前川 宏一 (マエカワ コウイチ)

MAEKAWA Koichi

所属組織

大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門

職名

教授

研究分野・キーワード

コンクリート工学

ホームページ

http://ynuconcretelaboratory.web.fc2.com/



写真a

代表的な業績 【 表示 / 非表示

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1976年04月
    -
    1980年03月

    東京大学   工学部   土木工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1980年04月
    -
    1982年03月

    東京大学  工学系研究科  土木工学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士 -  東京大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年06月
    -
    継続中

      東京大学   工学系研究科   名誉教授

  • 1996年04月
    -
    2018年03月

      東京大学   社会基盤学専攻   教授

  • 1992年05月
    -
    1994年04月

      アジア工科大学院   構造工学部門   准教授

  • 1986年04月
    -
    1996年03月

      東京大学   土木工学科   助教授

  • 1985年04月
    -
    1986年03月

      東京大学   土木工学科   助手

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1980年04月
    -
    継続中
     

    土木学会

  • 1980年04月
    -
    継続中
     

    日本コンクリート工学会

  • 2005年
    -
    継続中
     

    地盤工学会

  • 2004年
    -
    継続中
     

    Asian Concrete Federation

  • 2000年
    -
    継続中
     

    The International Federation for Structural Concrete (fib)

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 構造工学・地震工学・維持管理工学

  • 土木材料・施工・建設マネジメント

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 鉄筋コンクリートの構成則

    基礎科学研究  

    研究期間: 1982年04月  -  1992年03月

  • 自己充填コンクリートの開発

    建設技術の先導研究  

    研究期間: 1985年04月  -  1990年03月

  • 鉄筋コンクリート構造の動的非線形解析の開発

    基礎科学研究  

    研究期間: 1988年04月  -  2005年03月

  • コンクリート構造の熱力学と耐久性力学

    基礎科学研究  

    研究期間: 1992年04月  -  継続中

  • インフラストックの寿命推定とマネジメント

    その他の研究制度  

    研究期間: 2007年04月  -  継続中

著書 【 表示 / 非表示

  • Multi-Scale Modeling of Structural Concrete

    Koichi Maekawa, Tetsuya Ishida, Toshiharu Kishi (担当: 共著 , 担当範囲: All chapters )

    CRC Press  2008年11月 ISBN: 9780415465540

    Amazon

  • Nonlinear Mechanics of Reinforced Concrete

    Koichi Maekawa, Amon Pimanmas, Hajime Okamura (担当: 共著 , 担当範囲: All chapters )

    CRC Press  2003年03月 ISBN: 9780415271264

    Amazon

  • Modelling of Concrete Performance

    Koichi Maekawa, Rajesh Chaube, Toshiharu Kishi (担当: 共著 )

    CRC Press  1999年09月 ISBN: 9780429081002

    Amazon

  • ハイパフォーマンスコンクリート

    岡村 甫、前川宏一、小沢一雅 (担当: 共著 )

    技報堂出版  1993年09月 ISBN: 4-7655-1530-3

    Amazon

  • 鉄筋コンクリートの構成則と非線形解析

    Hajime Okamura, Koichi Maekawa (担当: 共著 )

    技報堂出版  1991年05月 ISBN: 4765515060

    Amazon

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

論文 【 表示 / 非表示

  • Proposal of poro-mechanical coupling among ASR, corrosion and frost action for damage assessment of structural concrete with water

    Gong Fuyuan, Maekawa Koichi

    ENGINEERING STRUCTURES   188   418 - 429   2019年06月

    共著

    Web of Science DOI

  • Effect of Crack Orientation on Fatigue Life of Reinforced Concrete Bridge Decks

    Eissa Fathalla, Yasushi Tanaka and Koichi Maekawa

    Applied Sciences   9 ( 8 )   2019年04月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Numerical investigation and design of reinforced concrete beams with non-uniform frost damage on the compression and tension sides

    Ren Mingqian, Gong Fuyuan, Maekawa Koichi

    STRUCTURE AND INFRASTRUCTURE ENGINEERING     2019年04月

    共著

    Web of Science DOI

  • ASR劣化を受ける実物大鋼主桁上RC床版の実環境暴露下における膨張変形挙動に関する解析的研究

    高橋佑弥,前島拓,岩城一郎,前川宏一

    構造工学論文集 ( 土木学会 )  65 ( A )   2019年04月  [査読有り]

    共著

  • 補強盛土一体橋梁の長期挙動の検討

    玉井 真一, 土屋 智史, 轟 俊太朗, 小島 謙一, 前川 宏一

    土木学会論文集E2(材料・コンクリート構造) ( 公益社団法人 土木学会 )  75 ( 1 ) 34 - 43   2019年02月

    共著

     概要を見る

    補強盛土一体橋梁は,補強盛土と桁を剛結した形式の橋梁である.この橋梁は,橋梁本体と補強盛土が一体化していることによる優れた使用性や耐震性を有する一方,橋台壁および補強土が桁の変形を拘束するため不静定力の影響を受ける.特にコンクリート桁では収縮,クリープによる変形が長期に継続する可能性がある.<br> 本論文は,初めて実橋梁に適用された補強盛土一体橋梁を対象として,計測とマルチスケール解析により長期挙動を検討したものである.4年間の盛土補強材のひずみと桁端変位の履歴により橋梁と補強盛土の一体性が確認された.さらに,桁端変位と鉄筋ひずみの実測値との比較により妥当性が検証された,降雨の影響を考慮したマルチスケール解析により,設計耐用期間100年に至るまでの補強盛土一体橋梁の安定性を確認することができた.

    DOI CiNii

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • RC構造の統合解析と仮説検証のサイクル

    前川宏一

    土木学会誌 ( 土木学会 )  103 ( 12 ) 46 - 49   2018年12月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • プレキャストPC床版用半剛接合継手

    櫻井信彰、前川宏一、松井繁之

    橋梁と基礎 ( 建設図書 )  52   29 - 36   2018年09月  [査読有り]

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著

  • 自己充填コンクリートの開発プロセスに見る技術開発とその実用化

    前川宏一,小澤一雅,松岡康訓

    土木学会誌 ( 土木学会 )  103 ( 5 ) 12 - 15   2018年05月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 高流動用セメントの必要性についての提案

    前川宏一,坂田昇,名倉健二

    コンクリートテクノ ( セメント新聞社 )  37 ( 4 ) 9 - 11   2018年04月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 土木学会関連指針の観点からの「流動性を高めた現場打ちコンクリートの活用に関するガイドライン(国土交通省)」について

    前川宏一,橋本親典,坂田昇

    コンクリート工学 ( 日本コンクリート工学会 )  56 ( 3 ) 213 - 217   2018年03月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 床版構造体の施工方法

    特願 JP20150080197  特開 JP2016199904  特許 JP6512908B

    前川宏一,石田哲也,荒井明夫,岩城一郎

  • コンクリート舗装構造体の施工方法

    特願 JP20150080252  特開 JP2016199908 

    岩城一郎,荒井明夫,石田哲也,前川宏一

  • 鉄筋コンクリートの補強構造及び補強工法

    特願 JP20150050299  特開 JP2016169543 

    前川宏一,平塚慶達

  • 構造物情報提供システム

    特願 JP20150019759  特開 JP2016142662  特許 JP6284240B

    菅野晶夫,矢野裕司,尾暮敏範,津野和宏,石田哲也,前川宏一,土橋 浩

  • コンクリートの補強構造及びその補強工法

    特願 JP20140141053  特開 JP2016017330  特許 JP6511231B

    平塚慶達,前川 宏一

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本コンクリート工学会賞論文賞

    2018年06月   日本コンクリート工学会   Remaining Fatigue Life Assessment of Damaged RC Decks ─Data Assimilation of Multi-scale Model and Site Inspection─  

    受賞者:  田中泰司、高橋佑弥、前川宏一

  • Best Paper Award

    2015年09月   Asian Concrete Federation  

    受賞者:  Yuya Takahashi, Shibata, Koichi Maekawa

  • 日本コンクリート工学会賞論文賞

    2014年06月   日本コンクリート工学会   Pseudo-Cracking Approach to Fatigue life Assessment of RC Bridge Decks in Service  

    受賞者:  藤山知加子、Xue Juan Tang、前川宏一、Xue Hui An

  • 日本コンクリート工学会賞論文賞

    2013年06月   日本コンクリート工学会   An Investigation into the Long-Term Excessive Deflection of PC Viaducts by Using 3D Multi-scale Integrated Analysis  

    受賞者:  大野元寛、千々和伸浩、Benny Suryanto、前川宏一

  • 日本コンクリート工学会賞論文賞

    2012年06月   日本コンクリート工学会   Numerical Simulation on Shear Capacity and Post-Peak Ductility of Reinforced High-Strength Concrete Coupled with Autogenous Shrinkage  

    受賞者:  Esayas Gebreyouhannes, Koichi Maekawa

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 水分子準平衡モデルに基づく大型 RC-PC 社会基盤構造の長期動態予測

    基盤研究(S)

    研究期間:  2011年04月  -  2016年03月  代表者:  前川宏一

  • コンクリート系床版に内在する凝縮水の動態による早期疲労限界状態

    基盤研究(A)

    研究期間:  2011年04月  -  2012年03月  代表者:  前川宏一

  • 高サイクル荷重と環境作用を同時に受けるコンクリート構造のマルチスケール耐久性力学

    基盤研究(A)

    研究期間:  2008年04月  -  2011年03月  代表者:  前川宏一

  • セメントゲル粒子に捕捉される細孔水分の長期運動に関する分子動力学モデル

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2005年04月  -  2006年03月  代表者:  前川宏一

  • マルチスケール解析に基づく構造-地盤連成系の長期性能予測プラットフォームの開発

    基盤研究(S)

    研究期間:  2003年04月  -  2008年03月  代表者:  前川宏一

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 道路インフラマネジメントサイクルの展開と国内外への実装を目指した統括的研究

    提供機関:  科学技術振興機構  戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)

    研究期間: 2018年04月  -  2019年03月  代表者:  石田哲也

  • 道路インフラマネジメントサイクルの展開と国内外への実装を目指した統括的研究

    提供機関:  科学技術振興機構  戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)

    研究期間: 2013年11月  -  2018年03月  代表者:  前川宏一

  • 非線形疲労応答解析に基づくコンクリート系橋梁床版の余寿命推定システム

    提供機関:  国土交通省  国土交通省建設技術研究開発助成制度

    研究期間: 2010年08月  -  2012年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • Journal of Advanced Concrete Technology

    Editor-in-chief 

    2011年06月
    -
    2018月03日
     

  • Concrete Library

    Editor-in-chief 

    2001年05月
    -
    2003月05日
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院都市イノベーション学府  Field Trips

  • 大学院都市イノベーション学府  Practicum and Internship Program

  • 大学院都市イノベーション学府  Thermodynamics of Structural Concrete

  • 大学院都市イノベーション学府  コンクリート構造の熱力学

  • 都市科学部  都市環境実験・演習B

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 東京大学工学系研究科長表彰・特別部門(国際化)

    2016年03月   東京大学工学系研究科  

    受賞者: 前川宏一

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本学術会議

    2017年10月
    -
    2020年09月

    政府   会員・土木工学建築学委員会副委員長

  • 土木研究所 外部評価委員会戦略的維持管理・更新分科会

    2016年04月
    -
    継続中

    政府   分科会長

  • コンクリート生産性向上検討協議会

    2016年04月
    -
    継続中

    政府   会長

  • 新道路技術会議

    2016年
    -
    継続中

    政府   委員長

  • 土木学会コンクリート委員会

    2015年04月
    -
    2019年03月

    学協会   委員長

全件表示 >>