癸生川 陽子 (ケブカワ ヨウコ)

KEBUKAWA Yoko

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

職名

准教授

生年

1981年

研究キーワード

アストロバイオロジー、宇宙化学、分析化学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.koba-kebu-lab.ynu.ac.jp/



ORCID  https://orcid.org/0000-0001-8430-3612

写真a

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Hydrogen isotopic exchange kinetics between organic matter and water: Implications for chemical evolution during meteorite parent body processing   2021年03月

    【論文】 Primordial organic matter in the xenolithic clast in the Zag H chondrite: Possible relation to D/P asteroids  2020年02月

    【論文】 Molecular evolution during hydrothermal reactions from formaldehyde and ammonia simulating aqueous alteration in meteorite parent bodies  2020年09月

    【論文】 Nanoscale infrared imaging analysis of carbonaceous chondrites to understand organic-mineral interactions during aqueous alteration  2019年01月

    【論文】 A novel organic-rich meteoritic clast from the outer solar system  2019年

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年4月
    -
    2009年3月

    大阪大学   理学研究科   宇宙地球科学専攻   博士課程   修了

  • 2004年4月
    -
    2006年3月

    東京工業大学   理工学研究科   地球惑星科学専攻   修士課程(博士前期課程)   修了

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) - 大阪大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   准教授  

  • 2018年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院理工学府   化学・生命系理工学専攻   准教授  

  • 2014年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   理工学部   化学・生命系学科   准教授  

  • 2014年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院工学府   機能発現工学専攻   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年4月
    -
    2014年3月

      北海道大学   大学院理学研究院   日本学術振興会特別研究員

  • 2011年6月
    -
    2013年3月

      Carnegie Institution of Washington   Geophysical Laboratory   日本学術振興会海外特別研究員

  • 2009年6月
    -
    2011年6月

      Carnegie Institution of Washington   Geophysical Laboratory   Postdoctoral Fellow

  • 2009年4月
    -
    2009年6月

      大阪大学   大学院理学研究科   招へい研究員

  • 2007年4月
    -
    2009年3月

      大阪大学   大学院理学研究科   日本学術振興会特別研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2020年3月
    -
    現在
     

    American Chemical Society (ACS)

  • 2017年4月
    -
    現在
     

    生命の起源および進化学会

  • 2014年7月
    -
    現在
     

    日本分析化学会

  • 2013年7月
    -
    現在
     

    日本地球化学会

  • 2008年4月
    -
    現在
     

    Meteoritical Society

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 自然科学一般 / 宇宙惑星科学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Encyclopedia of Astrobiology

    ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Infrared Spectroscopy)

    Springer  2011年  ( ISBN:978-3-642-112

    Amazon

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:事典・辞書

論文 【 表示 / 非表示

  • Space Exposure of Amino Acids and Their Precursors during the Tanpopo Mission

    Kobayashi Kensei, Mita Hajime, Kebukawa Yoko, Nakagawa Kazumichi, Kaneko Takeo, Obayashi Yumiko, Sa … 全著者表示

    ASTROBIOLOGY   21 ( 12 )   1479 - 1493   2021年12月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • ホスファターゼ活性を用いた極限環境試料中の微生物活動評価

    小林 憲正, 佐藤 修司, 伊藤 有希, 中本 早紀, 栗塚 泰平, 高野 淑識, 大林 由美子, 金子 竹男, 癸生川 陽子, 小川 麻里, 吉田 聡

    Viva Origino   49 ( 2 )   7   2021年11月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:生命の起原および進化学会   共著  

    <p>  We evaluated biological activities in terrestrial extreme environment samples from Antarctica soils and submarine hydrothermal systems by measuring phosphatase activities. The soil of Site 8 (near a penguin rookery) showed almost the same level of phosphatase activities as usual surface soil sampled in Yokohama National University (YNU ) campus, while the soil of the other stations showed much less activities. Massive sulfide chimneys of submarine hydrothermal vents in South Mariana Backarc also showed phosphatase activities: The exterior part of the chimnies showed higher than the interior part, suggesting the prokarotic habitat and cell density. Alkaline phosphatase (ALP) in the extracts from the soil of Antarctica Site 8 and chimney samples was characterized by the laboratory-based enzymatic assessments. Among these profiles, firstly, the Antarctica ALP showed the maximal at 37℃, the chimney ALP showed the maximal at 90℃, while ALP from the YNU soil showed the maximal at 60℃. Secondly, the gel filtration chromatography showed that the ALP activity in both Antarctica and chimney samples was found mainly in the fraction whose molecular weights were around 100000 Dalton. The ALP activity was diminished with EDTA and was recovered with addition of zinc ion. The present results showed that zinc-containing metalloenzymes are present in the Antarctica soils and the chimneys in the hydrothermal system, and that phosphatases are useful bio-signatures for extant life in extreme environments. Phosphatase activity could be used for life detection in extraterrestrial environments, as well as for evaluation of biochemical function of prebiotic samples.</p>

  • Comparison of Stepwise and Single-Step Pyrolysis GC/MS for Natural Complex Macromolecular Organic Matter

    MOGI Yuto, KEBUKAWA Yoko, KOBAYASHI Kensei

    Analytical Sciences   advpub ( 0 )   2021年8月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:社団法人 日本分析化学会   共著  

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008073998

  • On the Nature of Organic Dust in Novae

    Endo Izumi, Sakon Itsuki, Onaka Takashi, Kimura Yuki, Kimura Seiji, Wada Setsuko, Helton L. Andrew, … 全著者表示

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   917 ( 2 )   103-1 - 103-10   2021年8月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Astronomical Society   共著  

    その他リンク: https://doi.org/10.3847/1538-4357/ac0cf1

  • A Feasible Study of <i>In-Situ</i> Measurements of Light Isotopes and Organic Molecules with High Resolution Mass Spectrometer MULTUM on the OKEANOS Mission

    ITO Motoo, YOKOTA Sho-ichiro, TOYODA Michisato, YURIMOTO Hisayoshi, WATANABE Motoki, IKEDA Ryota, K … 全著者表示

    TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, AEROSPACE TECHNOLOGY JAPAN   19 ( 4 )   477 - 484   2021年7月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本航空宇宙学会   共著  

    <p>The OKEANOS mission utilizing the Solar Power Sail is one of the candidates of the strategic middle-class space exploration to the outer Solar System lead by the JAXA. The mission is planning to be launched in 2030's, and rendezvous for spectral observations and landing for in-situ measurements of light isotopes and organic molecules to a D or P type Jupitar Trojan asteroid in 2040's. The flagship instrument on board is a high-resolution mass spectrometry (HRMS) system together with suits of remote-sensing instruments. Through in-depth scientific observations, the OKEANOS mission will provide critical input to the key questions of (1) constraining planet formation/migration theories, and (2) inventory and distribution of volatiles in the Solar System. We have conducted experimental tests of a sample canister sealing by a metal seal knife-edge, sample canister-MULTUM test, gas chromatograph-MULTUM coupling test for organics, and H and N isotopic measurements in the atmospheric air. Current performances are (1) high mass resolution was 30,000 at m/z = 20, (2) sample canister system with a knife-edge metal seal kept 90 % of a released gas in 1 hour for Cu or Au gaskets with/without regolith, (3) error meets the required precision and accuracy for nitrogen isotopic measurement but for hydrogen. These experiment tests need to continue for our scientific proposes on the asteroids.</p>

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008062313

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 太陽系の有機物進化に対する鉱物の作用

    癸生川 陽子

    Viva Origino   48 ( 3 )   2020年

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:生命の起原および進化学会   単著  

    <p>Extraterrestrial organic matter provided by meteorites and interplanetary dust particles could have been contributed to the origin of life on the Earth. As a part of chemical evolution toward life, it is important to understand origin and evolution of organic matter in the Solar System and beyond. Formation and evolution of organic matter in the Solar System have been studied over decades. Although organic matter usually exists with minerals as in meteorites, effects of minerals for the processes of extraterrestrial organic matter are not well understood. Here I review the relationships between organic matter and minerals observed in meteorites, experimental studies of interactions of organic matter with minerals, and mechanisms of effects of minerals for organic reactions.</p>

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008113734

  • THERMAL HISTORY OF CARBONACEOUS CHONDRITE PECORA ESCARPMENT 02012.

    Nakato A., Brearley A. J., Nakamura T., Noguchi T., Kebukawa Y., Lee J. I., Matsuoka M., Sasaki S., … 全著者表示

    METEORITICS & PLANETARY SCIENCE   54   2019年8月

    Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   共著  

  • SPACE EXPOSURE EXPERIMENTS OF CARBONACEOUS CHONDRITES, CHONDRITIC ORGANIC MATTER AND ITS ANALOGUES IN TANPOPO2, ASTROBIOLOGY SPACE MISSION ON ISS.

    Kebukawa Y., Koga M., Sakon I., Endo I., Kobayashi K., Matsuoka M., Ito M., Zolensky M. E., Alexand … 全著者表示

    METEORITICS & PLANETARY SCIENCE   54   2019年8月

    Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   共著  

  • ORGANIC COMPOUNDS IN EARLY SOLAR SYSTEM AQUEOUS FLUIDS.

    Bodnar R. J., Dolocan A., Zolensky M. E., Lamadrid H., Kebukawa Y., Chan Q. H-S., Rahman Z.

    METEORITICS & PLANETARY SCIENCE   54   2019年8月

    Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   共著  

  • KINETIC ESTIMATION OF THE THERMAL HISTORY OF ORGANIC MATTER IN CHONDRITES USING RAMAN SPECTROSCOPY.

    Kiryu K., Kebukawa Y., Igisu M., Shibuya T., Kobayashi K.

    METEORITICS & PLANETARY SCIENCE   54   2019年8月

    Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   共著  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 令和3年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞

    2021年04月   文部科学省   太陽系小天体における有機物の形成と進化の研究  

    受賞者:癸生川陽子

  • 2015年度日本惑星科学会最優秀研究者賞

    2016年09月   日本惑星科学会  

    受賞者:癸生川陽子

  • 日本地球化学会奨励賞

    2015年09月   日本地球化学会  

    受賞者:癸生川陽子

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 隕石から探る木星型惑星大移動説

    2019年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究「星惑星形成」公募研究

    代表者:癸生川陽子

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 微惑星における有機物進化に対する鉱物の役割の解明

    2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:癸生川陽子

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 脂肪族炭素と芳香族炭素から推定する小惑星の熱履歴

    2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    代表者:癸生川陽子

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 微小領域分析から迫る隕石有機物の進化過程の統一的解明

    2013年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    代表者:望月(癸生川)陽子

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    日本学術振興会 特別研究員PDとして

  • 惑星物質中の有機物・鉱物相互関係のミクロ・ナノ非破壊分析

    2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    代表者:望月(癸生川)陽子

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    日本学術振興会 特別研究員DC2として

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • ガスクロマトグラフ質量分析に基づく将来宇宙探査用高分解能分子アナライザの開発

    2020年4月 - 2022年3月

    年度二国間交流事業共同研究/セミナー・フランスとの共同研究(MEAE-MESRI)<SAKURAプログラム> 

    代表者:癸生川陽子

  • 宇宙における有機物の形成・進化および生命の移動・居住可能性に関するアストロバイオロジー宇宙実験研究拠点

    2019年4月 - 2022年3月

    自然科学研究機構  自然科学研究機構アストロバイオロジーセンターサテライト

    代表者:癸生川陽子

  • 太陽系小天体における液体の水の存在下でのアミノ酸形成:多様な環境への展開

    2018年4月 - 2019年3月

    自然科学研究機構  自然科学研究機構アストロバイオロジーセンタープロジェクト

    代表者:癸生川陽子

  • Ceres の化学: 液体の水を伴う化学反応による有機物の形成

    2017年4月 - 2018年3月

    自然科学研究機構  自然科学研究機構アストロバイオロジーセンタープロジェクト

    代表者:癸生川陽子

  • 最先端イメージング分析で探る隕石有機物の起源と進化

    2016年4月 - 2017年3月

    自然科学研究機構  自然科学研究機構アストロバイオロジーセンタープロジェクト

    代表者:癸生川陽子

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 有機物が引き起こす隕石母天体内部でのかんらん石の水質変成

    平川 尚毅, 癸生川 陽子, 古川 善博, 小林 憲正

    日本地球化学会年会要旨集  一般社団法人日本地球化学会

    DOI

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    <p>CI,CMタイプ隕石をはじめ,一部の普通コンドライトやCV,COタイプ隕石などにはフィロケイ酸塩鉱物の存在が報告されている.本研究では隕石母天体の環境下で有機物によって,かんらん石の水質変成が生じ,フィロケイ酸塩鉱物の形成が引き起こされる可能性について実験的に調査した.実験生成物の微細組織観察を通じ,かんらん石表面では,フィロケイ酸塩鉱物の形成が進行していることを見出した.これについて,初期太陽系の形成史におけるフィロケイ酸塩鉱物の形成に有機物が貢献した可能性について議論する.</p>

  • 初期地球での生命誕生における太陽エネルギー粒子の役割

    小林 憲正, 小栗 慶之, Vladimir Airapetian, 木下 美栄, 毛利 駿介, 坂元 俊紀, 癸生川 陽子, 高橋 淳一, 柴田 裕実, 久保 謙哉, 福田 一志

    日本地球化学会年会要旨集  一般社団法人日本地球化学会

    DOI

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    <p>初期地球上での生命誕生における太陽エネルギー粒子(SEPs)の役割について,模擬実験らアプローチした。SEPsは高エネルギー陽子を主とするものであり,若い太陽からは高いフラックスで放出された可能性がある。このような高エネルギー粒子によりきわめて弱い還元型原始大気からもアミノ酸を生成しうることが要旨線照射実験からわかった。また気相ではN<sub>2</sub>Oが生成したが,これは強い温室効果ガスとして「暗い太陽のパラドックス」を解く鍵となりうる。またSEPsと大気との相互作用で生じるミュオンはスピン偏極粒子のため,アミノ酸のエナンチオ過剰に寄与した可能性が考えられる。その効果をミュオン照射実験で検証中である。</p>

  • 地球外物質分析を目指した熱分解ガスクロマトグラフィー質量分析法による複雑有機物の分析手法の評価

    茂木 優斗, 癸生川 陽子, 小林 憲正

    日本地球化学会年会要旨集  一般社団法人日本地球化学会

    DOI

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    <p>熱分解ガスクロマトグラフィー質量分析法(GC/MS)は、熱分解温度を変える事で有機物構造の詳細な特徴を知る事が出来る。複雑有機物の構造や熱的特徴を調べる為、同じサンプルを繰り返し使用して一連の熱分解温度にてGC/MS分析を行う手法"Continuous"と、熱分解温度ごとにサンプルを新たに用意する手法"Replaced"の2種の段階加熱方法の検討及び評価を行った。分析中の試料の変化を観測するため加熱ステージを用いてフーリエ変換赤外分光(FT-IR)分析も行った。2つの手法はそれぞれ再現性が確認された。 "Replaced"の手法では細かいピークの判別が可能であり、"Continuous"では熱分解温度ごとに検出される化合物の違いが顕著であった。FT-IRを用いた実験の結果は、GC/MS実験にて各熱分解温度で検出された化合物種の傾向と合っていた。よって、両手法を用いて熱分解温度を変化させ熱分解GC/MS分析を行うことは,複雑な有機分子の構成要素および熱特性の分析に有用である。</p>

  • Origin of Jupiter Trojan asteroids: To be explored by OKEANOS

    Yoko Kebukawa, Tatsuaki Okada, Motoo Ito, Jun Aoki, Yosuke Kawai, Jun Matsumoto, Noel Grand, Arnaud Buch, Michisato Toyoda, Hervé Cottin, Hisayoshi Yurimoto, Hajime Yano, Takahiro Iwata, Osamu Mori  [招待有り]

    Japan Geoscience Union Meeting 2019  Japan Geoscience Union Meeting

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe, Chiba, Japan  

  • Origin of Jupiter Trojan asteroids: What to explore by OKEANOS

    Y. Kebukawa  [招待有り]

    Symposium on Planetary Science 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tohoku University, Sendai  

    Y. Kebukawa "Origin of Jupiter Trojan asteroids: What to explore by OKEANOS" Symposium on Planetary Science 2019, February 18 – 21, 2019, Tohoku University, Sendai (招待講演)
    http://pparc.gp.tohoku.ac.jp/collegium/pdf/SPS2019_program.pdf

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 日本分析化学会機関誌『ぶんせき』

    編集幹事 

    2016年4月
    -
    2019月3日
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   化学・生命基礎演習B

    理工学部

  • 2022年度   宇宙地球化学

    理工学部

  • 2022年度   アストロバイオロジー特論

    大学院理工学府

  • 2022年度   PSDキャリアデザイン特論

    大学院理工学府

  • 2022年度   化学EP演習Ⅰ

    理工学部

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2021年03月
     
     
    Best Student Poster Award   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:坂本敏樹(Toshiki Sakamoto) (横浜国立大学大学院) 指導教員:癸生川陽子 准教授 受賞論文:「Optical Activity Measurement of Amino Acid Films by Circular Dichroism Spectroscopy」 授与団体:The 25th Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation 受賞年月:2021(R3)年3月5日 http://www.hsrc.hiroshima-u.ac.jp/symposium/2021/award.htm

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本分析化学会誌「ぶんせき」

    2018年04月 - 2019年3月  編集幹事

     詳細を見る

    委員区分:その他 

メディア報道 【 表示 / 非表示