小松 怜史 (コマツ サトシ)

KOMATSU Satoshi

所属組織

大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門

職名

准教授

研究キーワード

耐震工学、地震工学、コンクリート工学 、維持管理工学 、非破壊試験

メールアドレス

メールアドレス

YNU研究拠点

豊穣な社会のための防災研究拠点

関連SDGs




写真a

代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Applicability of Deformation Indices Reasonably Evaluating Load Carrying Capacity and Failure Mode of Full-Scale RC Members Subjected to Bilateral Loads(Journal of Advanced Concrete Technology)   2023年05月

    【論文】 水平二方向力が作用する実規模 RC 部材の破壊挙動の数値解析による分析  2021年03月

    【著書】 屋外重要土木構造物の耐震性能照査指針・マニュアル・技術資料2021(土木学会)  2021年10月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Applicability of Deformation Indices Reasonably Evaluating Load Carrying Capacity and Failure Mode of Full-Scale RC Members Subjected to Bilateral Loads(Journal of Advanced Concrete Technology)   2023年05月

    【論文】 水平二方向力が作用する実規模 RC 部材の破壊挙動の数値解析による分析  2021年03月

    【著書】 屋外重要土木構造物の耐震性能照査指針・マニュアル・技術資料2021  2021年10月

    【論文】 10MW級風車を搭載したスパー型浮体式洋上風力発電設備PRC製浮体の部分模型試験体による圧縮疲労挙動に関する分析  2022年07月

    【産業財産権】 疲労試験載荷治具、疲労試験装置及び疲労試験方法  2022年10月

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    横浜国立大学   環境情報学府   環境システム学専攻   博士課程   修了

  •  
     
     

    横浜国立大学   工学部   建設学科   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) - 横浜国立大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年10月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション研究院   都市イノベーション部門   准教授  

  • 2015年4月
    -
    2019年3月

    専任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション研究院   都市イノベーション部門   助教  

  • 2014年3月
    -
    2015年3月

    専任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション研究院   都市イノベーション部門   研究教員  

  • 2023年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   総合学術高等研究院   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年10月
    -
    現在

      一般財団法人電力中央研究所   サステナブルシステム研究本部   客員研究員

  • 2021年7月
    -
    2022年9月

      一般財団法人電力中央研究所   サステナブルシステム研究本部   主任研究員

  • 2019年4月
    -
    2021年6月

      一般財団法人電力中央研究所   地球工学研究所   主任研究員

  • 2014年1月
    -
    2014年2月

      (独)日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

  • 2013年4月
    -
    2013年12月

      (独)日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2023年1月
    -
    現在
     

    一般社団法人電力土木技術協会

  • 2017年7月
    -
    現在
     

    非破壊検査協会

  • 2015年4月
    -
    現在
     

    プレストレストコンクリート工学会

  • 2008年
    -
    現在
     

    日本コンクリート工学会

  • 2007年
    -
    現在
     

    土木学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 構造工学、地震工学

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 土木材料、施工、建設マネジメント

取得資格 【 表示 / 非表示

  • コンクリート構造診断士

  • コンクリート診断士

  • 実用英語検定(1・準1・2級)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 洋上風力発電設備コンクリート製浮体の研究開発

    研究期間: 2019年4月

  • 石炭灰を主原料とする長繊維補強コンクリートの研究

    研究期間: 2019年4月

  • 原子力発電所屋外重要土木構造物の構造安全性の体系化研究

    研究期間: 2018年4月

  • RC構造物の時間依存変形挙動の解明

    研究期間:

  • 舗装・防水層・コンクリートの三位一体で考えるコンクリート床版高耐久化の研究

    研究期間:

著書 【 表示 / 非表示

  • 屋外重要土木構造物の耐震性能照査指針・マニュアル・技術資料2021

    土木学会( 担当: 共著)

    土木学会  2021年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 示方書連絡調整小委員会(230委員会)報告書

    示方書連絡調整小委員会( 担当: 共著)

    土木学会  2021年6月 

     詳細を見る

    担当ページ:2:6,2:32-35   記述言語:英語 著書種別:その他

  • コンクリート構造物の養生効果の定量的評価と各種養生技術に関する研究小委員会

    日本土木学会( 担当: 共著)

    土木学会  2019年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:122   担当ページ:29-33   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • コンクリート構造物の品質・耐久性確保マネジメント研究小委員会 成果報告書

    小松怜史、細田暁( 担当: 分担執筆)

    土木学会  2017年7月 

     詳細を見る

    総ページ数:193   担当ページ:23-26   記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • 大規模自然災害に対応可能なPC構造に関する研究委員会

    ( 担当: 分担執筆)

    プレストレストコンクリート工学会  2017年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:66   担当ページ:3-4   記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 洋上風力発電設備コンクリート製浮体接合部の圧縮破壊挙動に関する検討

    小松怜史、山野井悠翔、松尾豊史、山田理紗

    第30回海洋工学シンポジウム   OES30 ( A0042 )   2023年9月  [査読有り]

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   単著  

  • Applicability of Deformation Indices Reasonably Evaluating Load Carrying Capacity and Failure Mode of Full-Scale RC Members Subjected to Bilateral Loads

    Komatsu Satoshi, Miyagawa Yoshinori, Matsuo Toyofumi, Hata Akihito, Shimabata Tsuguhiro, Nakamura H … 全著者表示

    Journal of Advanced Concrete Technology   21 ( 5 )   421 - 435   2023年5月

    DOI Web of Science CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本コンクリート工学会   共著  

    <p>In this paper, the applicability of two deformation indices related to displacement of concrete members proposed by the authors has been verified for full-scale RC members with shear or bending failure under bilateral loads. These two indices, namely "thickness increment of RC member" assuming out-of-plane shear failure, and a newly proposed index, "relative displacement on compressive edge in RC member", which assumes in-plane shear failure and out-of-plane bending failure, are mainly discussed in this paper.</p><p>As a result, it was revealed that the deformation indices could estimate the failure mode of RC columns with shear failure or bending failure under horizontal bilateral loads. In addition, it was confirmed that one of the indices reached the limit value at about 90% or more of the maximum load, and that the element size dependence was small. It was also found that this index can reasonably evaluate the load carrying capacity as much as or better than the existing strain indices.</p>

  • 有限要素解析でのRC部材のせん断損傷過程評価のための変位指標の検討

    島端 嗣浩、中村 光、 河村 圭亮、小松 怜史

    構造工学論文集A   69A ( 0 )   848 - 860   2023年3月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 土木学会   単著  

    <p>This study investigated the applicability of displacement index to evaluate shear failure process of RC beams. First, the relationship between shear failure process such as shear crack initiation, stirrup yielding and shear capacity and local displacement such as the change of cross section height and axial displacement at compression failure zone were investigated from the experimental results. It was clarified that the displacement indexes are applicable to evaluate not only shear capacity but also shear failure process. Then, the applicability of the displacement indexes in Finite Element Analysis was also investigated and it was confirmed that the displacement index was useful to evaluate shear failure process. Finally, the possibility to apply the change of cross section width as new displacement index was presented based on 3 dimensional behavior.</p>

  • 実規模RC部材の載荷実験による耐震性能照査基準値の適用性検討

    坂下 克之, 畑 明仁, 渡辺 和明, 村田 裕志, 河村 圭亮, 小松 怜史, 野尻 慶介

    地震工学論文集   41   2022年10月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   単著  

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscejseee/78/4/78_I_138/_article/-char/ja/

  • 段差を有する道路橋ジョイント付近の防水層に生じる応力状態の分析

    山岸 拓人、小松 怜史、樋口 勇輝、薄井 王尚

    道路橋床版シンポジウム論文報告集   12 ( 1 )   2022年10月  [査読有り]

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   単著  

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • キング・オブ・コンクリート 2022 の開催

    高橋佑弥、右田周平、澤口香織、小松怜史、柴山淳

    コンクリート工学   61 ( 6 )   554 - 559   2023年6月  [査読有り]  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   単著  

  • 舗装と隣接する異種材料の相互依存性に関する研究

    小松怜史

    舗装   58 ( 5 )   5 - 10   2023年5月  [査読有り]  [依頼有り]

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   単著  

  • 洋上風力発電設備支持浮体へのプレキャストコンクリート適用

    小松怜史、松尾豊史、山田理紗、石川哲哉

    コンクリート工学   61 ( 1 )   113 - 118   2023年1月  [査読有り]  [依頼有り]

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等   単著  

  • 電磁誘導法による鉄筋腐食促進装置の開発

    小松怜史, 金光俊徳, 松村卓郎

    コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集(CD-ROM)   21   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著  

    その他リンク: https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=202102254723961920

  • やらないことをあえてやってみる~スランプ・空気量・圧縮強度試験の謎に迫る~

    小松 怜史, 近藤 祐輔, 井川 倫宏, 橋本 親典

    コンクリート工学   57 ( 6 )   433 - 440   2019年

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:公益社団法人 日本コンクリート工学会   共著  

    <p>日本工業規格(JIS)に書かれている作業項目を遵守することの重要性や測定機器の仕組みを理解してもらうことで,正しい試験方法が作業者に身に着くのではないかと考え,JISに記載の内容からあえて逸脱した条件でスランプ試験・空気量試験・圧縮強度試験を行った。使用するコンクリートはスランプ21 cmおよび12 cmのものを準備した。その結果,引き上げ時間がフレッシュコンクリートのスランプが最大で3.0 cm低下すること,空気量試験器に詰める試料の仕上げ方が異なる場合,最大1.5%空気量の測定値が変動すること,コンクリートが硬化する前に供試体を転倒させた場合,材齢28日での圧縮強度が7%程度低下することなどが確認された。</p>

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • コンクリート疲労試験載荷治具、コンクリート疲労試験装置及びコンクリート疲労試験方法

    小松怜史

     詳細を見る

    出願番号:特願2022-162517  出願日:2022年10月7日

  • 腐食促進装置、及び腐食促進方法

    小松 怜史

     詳細を見る

    出願番号:特願2020- 214058号  出願日:2020年12月23日

受賞 【 表示 / 非表示

  • コンクリート工学年次論文奨励賞

    2022年   日本コンクリート工学会   10MW級風車を搭載したスパー型浮体式洋上風力発電設備PRC製浮体の部分模型試験体による圧縮疲労挙動に関する分析  

    受賞者:小松 怜史

  • 令和4年度全国大会第77回年次学術講演会優秀講演者

    2022年   土木学会   接合部を有する浮体式洋上発電設備コンクリート浮体の疲労破壊挙動に関する実験的検討  

    受賞者:小松怜史

  • 電力中央研究所 所長表彰

    2022年   電力中央研究所 サステナブルシステム研究本部   原子力発電所屋外重要土木構造物の耐震性能照査技術の拡充と土木学会での標準化  

    受賞者:松尾豊史・山口和英・永田聖二・小松怜史・山野井悠翔・渡部龍正

  • 土木学会構造工学委員会構造工学論文集

    2021年   土木学会   水平二方向力が作用する実規模RC部材の破壊挙動の数値解析による分析  

    受賞者:小松怜史 , 永田聖二 , 松尾豊史 , 畑明仁 , 前川宏一

  • 令和2年度全国大会第75回年次学術講演会優秀講演者

    2020年   土木学会   水平二方向加力でせん断破壊する実規模RC部材への三次元材料非線形有限要素法解析の適用  

    受賞者:小松 怜史

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 水中で繰り返し荷重を受けるあと施工せん断補強されたRC部材の耐荷挙動分析

    2023年4月 - 2024年3月

    民間財団等 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

  • 地震や断層変位で損傷した地中RC構造物の貯水性能評価法の高度化

    2023年4月 - 2024年3月

    民間財団等 

  • 時間軸を考慮した高強度コンクリートの圧縮疲労破壊挙動の解明

    2023年4月 - 2024年3月

    民間財団等 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

  • 原子力発電所屋外重要土木構造物の構造安全性の体系化研究他

    2022年10月 - 2023年3月

    民間財団等 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

  • 水道施設(コンクリート構造物)の長寿命化に向けた維持管理等に関する研究

    2018年9月 - 2019年3月

    地方自治体 

    代表者:小松怜史

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 段差を有する道路橋ジョイント付近の防水層に生じる応力状態の分析

    小松怜史

    床版シンポジウム  土木学会鋼構造委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 橋梁と基礎

    海外文献研究グループ 

    2017年4月
    -
    2019月3日
     

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 舗装・防水層・コンクリートを三位一体で考えるコンクリート床版の高耐久化に向けた研究

  • 材料特性を考慮したコンクリート構造物の経時的な変形挙動に関する研究

  • 地盤・コンクリート連成での構造問題に関する研究

  • 浮体式洋上風力発電設備のコンクリート製浮体の研究・技術開発

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • データ同化をベースとした高耐久フライアッシュコンクリート舗装についての技術研究開発

    提供機関: 日本大学・東京大学・電力中央研究所・国交省(東北地整)  国内共同研究  

    研究期間: 2021年04月  -  2025年3月 

  • 水道施設(コンクリート構造物)の長寿命化に向けた維持管理等に関する研究

    提供機関: 横浜市水道局  国内共同研究  

    研究期間: 2018年  -  2019年 

  • 舗装・防水層・コンクリートを三位一体で考えるコンクリート床版の高耐久化に向けた研究

    提供機関: ニチレキ  国内共同研究  

    研究期間: 2017年  -  2019年 

  • 新型弾直軌道に関する研究

    提供機関: 鉄道総合技術研究所  国内共同研究  

    研究期間: 2014年04月  -  2017年3月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2023年度   メインテナンス工学Ⅰ

    都市科学部

  • 2023年度   地震防災都市論Ⅱ

    都市科学部

  • 2023年度   地震防災都市論Ⅰ

    都市科学部

  • 2023年度   鉄筋コンクリート構造

    都市科学部

  • 2023年度   都市基盤材料複合力学

    都市科学部

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • キング・オブ・コンクリート総合部門準優勝

    2018年07月   日本コンクリート工学会  

  • キング・オブ・コンクリート総合部門優勝

    2017年07月   日本コンクリート工学会  

  • キング・オブ・コンクリート総合部門優勝

    2015年07月   日本コンクリート工学会  

    受賞者(グループ): 横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院・学府,理工学部 建築都市・環境系学科コンクリート研究室

     詳細を見る

    大学院都市イノベーション研究院・学府,理工学部 建築都市・環境系学科コンクリート研究室(都市イノベーション研究院 椿 龍哉 教授,細田 暁 准教授,小松 怜史 助教)が,7月14日(火)〜16日(木)に幕張メッセで開催された(公財)日本コンクリート工学会主催の創立50周年記念大会「キング・オブ・コンクリート」に出場し,総合部門で優勝を果たしました。

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2023年09月
     
     
    キングオブコンクリート2022の主催・運営   (その他特記事項)

     詳細を見る

    コンクリートの技術力を競う学生コンペの主催

  • 2023年04月
    -
    現在
    理工系留学生支援組織の運営   (その他特記事項)

     詳細を見る

    理工系の留学生支援を活動の主目的とした組織International Students Lounge(通称ISL(アイスル))を立ち上げました。 国際戦略推進機構の公認組織として、学生スタッフが中心となって活動しています。

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 文献調査委員会

    2023年04月 - 2025年3月  委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 都市丸ごとのシミュレーション技術研究組合

    2022年11月 - 2023年3月  テクニカルアドバイザー

     詳細を見る

    委員区分:その他 

  • 国際コンクリート連合 COM1 TG1.2 海洋コンクリート委構造物

    2021年11月 - 現在  委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • コンクリート標準示方書英訳小委員会

    2021年05月 - 2023年5月  幹事

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • コンクリート工学年次大会2022(千葉)実行委員会

    2021年04月 - 2022年7月  総務部会委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 横浜市コンクリート維持補修研修会

    横浜市財務局  横浜市  2018年11月 - 2019年3月

     詳細を見る

    対象: 行政機関

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 東京コンクリート診断士会 第2回技術セミナー

    東京コンクリート診断士会  東京  2017年10月

  • 平成28年度会長特別TF「現場イノベーションプロジェクト」シンポジウム

    土木学会  2017年6月

     詳細を見る

    種別:講演会

    パネルディスカッションにパネリストとして参加

  • 東京コンクリート診断士会 第1回技術セミナー

    東京コンクリート診断士会  東京  2016年8月

  • とちぎ建設技術センター自主研修「良いコンクリートの作り方」~生コン製造から打設まで~

    2016年6月

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2023年04月
    -
    2024年3月
      都市イノベーション学府学務国際系委員会   (部局内委員会)