癸生川 陽子 (ケブカワ ヨウコ)

KEBUKAWA Yoko

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

職名

准教授

生年

1981年

研究分野・キーワード

宇宙化学、分析化学、アストロバイオロジー

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.koba-kebu-lab.ynu.ac.jp/



写真a

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2009年03月

    大阪大学  理学研究科  宇宙地球科学専攻  博士課程  修了

  • 2004年04月
    -
    2006年03月

    東京工業大学  理工学研究科  地球惑星科学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) -  大阪大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2014年03月

      北海道大学   大学院理学研究院   日本学術振興会特別研究員

  • 2011年06月
    -
    2013年03月

      Carnegie Institution of Washington   Geophysical Laboratory   日本学術振興会海外特別研究員

  • 2009年06月
    -
    2011年06月

      Carnegie Institution of Washington   Geophysical Laboratory   Postdoctoral Fellow

  • 2009年04月
    -
    2009年06月

      大阪大学   大学院理学研究科   招へい研究員

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

      大阪大学   大学院理学研究科   日本学術振興会特別研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中
     

    生命の起源および進化学会

  • 2014年07月
    -
    継続中
     

    日本分析化学会

  • 2013年07月
    -
    継続中
     

    日本地球化学会

  • 2008年04月
    -
    継続中
     

    Meteoritical Society

  • 2006年07月
    -
    継続中
     

    日本惑星科学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地球宇宙化学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Encyclopedia of Astrobiology

    (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Infrared Spectroscopy )

    Springer  2011年 ISBN: 978-3-642-112

    Amazon

論文 【 表示 / 非表示

  • Comparison of FT‐IR spectra of bulk and acid insoluble organic matter in chondritic meteorites: An implication for missing carbon during demineralization

    Yoko Kebukawa, Conel M. O'D. Alexander, George D. Cody

    Wiley Online Library ( Wiley )  Vol.54 ( 7 ) 1632 - 1641   2019年05月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Further characterization of carbonaceous materials in Hayabusa‐returned samples to understand their origin

    Masayuki Uesugi,Motoo Ito,Hikaru Yabuta,Hiroshi Naraoka,Fumio Kitajima,Yoshinori Takano,Hajime Mita,Yoko Kebukawa,Aiko Nakato,Yuzuru Karouji

    Meteoritics & Planetary Science   54 ( 3 ) 638 - 666   2019年03月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Bulk chemical characteristics of soluble polar organic molecules formed through condensation of formaldehyde: Comparison with soluble organic molecules in Murchison meteorite

    Yuki Isono, Shogo Tachibana, Hiroshi Naraoka, François-Régis Orthous-Daunay, Laurette Piani and Yoko Kebukawa

    Geochemical Journal   53   2019年02月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Nucleic acid bases in Titan tholins and possible genetic systems in the Titan liquidosphere

    Jun Kawai,Yoko Kebukawa,Christopher P. McKay,Kensei Kobayashi

    Life Sciences in Space Research   20   20 - 29   2019年02月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Nanoscale infrared imaging analysis of carbonaceous chondrites to understand organic-mineral interactions during aqueous alteration

    Yoko Kebukawa, Hanae Kobayashi, Norio Urayama, Naoki Baden, Masashi Kondo, Michael E. Zolensky, and Kensei Kobayashi

    Proceedings of the National Academy of Sciences ( NATL ACAD SCIENCES )  116 ( 3 ) 753 - 758   2019年01月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI PubMed

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所地球外物質研究グループを訪ねて

    癸生川陽子,沖野晃俊,阿南弥寿美

    ぶんせき2019 ( 日本惑星科学会誌 )  2019 ( 9 ) 405 - 406   2019年05月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • 微惑星の水環境における多様な有機物の生成

    癸生川陽子

    Viva Origino, 46: 6 (2018)     2018年06月

    総説・解説(学術雑誌)  

  • たんぽぽ計画における宇宙塵捕獲と有機物曝露

    三田肇, 癸生川陽子

    生物工学, 96 (12)   96 ( 12 ) 688 - 692   2018年

    総説・解説(学術雑誌)  

  • 地球外有機物分析の最前線

    癸生川陽子

    ぶんせき   1   19 - 27   2017年01月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2015年度日本惑星科学会最優秀研究者賞

    2016年09月   日本惑星科学会  

    受賞者:  癸生川陽子

  • 日本地球化学会奨励賞

    2015年09月   日本地球化学会  

    受賞者:  癸生川陽子

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 隕石から探る木星型惑星大移動説

    新学術領域研究「星惑星形成」公募研究

    研究期間:  2019年04月  -  2021年03月  代表者:  癸生川陽子

  • 微惑星における有機物進化に対する鉱物の役割の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月  代表者:  癸生川陽子

  • 脂肪族炭素と芳香族炭素から推定する小惑星の熱履歴

    若手研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2017年03月  代表者:  癸生川陽子

  • 微小領域分析から迫る隕石有機物の進化過程の統一的解明

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2013年04月  -  2014年03月  代表者:  望月(癸生川)陽子

     概要を見る

    日本学術振興会 特別研究員PDとして

  • 惑星物質中の有機物・鉱物相互関係のミクロ・ナノ非破壊分析

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2007年04月  -  2009年03月  代表者:  望月(癸生川)陽子

     概要を見る

    日本学術振興会 特別研究員DC2として

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 宇宙における有機物の形成・進化および生命の移動・居住可能性に関するアストロバイオロジー宇宙実験研究拠点

    提供機関:  自然科学研究機構  自然科学研究機構アストロバイオロジーセンターサテライト

    研究期間: 2019年04月  -  2022年03月  代表者:  癸生川陽子

  • 太陽系小天体における液体の水の存在下でのアミノ酸形成:多様な環境への展開

    提供機関:  自然科学研究機構  自然科学研究機構アストロバイオロジーセンタープロジェクト

    研究期間: 2018年04月  -  2019年03月  代表者:  癸生川陽子

  • Ceres の化学: 液体の水を伴う化学反応による有機物の形成

    提供機関:  自然科学研究機構  自然科学研究機構アストロバイオロジーセンタープロジェクト

    研究期間: 2017年04月  -  2018年03月  代表者:  癸生川陽子

  • 最先端イメージング分析で探る隕石有機物の起源と進化

    提供機関:  自然科学研究機構  自然科学研究機構アストロバイオロジーセンタープロジェクト

    研究期間: 2016年04月  -  2017年03月  代表者:  癸生川陽子

  • 小惑星における生命材料有機物の進化

    提供機関:  地方自治体  三菱財団研究助成

    研究期間: 2015年10月  -  2016年09月  代表者:  癸生川陽子

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Origin of Jupiter Trojan asteroids: To be explored by OKEANOS

    Yoko Kebukawa, Tatsuaki Okada, Motoo Ito, Jun Aoki, Yosuke Kawai, Jun Matsumoto, Noel Grand, Arnaud Buch, Michisato Toyoda, Hervé Cottin, Hisayoshi Yurimoto, Hajime Yano, Takahiro Iwata, Osamu Mori  [招待有り]

    Japan Geoscience Union Meeting 2019  (Makuhari Messe, Chiba, Japan)  2019年05月26日   Japan Geoscience Union Meeting

  • Origin of Jupiter Trojan asteroids: What to explore by OKEANOS

    Y. Kebukawa  [招待有り]

    Symposium on Planetary Science 2019  (Tohoku University, Sendai )  2019年02月18日  

     概要を見る

    Y. Kebukawa "Origin of Jupiter Trojan asteroids: What to explore by OKEANOS" Symposium on Planetary Science 2019, February 18 – 21, 2019, Tohoku University, Sendai (招待講演) http://pparc.gp.tohoku.ac.jp/collegium/pdf/SPS2019_program.pdf

  • 講演番号 PS21-A007

    Yoko KEBUKAWA, Motoo ITO, Michael ZOLENSKY, Richard GREENWOOD,Zia RAHMAN, Hiroki SUGA, Aiko NAKATO, Queenie CHAN, Marc FRIES,Yasuo TAKEICHI, Yoshio TAKAHASHI, Kazuhiko MASE, Kensei KOBAYASHI  [招待有り]

    AOGS 15th Annual Meeting  2018年06月  

     概要を見る

     

  • 多様な宇宙環境における有機物の生成

    癸生川 陽子  [招待有り]

    第43回生命の起源及び進化学会  (埼玉大学)  2018年03月  

  • Formation of various organic matter driven by liquid water in the solar system bodies

    Y. Kebukawa  [招待有り]

    Astrobiology 2017  2017年12月  

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 日本分析化学会機関誌『ぶんせき』

    編集幹事 

    2016年04月
    -
    2019月03日
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 理工学部  分析化学ⅡA

  • 理工学部  宇宙地球化学

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本分析化学会誌「ぶんせき」

    2018年04月
    -
    2019年03月

    その他   編集幹事

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示