癸生川 陽子 (ケブカワ ヨウコ)

KEBUKAWA Yoko

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

職名

准教授

生年

1981年

研究分野・キーワード

宇宙化学、分析化学、アストロバイオロジー

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.koba-kebu-lab.ynu.ac.jp/



写真a

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2009年03月

    大阪大学  理学研究科  宇宙地球科学専攻  博士課程  修了

  • 2004年04月
    -
    2006年03月

    東京工業大学  理工学研究科  地球惑星科学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) -  大阪大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2014年03月

      北海道大学   大学院理学研究院   日本学術振興会特別研究員

  • 2011年06月
    -
    2013年03月

      Carnegie Institution of Washington   Geophysical Laboratory   日本学術振興会海外特別研究員

  • 2009年06月
    -
    2011年06月

      Carnegie Institution of Washington   Geophysical Laboratory   Postdoctoral Fellow

  • 2009年04月
    -
    2009年06月

      大阪大学   大学院理学研究科   招へい研究員

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

      大阪大学   大学院理学研究科   日本学術振興会特別研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中
     

    生命の起源および進化学会

  • 2014年07月
    -
    継続中
     

    日本分析化学会

  • 2013年07月
    -
    継続中
     

    日本地球化学会

  • 2008年04月
    -
    継続中
     

    Meteoritical Society

  • 2006年07月
    -
    継続中
     

    日本惑星科学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地球宇宙化学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Encyclopedia of Astrobiology

    (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Infrared Spectroscopy )

    Springer  2011年 ISBN: 978-3-642-112

    Amazon

論文 【 表示 / 非表示

  • Further characterization of carbonaceous materials in Hayabusa‐returned samples to understand their origin

    Masayuki Uesugi,Motoo Ito,Hikaru Yabuta,Hiroshi Naraoka,Fumio Kitajima,Yoshinori Takano,Hajime Mita,Yoko Kebukawa,Aiko Nakato,Yuzuru Karouji

    Meteoritics & Planetary Science   54 ( 3 ) 638 - 666   2019年03月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Nucleic acid bases in Titan tholins and possible genetic systems in the Titan liquidosphere

    Jun Kawai,Yoko Kebukawa,Christopher P. McKay,Kensei Kobayashi

    Life Sciences in Space Research   20   20 - 29   2019年02月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Nanoscale infrared imaging analysis of carbonaceous chondrites to understand organic-mineral interactions during aqueous alteration

    Yoko Kebukawa, Hanae Kobayashi, Norio Urayama, Naoki Baden, Masashi Kondo, Michael E. Zolensky, and Kensei Kobayashi

    Proceedings of the National Academy of Sciences ( NATL ACAD SCIENCES )  116 ( 3 ) 753 - 758   2019年01月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI PubMed

  • Bulk chemical characteristics of soluble polar organic molecules formed through condensation of formaldehyde: Comparison with soluble organic molecules in Murchison meteorite

    Yuki Isono, Shogo Tachibana, Hiroshi Naraoka, François-Régis Orthous-Daunay, Laurette Piani and Yoko Kebukawa

    Geochemical Journal   53   2019年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • A novel organic-rich meteoritic clast from the outer solar system

    Yoko Kebukawa,Motoo Ito,Michael E. Zolensky,Richard C. Greenwood, Zia Rahman,Hiroki Suga,Aiko Nakato,Queenie H. S . Chan, Marc Fries,Yasuo Takeichi,Yoshio Takahashi,Kazuhiko Mase,Kensei Kobayashi

    Scientific Reportsvolume   9 ( 3169 )   2019年  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 微惑星の水環境における多様な有機物の生成

    癸生川陽子

    Viva Origino, 46: 6 (2018)     2018年06月

    総説・解説(学術雑誌)  

  • たんぽぽ計画における宇宙塵捕獲と有機物曝露

    三田肇, 癸生川陽子

    生物工学, 96 (12)   96 ( 12 ) 688 - 692   2018年

    総説・解説(学術雑誌)  

  • 地球外有機物分析の最前線

    癸生川陽子

    ぶんせき   1   19 - 27   2017年01月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2015年度日本惑星科学会最優秀研究者賞

    2016年09月   日本惑星科学会  

    受賞者:  癸生川陽子

  • 日本地球化学会奨励賞

    2015年09月   日本地球化学会  

    受賞者:  癸生川陽子

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 微惑星における有機物進化に対する鉱物の役割の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月  代表者:  癸生川陽子

  • 脂肪族炭素と芳香族炭素から推定する小惑星の熱履歴

    若手研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2017年03月  代表者:  癸生川陽子

  • 微小領域分析から迫る隕石有機物の進化過程の統一的解明

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2013年04月  -  2014年03月  代表者:  望月(癸生川)陽子

     概要を見る

    日本学術振興会 特別研究員PDとして

  • 惑星物質中の有機物・鉱物相互関係のミクロ・ナノ非破壊分析

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2007年04月  -  2009年03月  代表者:  望月(癸生川)陽子

     概要を見る

    日本学術振興会 特別研究員DC2として

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 太陽系小天体における液体の水の存在下でのアミノ酸形成:多様な環境への展開

    提供機関:  自然科学研究機構  自然科学研究機構アストロバイオロジーセンタープロジェクト

    研究期間: 2018年04月  -  2019年03月  代表者:  癸生川陽子

  • Ceres の化学: 液体の水を伴う化学反応による有機物の形成

    提供機関:  自然科学研究機構  自然科学研究機構アストロバイオロジーセンタープロジェクト

    研究期間: 2017年04月  -  2018年03月  代表者:  癸生川陽子

  • 最先端イメージング分析で探る隕石有機物の起源と進化

    提供機関:  自然科学研究機構  自然科学研究機構アストロバイオロジーセンタープロジェクト

    研究期間: 2016年04月  -  2017年03月  代表者:  癸生川陽子

  • 小惑星における生命材料有機物の進化

    提供機関:  地方自治体  三菱財団研究助成

    研究期間: 2015年10月  -  2016年09月  代表者:  癸生川陽子

  • 隕石有機物を用いた小惑星の熱履歴の研究

    提供機関:  地方自治体  稲盛財団研究助成

    研究期間: 2015年04月  -  2016年03月  代表者:  癸生川陽子

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Origin of Jupiter Trojan asteroids: What to explore by OKEANOS

    Y. Kebukawa  [招待有り]

    Symposium on Planetary Science 2019  (Tohoku University, Sendai )  2019年02月18日  

     概要を見る

    Y. Kebukawa "Origin of Jupiter Trojan asteroids: What to explore by OKEANOS" Symposium on Planetary Science 2019, February 18 – 21, 2019, Tohoku University, Sendai (招待講演) http://pparc.gp.tohoku.ac.jp/collegium/pdf/SPS2019_program.pdf

  • 講演番号 PS21-A007

    Yoko KEBUKAWA, Motoo ITO, Michael ZOLENSKY, Richard GREENWOOD,Zia RAHMAN, Hiroki SUGA, Aiko NAKATO, Queenie CHAN, Marc FRIES,Yasuo TAKEICHI, Yoshio TAKAHASHI, Kazuhiko MASE, Kensei KOBAYASHI  [招待有り]

    AOGS 15th Annual Meeting  2018年06月  

     概要を見る

     

  • 多様な宇宙環境における有機物の生成

    癸生川 陽子  [招待有り]

    第43回生命の起源及び進化学会  (埼玉大学)  2018年03月  

  • Formation of various organic matter driven by liquid water in the solar system bodies

    Y. Kebukawa  [招待有り]

    Astrobiology 2017  2017年12月  

  • Organic Matter in Meteorites: From the Grave to the Cradle

    Y. Kebukawa  [招待有り]

    Japanese-American-German Frontiers of Science Symposium  2017年09月  

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 理工学部  分析化学ⅡA

  • 理工学部  宇宙地球化学

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本分析化学会誌「ぶんせき」

    2018年04月
    -
    2019年03月

    その他   編集幹事

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示