Tsunami  2019年08月

    【論文】 Geochemical and micropaleontological impacts caused by the 2011 Tohoku-oki tsunami in Matsushima Bay, northeastern Japan  2019年01月

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年3月

    筑波大学   地球科学研究科   地質学   博士課程   修了

  •  
    -
    1995年3月

    琉球大学   理学研究科   海洋学   修士課程(博士前期課程)   修了

  •  
    -
    1992年3月

    鹿児島大学   教育学部   小学校教員養成課程理科選修   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) - 筑波大学

  • 修士(理学) - 琉球大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教員養成課程   理科教育   教授  

  • 2017年4月
    -
    2021年3月

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教育課程   理科教育   教授  

  • 2015年4月
    -
    2017年3月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   理科教育   教授  

  • 2007年4月
    -
    2015年3月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   理科教育   准教授  

  • 2006年4月
    -
    2007年3月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   理科教育   助教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年10月
    -
    2020年3月

      産業技術総合研究所   外来研究員

  • 2014年4月
    -
    現在

      東京学芸大学   大学院連合学校教育学研究科   兼職教員

  • 2008年12月
    -
    2009年3月

      筑波大学大学院生命環境科学研究科   非常勤講師

  • 2003年7月
    -
    2006年3月

      Geomarine Research, Auckland, New Zealand   ポスドク研究員

  • 2001年10月
    -
    2002年10月

      Research Centre for Marine Geosciences (GEOMAR), Kiel, Germany   研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本古生物学会

  •  
     
     
     

    日本地質学会

  •  
     
     
     

    Cushman Foundation for Foraminiferal Research

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 自然科学一般 / 地球生命科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 小学校教諭第一種免許状

  • 中学校教諭専修免許状(理科)

  • 高等学校教諭専修免許状(理科)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 津波災害後の内湾閉鎖環境と微小生物相の変遷

    その他の研究制度  

    研究期間: 2012年10月 - 現在

  • ニュージーランド・カンタベリー海盆の形成史

    研究期間: 2009年11月 - 現在

  • 深海底生有孔虫の絶滅事変

    研究期間: 2003年7月 - 2012年12月

  • 新生代後期の古海洋環境変動

    その他の研究制度  

    研究期間: 1998年4月 - 現在

  • 新生代の底生有孔虫の分類

    その他の研究制度  

    研究期間: 1998年4月 - 現在

著書 【 表示 / 非表示

  • The last global extinction (mid-Pleistocene) of deep-sea benthic foraminifera (Chrysalogoniidae, Ellipsoidinidae, Glandulonodosariidae, Plectofrondiculariidae, Pleurosomellidae, Stilostomellidae), their late Cretaceous-Cenozoic History

    Bruce W. Hayward, Shungo Kawagata, Ashwaq T. Sabaa, Hugh R. Grenfell. Liesbeth Van Kerckhoven, Katie Johnson, Ellen Thomas( 担当: 共著)

    Cushman Foundation for Foraminiferal Research Special Publication  2012年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Proceedings of the Integrated Ocean Drilling Program

    Fulthorpe, C.S., Hoyanagi, K., Blum, P., and the Expedition 317 Scientists( 担当: 共編者(共編著者) ,  範囲: biostratigraphy and paleo-depth estimation)

    Integrated Ocean Drilling Program Management International, Inc., for the Integrated Ocean Drilling Program  2011年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

論文 【 表示 / 非表示

  • Oxygen isotope equilibrium of the shallow-water benthic foraminifer Hanzawaia nipponica Asano in Tosa Bay, southwest Japan

    Minoru Ikehara, Shigetaka Kita, Shungo Kawagata

    Frontiers in Earth Science, section Quaternary Science, Geomorphology and Paleoenvironment   2021年9月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers   共著  

    その他リンク: https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/feart.2021.708578/full

  • Geochemical distribution of heavy metal elements and potential ecological risk assessment of Matsushima Bay sediments during 2012-2016

    Ota Yuki, Suzuki Atsushi, Yamaoka Kyoko, Nagao Masayuki, Tanaka Yuichiro, Irizuki Toshiaki, Fujiwar … 全著者表示

    SCIENCE OF THE TOTAL ENVIRONMENT   751   2021年1月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • Integrated Neogene biochemostratigraphy at DSDP Site 296 on the Kyushu Palau Ridge in the western North Pacific

    Matsui Hiroki, Horikawa Keiji, Chiyonobu Shun, Itaki Takuya, Ikehara Minoru, Kawagata Shungo, Wakak … 全著者表示

    NEWSLETTERS ON STRATIGRAPHY   53 ( 3 )   313 - 331   2020年6月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • Bradystomella: New name for the preoccupied fossil foraminiferal genus Unidens

    Bruce W. Hayward, Shungo Kawagata

    Micropaleontology   65 ( 6 )   484   2019年11月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • 千葉県君津市川谷地域に露出する中部更新統柿ノ木台層から産出する冷湧水化石群集:その時空分布と共産する自生炭酸塩

    間嶋隆一,越智眞弓,三浦美佐,人見真紀子,齋藤 猛,並木勇樹,大塚悠佑,清水秀倫,野崎 篤,宇都宮正志,楠 稚枝,佐藤 圭,河潟俊吾,和仁良二,中村栄子,坂井三郎,和田秀樹,北里 洋

    地質学雑誌   125 ( 9 )   2019年9月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元: 日本地質学会   共著  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本地質学会論文賞

    2017年09月   日本地質学会  

    受賞者:  野崎篤,間嶋隆一,亀尾浩司,坂井三郎,甲田篤郎、河潟俊吾,和田秀樹、北里洋

  • 日本古生物学会論文賞

    2017年06月   日本古生物学会  

    受賞者:  河潟俊吾, 上端智幸

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年度   海洋地質学

    大学院先進実践学環

  • 2021年度   古海洋学

    大学院先進実践学環

  • 2021年度   理科の教材デザイン論と実践  

    大学院教育学研究科

  • 2021年度   地質学演習

    大学院教育学研究科

  • 2021年度   地質学講義

    大学院教育学研究科

全件表示 >>