松田 裕之 (マツダ ヒロユキ)

MATSUDA Hiroyuki

所属組織

大学院環境情報研究院 自然環境と情報部門

職名

教授

生年

1957年

研究分野・キーワード

生態リスク,環境学,生物学,農学

ホームページ

http://ecorisk.ynu.ac.jp/matsuda/



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 生態リスク学入門   2008年03月

    【著書】 なぜ生態系を守るのか  2008年11月

    【著書】 海の保全生態学  2013年11月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 環境汚染物質による生態リスク管理   2018年08月

    【学術関係受賞】 日本生態学会 学会賞  2013年03月

    【学術関係受賞】 横浜国立大学 優秀研究賞  2013年03月

    【論文】 生物多様性に配慮する持続可能な海底資源調査・開発のための海洋環境影響評価の検討(共著)  2017年12月

    【著書】 最新環境百科(共著)  2016年01月

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 1957年生まれ。麻布高校、京都大学理学部卒業、1985年に同大学院生物物理学専攻博士課程卒業(理学博士) そこから私の学問の梯子が始まる。85年日本医科大学で生理学者品川嘉哉教授に拾われ、89年水産庁中央水産研究所で鰯の資源変動の「3すくみ説を提唱」、91年にミネソタ大学留学後、93年九州大学理学部に転職して進化生態学、96年東京大学海洋研究所で順応的管理に取り組み,2003年横浜国立大学で中西準子教授の後任で環境リスク学に取り組む。主な訳書に『つきあい方の科学』(ミネルヴァ書房)、著書に『死の科学』(共著、光文社)『「共生」とは何か』(現代書館)、『環境生態学序説』(共立出版)、『ゼロからわかる生態学』(共立出版)など。現在の専門は進化生態学、保全生態学、環境リスク,水産資源学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士 -  京都大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2010年
    -
    継続中
     

    地域環境学ネットワーク

  • 2009年
    -
    継続中
     

    日本水産学会

  • 2009年
    -
    継続中
     

    海洋政策研究学会

  • 2004年
    -
    継続中
     

    日本数理生物学会

  • 2004年
    -
    継続中
     

    日本リスク研究学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生態・環境

  • 水産資源学

  • 環境リスク学

  • 環境生態学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 環境リスク管理、生態系管理、進化ゲーム理論

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • ユネスコエコパーク―地域の実践が育てる自然保護

    松田裕之・佐藤哲・湯本貴和 (担当: 共著 )

    京都大学学術出版会  2019年04月 ISBN: 978-4-8140-0205-4

     概要を見る

    単なる自然の保全ではなく、人間の生きた生活の上に成り立つ自然保護を目指すユネスコエコパーク。その制度的特徴と様々な現場の実践から、持続可能な未来に向かう社会転換プロセスのあり方を考える。

    Amazon

  • Transformations of Social-Ecological Systems

    Matsuda H, Makino M, Vlachopoulou EI (担当: 共著 , 担当範囲: Drawing Plans of a House That Already Stands: Knowledge Systems of the Shiretoko Region, a World Heritage Site of Japan )

    Springer Nature  2018年12月 ISBN: 978-981-13-2326-3

     概要を見る

    In the context of the process in which Shiretoko was selected as a World Natural Heritage Site, we discuss the functions of bilateral knowledge translators as buffers to resist external pressure. We explore a process that encourages reconfiguration of the international framework represented by World Natural Heritage Site. In the Shiretoko region, through the interaction between fishers and visiting researchers, knowledge systems that contribute to the international value of World Natural Heritage Sites are reorganized to fit local realities. The mechanisms utilized and the value derived from local fisher practices can spread widely via the language of science.

  • 地域環境学: トランスディシプリナリー・サイエンスへの挑戦

    佐藤 哲 (編集), 菊地 直樹 (編集) (担当: 単著 , 担当範囲: 地域に生かす国際的な仕組み――ユネスコMAB計画 )

    東京大学出版会  2018年01月

     概要を見る

    地域社会の環境問題から地球規模の環境問題へ――科学者、生産者、地域住民など、多様なステークホルダーによって生み出された科学知や在来知を統合したさまざまな「地域環境知」に着目し、環境問題の解決と持続可能性の実現をめざして、「地域環境学」として新たに体系化する。

    Amazon

  • 魚たちとワシントン条約(マグロ・サメからナマコ・深海サンゴまで)

    中野秀樹・高橋紀夫(編) (担当: 共著 , 担当範囲: 第7章 環境保護団体とワシントン条約 )

    文一総合出版  2016年04月 ISBN: 978-4-8299-65

    Amazon

  • 国際資源管理認証制度

    大元 鈴子 編, 佐藤 哲 編, 内藤 大輔 編 (担当: 共著 )

    東京大学出版会  2016年03月 ISBN: 978413060314

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 段階式水位低下によるダム湖のオオクチバスの繁殖抑制

    松崎 厚史, 沖津 二朗, 浅見 和弘, 樋口 貴哉, 鎌田 健太郎, 大杉 奉功, 中井 克樹, 松田 裕之, 小山 幸男

    応用生態工学 ( 応用生態工学会 )  21 ( 2 ) 145 - 158   2019年

    共著

     概要を見る

    福島県阿武隈川水系三春ダムでは,制限水位方式のダム運用を行っており,通常,洪水期の開始直前に貯水位を低下させる.ちょうどこの時期は,外来魚の繁殖期と重複し,オオクチバスの産卵開始の目安とされる 15~16℃に表面水温が達する時期が含まれる.このため,ダム湖に特有の計画的な水位操作パターンに工夫を施し,外来魚の繁殖抑制を試みた.通常のダム操作は,貯水位を一定の割合で低下させていくが,三春ダムでは,途中で 2 ~ 4 日程度,水位を一定に保持してオオクチバスの産卵床形成を促進させ,その後,貯水位を低下させて産卵床を干出した.その結果,貯水位を一定に保った水深から 0.5 ~ 2 m 下に産卵床が多く観察され,段階式水位操作により,多くの産卵床を干出できることを確認した.繁殖に成功した稚魚を捕獲し,個体サイズ,耳石から産卵日を推定すると,水位低下中の繁殖成功は少ない結果となった.また,4 段式水位操作と 3 段式水位操作では,前者で繁殖成功数は少なく,より効率的に繁殖を抑制させる結果となった.個体群数の将来予測では,4 段式水位操作の場合,個体数は横ばいで,増加は抑制されると推定された.これらのことから,4 段式の水位操作により,貯水池内のオオクチバスの繁殖抑制は可能と考えられた.

    DOI CiNii

  • 多状態占有モデルにより解明されたオオタカの繁殖状態の決定要因

    夏川 遼生, 森 要, 小室 静子, 塩川 孝, 梅津 潤, 松田 裕之

    日本森林学会大会発表データベース ( 日本森林学会 )  130 ( 0 )   2019年

    共著

     概要を見る

    <p> 繁殖地選択や繁殖成功度といった繁殖状態は個体の適応度や個体群動態と密接に関係する.オオタカは頂点捕食者であるため,彼らの存在は生態系の捕食者-被食者相互作用と関係する.そして,オオタカは生物多様性を指標する代理種としての役割を担うことが知られており,彼らの繁殖状態には特に注目すべきである. 演者らは2014~2018年に神奈川県内に793km2の調査地を設定し,これを2×2km2のセルに分割した.そして113セルでオオタカの繁殖状態調査を行い,不在,繁殖失敗,繁殖成功の3状態で記録した.繁殖状態と土地被覆要因,気象要因といった環境要因の関係を多状態占有モデルにより解析した.本モデルは,3状態以上で記録され,状態と検出の両方に不確実性があるときに偏りが少ない推定結果を提供する. その結果,繁殖地選択には森林,開放地,高植被率市街地(30×30m以下の植生が30%以上混在する街区)の各面積率が正の効果を与え,繁殖成功度には巣から2km圏内の隣接ペア巣数が負の効果を与えた.本研究は,繁殖地選択には土地被覆面積率が影響し,繁殖成功度には密度依存性があることを明らかにした.</p>

    DOI CiNii

  • Comparing macroinvertebrate assemblages at organic-contaminated river sites with different zinc concentrations: metal-sensitive taxa may already be absent

    Iwasaki Y, Kagaya T, Matsuda H

    Environmental Pollution   ( 241 ) 272 - 278   2018年10月  [査読有り]

    単著

     概要を見る

    Highlights • Effects of Zn on macroinvertebrates in organic-contaminated rivers were evaluated. • Observed communities were species poor. • Metal-sensitive taxa such as heptageniid mayflies were few or absent. • No significant effect of total Zn concentrations of <70 μg/L was detected. • Metals may have limited impacts on species-poor communities in urban rivers.

    DOI

  • Occurrence and ecological risk of pharmaceuticals in river surface water of Bangladesh

    Hossain A, Nakamichi T, Habibullah-Al-Mamun M, Tani K, Masunaga S, Matsuda H

    Environmental Research   ( 165 ) 258 - 266   2018年08月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    Highlights • Twelve pharmaceuticals were investigated in river surface water. • Nine pharmaceuticals were detected at ng L−1 level. • MNZ was dominant followed by TMP, ERY-H2O and SMX. • Contamination of SMX, TMP and TYL was associated with fed aquaculture. • Preliminary ecological risk assessment showed the medium to low risks.

    DOI

  • Food nitrogen footprint reductions related to a balanced Japanese diet

    Oita A, Nagano I, Matsuda H

    AMBIO A Journal of the Human Environment   47 ( 3 ) 319 - 326   2018年04月

    単著

     概要を見る

    Dietary choices largely affect human-induced reactive nitrogen accumulation in the environment and resultant environmental problems. A nitrogen footprint (NF) is an indicator of how an individual’s consumption patterns impact nitrogen pollution. Here, we examined the impact of changes in the Japanese diet from 1961 to 2011 and the effect of alternative diets (the recommended protein diet, a pescetarian diet, a low-NF food diet, and a balanced Japanese diet) on the food NF. The annual per-capita Japanese food NF has increased by 55% as a result of dietary changes since 1961. The 1975 Japanese diet, a balanced omnivorous diet that reportedly delays senescence, with a protein content similar to the current level, reduced the current food NF (15.2 kg-N) to 12.6 kg-N, which is comparable to the level in the recommended protein diet (12.3 kg-N). These findings will help consumers make dietary choices to reduce their impacts on nitrogen pollution. Link for full text (free view-only version) -> http://rdcu.be/vR6H

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 土壌汚染が存在する土地(CS)及び土壌汚染の可能性がある土地(PCS)における土壌汚染対策費用の算出方法及び再開発されずに遊休地(BF)となる確率の算出方法

    特願 特願2007-067660   特開 特開2008-226193 

    保高 徹生、松田 裕之、牧野 光琢

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 海の恵みと人の営み―知床世界遺産

    松田 裕之  [招待有り]

    人と自然の共生ネット「人と自然の共生シンポジウム」  (京丹後市アグリセンター)  2016年12月04日  

  • オジロワシの生物学的潜在間引き数(PBR)と風力発電環境影響評価

    松田裕之, 谷圭一郎(横浜国大), 島田泰夫(日本気象協会)

    第32回個体群生態学会大会  (札幌市定山渓)  2016年11月04日   個体群生態学会

  • ユネスコエコパーク、ジオパーク、世界遺産について

    松田 裕之  [招待有り]

    高知大学黒潮圏セミナー/DCセミナー  (高知大学)  2016年09月29日   高知大学

  • 海洋生態系モデル開発と 生態系アプローチについて

    松田 裕之  [招待有り]

    CREST「海洋生物多様性および生態系の保全・再生に資する基盤技術の創出」研究領域 平成28 年度領域内WS「モデル開発」   (科学技術振興機構(JST))  2016年09月15日   JST

  • 生物多様性と人間活動の未来

    松田 裕之  [招待有り]

    (EcoLeaD)プレミアムサマースクール2016  (ダイヤモンド社 石山記念ホール(東京都))  2016年09月14日   環境人材育成コンソーシアム(EcoLeaD)

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 日本生態学会保全生態学研究

    編集委員 

    2006年
    -
    2012年
     

  • Ecological Research

    編集委員 

    2000年
    -
    2004年
     

  • 日本計量生物学会 和文誌

    編集委員 

    1999年
    -
    2000年
     

  • 日本生物物理学会誌

    編集実行委員 

    1995年
    -
    1996年
     

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 風力発電等導入支援事業/環境アセスメント調査早期実施実証事業/環境アセスメント迅速化研究開発事業(順応的管理手法の開発)

    提供機関: 新潟大学・徳島大学・九州大学・(株)日立パワーソリューションズ・(株)ドーコン  国内共同研究  

    研究期間: 2014年  -  2016年 

  • 地球環境研究総合推進費(3)広域的な生態系保全・再生 里山・里地・里海の生態系サービスの評価と新たなコモンズによる自然共生社会の再構築(代表者:渡辺正孝)

    研究期間: 2009年  -  2011年 

  • 環境研究・技術開発推進費クマ類の個体数推定法の開発に関する研究―日本版クマ類個体数推定法を確立する―(代表者:米田正明)

    国内共同研究  

    研究期間: 2009年  -  2011年 

  • 科学技術振興機構・社会技術研究開発センター研究開発プログラム「科学技術と社会の相互作用」地域主導型科学者コミュニティの創生(代表者:佐藤哲)

    研究期間: 2008年  -  2012年 

  • PEW財団 2007Pew Fellowship in Marine Conservation

    国内共同研究  

    研究期間: 2007年  -  2009年 

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 都市科学部  生態学社会フィールドワークⅡ

  • 都市科学部  生態学社会フィールドワークⅠ

  • 都市科学部  里地と山地の生態学Ⅰ

  • 都市科学部  自然環境リスク共生概論B(生物と環境)

  • 都市科学部  生態リスク学入門

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 長野県高山村環境審議会

    2016年04月
    -
    2018年07月

    自治体   座長

  • NEDO 次世代浮体式洋上風力発電システム実証研究技術委員会

    2016年
    -
    継続中

    政府   委員

  • 北海道 ヒグマ有識者会議

    2016年
    -
    継続中

    学協会   座長代理

  • 北海道 エゾシカ有識者会議 生息状況評価部会

    2016年
    -
    継続中

    自治体   座長

  • 海洋生物多様性保全と利用の研究に関する調査研究委員会

    2016年
    -
    継続中

    自治体   委員

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • JST「中高生の科学研究実践活動推進プログラム」

    横浜国立大学  (横浜国立大学国際教育センター) 

    2016年08月
     
     

     概要を見る

    「高校からの生態学」「漁業 と環境問題」講演

  • 野生動物管理のリーダーをどう育てるか?

    野生動物管理全国協議会  (国立科学博物館) 

    2016年05月
     
     

     概要を見る

    コーディネーター・パネリスト

  • ユネスコジオパーク誕生記念フォーラムージオパークの新時代に向けて-

    日本ジオパークネットワーク  (石川県白山市) 

    2016年01月
     
     

  • 海洋と宇宙に関する産学連携セミナー 第四回「船舶・海洋への宇宙利用:技術開発と産業振興の在り方を考える」

    北海道大学北極域研究センター  (函館市国際水産・海洋総合研究センター) 

    2016年01月
     
     

     概要を見る

    講演:衛星利用による回遊資源と希少動物のための海洋保護区の設計

  • 生態環境人材育成プログラム

    東北大学  (東北大学東京分室) 

    2015年12月
     
     

     概要を見る

    環境リスクに関する講義

全件表示 >>