木村 昌彦 (キムラ マサヒコ)

KIMURA Masahiko

所属組織

教育学部 学校教員養成課程 保健体育

職名

教授

研究分野・キーワード

コーチング、体育方法学,スポーツ科学,柔道

メールアドレス

メールアドレス



ORCID  https://orcid.org/0000-0002-5443-6147

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1977年04月
    -
    1981年03月

    筑波大学   体育専門学群   コーチング   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2014年09月

    山梨大学大学院  総合研究部医学領域  社会医学講座  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 体育学修士 -  筑波大学

  • 博士(医科学) -  山梨大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教員養成課程   保健体育   教授  

  • 2017年04月
    -
    2021年03月

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教育課程   保健体育   教授  

  • 2005年04月
    -
    2017年03月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   保健体育   教授  

  • 1997年10月
    -
    2005年03月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   保健体育   助教授  

  • 1991年04月
    -
    1997年09月

    専任   横浜国立大学   教育学部   助教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

      放送大学   神奈川学習センター   客員教授

  • 2019年04月
    -
    継続中

      帝京科学大学   客員教授

  • 1985年04月
    -
    1990年03月

      防衛大学校   講師

  • 1984年04月
    -
    1985年03月

      筑波大学   文部技官

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    継続中
     

    日本体育学会神奈川支部会

  • 1985年04月
    -
    継続中
     

    日本体育学会

  • 1985年04月
    -
    継続中
     

    日本武道学会

  • 1985年04月
    -
    継続中
     

    日本体力医学会

  •  
     
     
     

    日本バイオメカニクス学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 公益財団法人全日本柔道連盟 形審査委員

  • 公益財団法人日本オリンピック委員会専任コーチイングディレクター

  • 公益財団法人全日本柔道連盟A審判資格

  • 公益財団法人日本スポーツ協会公認指導者資格コーチ

  • 公益財団法人全日本柔道連盟公認A指導員

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年05月
     
     

    ナショナルコーチアカデミー

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 安全で楽しい 柔道授業ガイド

    木村昌彦 (担当: 共著 )

    公益財団法人全日本柔道連盟  2019年02月

  • 柔道部部活動の指導の手びき

    木村昌彦 (担当: 共著 )

    公益財団法人全日本柔道連盟  2018年08月

  • 鎌倉発 「深い学び」のカリキュラム・デザイン

    澤井陽介、木村昌彦 (担当: 共著 )

    東洋館出版  2018年07月 ISBN: 4491035458

  • 柔道指導者のサイエンス 〜柔道授業や部活動に役立てるために〜

    木村昌彦、尾形敬史、鮫島元成、高橋進、田中裕之、髙橋健司、磯村元信、佐藤幸夫、浅野哲男、向井幹博、小志田憲一、竹澤稔ゆう、鮫島康太、窪田友樹、與儀幸朝、石川美久 (担当: 共著 )

    公益財団法人 全日本柔道連盟  2018年02月 ISBN: 78-4-907330-0

  • 柔道部活動ガイド

    木村昌彦、尾形敬史、鮫島元成、高橋進、佐藤幸夫、浅野哲男、田中裕之、高橋健二、磯村元信、向井幹博、小志田憲一、鮫島康太、窪田友樹、與儀幸朝、石川美久 (担当: 共著 )

    公益財団法人 全日本柔道連盟  2017年03月 ISBN: 9784907330071

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 視覚障がい者柔道競技の試合局面にみられる戦術行動の有効性

    佐藤 伸一郎, 竹澤 稔裕, 前川 直也, 伊藤 潔, 木村 昌彦, 廣瀬 伸良

    武道学研究 ( 日本武道学会 )  53 ( 2 ) 85 - 102   2021年03月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>The purpose of this study is to elucidate effective tactics in judo matches for the visually impaired. This study investigates and analyses the score ratio and score acquisition rate of visually impaired judo athletes in competition. In visually impaired judo the rules of non-disabled judo are modified into four phases. The first phase starts immediately after the referee announces "<i>kumi-kata</i>" to just before the referee announces "<i>hajime</i>". The second phase begins right after the referee announces "<i>hajime</i>" to just before the first throwing technique. The third phase is from the start of a throwing technique to the end of a throwing technique. The fourth phase is from the end of a throwing technique to the end of a <i>katame-waza</i>.</p><p>For this study data was compiled from 218 matches from domestic and international visually impaired judo championships. The tactical behavior of 1,375 <i>nage-waza</i> techniques were analyzed in sequence relating to <i>kumi-kata</i> combinations. The analysis was divided into the following categories: the controlled grip (CG); the presence or absence of the switch grip (SWG); the re-grip (RG); <i>nage-waza</i>; <i>katame-waza</i>, including the transition from a <i>nage-waza</i>; the penalties incurred during a match; and the match result. Statistical analysis of the data was performed using a chi-square test and a Fischer's exact test with Microsoft Excel and R.</p><p>The results obtained show the ratio of <i>kenka-yotsu</i> score was significantly higher (χ<sup>2</sup>=5.837, df=1; p<0.05) than <i>ai-yotsu</i> in the CG. The score ratio was significantly higher (χ<sup>2</sup>=8.468, df=1; p<0.05) when SWG tactics were applied. The score ratio of the <i>osaekomi-waza</i> was significantly higher in the <i>nage-waza</i> with a score, and the score ratio of the <i>shime-waza</i> was significantly higher than the <i>nage-waza</i> without a score (χ<sup>2 </sup>= 9.416, df = 4, p <0.05).</p><p>The conclusions of this study indicate that in the overall match strategy where the first to second phases are performed with CG as <i>kenka-yotsu</i>, but without RG, it is tactically advantageous to use SWG only if your opponent avoids <i>kenka-yotsu</i>. In the fourth phase, however, it is clear that <i>nage-waza</i> while shifting to <i>osaekomi-waza</i> when a score is available, or shifting to <i>osaekomi-waza</i> or <i>shime-waza</i> when a score is not available, increases the rate of victory. It is hoped that the knowledge obtained from this study can be utilized not only to further develop the teaching methodology of both techniques and tactics for visually impaired judo athletes, but also to improve the overall competitiveness of judo.</p>

    DOI CiNii

  • 小学校低学年を対象とした体つくり運動における 柔道遊び教材の検討 ―発達段階に応じた運動技能の接続の観点から―

    與儀 幸朝 ,高橋  進 ,木村 昌彦 ,眞喜志慶治 ,當房 省吾

    講道館柔道科学研究会紀要 ( 講道館 )  18   67 - 74   2021年03月

    共著

  • オランダ柔道指導者の柔道指導に対する基本理念に関する調査 - 子どもの指導を対象に -

    高橋 進、野瀬 清喜、木村 昌彦、中村 勇、小山 勝弘、向井 幹博、小志田 憲一、森 英也、與儀 幸朝、高橋 健司、石井 孝法、田中 裕之、竹澤 稔裕、鮫島 康太、Joop Pauel

    講道館柔道科学研究会紀要 ( 講道館 )  18   2021年03月

    単著

  • 中学生における体力・運動能力と運動有能感に関する研究

    「松井高光」「徳山英仁」「中村一成」「木村昌彦」

    横浜国立大学教育学部 教育デザイン研究 ( 横浜国立大学 )  ( 10 ) 133 - 140   2019年03月  [査読有り]

    共著

  • 大学生において、体力・運動能力が運動有能感に及ぼす影響

    松井 高光, 徳山 英仁, 木村 昌彦

    日本体育学会大会予稿集 ( 一般社団法人 日本体育学会 )  69 ( 0 ) 256_2 - 256_2   2018年

    共著

     概要を見る

    <p> 【目的】生涯スポーツ社会の実現には運動有能感を高めることが必要である。そこで本研究では、体力・運動能力と運動有能感の関係性を明らかにして、運動有能感を高めることが出来る授業を構築するための一助とする。【方法】都内に在学する男女77名を対象として、運動有能感測定尺度を用いて運動有能感を調査するとともに、新体力テストを用いて体力・運動能力を調査した。その後、体力・運動能力上位群かつ運動有能感上位群をAA群、体力・運動能力上位群かつ運動有能感下位群をAB群、体力・運動能力下位群かつ運動有能感上位群をBA群、体力・運動能力下位群かつ運動有能感下位群をBB群と分類し、比較・検討した。【結果】体力・運動能力が同水準であるAA群とAB群を比較したところ、女性に関して、20メートルシャトルランでAA群がAB群に比較して有意に高い得点を示した(p<0.01)。【考察】運動有能感が高い要因の一つに、長距離走に対する意識の違いがあると示唆する。よって、生涯スポーツにつながる体育授業を目指して、走ることに対する有能さを感じられる授業展開が必要であると考える。</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 武道指導充実・資質向上支援事業 武道等の指導成果の検証 調査報告書 第2報

    木村 昌彦、井上康生

    スポーツ庁 報告書 ( 横浜国立大学 )    2021年03月

    その他記事   単著

  • 体育科教育 巻頭エッセイ「武道」から何を学ぶのか

    木村 昌彦

    体育科教育 ( 大修館書店 )  2   9 - 11   2021年02月  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 武道指導充実・資質向上支援事業 武道等の指導成果の検証 調査報告書 第1報

    木村 昌彦、井上康生

    スポーツ庁 報告書 ( 横浜国立大学 )    2020年03月

    その他記事   単著

  • 武道指導充実・資質向上支援事業 武道等の指導成果の検証 調査報告書 

    木村 昌彦、井上康生

    スポーツ庁 報告書 ( 横浜国立大学 )    2019年03月

    その他記事   単著

  • 学生支援相談基礎研修講座テキスト

    石浜昌広(宇都宮大学)、伊集院正(一橋大学後援会評議員)、伊田和身(学生文化創造)、大田周(放送大学栃木学習センター)、黒後洋(宇都宮大学)、佐藤武(佐賀大学)、高橋澄雄(宇都宮大学)、田原博人(大 … 全著者表示

    特定非営利活動法人 学生文化創造     2006年10月

    総説・解説(その他)   共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • スポーツ功労者顕彰(文部科学大臣顕彰)

    2010年11月01日    

  • 国際競技大会優秀賞(文部科学大臣表彰)

    2005年12月    

  • スポーツ功労者顕彰(文部科学大臣顕彰)

    2004年09月    

  • 国際競技大会優秀者表彰(文部科学大臣表彰)

    2003年03月    

  • アジア柔道連盟ベストコーチ賞

    2003年03月    

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • スポーツ庁武道等指導充実・資質向上支援事業(指導成果の検証)

    提供機関:  その他  スポーツ庁武道等指導充実・資質向上支援事業

    研究期間: 2021年06月  -  2022年03月  代表者:  木村昌彦

  • スポーツ庁武道等指導充実・資質向上支援事業(指導成果の検証)

    提供機関:  スポーツ庁  スポーツ庁武道等指導充実・資質向上支援事業

    研究期間: 2020年06月  -  2021年03月  代表者:  木村昌彦

  • スポーツ庁武道等指導充実・資質向上支援事業(指導成果の検証)

    提供機関:  文部科学省  スポーツ庁武道等指導充実・資質向上支援事業

    研究期間: 2019年05月  -  2020年03月  代表者:  木村 昌彦

  • 武道等の指導成果の検証

    提供機関:  文部科学省  スポーツ庁委託事業 武道等指導充実・資質向上支援事業

    研究期間: 2018年05月  -  2019年03月  代表者:  木村 昌彦

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 日本体育学会 体育学研究

    査読 

    2020年01月
    -
    2020月01日
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院教育学研究科  保健体育の高度教育研究方法論

  • 大学院教育学研究科  保健体育の教材デザイン論と実践    

  • 大学院教育学研究科  運動学講義A(体力科学)Ⅰ

  • 大学院教育学研究科  課題研究

  • 大学院教育学研究科  教育インターン

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 日本体育大学   武道史A

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本武道学会

    2021年04月
    -
    継続中

    学協会   理事

  • スポーツ庁参事官(民間スポーツ担当)付技術審査委員会

    2021年04月
    -
    2022年03月

    政府   技術審査専門委員

  • スポーツ庁参事官(民間スポーツ担当)付技術審査委員会

    2021年04月
    -
    2022年03月

    政府   技術審査専門委員

  • スポーツキャリアサポート支援事業(スポーツ庁委託事業)

    2020年07月
    -
    2021年03月

    その他   有識者会議 委員

  • スポーツキャリアコンソーシアム(スポーツ庁委託事業)

    2020年05月
    -
    2021年03月

    学協会   委員

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 公益財団法人柔道連盟評議員会

    公益財団法人柔道連盟理  (全日本柔道連盟) 

    2020年12月
     
     

  • 川崎市立中原中学校研究授業助言・講演

    2021年01月
     
     

  • 横浜市成人式 

    横浜市教育委員会 

    2021年01月
     
     

  • 横浜市立元街小学校視察

    横浜市教育委員会 

    2020年12月
     
     

  • 港南台日の特別支援学校視察

    横浜市教育委員会 

    2020年12月
     
     

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    2020年03月
      小学校教員資格認定試験委員会 委員長   (部局内委員会)

  • 2015年04月
    -
    2019年03月
      教育学部附属鎌倉中学校長   (部局内委員会)

  • 2013年04月
    -
    2019年03月
      教育学部附属鎌倉小学校長   (その他の主要活動)