黒木 学 (クロキ マナブ)

KUROKI Manabu

所属組織

大学院工学研究院 知的構造の創生部門

職名

教授

研究分野・キーワード

統計科学

ホームページ

https://sites.google.com/site/manabukuroki/



出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1989年04月
    -
    1993年03月

    東京理科大学   理工学部   数学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    2001年03月

    東京工業大学  社会理工学研究科  経営工学専攻  博士課程  修了

  • 1996年04月
    -
    1998年03月

    東京工業大学  社会理工学研究科  経営工学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

  • 1993年04月
    -
    1995年03月

    東京理科大学  理工学研究科  数学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  東京工業大学

  • 修士(理学) -  東京理科大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2015年
    -
    継続中
     

    土木学会

  • 2006年
    -
    継続中
     

    日本計量生物学会

  • 2002年
    -
    継続中
     

    日本経営工学会

  • 2002年
    -
    継続中
     

    日本行動計量学会

  • 1998年
    -
    継続中
     

    日本品質管理学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 統計科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 統計的因果推論・グラフィカルモデリングの理論構築と方法論開発に関する研究,およびそれらの医学・工学・情報科学への応用

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 構造的因果モデルの基礎

    黒木 学 (担当: 単著 )

    共立出版  2017年08月 ISBN: 9784320113176

    Amazon

  • 統計的因果推論-モデル・推論・推測-

    黒木 学 (担当: 単訳 )

    共立出版  2009年 ISBN: 9784320018778

    Amazon

  • 確率的グラフィカルモデル

    鈴木 譲,植野 真臣,黒木 学,清水 昌平,湊 真一,石畠 正和,樺島 祥介,田中 和之,本村 陽一,玉田 嘉紀 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 「第3章.グラフィカルモデルを用いた因果的効果の識別可能性問題」 )

    共立出版  2016年07月 ISBN: 9784320111394

     概要を見る

    グラフィカルモデルに関する専門書.

    Amazon

  • サービス工学の技術 ―ビッグデータの活用と実践

    本村陽一,竹中 毅,石垣 司 (編) (担当: 分担執筆 )

    東京電機大学出版  2012年 ISBN: 9784501551001

    Amazon

  • 統計学辞典

    内田 雅之,熊谷 悦生,黒木 学,阪本 雄二,坂本 亘,白旗 慎吾 (担当: 共訳 )

    共立出版  2010年 ISBN: 9784320019393

    Amazon

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 因果ダイアグラムにおける介入効果の統計的推測とその工学的応用

    黒木学

      2001年03月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    東京工業大学大学院社会理工学研究科経営工学専攻 因果ダイアグラムに基づいて、平均とばらつきへの因果効果の数学的性質および推定精度について調べた.

    DOI

  • 因果ダイアグラムにおける介入効果の推定に関する研究

    黒木学

      1998年03月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    東京工業大学大学院社会理工学研究科経営工学専攻 因果ダイアグラムに基づいて、平均とばらつきへの因果効果の数学的性質について調べた.

  • 位置尺度族における順序統計量に基づく未来標本の予測

    黒木学

      1995年03月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    東京理科大学大学院理工学研究科数学専攻 順序統計量に基づく未来標本の予測方法の開発した.

論文 【 表示 / 非表示

  • Counterfactual based Prevented and Preventable Proportions

    Kentaro Yamada, Manabu Kuroki

    Journal of Causal Inference ( WALTER DE GRUYTER GMBH )  5 ( 2 ) 2193 - 3685   2017年09月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Effect restoration and measurement bias in causal inference

    Manabu Kuroki, Judea Pearl

    Biometrika ( OXFORD UNIV PRESS )  101 ( 2 ) 423 - 437   2014年  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Discussion on "Experimental designs for identifying causal mechanisms" by Kosuke Imai, Dustin Tingley and Teppei Yamamoto

    Manabu Kuroki

    Journal of the Royal Statistical Society, Series A   ( 173 ) 37 - 38   2012年11月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

     概要を見る

    ランダム化実験に基づく効果の分解可能性の難しさについて工学的立場から議論した.

  • Sharp bounds on causal effects in case-control/cohort studies

    Manabu Kuroki, Zhihong Cai, Zhi Geng

    Biometrika ( OXFORD UNIV PRESS )  97 ( 1 ) 123 - 132   2010年  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Bounds on direct effects in the presence of confounded intermediate variables

    Zhihong Cai, Manabu Kuroki, Judea Pearl, Jin Tian

    Biometrics ( BLACKWELL )  64 ( 3 ) 695 - 701   2008年  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Discussion on "A Bayesian information criterion for singular models" by Mathias Drton and Martyn Plummer

    T.Imai and M.Kuroki

    Journal of the Royal Statistical Society: Series B   79 ( 2 ) 323 - 380   2017年03月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI

  • 相関と因果と丸と矢印のはなし:はじめてのバックドア基準

    林岳彦,黒木学

    岩波データサイエンス ( 岩波書店 )  3   28 - 48   2016年  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 研究会だより

    黒木学

    JSQCニューズ ( 日本品質管理学会 )  349   2016年

    その他記事   単著

  • 「テクノメトリックス研究会」活動報告-“これまで”と‟これから”

    黒木 学

    品質 ( 日本品質管理学会 )  46 ( 4 ) 375 - 380   2016年  [依頼有り]

    その他記事   単著

    CiNii

  • 回帰分析を因果分析に適用する際のいくつかの注意点

    黒木 学

    品質 ( 日本品質管理学会 )  46   393 - 399   2016年  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    CiNii

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成30 年度横浜国立大学優秀研究受賞

    2019年03月19日   横浜国立大学  

    受賞者:  黒木学

     概要を見る

    黒木学, 平成30 年度横浜国立大学優秀研究受賞,2019年3月19日(http://www. ynu.ac.jp/hus/kenkyu/21875/detail.html).

  • JSQCフェロー

    2018年12月   日本品質管理学会  

    受賞者:  黒木学

  • 第47年度日本品質管理学会最優秀論文賞

    2018年11月   日本品質管理学会   Predictive Principal Variable Selection for Linear Regression Analysis  

    受賞者:  黒木学、松浦峻

  • 2018年度日経品質管理文献賞

    2018年11月   日本経済新聞社   構造的因果モデルの基礎  

    受賞者:  黒木学

  • 平成29年度日本経営工学会論文賞

    2018年05月   日本経営工学会   改良型k-planesクラスター分析法と解析結果の視覚化について  

    受賞者:  黒木学・山下遥

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 政府統計ミクロデータの構造化と研究利用プラットフォームの形成

    基盤研究(A)

    研究期間:  2016年04月  -  2021年03月  代表者:  椿広計

  • 構造的因果モデルに基づく原因を究明するための統計解析法の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月 

  • 多種多様なデータに基づく統計的評価法の総合的研究

    基盤研究(A)

    研究期間:  2013年04月  -  2018年03月  代表者:  岩崎学

  • 総合効果の分解問題における新たな展開

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2015年03月 

  • 反事実モデルに基づく因果的効果推測法の統計数理基盤の強化とその応用

    基盤研究(C)

    研究期間:  2007年04月  -  2011年03月 

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 情報付加型統計的因果分析法の開発とその応用

    提供機関:  地方自治体  旭硝子財団研究奨励(自然科学系)研究助成

    研究期間: 2011年04月  -  2013年03月 

  • 不完全情報に基づく統計的因果推論技術の開発と実質科学への応用

    提供機関:  地方自治体  財団法人総合工学振興会研究助成

    研究期間: 2009年04月  -  2010年03月 

  • The Evaluation of Causal Effects in Studies with an Unobserved Exposure/Outcome Variabl

    提供機関:  地方自治体  倉田記念日立科学技術財団海外渡航費補助制度

    研究期間: 2008年07月  -  2008年07月 

  • ベイジアンネットワークを越える統計的因果推論技術の開発:統計科学・OR・反事実モデルの融合を目指して

    提供機関:  地方自治体  マツダ財団第23回(2007年度)マツダ研究助成-科学技術振興関係-

    研究期間: 2008年04月  -  2010年03月 

  • Evaluation of the Causal Effect of Control Plans in Non-Recursive Structural Equation Models

    提供機関:  地方自治体  倉田記念日立科学技術財団海外渡航費補助制度

    研究期間: 2007年07月  -  2007年07月 

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 直接効果・間接効果・総合効果そして擬似相関

    黒木 学

    第13回日本統計学会春季集会  (日本大学経済学部本館)  2019年03月10日   日本統計学会

     概要を見る

    黒木学(2019). 直接効果・間接効果・総合効果そして擬似相関. 第13回日本統計学会春季集会企画セッション「公平性配慮型データマイニング と因果推論の接点:基本的な考え方と周辺の話題」(https://www.jss.gr.jp/convention/spring13/program/).

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  数理科学演習A

  • 大学院理工学府  数理科学輪講D

  • 大学院理工学府  数理科学輪講C

  • 大学院理工学府  数理科学輪講B

  • 大学院理工学府  数理科学輪講A

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • The Chief-Editor of Total Quality Science

    2018年12月
    -
    継続中

    その他   The Chief-Editor