黒田 義之 (クロダ ヨシユキ)

KURODA Yoshiyuki

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

職名

准教授

生年

1983年

研究分野・キーワード

無機合成化学, エネルギー材料化学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.cel.ynu.ac.jp/

関連SDGs




写真a

代表的な業績 【 表示 / 非表示

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 2011.3 早稲田大学先進理工学研究科応用化学専攻博士後期課程修了  博士(工学) 2011.4 東京大学工学系研究科応用化学専攻 特任研究員 2014.4 早稲田大学高等研究所 助教 2017.3 横浜国立大学大学院工学研究院機能の創生部門 准教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2006年03月

    早稲田大学   理工学部   応用化学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2011年03月

    早稲田大学  先進理工学研究科  応用化学専攻  博士課程  修了

  • 2006年04月
    -
    2006年03月

    早稲田大学  理工学研究科  応用化学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  早稲田大学

  • 修士(工学) -  早稲田大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年03月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   准教授  

  • 2018年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院理工学府   化学・生命系理工学専攻   准教授  

  • 2017年03月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   理工学部   化学・生命系学科   准教授  

  • 2017年03月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院工学府   機能発現工学専攻   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2017年02月

      早稲田大学   高等研究所   助教

  • 2011年04月
    -
    2014年03月

      東京大学   工学系研究科応用化学専攻   特任研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中
     

    水素エネルギー協会

  • 2017年01月
    -
    継続中
     

    電気化学会

  • 2014年11月
    -
    継続中
     

    日本ゼオライト学会

  • 2008年06月
    -
    継続中
     

    日本粘土学会

  • 2006年06月
    -
    継続中
     

    日本セラミックス協会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 無機工業材料

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Metal Oxide-Based Nanostructured Electrocatalysts for Fuel Cells, Electrolyzers, and Metal-air Batteries

    Yoshiyuki Kuroda, Shigenori Mitsushima (担当: 共著 , 担当範囲: Oxygen evolution reaction (OER) at nanostructured metal oxide electrocatalysts in water electrolyzers )

    Elsevier  2021年 ISBN: 978-0-12-818496-7

  • 水素エネルギーの事典

    黒田 義之, 足立貴義, 天尾 豊, 壱岐 英, 他 (担当: 分担執筆 )

    朝倉書店  2019年03月 ISBN: 978-4-254-14106-

     概要を見る

    地球環境保護のため,燃料電池自動車が普及しつつあり,水素ステーションも四大都市圏を中心に続々と設置され始めている。水素への注目が集まる中,日本は水素エネルギーで世界をリードする存在であり,現在専門人材の拡充が求められている。本書は,最新の技術や世界の政策情報を盛り込み,これから水素エネルギー分野の研究を始めようとしている研究者,水素産業に興味がある学生・大学院生からプロフェッショナルまで幅広く活用できる入門書および実用書である

  • Dimensionality Transformation of Layered Materials toward the Design of Functional Nanomaterials

    黒田義之 (担当: 共著 )

    Pan Stanford Publishing  2018年08月 ISBN: 9789814774611

  • Templated Synthesis for Nanostructured Materials

    黒田義之, 黒田一幸 (担当: 共著 )

    Wiley-VCH  2017年08月 ISBN: 9783527325870

  • ナノ空間材料ハンドブック~ナノ多孔性材料、ナノ層状物質等が切り開く新たな応用展開~

    (担当: 分担執筆 , 担当範囲: コロイド鋳型, マクロポーラス多孔体(第4章2節) )

    エヌティーエス  2016年02月 ISBN: 9784860434335

     概要を見る

    ナノ空間材料の中でも、コロイド鋳型法やそれにより調製されるマクロポーラス多孔体に焦点を当て、直近5年程度の最新の研究動向をまとめた総説である。コロイド鋳型法はおよそ10年前には確立された技術であるが、最近ではコロイド鋳型法を発展させたユニークな合成例や、マクロポーラス多孔体が分離材料や二次電池材料に活用され始めており、これらの進展を詳細にまとめた。

    Amazon

論文 【 表示 / 非表示

  • Hydrolysis of Methoxylated Nickel Hydroxide Leading to Single-Layer Ni(OH)(2) Nanosheets

    Muramatsu Keisuke, Kuroda Yoshiyuki, Wada Hiroaki, Shimojima Atsushi, Kuroda Kazuyuki

    INORGANIC CHEMISTRY   60 ( 10 ) 7094 - 7100   2021年05月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Direct bottom-up synthesis of size-controlled monodispersed single-layer magnesium hydroxide nanosheets modified with tripodal ligands

    Muramatsu Keisuke, Kamiusuki Yuya, Kuroda Yoshiyuki, Wada Hiroaki, Shimojima Atsushi, Kuroda Kazuyu … 全著者表示

    DALTON TRANSACTIONS   50 ( 9 ) 3121 - 3126   2021年03月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • A New Accelerated Durability Test Protocol for Water Oxidation Electrocatalysts of Renewable Energy Powered Alkaline Water Electrolyzers

    ABDEL HALEEM Ashraf, NAGASAWA Kensaku, KURODA Yoshiyuki, NISHIKI Yoshinori, ZAENAL Awaludin, MITSUS … 全著者表示

    Electrochemistry ( 公益社団法人 電気化学会 )  89 ( 2 ) 186 - 191   2021年03月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>For electrocatalysts of oxygen evolution reaction (OER), a new accelerated durability test (ADT) protocol is presented. The protocol is designed to closely mimic the fluctuations of renewable energies. The unit cycle of the current ADT protocol represents the "ON/OFF" operation mode. In the "ON" step, the electrolyzer operates under a DC current of 0.6 A cm<sup>−2</sup>. In the "OFF" step, the electrocatalyst is subjected to a constant potential that is clearly more cathodic than its OER onset potential (namely, 0.3, 0.5, and 0.7 V vs. RHE) for 10 or 60 s. The transition from the "ON" state to the "OFF" state occurs through a cathodic linear sweep voltammetry of a fast sweep rate to mimic the sudden changes in the renewable power. A NiCoO<i><sub>x</sub></i>/Ni-mesh electrode was used as a case study. The electrode showed remarkable durability under continuous operation (<i>i</i> = 0.6 A cm<sup>−2</sup>) for about 900 hours. However, it did suffer severe degradation after a certain number of ADT cycles, and the rate of degradation mainly depends on the potential value and the duration of the "OFF" step. Interestingly, the inclusion of the 10-sec open-circuit potential step after the "ON" step clearly mitigates the impact of energy fluctuations on the durability of OER electrocatalysts.</p>

    DOI CiNii

  • Control of surface area and conductivity of niobium-added titanium oxides as durable supports for cathode of polymer electrolyte fuel cells

    Yongbing Ma, Takaaki Naga, Yuta Inoue, Kaoru Ikegami, Yoshiyuki Kuroda, Koichi Matsuzawa, Teko W. N … 全著者表示

    Materials & Design ( Elsevier )  203   109623-1 - 109623-10   2021年03月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Practical and Reliable Methanol Concentration Sensor for Direct Methanol Fuel Cells

    ANDOH Shinsuke, FUJITA Akira, MIITSU Takeshi, KURODA Yoshiyuki, MITSUSHIMA Shigenori

    Electrochemistry ( 公益社団法人 電気化学会 )    1 - 6   2021年02月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>An electrochemical methanol concentration sensor with practicality and reliability has been developed to apply for a direct methanol fuel cell (DMFC) system. The methanol concentration can be estimated simply by the original algorithm based on the Arrhenius law and diffusion limiting current, even though the complex oxidation current characteristics for the methanol concentration and temperature. The oxidation current of methanol shows linearity against the methanol concentration up to 10 wt% (15 mgPt cm<sup>−2</sup> at anode) with quick response. The sensor also has a high durability for 6500 h in the simulated DMFC operating temperature.</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • コロイド結晶を利用したメソポーラスシリカの構造制御の新展開

    黒田義之

    Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan ( 無機マテリアル学会 )  25   162 - 167   2018年05月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 構造を変化させるナノ構造体-規則的ナノ構造を利用した構造変化のプログラミング

    黒田 義之

    化学と工業 ( 日本化学会 )  71 ( 3 ) 232 - 233   2018年03月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • ハイブリッド層状水酸化物のボトムアップ合成

    黒田義之, 村松佳祐, 黒田一幸

    セラミックス 53   ( 5 )   2018年  [査読有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 三脚型配位子を用いたハイブリッド金属水酸化物の設計

    黒田 義之

    Zeolite ( JZA 日本ゼオライト学会 )  34 ( 3 ) 78 - 85   2017年07月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    DOI

  • Effective Use of Flexible Low-Dimensional Colloidal Particles and Colloidal Crystals for the Control of Hierarchically Porous Materials

    Yoshiyuki KURODA

    Journla of the Ceramic Society of Japan   123 ( 1441 ) 853 - 861   2015年09月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

     概要を見る

    第69回日本セラミックス協会進歩賞受賞業績の関連研究をまとめた総説である。低次元コロイド粒子を、構造・形態が柔軟に変化可能なビルディングブロックとして用いた階層構造体の合成法や、コロイド粒子集積体を構造変化可能な鋳型として用いた単結晶性の金属ナノ構造体の合成法についてまとめた。コロイド粒子、コロイド粒子集積体の柔軟性を詳細に解説した点が特徴である。

    DOI

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 電解用電極及びその製造方法

    特願 特願2020-505004  特開 WO2019/172160 

    光島 重徳,黒田 義之,永島 郁男,谷口 達也,錦 善則,加藤 昭博,ジャエナル アワルディン,辻井 文哉,中井 貴章

  • 金属多孔体

    特願 特願2020-502040  特開 WO2019/163256 

    奥野 一樹,東野 孝浩,俵山 博匡,真嶋 正利,増村 春輝,黒田 義之,光島 重徳

  • アルカリ水電解用電極の評価方法、アルカリ水電解用電極の製造方法、及びアルカリ水電解用電極

    特願 特願2018-216489  特開 特開2019-143235 

    新納 英明,光島 重徳,黒田 義之,藤井 雄一

  • 電極用担体材料及びその製造方法、電極材料、電極、並びに固体高分子形燃料電池

    特願 特願2017-201181  特開 特開2019-075305 

    石原 顕光,馬 永炳,光島 重徳,松澤 幸一,黒田 義之

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Journal of The Ceramic Society of Japan,The Editor-in-Chief Award of Distinguished Reviewer

    2020年03月20日   公益社団法人 日本セラミックス協会  

    受賞者:  黒田 義之

     概要を見る

    査読貢献賞委員⻑表彰(論文誌の2012年以降の累計査読審査数により受賞)

  • 日本粘土学会論文賞

    2019年09月10日   日本粘土学会  

    受賞者:  小池正和、朝倉裕介、黒田義之、和田宏明、下嶋敦、黒田和幸

  • 日本粘土学会平成30年度奨励賞

    2018年09月10日   日本粘土学会   配位化学を活用した層状金属水酸化物の精密構造制御と機能開拓  

    受賞者:  黒田義之

  • 2018年度フロンティア材料研究所学術賞・研究奨励部門

    2018年09月04日   東京工業大学科学技術創成研究院フロンティア材料研究所   層状複水酸化物の自己組織化による固体塩基触媒のナノ構造制御  

    受賞者:  黒田義之

  • 第2回早稲田大学リサーチアワード国際研究発信力

    2016年02月   早稲田大学   コロイド結晶を型材に用いた新規な無機多孔体の構造設計  

    受賞者:  黒田義之

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 電極活物質の時空間制御に基づく自己修復水電解触媒の確立

    基盤研究(B)

    研究期間:  2020年04月  -  継続中  代表者:  黒田義之

     概要を見る

    アルカリ水電解は再生可能エネルギーからクリーンな二次エネルギーである水素を製造するための有望な技術だが、電力変動に伴う電極劣化が深刻である。本研究では、触媒活物質の電極への動的吸着機構を解明し、活用することで、電解液に活物質を加えるだけで劣化部を収縮しながら半永久的に使える自己修復触媒の開発に取り組む。ハイブリッド水酸化物ナノシートは様々な物性を制御可能な新材料であり、これを用いて長寿命、高効率な電解システムを構築する。この様な技術の確立により水素製造の低コスト化を実現し、我が国における再生可能エネルギーの導入促進、水素エネルギーの産業競争力の向上に貢献する。

  • 高電子伝導性及び高耐久性を両立するメソポーラス単結晶酸化物電極の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月  代表者:  黒田義之

  • 無機ホスト-ゲスト系化合物のナノサイズ効果を利用した機能材料の創製

    若手研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月  代表者:  黒田義之

  • 有機溶媒中での酸化還元・水和反応精密制御による金属複酸化物の低温合成法の開発

    研究活動スタート支援

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月  代表者:  黒田義之

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 石英を骨格に用いた外場応答性ナノ空間材料

    提供機関:  地方自治体  ATI研究助成

    研究期間: 2016年10月  -  2017年09月  代表者:  黒田義之

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 層状複水酸化物の自己組織化による固体塩基触媒のナノ構造制御 ~層状金属水酸化物の構造 機能制御法の開拓~

    黒田義之  [招待有り]

    2018年度フロンティア材料研究所学術賞受賞記念講演会・若手教員講演会  (東京工業大学すずかけキャンパス, 神奈川)  2018年09月04日  

  • Dynamic Nanostructural Transformation of Meso/Macroporous Materials for Flexible Templating

    黒田義之

    Departmental Seminar of Queen's University  2018年05月24日  

  • Synthetic Chemistry of Metal Hydroxides and Their Applications

    黒田義之

    Fourth Joint Workshop on Electrocatalysis, Materials Science and Analytical Chemistry of Nickel-Based Materials  2018年05月23日  

  • 三脚型配位子を用いた層状複水酸化物の精密合成

    黒田義之  [招待有り]

    第6回 研究講演会  (化学会館, 東京)  2017年06月23日   日本化学会 低次元系光機能材料研究会

  • Structural Control of Layered Double Hydroxide Nanoparticles Using Tripodal Ligands for the Removal of Harmful Anions

    黒田義之  [招待有り]

    The 3rd Asian Clay Conference  2016年11月  

     概要を見る

    層状複水酸化物をナノ粒子や高分散凝集体等へ構造・形態制御する手法を紹介した。三脚型配位子を用いて層状複水酸化物ナノ粒子を調製し、凝集法の違いにより粒子の分散性を制御した。これらを用いた大気下でのアニオン吸着、高速アニオン吸着等の応用について議論した。

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • Journal of the Ceramic Society of Japan

    Associate Editor 

    2016年04月
    -
    継続中
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  化学応用・バイオ学外研修

  • 大学院理工学府  化学応用・バイオ教育研修

  • 大学院理工学府  化学応用・バイオ特別演習

  • 大学院理工学府  化学応用・バイオインターンシップS

  • 大学院理工学府  化学応用・バイオインターンシップM

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 電気化学会第86回大会優秀学生講演賞

    2019年03月29日   電気化学会  

    受賞者: 西本武史

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本粘土学会

    2021年04月
    -
    2023年03月

    学協会   理事

  • 電気化学会関東支部幹事

    2019年01月
    -
    2021年01月

    学協会   幹事

  • 電気化学会国際交流委員会

    2017年09月
    -
    継続中

    学協会   委員

  • 日本セラミックス協会論文誌編集委員会

    2016年03月
    -
    2022年03月

    学協会   委員

  • 日本セラミックス協会行事企画委員会年会小委員会

    2015年06月
    -
    2021年05月

    学協会   年会主査

全件表示 >>