KURAMOTO Tetsuji

Organization

Faculty of Engineering, Division of Intelligent Systems Engineering

Title

Associate Professor

Date of Birth

1956



Graduating School 【 display / non-display

  •  
     
     

    Kyoto University   Faculty of Science   Graduated

Graduate School 【 display / non-display

  •  
     
     

    Kyoto University  Graduate School, Division of Natural Science  Doctor Course  Accomplished credits for doctoral program

 

Thesis for a degree 【 display / non-display

  • An Infrared Fixed Point And Renormalizability of 2-dim. O(4) Nonlinear sigma-Modelwith Wess-Zumino Term

    蔵本 哲治 

      1986.07

    Doctoral Thesis   Single Work

     View Summary

    京都大学 非線型 O(4) シグマモデルの繰り込みについて調べ, カッツ・ムウディー代数により、繰り込みの際には波動関数の繰り込み定数のみを必要とし、共形対称性が保持されることが示している。

Papers 【 display / non-display

  • Intrinsic Pinning Property of NaFe2Se2 Superconductor

    K.Sugai, R.Tatsumi,M.Uehara,T.kuramoto, Y.Kimishima

    Physics Procedia   58   118 - 121   2015.06  [Refereed]

    Joint Work

     View Summary

    NaFe2Se2の磁化の温度依存性と臨界電流密度の評価から,この超伝導体には臨界温度が30Kと50Kの異なった2つの超伝導相があることが分かった。

    DOI

  • Effect of Ir-addition on pinning property of MgB2

    Y.Nozaki,T.Shibata,M.Uehara,T.kuramoto,Y.Kimishima

    Physics Procedia   58   114 - 117   2015.06  [Refereed]

    Joint Work

     View Summary

    Irx (MgB2)1- x pinning効果を調べるとx=0.01の時に臨界電流密度が向上し,生成されたIrMg2B1.65 がこのサンプルの有効なpinning centerとなっていることが分かった。

    DOI

  • Vacancy Induced Ferromagnetism of MgO in MgB2 Superconductor

    Y.Kimishima, Y.Sato, M.Uehara,

    Trans.Mat.Res.Soc.Japan   39   331 - 334   2015.03  [Refereed]

    Joint Work

     View Summary

    ball millにより粉砕されたMgB2は300Kで強磁性を示し, 20Kでの臨界電流密度の向上が観測された。これらの結果はサンプル中にあるナノ粒子MgO1-δでの酸素欠損によるものと考えられる。

    DOI

  • Effects of Re addition into MgB2 superconductor

    M.Takeda,M.Migita,Y.Nozaki,M.Uehara,T.kuramoto,D.Hamane,Y.Kimishima

    Trans.Mat.Res.Soc.Japan   38   439 - 442   2014.02  [Refereed]

    Joint Work

     View Summary

    Reを加えたMgB2を作成し磁化率と磁化測定を行い,臨界状態モデルを使いReの添加により臨界電流密度が向上している事を示した。またMgB2-grains表面上にできたReB2がよいpinningセンターになっていることが予想される。

    DOI

  • Ag Doping Effects in FeSe0.5Te0.5 superconductor

    M.Takeda,M.Uehara,T.kuramoto,Y.Takano,Y.Mizuguchi,D.Hamane,Y.Kimishima

    Trans.Mat.Res.Soc.Japan   38   609 - 613   2014.02  [Refereed]

    Joint Work

     View Summary

    Agを加えたFeSe0.5Te0.5を作成し磁化測定を行い,臨界状態モデルを使いSe-richな不純物により臨界電流密度が向上している事を示した。

    DOI

display all >>