河潟 俊吾 (カワガタ シュンゴ)

KAWAGATA Shungo

所属組織

教育学部 学校教育課程 理科教育

生年

1970年

研究分野・キーワード

海洋微古生物学 古海洋学

メールアドレス

メールアドレス



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 The last global extinction (mid-Pleistocene) of deep-sea benthic foraminifera (Chrysalogoniidae, Ellipsoidinidae, Glandulonodosariidae, Plectofrondiculariidae, Pleurosomellidae, Stilostomellidae), their late Cretaceous-Cenozoic History   2012年12月

    【論文】 Middle Pleistocene to Holocene upper bathyal benthic foraminifera from IODP Hole U1352B in Canterbury Basin, New Zealand  2016年08月

    【論文】 Tasman Front shifts and associated paleoceanographic changes during the last 250,000 years: Foraminiferal evidence from the Lord Howe Rise  2001年

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Geochemical and micropaleontological impacts caused by the 2011 Tohoku-oki tsunami in Matsushima Bay, northeastern Japan   2019年01月

    【論文】 Middle Pleistocene to Holocene upper bathyal benthic foraminifera from IODP Hole U1352B in Canterbury Basin, New Zealand  2016年08月

    【論文】 Data report: Pleistocene benthic foraminiferal oxygen and stable carbon isotopes and their application for age models, Hole U1352B, offshore New Zealand  2014年05月

    【論文】 Geology and age model of the Lower Pleistocene Nojima, Ofuna, and Koshiba Formations of the middle Kazusa Group, a forearc basin-fill sequence on the Miura Peninsula, the Pacific side of central Japan  2014年05月

    【論文】 千葉県君津市川谷地域に露出する中部更新統柿ノ木台層から産出する冷湧水化石群集:その時空分布と共産する自生炭酸塩  2019年

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1992年03月

    鹿児島大学   教育学部   小学校教員養成課程理科選修   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年03月

    筑波大学  地球科学研究科  地質学  博士課程  修了

  •  
    -
    1995年03月

    琉球大学  理学研究科  海洋学  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) -  筑波大学

  • 修士(理学) -  琉球大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中

      東京学芸大学   大学院連合学校教育学研究科   兼職教員

  • 2012年10月
    -
    継続中

      産業技術総合研究所   外来研究員

  • 2008年12月
    -
    2009年03月

      筑波大学大学院生命環境科学研究科   非常勤講師

  • 2003年07月
    -
    2006年03月

      Geomarine Research, Auckland, New Zealand   ポスドク研究員

  • 2001年10月
    -
    2002年10月

      Research Centre for Marine Geosciences (GEOMAR), Kiel, Germany   研究員

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本古生物学会

  •  
     
     
     

    日本地質学会

  •  
     
     
     

    Cushman Foundation for Foraminiferal Research

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 層位・古生物学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 小学校教諭専修免許状

  • 中学校教諭専修免許状(理科)

  • 高等学校教諭専修免許状(理科)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 新生代後期の古海洋環境変動

    その他の研究制度  

    研究期間: 1998年04月  -  継続中

  • 新生代の底生有孔虫の分類

    その他の研究制度  

    研究期間: 1998年04月  -  継続中

  • 深海底生有孔虫の絶滅事変

    研究期間: 2003年07月  -  2012年12月

  • ニュージーランド・カンタベリー海盆の形成史

    研究期間: 2009年11月  -  継続中

  • 津波災害後の内湾閉鎖環境と微小生物相の変遷

    その他の研究制度  

    研究期間: 2012年10月  -  継続中

著書 【 表示 / 非表示

  • The last global extinction (mid-Pleistocene) of deep-sea benthic foraminifera (Chrysalogoniidae, Ellipsoidinidae, Glandulonodosariidae, Plectofrondiculariidae, Pleurosomellidae, Stilostomellidae), their late Cretaceous-Cenozoic History

    Bruce W. Hayward, Shungo Kawagata, Ashwaq T. Sabaa, Hugh R. Grenfell. Liesbeth Van Kerckhoven, Katie Johnson, Ellen Thomas (担当: 共著 )

    Cushman Foundation for Foraminiferal Research Special Publication  2012年12月

  • Proceedings of the Integrated Ocean Drilling Program

    Fulthorpe, C.S., Hoyanagi, K., Blum, P., and the Expedition 317 Scientists (担当: 共編者 , 担当範囲: biostratigraphy and paleo-depth estimation )

    Integrated Ocean Drilling Program Management International, Inc., for the Integrated Ocean Drilling Program  2011年01月 ISBN: WWW19301014

論文 【 表示 / 非表示

  • Geochemical and micropaleontological impacts caused by the 2011 Tohoku-oki tsunami in Matsushima Bay, northeastern Japan

    Irizuki Toshiaki, Fujiwara Osamu, Yoshioka Kaoru, Suzuki Atsushi, Tanaka Yuichiro, Nagao Masayuki, Kawagata Shungo, Kawano Shigenori, Nishimura Osamu

    MARINE GEOLOGY   407   261 - 274   2019年01月

    共著

    Web of Science DOI

  • Middle Pleistocene to Holocene upper bathyal benthic foraminifera from IODP Hole U1352B in Canterbury Basin, New Zealand

    Shungo Kawagata and Tomoyuki Kamihashi

    Paleontological Research   20 ( s1 ) 1 - 85   2016年08月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Data report: Pleistocene benthic foraminiferal oxygen and stable carbon isotopes and their application for age models, Hole U1352B, offshore New Zealand

    Hoyanagi, K., Kawagata, S., Koto, S., Kamihashi, T., and Ikehara, M.

    Proceedings of the Integrated Ocean Drilling Program   317   1 - 12   2014年06月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Geology and age model of the Lower Pleistocene Nojima, Ofuna, and Koshiba Formations of the middle Kazusa Group, a forearc basin-fill sequence on the Miura Peninsula, the Pacific side of central Japan

    Atsushi Nozaki1, Ryuichi Majima, Koji Kameo, Saburo Sakai, Atsuro Kouda, Shungo Kawagata, Hideki Wada, and Hiroshi Kitazato

    Island Arc ( 日本地質学会 )  23 ( 2 ) 157–179   2014年05月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • IODP Expedition 317: Exploring the Record of Sea-Level Change Off New Zealand

    Craig S. Fulthorpe, Koichi Hoyanagi, Peter Blum, and IODP Expedition 317 Scientists (Stacie Blair, Gregory Browne, Robert Carter, Maria-Cristina Ciobanu, George Claypool, Martin Crundwell, Jaime Dinarès-Turrell, Xuan Ding, Simon George, Gilles Guèrin, Daniel Hepp, John Jaeger, Shungo Kawagata, David Kemp, Young-Gyun Kim, Michelle Kominz, Helen Lever, Julius Lipp, Kathleen Marsaglia, Cecilia McHugh, Naomi Murakoshi, Takeshi Ohi, Laura Pea, Julie Pollard, Mathieu Richaud, and 6 others)

    Scientific Drilling   12   4 - 14   2011年09月

    共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本地質学会論文賞

    2017年09月16日   日本地質学会  

    受賞者:  野崎篤,間嶋隆一,亀尾浩司,坂井三郎,甲田篤郎、河潟俊吾,和田秀樹、北里洋

  • 日本古生物学会論文賞

    2017年06月09日   日本古生物学会  

    受賞者:  河潟俊吾, 上端智幸

  • Poster Prize in FORAM2006

    2006年09月   International Symposium of Foraminifera  

    受賞者:  Kawagata S., Hayward B.W., Grenfell, H., Sabaa, A.T.

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院教育学研究科  地質学演習

  • 大学院教育学研究科  地質学講義

  • 大学院教育学研究科  課題研究

  • 大学院教育学研究科  教育インターン

  • 大学院教育学研究科  教育デザイン

全件表示 >>