小林 正人 (コバヤシ マサヒト)

KOBAYASHI Masahito

所属組織

大学院国際社会科学研究院 国際社会科学部門

職名

教授

研究分野・キーワード

計量経済学;時系列分析

ホームページ

http://mcobaya.web.fc2.com/



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Testing for EGARCH Against Stochastic Volatility Models   2005年

    【論文】 “Testing the Sequential Logit Model Agaist the Nested Logit Model  2009年

    【論文】 TESTING FOR VOLATILITY CO-MOVEMENT IN BIVARIATE STOCHASTIC VOLATILITY MODELS  2017年

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1980年

    東京大学   経済学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年

    東京大学  経済学研究科  博士課程  中退

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 経済学博士 -  東京大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院国際社会科学研究院   国際社会科学部門   教授  

  • 2009年04月
    -
    2013年03月

    専任   横浜国立大学   大学院国際社会科学研究科   教授  

  • 2006年04月
    -
    2009年03月

    専任   横浜国立大学   経済学部   教授  

  • 2002年04月
    -
    2006年03月

    専任   横浜国立大学   大学院国際社会科学研究科   教授  

  • 1999年04月
    -
    2002年03月

    専任   横浜国立大学   経済学部   教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1987年12月
    -
    1989年12月

      京都大学   経済学部   講師

  • 1984年04月
    -
    1987年11月

      京都大学   経済研究所   助手

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本経済学会

  •  
     
     
     

    日本統計学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 経済統計

  • 統計科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 計量経済学

    研究期間:  - 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 非標準的仮定のもとでの回帰分析

    小林正人

      1989年03月

    学位論文(博士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • A new method to define cutoff values in nerve conduction studies for carpal tunnel syndrome considering the presence of false-positive cases

    Miyaji Yosuke, Kobayashi Masahito, Oishi Chizuko, Mizoi Yoshikazu, Tanaka Fumiaki, Sonoo Masahiro

    NEUROLOGICAL SCIENCES     2019年11月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • A New Test for Single against Competing Risks Models in Duration Analysis"

    Masahito Kobayashi, Cao Chao

    Communications in Statistics, Theory and Methods   46 ( 21 ) 10672 - 10684   2017年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • TESTING FOR VOLATILITY CO-MOVEMENT IN BIVARIATE STOCHASTIC VOLATILITY MODELS

    Jinghui Chen, Masahito Kobayashi and Michael McAleer

    Journal of the Japan Statistical Society ( 日本統計学会 )  47 ( 1 ) 13 - 36   2017年  [査読有り]

    共著

  • Prognosis of severe carpal tunnel syndrome with absent compound muscle action potential

    Hisao Kamiya, Michio Kimura, Satoshi Hoshino, Masahito Kobayashi, and Masahiro Sonoo,

    Muscle & Nerve   54 ( 3 ) 427 - 431   2016年02月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI PubMed

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 粒子フィルターを用いた非線形状態空間模型の次元の検定 研究課題

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年04月  代表者:  小林正人

     概要を見る

    二変量時系列モデルにおいて、複数のvolatility processの分布が退化し、一変数のvolatility processに帰着するという仮説の検証方法を開発し、金融危機の原因や広がりを検証を行い、経済的関連の深い国の間では同一volatilityという帰無仮説が棄却されないという実証結果を得た。

  • コピュラを用いた生存時間データと順序データの分析手法の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年04月  代表者:  小林正人

     概要を見る

    従来のparametricなcopulaは非対称性と裾依存性の値域に制約がある。本研究では、従来のcopulaと比較して、非対称性と裾依存性の柔軟性が大きなcopulaを開発し、単一のcopulaだけで、すべての状況を表現することを可能とし、非対称性と裾依存性の変化を考慮した生存分析、格付け、VaRやExpected Shortfallなどの計算を可能とした。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • A New Asymmetric Copula with Sign-Reversible Correlation and the EU Sovereign Debt Crisis

    Masahito Kobayashi, Jinghui Chen

    The 3rd International Conference on Research in Economics & Social Science  (滋賀大学)  2019年11月29日   Shiga University

  • A New Time-Varying Asymmetric Copula Analysis of the EU Sovereign Debt Crisis.

    小林正人

    日本経済学会 春季大会  (武蔵大学)  2019年06月08日   日本経済学会

  • A New Time-Varying Asymmetric Copula Analysis of the EU Sovereign Debt Crisis

    KKOBAYASHI, Masahito

    The 15th International Symposium on Econometric Theory and Applications,  (大阪大学)  2019年06月01日   大阪大学

  • A New Time-Varying Asymmetric Copula Analysis of the EU Sovereign Debt Crisis

    Masahito KOBAYASHI  [招待有り]

    神戸大学 六甲フォーラム   (神戸大学)  2019年01月21日   神戸大学経済学研究科

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • Journal of Applied Statistics

    editorial board member 

    2017年04月
    -
    2019月04日
     

  • 日本統計学会誌欧文誌

    編集長 

    2010年10月
    -
    2013月05日
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院国際社会科学府  Statistics Ⅱ

  • 大学院国際社会科学府  演習Ⅰa(博士後期)

  • 大学院国際社会科学府  演習Ⅰb(博士後期)

  • 大学院国際社会科学府  演習Ⅱa(博士後期)

  • 大学院国際社会科学府  演習Ⅱb(博士後期)

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本学術会議連携会員

    2006年08月
    -
    2020年09月

    その他