河野 隆二 (コウノ リュウジ)

KOHNO Ryuji

所属組織

大学院工学研究院 知的構造の創生部門

職名

教授

生年

1956年

研究分野・キーワード

情報通信工学、 医療ICT、高信頼制御通信、高度交通システム(ITS)、無線電力伝送、レギュラトリーサイエンス、

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.kohnolab.dnj.ynu.ac.jp/index-j.html

産学連携

http://www.mict.ynu.ac.jp/

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0002-8612-1537

写真a

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 昭54横国大・情報卒.昭59東大大学院博士課程了.工博.平10横国大・教授.平10-14ソニーコンピュータサイエンス研究所兼業,平14-22(独)情報通信研究機構UWB結集型特別グループ・医療支援ICTグループリーダ兼業,平16 社会・自然科学(文理)融合による新医療システム研究の卓越拠点 拠点長,平19フィンランド・オウル大学 Finnish Distinguished Professor, 平24-31 University of Oulu Research Institute Japan – CWC日本(株) CEO兼業, 令1 かながわ医療機器レギュラトリーサイエンスコンソーシアム会長,平14文科省21世紀COEプログラム,平20グローバルCOEプログラム拠点リーダ.電子情報通信学会(IEICE)スペクトル拡散(現WBS),ITS,ソフトウェア無線,医療ICT,高信頼制御通信研究会の委員長,IEICE基礎境界ソサイエティ副会長,IEICE和文論文誌編集委員長、IEEE Information Theory Society理事,IEEE Japan Council&東京支部会計理事,日本学術会議連携会員などを歴任,平11IEICE業績賞受賞,平15第1回ドコモ・モバイル・サイエンス賞優秀賞受賞,同年9月本会フェロー, 平22 IEEE Fellow

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1979年

    横浜国立大学   工学部   情報工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年

    東京大学  工学系研究科  電気工学専攻  博士課程  修了

  •  
    -
    1981年

    横浜国立大学  工学研究科  情報工学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

  •  
    -
    1984年

    東京大学  工学系研究科  電気工学専攻  博士課程  修了

  •  
    -
    1981年

    横浜国立大学  工学研究科  情報工学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士 -  東京大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   教授  

  • 1998年04月
    -
    2001年03月

    専任   横浜国立大学   工学部   教授  

  • 1988年04月
    -
    1998年03月

    専任   横浜国立大学   工学部   助教授  

  • 2018年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院理工学府   数物・電子情報系理工学専攻   教授  

  • 2012年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   社会・自然科学(文理)融合による新医療システム研究の卓越拠点   拠点長  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

      かながわ医療機器レギュラトリーサイエンスコンソーシアム   会長(併任)

  • 2012年03月
    -
    2019年09月

      University of Oulu Research Institute Japan - CWC日本株式会社   CEO(兼業)   CEO

  • 2009年04月
    -
    2012年03月

      情報通信研究機構   プログラムコーディネータ医療支援ICT担当(併任)

  • 2007年12月
    -
    2014年03月

      横浜市立大学   大学院医学研究科   客員教授

  • 2007年04月
    -
    継続中

      フィンランド・オウル大学   工学部無線情報通信研究所   Distinguished Professor

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    レギュラトリーサイエンス学会

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    日本医療情報学会

  •  
     
     
     

    電子情報通信学会

  •  
     
     
     

    IEEE

  •  
     
     
     

    情報理論とその応用学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 医用システム

  • 通信・ネットワーク工学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 医療ICT(情報通信技術)に関する研究

    研究期間:  - 

  • ソフトウェア無線に関する研究

    共同研究  

    研究期間:  - 

  • アレーアンテナによる空間・時間領域信号処理・通信理論に関する研究

    国際共同研究  

    研究期間:  - 

  • 高度交通システム(ITS)に関する研究

    共同研究  

    研究期間:  - 

  • コグニティブ無線・ネットワークに関する研究

    情報通信ブレークスルー基礎研究21  

    研究期間:  - 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • リスク共生学 -- 先端科学技術でつくる暮らしと新たな社会 --

    河野隆二 (担当: 共著 , 担当範囲: 5.3節 )

    丸善出版  2018年06月 ISBN: 978-4-621-30301-6

  • 電子情報通信学会知識ベースハンドブック

    河野隆二 (担当: 単著 , 担当範囲: 4群5編3章: 3.7.2 IEEE802.15.4aとUWB )

    オーム社  2010年07月

  • ユビキタス技術 センサネットワーク

    阪田史郎 (担当: 単著 )

    オーム社  2006年07月

  • 情報伝送の理論と方式

    中川正雄 (担当: 共著 )

    培風館  2006年07月

  • Ultra Wideband Signals and Systems in Communication Engineering(Second Edition)

    M. Ghavami, L. B. Mitchael (担当: 共著 )

    John Wiley & Sons  2006年01月

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • ディジタル通信系における干渉の除去に関する研究

    河野 隆二

      1984年03月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    東京大学(工学博士) 博工第1809号 ディジタル通信システムの全体性能を左右する干渉問題について、情報理論と適応信号処理の観点から干渉低減、干渉除去、更に干渉利用によるマルチユーザ検波の各種方式を考案し理論体系化した。 特に、符号分割多元接続(CDMA)の他局間干渉を低減する系列生成、適応ディジタルフィルタとアダプティブアレーアンテナによる干渉除去および干渉利用による最尤検出法の考案は実用化に貢献した。

  • スペクトラム拡散通信方式のための擬似雑音系列の研究

    河野 隆二

      1981年03月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    横浜国立大学(工学修士) スペクトル拡散通信方式に用いる擬似雑音系列として、帯域拡散、符号分割多元接続(CDMA)に適した系列を考案し、その相関特性および拡張性などの性能解析をまとめた成果であり、現在の携帯電話、無線LAN、カーナビなどに広範に応用されている。

論文 【 表示 / 非表示

  • Hierarchical Threshold Outsource Secret Sharing and Interactive Proof Scheme for Land Conflicts

    Ngye Antoinette Agwa, Takumi Kobayashi, Chika Sugimoto, Ryuji Kohno

    The 35th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications ( IEICE )  C4-3   1 - 6   2020年07月  [査読有り]

    共著

  • A Fine-Tuning Method Using Pruning of Recurrent Neural Network for Prediction of the Anesthetic Effects

    Yoshitomo Sakuma, Takumi Kobayashi, Chika Sugimoto, Ryuji Kohno

    IEEE 14th International Symposium on Medical Information Communication Technology (ISMICT2020) ( IEEE )  RS1-3 ( 1570628351 ) 1 - 5   2020年05月  [査読有り]

    共著

  • Learning Scheme Based on Stability Analysis for Prediction Model of Anesthetic Effect Using Recurrent Neural Network

    Yoshitomo Sakuma, Kento Takabayashi, Takumi Kobayashi, Chika Sugimoto, Ryuji Kohno

    International Journal of Trend in Research and Development ( IJTRD )  7 ( 2 ) 200 - 205   2020年04月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    手術中の麻酔医の作業を補佐するための人体の麻酔効果をリカレントニューラルネットワークによる機械学習

  • Transmission Power Control of UWB -WBAN for Avoidance of Interference to Cellular Networks Using Integrated Terminal for Both Networks

    Minsoo Kim, Takumi Kobayashi, Chika Sugimoto, Ryuji Kohno

    International Journal of Computer Science and Telecommunications ( A Sysbase Solution, Ltd., London, UK )  11 ( 2 ) 8 - 15   2020年03月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    電波法1次利用の携帯電話ネットワークと2次利用のUWB-BANの共存のための統合端末に基づく送信電力制御アルゴリズム

  • Investigating Buffer Extension in Multi-Hop Networks for Packet Delay Improvement

    Zilole Simate, Ryuji Kohno

    International Journal of Computer Science and Telecommunications ( International Journal of Computer Science and Telecommunications )  10 ( 5 ) 1 - 6   2019年10月

    共著

     概要を見る

    Mesh networks are increasing day by day with their use. And common among them are Low power wide area networks (LPWAN) which have found significant use. In wireless sensors, in most configurations, the relay nodes do not generate their own traffic but simply pass on to the next node. As a cost saving measure, or to increase the coverage, relay nodes can admit traffic by acting as an access point as well as a bridge. Most devices available on the market have limited buffer sizes as a result, using these devices for this purpose may result in packet losses or delays due to the finite size of the buffer. An investigation is done on such a type of network and the end to end delay and buffer length dynamics are observed.

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 第5世代(5G)移動通信システムを活用したヘルスケア・医療ビジネスとIPR

    河野隆二

    月刊「パテント」 ( 日本弁理士会 )  73 ( 4 ) 23 - 30   2020年04月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

     概要を見る

    2020 年は,東京オリンピック・パラリンピックの年であると共に,第5 世代(5G)移動通信システム のサービスが開始される年である。5G の代表的な特長は10Gbps を超える通信速度,4G の約1000 倍に もおよぶ大容量であり,医療ビッグデータの遠隔収集やAI 深層学習,在宅医療などのヘルスケア・医療分野 へ応用するビジネスが注目されている。ヘルスケア・医療における情報通信技術(ICT)や情報技術(IT)に は,家電に比べて高度の信頼性,セキュリティ,非侵襲性などが要求され,その要件を満たす先端技術が多数 発明されてきた。本稿では,5G に代表されるICT のヘルスケア・医療ビジネスを推進する上で,標準化,法 制化と共に,知的財産権(IPR)が果たす役割,意義をまとめ,同業界の発展に資することを祈念し,今後の IPR 業界に期待するところを述べる。

  • 論点 ICTが拓く未来の医療

    河野隆二

    月刊誌医薬経済 ( 第三種郵便物許可通巻 )  ( 1590 ) 16 - 18   2019年06月

    総説・解説(その他)   単著

  • 医工連携 無線通信は医療を変えるか

    河野隆二

    月刊誌医薬経済 ( 第三種郵便物許可通巻 )  ( 1590 ) 14 - 15   2019年06月

    総説・解説(その他)   単著

  • UWBにおける今後の展望とEMC対策

    小林匠、河野隆二

    月刊EMC、科学情報出版社   ( 11月 )   2018年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 通信の常識をひっくり返す無線ブロードバンドの核心、「ウルトラワイドバンド(UWB)無線技術」後編

    日経コミュニケーション   ( 7月15日 ) 88 - 93   2007年07月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

全件表示 >>

作品・芸術・データベース等 【 表示 / 非表示

  • 「送信装置、送信方法、通信システム及びその通信方式」

    その他 

    2000年
     
     
     

  • 「指向性制御無線通信装置」

    その他 

    2000年
     
     
     

  • 「移動体通信システム及びこのシステムに使用する基地」

    その他 

    2000年
     
     
     

  • 「スペースホッピング受信方式と受信電波推定方法」

    その他 

    2000年
     
     
     

  • 「アレーアンテナのキャリブレーション方法及びキャリブレーション装置」

    その他 

    2000年
     
     
     

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 無線電力伝送システム

    特願 特願2019-57378 

    河野隆二

     概要を見る

    発明の名称:無線電力伝送システム、発明者;河野隆二、権利者:University of Oulu Research Institute Japan-CWC日本株式会社、よこはまTLO株式会社 知的財産権の種類:特許【国際特許分類 , 出願番号: 特願2019-57378, CWC日本識別番号:519105784 出願年月日:平成31年3月25日

  • Universal platform for software defined radio

    特願 10070283  特開 WO02/05444  特許 US6823181

    Ryuji Kohno, Masayoshi Abe, Noboru Sasho, Shinichiro Haruyama, Robert Henry Morelos-Zaragoza, Francis Swarts, Pieter Van Rooyen, Yukitoshi Sanada, Lachlan Bruce Michael, Hamid Amir-Alikhani, Veselin Brankovic

     概要を見る

    The universal platform for the SDR of the present invention employs the direct conversion approach with the n-port MMIC followed by reconfigurable reprogrammable devices such as DSP's or FPGA's. The universal platform is based on the linear operation of the devices. Thus, the DC offset problem may be solved. It is also possible to support very wide bandwidths compared with conventional I/Q receivers. Therefore, the present universal platform is suitable for multimode and multiband communications.

  • Method of generating pulse waveform

    特願 10546630  特開 WO2004/077775  特許 US8660206

    Ryuji Kohno

     概要を見る

    The present invention forms, in UWB communications in which a pulse of short duration is transmitted, a transmission signal with a desired frequency characteristic by adjusting the shape of a pulse signal used in data transmissions. As a result, radio interference with other wireless systems in UWB communications is reduced. As aspects for adjusting the pulse signal, the present invention comprises an aspect for generating a pulse signal having a desired frequency characteristic by adjusting the shape of a single pulse itself, an aspect for generating a pulse signal having a desired frequency characteristic by combining a plurality of pulses, and an aspect for finding a combination of pulse signals from the frequency characteristic of an object transmission signal.

  • Radio communication system

    特願 09576289  特開 09/576,289  特許 US6522898

    Ryuji Kohno, Hiroki Mochizuki

     概要を見る

    A radio communication system is disclosed in which radio communications are performed between a base station and a number of terminal stations. In the base station, a weight value storage section stores amplitude and phase weight values used when a terminal station to communicate with the base station is specified and scanning weight values that allow the base station to scan its associated service area with directional beams when no terminal station is specified. A directivity controller controls the directivity of an array antenna using the scanning weight values stored in the storage section so that the base station scans its associated service area when no terminal is specified. When a communication request signal and a terminal identification signal are received from a terminal, it is specified as a requesting terminal. The directivity controller then determines the directivity of the array antenna on the basis of the weight values corresponding to that requesting terminal station, so that data transmissions are performed between the base station and the requesting terminal station.

  • Spread spectrum radar device using pseudorandom noise signal for detection of an object

    特願 08561985  特開 561985   特許 US5724041

    Kiyoshi Inoue, Haruhiko Ishizu, Ryuji Kohno

     概要を見る

    A radar device transmits by a transmitting part a wave whose band is spread by a PN code from a PN generator, receives at a receiving part a reflected wave from an object based on the wave and detects the object by detecting correlation between the received signal and the PN code. In this radar device, the received signal which is spread to a wide range is converted to a low-frequency band which is easy to be measured by a down converter so that a signal is generated when correlation is made by a delay of the PN code from a delay circuit, and generates a pulse signal through waveform shaping of the signal to detect the object and to measure its relative speed and distance at a processing part according to the pulse signal and the delay time.

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • The IEEE Standards Association Acknowledges with Appreciation

    2012年02月   IEEE   Outstanding Contributions to the development of IEEE Standard 802.15.6-2012 IEEE Standard for Local and Metropolitan Area Networks-Part 15.6: Wireless Body Area Networks  

    受賞者:  Ryuji Kohno

     概要を見る

    医療用の生体センサ、アクチュエータの無線ボディエリアネットワーク(BAN)の国際標準IEEE802.15.6の物理層、MAC層の技術条件、実用応用領域などを、総務省国研部区立行政法人情報通信研究機構(NICT)のグループリーダー、プログラムコーディネータを兼業し、日本企業のコンソーシアムを主導し、欧米、中国、韓国の企業群からなるSuper Majority AllianceのChairを務め、日本の特許技術を入れた無線BANの国際標準IEEE802.15.6を成立させた。

  • 電子情報通信学会通信ソサイエティ功労顕彰状

    2016年   電子情報通信学会  

    受賞者:  河野隆二

     概要を見る

    通信ソサイエティ研究会の運営に関する貢献に対して功労顕彰状授与

  • IEEE Fellows

    2013年01月   米国電気電子学会  

    受賞者:  Ryuji Kohno

     概要を見る

    情報理論ソサイエティ分野において工学と技術の進歩に貢献した者に授与する

  • 電子情報通信学会 通信ソサイエティ功労顕彰状

    2010年09月   電子情報通信学会  

    受賞者:  河野隆二

  • 電子情報通信学会ソフトウェア無線研究会業績賞

    2008年05月   電子情報通信学会ソフトウェア無線研究会   ソフトウェア無線に関する先駆的研究および電子情報通信学会ソフトウェア無線研究会の創設  

    受賞者:  河野隆二

     概要を見る

    ソフトウェア無線に関する先駆的研究および電子情報通信学会ソフトウェア無線研究会の創設

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 医療・交通・防災・エネルギーのデペンダブル制御通信のためのマルチレイヤ統合最適化

    基盤研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月  代表者:  河野隆二

     概要を見る

    本研究では、高信頼性が必要な機械間(Machine-to-Machine:M2M)の制御のための通信(制御通信)の最適設計のために制御と通信の制約条件、評価基準を導出した。まず、この設計規範として、従来の平均性能に基づくシステム設計から最悪性能を高く保証する設計規範を用い、Dependabilityを定義した。その上で、制御対象の運動やセンサ特性を定式化し、UWB無線、コグニティブプロトコル、フォールトトレラントルーティング、暗号などの物理層からMAC層、ネットワーク層、アプリケーション層のマルチレイヤ垂直統合方式の考案、それを応用した医療用BANの試作、連携機関と臨床実験、試作評価を行った。

  • 無線通信による熱中症予防支援システムの構築と被服環境デザインの最適化

    基盤研究(A)

    研究期間:  2011年04月  -  2015年03月  代表者:  薩本 弥生

     概要を見る

    暑熱環境下のスポーツ時等の熱中症予防に向けて,人間周りの温熱環境の改善のためには,実際の生活環境での温熱環境状態計測を連続して行う必要がある.そこで,温熱環境の人,着衣,環境に関わる温熱環境物理量を計測し無線で集積し,同期して人の温熱的快適性や心身負荷の指標となる温熱生理計測および心理計測ができ,被験者に装着負荷が少なく,常時モニタリング可能な無線機能付きのウェアラブルシステムを開発し,着装時の環境状態および人間状態の計測・分析・評価を試みる.さらに,各種作業時の常時モニタリングシステムへ応用し,取得したデータからの熱中症行動・状態モデルの構築と新たな評価指標による熱中症予防支援システムを構築することを目的とする. また,暑熱環境時の熱中症予防のため温熱的に最適な着衣の条件を検討するため,着衣の熱水分移動性能への風,動作および着衣のデザインによる影響を評価するシステムを構築する.特に閉塞型の靴着用時の足の蒸れは未だ解決できない問題で足に蒸れ感を生じ,足の衛生上また健康上も様々な問題が生じる.本研究では,歩行時の靴のふいご作用による換気量の客観的な評価法を確立するために,歩行接地時の床反力を模擬できる足部歩行模擬装置を作成し,トレーサガス法の計測システムを組み合わせて安静時および歩行時の平均および局所の換気量の分布を評価するシステムを構築する.

  • 医療ネットワークのためのモニタリング・ポジショニングの研究

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2011年04月  -  2012年03月  代表者:  円田 浩二

     概要を見る

    医療用ネットワークとして、干渉を抑えながら適切に通信を行い、さらに位置情報までも推定しその情報も使った通信の効率化を考えた。そのためには、各端末やデバイスの位置情報を知ることが重要であり、医療用デバイスとしては、薬剤などの管理を行い、患者の行動推定および管理、トラッキングなどを行うことが想定される。これを実現する際に、送信点と受信点の間に障害物が存在することによって、直接波が届かず、反射波や回折波のみしか到来しないことにより、電波到来時間に遅延が生じてしまうという見通し外通信(Non line of sight : NLOS)問題があった。これにより、時間情報を利用した位置推定方式は影響を受け、推定精度が劣化してしまう。これを改善するための検討を行った。 まず位置推定方式として、到来時間(Time of Arrival : TOA)を用いるものの検討を行い、従来の、最初に推定された座標情報を用いて、NLOS遅延量のみを抽出し、それを大きな遅延から段階的に補正していくことによってNLOS環境下においても、位置推定精度を向上できるアルゴリズムの更なる改善を考えた。送信タグと受信ノードの幾何学的な位置関係より、NLOSノードに影響され、より精度が劣化してしまう問題があった。これは、タグの真の位置からNLOS遅延によってシフトしてしまうものであり、NLOSノードから見てタグに向かう方向にシフトするベクトルとして表現される。中央付近に存在するタグは、これらのベクトルの和が相殺されることにより、誤差量は大きくないが、外側に存在するタグは、ベクトルの和が大きく外側を向き、外側での位置推定精度劣化が顕著になる。よって、このようなシフトベクトルを適切に補正することによって位置推定精度を向上することが可能となった。

  • コグニティブUWB無線による高度交通安全・環境観測ネットワークの研究

    基盤研究(A)

    研究期間:  2009年04月  -  2013年03月  代表者:  河野隆二

     概要を見る

    本研究では、第一に複数の車両による高度安全運転システムおよび車両ディーラーをハブとするリアルタイム車両監視・整備ネットワークなどの高度交通安全ネットワーク、第二に、その発展として車両を遠隔センサプローブとした地球環境観測・保全ネットワークの構築に必要な要素技術としての、コグニティブ無線・ネットワーク、UWB無線を中心として研究を行った。具体的に本年度は、 (1)車両間の相対距離・位置を10cm以下の精度で測距・測位するUWB方式の考案として、NLOS環境下での推定精度を向上したTODA位置推定方式の一検討を行った。(2)車載レーダシステム用信号処理技術に関する研究として通信測距とレーダを同時に実現するDS-UWB信号構成の特性解析、DS-UWBレーダ搭載車における自動車速制御の車群特性に関する一検討を行った。(3)コグニティブUWB車群高度安全運転ネットワークとリアルタイム車両点検・保守ネットワークの統合化の概念設計の検討として、UWBアドホックネットワークにおける与干渉を考慮した経路選択に関する一検討、複数制御機器の協調動作のためのダイバーシチ利得による高信頼無線制御に関する研究を行った。(4)歩行者が携帯電話・無線PAN・BANなどと車両間協調コグニティブ通信測距ネットワークのリンクによる高度歩行者保護ネットワークの基本検討として車両、歩行者の位置推定と情報通信を同時に行うためのパケット構成の研究、車両および歩行者などの対象物の速度・移動方向などの運動をリアルタイムで解析し車群全体の相対マップを構成するコグニティブ協調通信測距ネットワークに関する一検討を行った。(4)各種提案ネットワークを連携して集団的衝突回避・保守整備を効率的に実現するプラットホームを構築し、実現に必要なUWB無線、コグニティブ無線・ネットワーク技術などのコア技術を評価し最適化を行った。

  • 超広帯域(UWB)無線技術に基づく医療センサーネットワークに関する研究

    基盤研究(A)

    研究期間:  2005年04月  -  2009年03月  代表者:  河野隆二

     概要を見る

    超広帯域(UWB: Ultra Wideband)無線技術を中心とする先端情報通信技術を今後の医療環境で求められる膨大な生体情報・環境センシング情報をいつどこでもユビキタスに切れない高信頼度ネットワークで患者と医師を繋ぎ、人体への電波干渉を防ぎ、遠隔監視すると共に遠隔治療する双方向ブロードバンド高信頼度医療ネットワークの構築に必要な高効率・高信頼度な伝送・ネットワーク技術や高精度測距・センシング技術などの要素技術を構築することを目的とした。また、患者と医師を結ぶ遠隔医療無線ネットワークばかりではなく、人体内に埋め込まれた複数インプラントセンサー間および体外の間の通信・測位ネットワークを対象とし、基礎検討を行った。具体的には、1. 遠隔医療UWBネットワークの要素技術の考案とシステム設計として、初年度は、遠隔医療UWBネットワークに関しては、(1) 病棟内、生活環境内でのUWB伝搬環境測定とモデル化、(2) 生体へのEMC障害レベル観測、(3) アクセスポイント設置位置の最適化、(4)生体情報の伝送容量および、ウェアラブル生体センサー・アクチュエータの制御法、(5)UWB伝送要素技術の考案と性能解析、(6) ICチップ(RF-ID)を利用したユビキタス・メディカルシステムの設計を行った。2. 生体内インプラントセンサーネットワークの基本検討と要素技術の開拓として、初年度は、本研究における第二の研究対象である生体内インプラントセンサーネットワークに関しては、(1)生体内でのUWB伝搬測定とモデル化(人体ファントム、臨床実験)、(2)生体へのEMC障害レベル観測、(3)インプラントセンサー位置の最適化や位置測定法の考案について研究課題の検討を行った

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • アブダビ首長国の通信・石油会社と情報通信技術による医療・福祉・スポーツビジネス創生のための共同開発と実証実験

    提供機関:  経済産業省  令和二年度「産油国石油精製技術等対策事業費補助金(石油天然ガス権益・安定供給の確保に向けた資源国との関係強化支援事業に係るもの)」

    研究期間: 2020年07月  -  2021年03月  代表者:  河野 隆二

     概要を見る

    本事業は、アブダビの糖尿病罹患率は世界平均を上回る約20%で増加傾向にあり、炎天下の石油採掘現場の突然死などの過酷な労働環境下の肉体的精神的負担などのアブダビの課題を解決し、要請に応えるために、本学発特許技術が採用された国際標準IEEE802.15.6の医療用無線ボディエリアネットワーク(以下、「BAN」とする。)や日本が世界をリードする5Gに代表されるICTと、人工知能(AI)とロボティクスに基づく統合プラットフォームを、アブダビ政府の指導の下、国営通信会社Etisalat(Emirates Telecommunications Corporation)と協同で研究開発し、本学とMoU締結しているアラブ首長国連邦大学(以下,UAE大学)医学部で臨床検証し、国営石油会社ADNOC((Abu Dhabi National Oil Company)の石油採掘現場などの労務管理や、王族・国民の20%を超える糖尿病患者の遠隔診療や障がい者のリハビリテーション、パラスポーツなどのQoL改善に導入し、新産業創出と社会問題解消を指導、支援することを目的とする。

  • 高信頼・セキュリティなディペンダブルBAN/クラウド/AI 共通プラットフォームの共同研究・人材交流

    提供機関:  European Commission  European Commission

    研究期間: 2020年01月  -  2024年12月  代表者:  河野隆二

     概要を見る

    高信頼・セキュリティなディペンダブルBAN/クラウド/AI 共通プラットフォームの共同研究・人材交流

  • かながわ医療機器レギュラトリーサイエンスセンター

    提供機関:  地方自治体  神奈川県委託事業

    研究期間: 2015年04月  -  2019年03月  代表者:  河野 隆二

     概要を見る

    メディカルデバイス・レギュラトリーサイエンス・センターの実効的な機能構築・運営のため、国機関・海外との連携を視野に入れた事業推進体制、医療機器に係るレギュラトリーサイエンスのニーズや今後の国内外での事業の展開可能性について調査検討事業を実施する。 なお、本件調査は年度を通じ、センター整備準備の段階から運営に至るまで並行的に実施し、調査検討内容と、センター整備・運用状況を双方向でフィードバックしながら、センター整備内容・運営方針に反映することにより、レギュラトリーサイエンス市場の動向を踏まえた事業展開を図る。

  • 情報通信による医工融合イノベーション創生

    提供機関:  文部科学省  文部科学省グローバルCOEプログラム

    研究期間: 2008年11月  -  2013年03月  代表者:  河野 隆二

     概要を見る

    本拠点は,様々な医工連携のアプローチの中でも,ボディエリアネットワーク(BAN)を中心に置き,さらに外部インフラ・システムとつながることで高度な医療・福祉支援サービス・社会インフラにまでその応用範囲を拡大させる医療ICTの実現とそのための人材育成を目的とする.BANは,生体内外のセンサ・メカを無線・光ネットワークでつなぐユビキタス医療の中核を成し,本拠点リーダがその研究開発はもとより国際標準化(IEEE802.15.6),産業化,法制化において世界をリードしている象徴的な成果である.このBANをコアとする情報通信技術(ICT)と医科学との融合領域である医療ICTは,本拠点が最も得意とする情報通信と光電波融合技術を用いたデバイス・センサ技術により実現が加速される. 21世紀COEプログラム「ICTに基づく未来社会基盤創生」の成果を医療社会基盤に発展的に集中し,本学の卓越した情報通信,デバイス,メカ,生体,情報処理の工学分野,横浜市立大学の臨床医療分野を融合し,医療ICTに関する世界最高水準の先端研究を通じた教育を行う.そして,医療ICTの基礎・先端研究から産業化・臨床導入に至り,世界をリードする医工融合エンジニア・科学者・医師を輩出する.そのために,本学が全国初に導入したPED大学院教育プログラムや,工学と医学の博士号を効率的に取得するダブルディグリー制などにより,工学と医学の視野を兼ね備えた実践的な人材を育成する.これまで本学が研究教育実績を積んできた横浜市立大学(医学系),情報通信研究機構(NICT),モバイルICT分野で世界を席巻し先進医療福祉で有名なフィンランドのオウル大学との連携を強化し,世界規模の医療ICT産業の創生と人類の医療・福祉に貢献するグローバル拠点となる.

  • 卓越大学院 情報通信による医工融合イノベーション創生

    提供機関:  文部科学省  文部科学省卓越した大学院拠点形成支援補助金

    研究期間: 2013年09月  -  2014年03月  代表者:  河野 隆二

     概要を見る

    選定された専攻等の実績(博士課程の学生を学修研究に専念させる環境の整備状況を専攻等ごとに記載すること。) 【(9-01) 情報通信による医工融合イノベーション創生】  情報通信技術(ICT)と医科学との融合領域である医療ICT分野における人材育成を推進した。これまでGCOEプログラムにおいて制度を整備した「ダブルディグリー制」を中核とする医工融合人材育成教育プログラムに基づいて効果的な医工融合教育を行なった。具体的には以下の事業を行い、博士学生の研究環境を整備した。 ・「医工連携PEDモジュール(科目群)」ならびに「医工連携PEDスタジオ(研究室)」に、ダブルディグリー候補生として博士課程学生5名を受け入れ、医工融合教育を行なった。 ・「ダブルレジデント制度」、「医工連携ペアリング教育」、「医工連携相互メンター制」「拠点研究アシスタント制度」に基づき医工融合教育を推進した。博士学生RA経費により博士課程の学生を学修研究に専念させると同時に、フェローの雇用と若手研究者の支援を行い、博士課程学生に研究アドバイスをする環境を整えた。 ・研究資金を獲得するための研究企画提案や研究プロジェクトの実施を学生自らの力で遂行する能力を育成するために、「プロジェクトマネジメント研究」においてテーマ提案型の研究支援を行なった。 ・国際会議発表に対する旅費支援と論文投稿支援を行い、研究成果をグローバルに発信する力を育成した。 ・横浜市大、オウル大などの連携校とインターネット回線を利用した共同研究や連携授業の実施、全授業の英語化を行い、授業の効率化、国際化を図った。 ・オウル大、カリフォルニア大バークレー校、パリ中央工科大学を含む7つの海外拠点と協力をして国際インターンシップを実施した。 ・平成25年度医療ICTシンポジウム(SMICT 20014)を開催し、博士課程学生の研究成果を広く一般に公開した。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Updated Technical Requirements for Focused Use Cases on WBAN for Human, Robotic and Car Bodies

    Ryuji Kohno  [招待有り]

    IEEE802.15 International Standard Plenary Meeting  (Ha Noi, Vietnam)  2019年09月21日   IEEE802.15 International Standard Plenary Meeting,

  • 令和元年重点プロジェクト構想「バーチャルクリニック」〜5Gネットワークを使った新医療ビジネス〜

    河野隆二

    令和元年第1回かながわ医療機器レギュラトリーサイエンスコンソーシアム全体会議  (横浜三井ビルディング15階会議室)  2019年09月13日   かながわ医療機器レギュラトリーサイエンスコンソーシアム

  • Activities for Variable Technologies for Industry4.0 & Society5.0 - Education, Research, Development, Regulation, Standard, Business Promotion -

    Ryuji Kohno  [招待有り]

    Conference of DICE  (Linz, Austria)  2019年09月09日   DICE

  • Localization of Implanted Devices Combining TDOA, Particle Filter with WBAN

    Ryuji Kohno  [招待有り]

    IEEE802.15 International Standard Plenary Meeting  (Vienna, Austria)  2019年07月20日   International Standard Plenary Meeting

  • Finland-Japan Joint Project on Medical Healthcare Big Data Mining and Regulatory Science for Regulatory Compliance and Repository

    Ryuji Kohno  [招待有り]

    Conference in Ministry of Social Affairs and Health  (Helsinki, Finland)  2019年05月16日   Ministry of Social Affairs and Health

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • Ka帯陸上移動体通信に関する技術基準試験事務

  • アダプティブアレーアンテナ技術と応用に関する研究

  • ソフトウェアアンテナを用いた適応無線機に関する研究

  • 超広帯域(UWB)無線システムの周波数共用問題の対策技術に関する研究

  • 医療福祉システムのための情報通信技術の研究開発

全件表示 >>

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • ROVER “Reliable Technologies and Models for Verified Wireless Body-centric Transmission and Localization”

    提供機関: European Commission  国際共同研究  

    研究期間: 2020年01月  -  2024年12月 

  • 災害非常時における医療支援救済のためのディペンダブル無線 ボディエリアネットワーク

    提供機関: University of Canterbury, New Zealand  国際共同研究  

    研究期間: 2016年09月  -  2018年03月 

  • アブダビ首長国での糖尿病遠隔診断治療・予防医療社会システム共同構築に関する人材育成とフィージビリティ・スタディ事業

    提供機関: アブダビ首長国  国際共同研究  

    研究期間: 2014年09月  -  2017年12月 

  • 日本-フィンランド研究交流 研究課題「高信頼ボディエリアネットワークによるディペンダブル無線医療ネットワークの研究開発」

    提供機関: University of Oulu, Finland  国際共同研究  

    研究期間: 2013年04月  -  2016年03月 

  • レギュラトリーサイエンスに基づく医療機器の認証・承認の支援

    提供機関: 神奈川県  出資金による受託研究  

    研究期間: 2012年09月  -  継続中 

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院工学府  医工連携分野実習

  • 大学院工学府  医療生体システム実習

  • 大学院工学府  医療メカトロニクス実習

  • 大学院工学府  医療デバイス実習

  • 大学院工学府  医療情報システム実習

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • University of Oulu Finland   Medical Healthcare and Its Advancement Based on Dependable ICT

  • Asia Institute of Technology   Medical Healthcare and Its Advancement Based on Dependable ICT (Information and Communication Technology)

  • Telkom University Indonesia   Medical Healthcare and Its Advancement Based on Dependable ICT (Information and Communication Technology)

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • Finnish Distinguished Professor

    2007年09月01日   University of Oulu Finland  

    受賞者: Ryuji Kohno

     概要を見る

    Citation for distinguished education and research on information and communication technologies

  • Oulu Distinguished Professor

    2016年09月01日   University of Oulu Finland  

    受賞者: Ryuji Kohno

     概要を見る

    Citation for distinguished education and research on information and communication technologies

  • 早稲田塾ベストプロフェッサー

    2007年10月   早稲田塾  

    受賞者: 河野隆二

  • 河合塾ベストプロフェッサー

    2006年12月   河合塾  

    受賞者: 河野隆二

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 内閣府日本学術会議

    2006年03月
    -
    継続中

    その他   連携委員

  • 総務省情報通信審議会

    2018年02月
    -
    継続中

    政府   陸上無線通信委員会専門委員

  • かながわ医療機器レギュラトリーサイエンスコンソーシアム

    2019年04月
    -
    継続中

    その他   会長

  • 独立行政法人 日本学術振興会

    2018年09月
    -
    2019年03月

    学協会   国際事業委員会「頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム」等審査・評価部会専門委員

  • 独立行政法人 日本学術振興会

    2018年09月
    -
    2019年03月

    学協会   卓越大学院プログラム審査専門委員

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 第5世代(5G)移動通信システムを活用したヘルスケア・医療ビジネスとIPR

    日本弁理士会会誌  日本弁理士会会誌「パテント」 73(4) 2020年4月号(2020年2月10日) 

    2020年02月
     
     

  • Wireless Power Transmission(WPT) for IoT/M2M in Industry4.0 & Society5.0 - Research, Development, Regulation, Standard for WPT Business Promotion -

    Lecture a in University of Oulu  Lecture a in University of Oulu  ( Finland) 

    2019年09月
     
     

     概要を見る

    2019年9月4日 Lecture a in University of Oulu, Finland

  • 我が国のエネルギー戦略に必要なアブダビ首長国の社会問題支援政策事業 情報通信技術(ICT)と人工知能(AI)による糖尿病・リハビリ・スポーツ・労務・セキュリティ管理共通プラットフォームの共同事業化・人材育成

    エネルギー経済研究所  エネルギー経済研究所発表 

    2019年07月
     
     

     概要を見る

    招待講演

  • 先端情報通信技術とAIが拓く未来ヘルスケア・スポーツ・医療・社会

    鎌倉学園高校向け模擬講義  鎌倉学園高校向け模擬講義  (鎌倉学園高校) 

    2019年06月
     
     

  • メルマガ「ビジネス+IT」 有識者インタビュー

    2018年07月
     
     

     概要を見る

    (河野隆二、“横国大 河野 隆二教授に聞く、SDx時代の企業ネットワークの在り方とは?”

全件表示 >>

ベンチャー企業設立 【 表示 / 非表示

  • University of Oulu Research Institute Japan - CWC日本株式会社

    2012年03月06日

    情報通信業

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2002年10月
    -
    2007年03月
      文部科学省21世紀COEプログラム「横浜国立大学:情報通信技術に基づく未来社会基盤創生」拠点リーダー   (その他の主要活動)

  • 2008年10月
    -
    2013年03月
      文部科学省グローバルCOEプログラム「横浜国立大学:情報通信による医工融合イノベーション創生」拠点リーダー   (その他の主要活動)

  • 2005年10月
    -
    2019年03月
      横浜国立大学 未来情報通信医療社会基盤センター センター長   (全学委員会)

  • 2014年09月
    -
    2019年03月
      神奈川県受託事業「かながわ医療機器レギュラトリーサイエンスセンター」センター長   (その他の主要活動)

  • 2015年04月
    -
    継続中
      社会・自然科学(文理)融合による新医療システム研究の卓越拠点 拠点長   (部局内委員会)

全件表示 >>