前川 宏一 (マエカワ コウイチ)

MAEKAWA Koichi

所属組織

大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門

職名

教授

研究キーワード

コンクリート工学

関連SDGs




代表的な業績 【 表示 / 非表示

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1980年4月
    -
    1982年3月

    東京大学   工学系研究科   土木工学専攻   修士課程(博士前期課程)   修了

  • 1976年4月
    -
    1980年3月

    東京大学   工学部   土木工学科   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士 - 東京大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション研究院   都市イノベーション部門   教授  

  • 2017年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   理工学部   建築都市・環境系学科   教授  

  • 2017年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   都市科学部   都市基盤学科   教授  

  • 2017年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション学府   都市地域社会専攻   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年6月
    -
    現在

      東京大学   名誉教授

  • 2016年
     
     

      南洋理工大学   教授

  • 2015年
    -
    現在

      アジア工科大学院   教授

  • 1996年4月
    -
    2018年3月

      東京大学   社会基盤学専攻   教授

  • 1992年5月
    -
    1994年4月

      アジア工科大学院   構造工学部門   准教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1980年4月
    -
    現在
     

    土木学会

  • 1980年4月
    -
    現在
     

    日本コンクリート工学会

  • 2019年4月
    -
    現在
     

    日本機械学会

  • 2005年
    -
    現在
     

    地盤工学会

  • 2004年
    -
    現在
     

    Asian Concrete Federation

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 構造工学、地震工学

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 土木材料、施工、建設マネジメント

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • インフラストックの寿命推定とマネジメント

    その他の研究制度  

    研究期間: 2007年4月 - 現在

  • コンクリート構造の熱力学と耐久性力学

    基礎科学研究  

    研究期間: 1992年4月 - 現在

  • 鉄筋コンクリート構造の動的非線形解析の開発

    基礎科学研究  

    研究期間: 1988年4月 - 2005年3月

  • 自己充填コンクリートの開発

    建設技術の先導研究  

    研究期間: 1985年4月 - 1990年3月

  • 鉄筋コンクリートの構成則

    基礎科学研究  

    研究期間: 1982年4月 - 1992年3月

著書 【 表示 / 非表示

  • Multi-Scale Modeling of Structural Concrete

    Koichi Maekawa, Tetsuya Ishida, Toshiharu Kishi( 担当: 共著 ,  範囲: All chapters)

    CRC Press  2008年11月  ( ISBN:9780415465540

    Amazon

     詳細を見る

    総ページ数:658   担当ページ:all   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Nonlinear Mechanics of Reinforced Concrete

    Koichi Maekawa, Amon Pimanmas, Hajime Okamura( 担当: 共著 ,  範囲: All chapters)

    CRC Press  2003年3月  ( ISBN:9780415271264

    Amazon

     詳細を見る

    総ページ数:768   担当ページ:all   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Modelling of Concrete Performance

    Koichi Maekawa, Rajesh Chaube, Toshiharu Kishi( 担当: 共著)

    CRC Press  1999年9月  ( ISBN:9780429081002

    Amazon

     詳細を見る

    総ページ数:328   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • ハイパフォーマンスコンクリート

    岡村 甫、前川宏一、小沢一雅( 担当: 共著)

    技報堂出版  1993年9月  ( ISBN: 4-7655-1530-3

    Amazon

     詳細を見る

    総ページ数:270   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 鉄筋コンクリートの構成則と非線形解析

    Hajime Okamura, Koichi Maekawa( 担当: 共著)

    技報堂出版  1991年5月  ( ISBN:4765515060

    Amazon

     詳細を見る

    総ページ数:182   記述言語:英語 著書種別:学術書

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

論文 【 表示 / 非表示

  • Hardened Mechanical Properties of Self Compacting Geopolymer Mortar

    Muhammad Talha-Ghafoor, Chikako Fujiyama, Koichi Maekawa

    Journal of Advanced Concrete Technology   20 ( 4 )   287 - 299   2022年4月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   単著  

  • Effect of Multi-directional Restraint Induced by Reinforced Steel Bars on ASR Expansion and Bond Performance

    Pengfei Li, Ni Tan, Xuehui An, Koichi Maekawa, Mingqian Ren

    Journal of Advanced Concrete technology   20 ( 4 )   342 - 358   2022年4月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Concrete Institute   共著  

  • Simulation of concrete structures deformation affected by alkali-silica reaction considering environmental conditions and multiaxial stress state

    Xi Ji,Yuya Takahashi, Takuya Maeshima, Ichiro Iwaki and Koichi Maekawa

    Structure and Infrastructure Engineering   2022年4月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • Modelling of carbonation, de-carbonation and re-carbonation processes of structural concrete subjected to high temperature heating

    Ketitai Iwama, Koichi Maekawa

    Cement and Concrete Composite   129   2022年3月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   共著  

  • Developing a three-dimensional finite element analysis approach to simulate corrosion-induced concrete cracking in reinforced concrete beams

    Y.Z. Wang, Y.X. Zhao, F.Y. Gong, J.F. Dong, Koichi Maekawa

    Engineering Structures   257   2022年3月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   共著  

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 施工現場の生産性向上に資するレディーミクストコンクリート品質管理・検査の省人化・省力化および高度化に関する提案

    橋本 学、坂田 昇、前川宏一、原田修輔

    月刊コンクリートテクノ   40 ( 11 )   52 - 57   2021年11月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:セメント新聞社   共著  

  • 画像解析とAIを活用したフレッシュコンクリートのコンシステンシー評価手法の全数管理への適用性

    大友健・畠山峻一・清水堅・前川宏一

    コンクリート工学   59 ( 7 )   589 - 597   2021年7月  [査読有り]  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本コンクリート工学会   単著  

  • 洋上風力発電推進のための最近のコンクリート技術

    藤山知加子,前川宏一

    日本風力エネルギー学会誌   44 ( 4 )   587 - 590   2021年2月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本風力エネルギー学会誌   共著  

  • 床版の調査・診断技術(特集:総論:道路橋床版の調査・診断の高度化技術)

    前川宏一

    橋梁と基礎   54   2020年8月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:建設図書   単著  

  • 都市と国土の更新に向けたコンクリート構造

    前川宏一

    コンクリート工学   58 ( 5 )   334 - 339   2020年5月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:日本コンクリート工学会   単著  

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 床版構造体の施工方法

    前川宏一,石田哲也,荒井明夫,岩城一郎

     詳細を見る

    出願番号:JP20150080197  出願日:2015年4月9日

    公開番号:JP2016199904  公開日:2016年12月1日

    特許番号/登録番号:JP6512908B  発行日:2019年5月15日

    出願国:国内  

  • コンクリート舗装構造体の施工方法

    岩城一郎,荒井明夫,石田哲也,前川宏一

     詳細を見る

    出願番号:JP20150080252  出願日:2015年4月9日

    公開番号:JP2016199908  公開日:2016年12月1日

    出願国:国内  

  • 鉄筋コンクリートの補強構造及び補強工法

    前川宏一,平塚慶達

     詳細を見る

    出願番号:JP20150050299  出願日:2015年3月13日

    公開番号:JP2016169543  公開日:2016年9月23日

    出願国:国内  

  • 構造物情報提供システム

    菅野晶夫,矢野裕司,尾暮敏範,津野和宏,石田哲也,前川宏一,土橋 浩

     詳細を見る

    出願番号:JP20150019759  出願日:2015年2月3日

    公開番号:JP2016142662  公開日:2016年8月8日

    特許番号/登録番号:JP6284240B  発行日:2018年2月28日

    出願国:国内  

  • コンクリートの補強構造及びその補強工法

    平塚慶達,前川 宏一

     詳細を見る

    出願番号:JP20140141053  出願日:2014年7月9日

    公開番号:JP2016017330  公開日:2016年2月1日

    特許番号/登録番号:JP6511231B  発行日:2019年5月15日

    出願国:国内  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀研究者賞

    2022年03月   横浜国立大学  

    受賞者:前川宏一

  • 日本コンクリート工学会賞論文賞

    2021年06月   日本コンクリート工学会   Thermo-Mechanistic Multi-Scale Modeling of Structural Concrete at High Temperature  

    受賞者:岩間慧大,樋口和朗,前川宏一

  • The three excellent papers of the year 2019-2020

    2020年09月   Journal of Advanced Concrete Technology   Thermo-mechanistic multi-scale modeling of structural concrete at high temperature  

    受賞者:Keitai Iwama, Kazuaki Higuchi, Koichi Maekawa

  • 日本コンクリート工学会賞論文賞

    2019年06月   日本コンクリート工学会   Computational Life Assessment of ASR-damaged RC Decks by Site-Inspection Data Asimilation  

    受賞者:Yuya Takahashi, Yasushi Tanaka, Koichi Maekawa

  • 日本コンクリート工学会賞論文賞

    2018年06月   日本コンクリート工学会   Remaining Fatigue Life Assessment of Damaged RC Decks ─Data Assimilation of Multi-scale Model and Site Inspection─  

    受賞者:田中泰司、高橋佑弥、前川宏一

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 構造コンクリートの長期安全性評価と広帯域温度に対応した複合耐久性力学

    2020年11月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    代表者:前川宏一

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 広帯域環境下にあるセメント系複合材料の耐久性力学と構造性能評価

    2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    代表者:前川宏一

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 水分子準平衡モデルに基づく大型 RC-PC 社会基盤構造の長期動態予測

    2011年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(S)

    代表者:前川宏一

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • コンクリート系床版に内在する凝縮水の動態による早期疲労限界状態

    2011年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    代表者:前川宏一

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 高サイクル荷重と環境作用を同時に受けるコンクリート構造のマルチスケール耐久性力学

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    代表者:前川宏一

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 道路インフラマネジメントサイクルの展開と国内外への実装を目指した統括的研究

    2018年4月 - 2019年3月

    科学技術振興機構  戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)

    代表者:石田哲也

  • 道路インフラマネジメントサイクルの展開と国内外への実装を目指した統括的研究

    2013年11月 - 2018年3月

    科学技術振興機構  戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)

    代表者:前川宏一

  • 非線形疲労応答解析に基づくコンクリート系橋梁床版の余寿命推定システム

    2010年8月 - 2012年3月

    国土交通省  国土交通省建設技術研究開発助成制度

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Accelerated Moisture Transport through Local Weakness of High-Strength Concrete Exposed to High Temperature

    Iwama Keitai, Kato Yushi, Baba Shigeaki, Higuchi Kazuaki, Maekawa Koichi

    Journal of Advanced Concrete Technology  公益社団法人 日本コンクリート工学会

    DOI

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年

    記述言語:日本語   会議種別:その他  

    <p>Spilling out of condensed liquid water from needle-like holes in high-strength concrete was experimentally observed under fire attack. The presence of these holes was found to prevent explosive spalling effectively in the vicinity of the holes during fire exposure tests. This spilling out occurred at about 10 to 30 minutes after the start of high temperature heating. These needle-like holes are defined herein as local weaknesses that may act as rapid paths of water permeation to reduce the risk of explosive spalling of cover concrete. The phase change of moisture from CSH solids to condensed liquid as well as free water in micro-pores was simulated by a multi-phase chemo-physics analysis of ultra-high-strength concrete. The prediction of the high-rate phenomena was experimentally proved by using embedded moisture sensor, and the high-rate discharge of condensed water though local weaknesses was analytically simulated.</p>

  • Multi-Directional Fixed Crack Model Extended to Masonry Structures

    Yamanoi Yuto, Miura Takashi, Soltani Masoud, Maekawa Koichi

    Journal of Advanced Concrete Technology  公益社団法人 日本コンクリート工学会

    DOI

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年

    記述言語:日本語   会議種別:その他  

    <p>The mechanical nonlinearity of a masonry structure depends on debonding and slip of masonry joints and the fracture of blocks like bricks and concrete. The present study proposes a behavioral simulation to idealize masonry joints by allocating three orthogonal planes, which are governed by the existing multi-directional crack model, and to represent the damage of blocks by using another three crack planes. The shear stiffness of the joint changes due to the disintegration of the infilling mortar caused by the shear slip of the joint, as well as the confining pressure dependence of the shear strength. Shear response analysis of a masonry structure considering this disintegration was carried out, and the applicability of the analysis model was validated. The following three types of structures were selected for validation: 1) masonry structures in which both joints and masonry blocks are damaged, 2) structures in which masonry blocks are primarily damaged but deformation is not concentrated in the joints, and 3) structures in which mortar joints are exclusively damaged but the masonry blocks are exempt of damage. It was confirmed that the proposed analysis model can analyze the damage mode of masonry structures. It evaluates yield strength as well and deformability is estimated on the safe side of an engineering viewpoint.</p>

  • 水平二方向力が作用する実規模 RC 部材の破壊挙動の数値解析による分析

    小松 怜史, 永田 聖二, 松尾 豊史, 畑 明仁, 前川 宏一

    構造工学論文集 A  公益社団法人 土木学会

    DOI

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年

    記述言語:日本語   会議種別:その他  

    <p>In this paper, the accuracy of analysis results for the full-scale RC members subjected to repeated horizontal bilateral loadings was verified by 3D material nonlinear FEM. Then, fracture behaviors of the RC members were analyzed. Finally, fracture behaviors of RC frames were also analyzed as case studies. As the results, the difference of maximum load capacity between the analysis and the experiments was less than 30%. It was also found that failure mode of the members could be predicted except for the retrofitted one. Finally, it was revealed that in case of in-plane shear failure of RC frame, the load capacity of RC frame with less shear reinforcements in out of plane direction was decreased due to initial damages in out of plane direction compared with that without initial damages.</p>

  • 異高型複断面トンネルの横断方向の地震時動的挙動に関する検討

    大塚 努, 佐々木 孝太, 新田 裕樹, 小西 真治, 津野 究, 佐名川 太亮, 鎌田 和孝, 土屋 智史, 前川 宏一

    土木学会論文集F2(地下空間研究)  公益社団法人 土木学会

    DOI

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    記述言語:日本語   会議種別:その他  

    <p> 地下鉄の異高型複断面トンネルの耐震性については,具体的な検討方法が示されていないことから,模型実験により地震時の動的挙動について検討した.単線箱型断面と異高型複断面の模型トンネルをせん断土槽内の模型地盤に設置し,初期状態の模型トンネルの断面力を確認したのちに,鉄道構造物の耐震設計で用いられるレベル2地震動を時間圧縮した入力波により加振した.その結果,異高型複断面では中壁に大きな曲げモーメントとせん断力が発生するとともに,載荷方向によって変形モードが異なることを把握した.また,三次元FEM解析による動的実験再現解析を行い,解析結果と実験結果が概ね同様となることを確認し,解析による検討方法の確立に必要な知見が得られた.</p>

  • 半剛接合構造を有する床版における負曲げを作用させた輪荷重走行試験と解析による疲労耐久性の検証

    北 慎一郎, 櫻井 信彰, 前川 宏一

    土木学会論文集E2(材料・コンクリート構造)  公益社団法人 土木学会

    DOI

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    記述言語:日本語   会議種別:その他  

    <p> 複数のプレキャストPC床版を充填材のみで一体化して,実橋の中間支点付近で発生する負曲げ作用を与えた上で輪荷重走行試験を実施した.250kN一定荷重にて繰返し載荷を行ったところ,ポリマーセメントモルタル,エポキシ樹脂モルタルを適用した試験体はいずれも早期に剥離破壊した.また,充填材の引張疲労試験を実施して,輪荷重走行試験で使用した充填材料がコンクリートと比較して低い応力比の繰返しでも疲労破壊が生じる材料であることを確認した.</p><p> これらを踏まえた繰返し載荷による疲労解析検討を行い,再現解析により試験において剥離が発生するまでに界面に作用する応力履歴を解明するとともに,負曲げ作用や載荷荷重を変化させた解析により,それぞれの充填材を用いた場合における実橋適用時の疲労耐久性を明らかにした.</p>

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • Journal of Advanced Concrete Technology

    Editor-in-chief 

    2011年6月
    -
    2018月3日
     

  • Concrete Library

    Editor-in-chief 

    2001年5月
    -
    2003月5日
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   都市基盤環境創造スタジオS

    大学院都市イノベーション学府

  • 2022年度   都市基盤環境創造スタジオF

    大学院都市イノベーション学府

  • 2022年度   都市基盤マネジメントスタジオS

    大学院都市イノベーション学府

  • 2022年度   都市基盤マネジメントスタジオF

    大学院都市イノベーション学府

  • 2022年度   都市基盤スタジオ4

    大学院都市イノベーション学府

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 東京大学工学系研究科長表彰・特別部門(国際化)

    2016年03月   東京大学工学系研究科  

    受賞者(グループ): 前川宏一

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本学術会議

    2020年10月 - 現在  第三部会員(土木工学・建築学)

     詳細を見る

    委員区分:政府 

  • 日本学術会議

    2017年10月 - 2020年9月  第三部会員・土木工学建築学委員会副委員長

     詳細を見る

    委員区分:政府 

  • 土木研究所 外部評価委員会戦略的維持管理・更新分科会

    2016年04月 - 現在  分科会長

     詳細を見る

    委員区分:政府 

  • コンクリート生産性向上検討協議会

    2016年04月 - 現在  会長

     詳細を見る

    委員区分:政府 

  • 新道路技術会議

    2016年 - 2020年9月  委員長

     詳細を見る

    委員区分:政府 

全件表示 >>