川村 恭己 (カワムラ ヤスミ)

KAWAMURA Yasumi

所属組織

大学院工学研究院 システムの創生部門

職名

教授

生年

1966年

研究分野・キーワード

船舶工学,海洋工学,CAE(Computer Aided Engineering)、構造力学、計算力学、リスク評価

メールアドレス

メールアドレス



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 マルチメディア材料力学   1998年04月

    【論文】 余寿命便益評価に基づく船体構造の保守管理手法に関する研究  2007年

    【論文】 確率有限要素法による形状不確定性を考慮した構造解析手法について  2015年

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年

    東京大学   工学部   船舶工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年

    東京大学  工学系研究科  船舶海洋工学  博士課程  修了

  •  
    -
    1991年

    東京大学  工学系研究科  船舶海洋工学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  東京大学

  • 修士(工学) -  東京大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年01月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   システムの創生部門   教授  

  • 2007年04月
    -
    2008年12月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   システムの創生部門   准教授  

  • 2001年04月
    -
    2007年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   システムの創生部門   助教授  

  • 1998年04月
    -
    2001年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究科   助教授  

  • 1996年04月
    -
    1998年03月

    専任   横浜国立大学   工学部   助教授  

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本船舶海洋工学会(旧 日本造船学会)

  •  
     
     
     

    日本機械学会

  •  
     
     
     

    日本計算工学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 船舶海洋工学

  • 機械材料・材料力学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 総合的リスクを考慮したライフサイクル構造評価手法に関する研究

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

     概要を見る

    近年、構造健全性評価の分野においては、従来の決定論的な手法ではなく、確率論的なリスク評価手法の導入が行われている。さらに、新しい時代における船舶の設計・建造・運用においては、構造安全性に関わるリスクだけではなく、船舶のライフサイクルにおける環境負荷やそれに伴う社会的責任等を含めた総合的リスクを考慮することが求められている。以上のような背景から、本研究では、構造安全性と環境影響等の様々なリスク(総合的リスク)を評価する指標を検討するとともに、それらに基づいた船舶のライフサイクルにおける構造の評価手法を検討する。

  • 構造信頼性評価を用いた構造設計手法の検討

    その他の研究制度  

    研究期間:  - 

  • 有限要素法のためのメッシュ生成手法

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 統合化有限要素解析システムと有限要素法のプリプロセッシングに関する研究

    川村恭己

      1994年03月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    東京大学大学院 工学研究科 有理BスプラインやB-Repモデルによって表現された形状モデルと、オブジェクト指向型のデータ構造により表現した有限要素モデルとを統合化したモデルを提案し、それに基づいたFEMモデリングシステムを構築することによって、船体等の3次元の実構造物における解析モデルの生成・修正が容易になることを示した。さらに、システム構築にオブジェクト指向データベースを導入することにより、データの管理が容易になることを示した。

    DOI

  • オブジェクト指向型有限要素モデリングシステムの構築

    川村恭己

      1991年03月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    東京大学大学院 工学研究科 事後誤差評価とオブジェクト指向型の有限要素モデルを用いた要素再分割を行う手法について論じ、これら方法が有限要素解の精度向上に極めて有効であることを示した。また、オブジェクト指向型の有限要素モデルの考え方をメッシュ生成を含む、プリプロセッシングに応用することにより、実構造物における解析モデル生成が容易になることを示した。

論文 【 表示 / 非表示

  • Benchmark study on slamming response of flat-stiffened plates considering fluid-structure interaction

    Dac Dung Truong, Beom-Seon Jang, Carl-Erik Janson, Jonas W. Ringsberg, Yasuhira Yamada, Kota Takamo … 全著者表示

    Marine structures   79   103040-1 - 103040-28   2021年09月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Development of training method for vessel traffic service based on cognitive process

    Binbing Song, Hiroko Itoh, Yasumi Kawamura

    Cognition, Technology & Work (2021)     2021年07月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • 衝突頻度モデルに基づく衝突原因確率の推定

    河島 園子, 伊藤 博子, 川村 恭己

    日本航海学会論文集   144   32 - 41   2021年07月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Sea state estimation using monitoring data by convolutional neural network (CNN)

    Toshiki Kawai, Yasumi Kawamura, Tetsuo Okada, Taiga Mitsuyuki, Xi Chen

    Journal of Marine Science and Technology   26   947 - 962   2021年01月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • 再帰型ニューラルネットワークを用いた船舶の動静予測モデルの開発

    志尾 嘉洋, 伊藤 博子, 川村 恭己, 河島 園子

    日本航海学会論文集 ( 公益社団法人 日本航海学会 )  143 ( 0 ) 77 - 82   2020年12月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    It is necessary to develop a system that reduces the load on the marine traffic control because its work is manual and heavy. In this study, we created a ship behavior prediction model using Recurrent Neural Network (RNN) to explore the possibility of marine traffic control and ship maneuvering support by machine learning. Specifically, we predicted the position and course of a ship that would go through the bend of the Uraga Channel from 5 items (length, width, course, speed and position) and displayed on a map. It shows that the effectiveness of ship behavior prediction by machine learning has been confirmed.

    DOI CiNii

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 国際会議出席報告)第16回国際船舶海洋構造会議(ISSC2006)出席報告

    KANRIN(日本船舶海洋工学会学会誌   ( 9 ) 59 - 70   2006年09月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • (特集メッシュジェネレーションの技術とその動向)六面体メッシュ生成の現状について

    計算工学   11 ( 2 ) 1345 - 1348   2006年

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 特集CAE、1.3プリポストプロセッサの動向

    TechnoMarine (日本造船学会誌)   ( 876 ) 10 - 15   2003年11月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 材料力学教育へのマルチメディアの利用

    川村恭己、角洋一、廣田一博、山田英城

    機械の研究   48 ( 10 ) 1011 - 1018   1997年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

     概要を見る

    近年注目を集めているマルチメディア技術を用いて制作された材料力学教育ソフトウェアとその効果について解説した。

  • マルチメディアによる船体構造教育システム(解説)

    川村恭己、角洋一、廣田一博、山田英城、本間芳雄、鈴木健大

    日本造船学会誌   ( 817 ) 527 - 533   1996年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

     概要を見る

    著者らが制作したマルチメディアを用いた船体構造に関する教育用ソフトウェアについて解説した。マルチメディアの特徴を生かすことにより、船体の複雑な構造や力学的概念が理解しやすくなる例を示した。また、マルチメディアを利用した教育の有効性について報告した。

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本船舶海洋工学会論文賞、日本海事協会賞

    2021年05月28日   日本船舶海洋工学会、日本海事協会   大型コンテナ船に生じる弾性振動応答を考慮した疲労強度の簡易推定手法  

    受賞者:  宮下 哲治, 岡田 哲男, 川村 恭己, 関 紀明, 花田 崚

  • 日本機械学会奨励賞(技術)

    1999年    

  • 日本造船学会論文賞

    1995年    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 総合的リスクを考慮したライフサイクル構造評価手法に関する研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Design Principles and Criteria

    E. Rizzuto, J. Downes, M. Radon, G. Egorov, Y. Kawamura, S. O'Neil, R. Skjong, A. Teixeira

    Proc. of the 19th International Ship and offshore Structures Congress (ISSC 2015)  2015年09月  

     概要を見る

    平成23年~26年における船舶海洋分野での設計原理や規則に関する動向として、関連する文献やプロジェクト研究、及び各種規則制定に関する現状調査を行い、その結果を報告するとともに、それらを基に将来的な本分野の研究課題や将来動向等について論じた。pp pp415-458(担当部分)4章EXAMPLES RELATED TO SUSTAINABILITY ORIENTED DESIGN(持続可能性を指向した設計例)の解説、議論。

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 船舶海洋構造物のリスク評価に関わる研究

  • 自動メッシュ生成の研究

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院先進実践学環  リスクベースによる規則制定手法Ⅱ

  • 大学院先進実践学環  リスクベースによる規則制定手法Ⅰ

  • 大学院理工学府  構造情報システム学

  • 大学院理工学府  海洋宇宙システム工学インターンシップS

  • 大学院理工学府  海洋宇宙システム工学インターンシップM

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本船舶海洋工学会

    2017年04月
    -
    継続中

    その他   代議員

  • 日本船舶海洋工学会東部構造研究会

    2005年
    -
    継続中

    その他   委員・