松井 和己 (マツイ カズミ)

Matsui, Kazumi

所属組織

大学院環境情報研究院 人工環境と情報部門

職名

准教授

生年

1975年

研究分野・キーワード

非線形有限要素法,マルチスケール解析,均質化法,トポロジー最適化

ホームページ

http://www.cml.ynu.ac.jp/

関連SDGs




出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年

    東北大学  工学研究科  土木工学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  東北大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年07月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   人工環境と情報部門   准教授  

  • 2006年04月
    -
    2010年06月

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   人工環境と情報部門   講師  

  • 2003年12月
    -
    2006年03月

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   人工環境と情報部門   助手  

  • 2018年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院環境情報学府   情報環境専攻   准教授  

  • 2017年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   理工学部   機械・材料・海洋系学科   准教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2003年11月

      独立行政法人産業技術総合研究所   計算科学研究部門   /

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    土木学会

  •  
     
     
     

    日本計算工学会

  •  
     
     
     

    日本機械学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 機械材料・材料力学

  • 構造工学・地震工学・維持管理工学

  • 計算科学

  • 計算力学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • マルチスケール構造解析および構造最適化

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 非線形有限要素法 弾塑性解析の理論と実践

    監訳: 寺田賢二郎 (担当: 共訳 )

    森北出版  2012年06月 ISBN: 4627920210

  • 有限要素法 ABAQUS Student Edition付

    山田貴博,永井学志 (担当: 共著 )

    丸善  2008年12月

論文 【 表示 / 非表示

  • Numerical procedure to couple shell to solid elements by using Nitsche's method

    Yamamoto Takeki, Yamada Takahiro, Matsui Kazumi

    COMPUTATIONAL MECHANICS   63 ( 1 ) 69 - 98   2019年01月

    共著

    Web of Science DOI

  • 鋼構造物を対象とした弾塑性解析への異種要素を接続したモデル化手法の適用

    山本 剛大, 山田 貴博, 松井 和己, 斉木 功

    土木学会論文集A2(応用力学) ( 公益社団法人 土木学会 )  74 ( 2 ) I_147 - I_158   2018年

    共著

     概要を見る

    部材の接合部分や角部近傍では応力集中が発生しやすいため,部材の降伏を評価する弾塑性解析が重要となる.そのような構造物の離散化に構造要素を適用すると,塑性域における金属材料の非圧縮状態が考慮されず,妥当な計算結果が得られるとは限らない.本研究では,Nitsche法に基づく異種要素の接続手法を鋼構造物のモデル化に適用する.本手法では,部材の接合部など角部を含む接続境界において,メッシュ分割を工夫することで妥当な計算結果が得られる.また,接続部分の界面に塑性域が進展するような状況では,シェル要素とソリッド要素で表現できる応力状態の相違から応力ベクトルが不連続となり,数値計算が不安定になる.そのため,異種要素を接続するモデル化手法は,各領域内に塑性域が留まる状況のもとで,弾塑性問題に適用すべきである.

    DOI CiNii

  • 炭素鋼の微視的構造解析におけるFe-Fe<sub>3</sub>C間の簡易モデル化の検討

    鈴木 翔, 中村 真太郎, 松井 和己

    M&M材料力学カンファレンス ( 一般社団法人 日本機械学会 )  2018 ( 0 )   2018年

    共著

     概要を見る

    <p>Steel materials typified by carbon steel are one of the important materials of social infrastructure. When handling these materials in numerical simulation, they are generally modeled as homogeneous continuum. This is because microscopic structures having various orientations are randomly combined, and as macroscopically can be considered as an isotropic body as a result. On the other hand, each such microscopic structure has a complicated structure. The microscopic structure of steel, in particular the kinematic behavior of cementite, is closely related to the ductile fracture of steel materials. That is, cementite in the steel material cracks during loading, and the void formed in the cracked region spreads, eventually leading to ductile fracture. When considering this series of phenomena as the progress of damage inside the material, it is interesting to see how the damage progresses. In the concept of continuum damage mechanics, not only general variables used for description of deformation, but also new internal variables with unique relationship with internal damage process are introduced to express damage inside the material. Alternatively, using multi-scale analysis based on homogenization method, it is possible to reflect the mechanical response of the microscopic structure as the material property of the macroscopic structure. By using this method, we can express internal damage of the material without preparing new variables representing damage. In this research, we focus on the growth behavior of the voids in the microstructure of the carbon steel after voids are generated, and propose a simple model that characterizes the growth phenomenon. Then, using this model, we perform micro and macro structure coupled analysis based on homogenization method.</p>

    DOI CiNii

  • 多軸載荷を考慮した延性破壊解析

    杉山 裕文, 松井 和己, 山田 貴博, 岡澤 重信

    計算力学講演会講演論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )  2018 ( 0 )   2018年

    共著

     概要を見る

    <p>In this paper, ductile fracture simulation under the multiaxial loading is examined. Ductility of the material is considered by damage model, moreover, crack propagation is described by the finite cover method. Predicting the crack propagation phenomena about the metal material is necessary for the engineering field. Finite element method (FEM) is widely used to predict the metalworking and fracture process involves necking, crack, and failure. However, FEM is not good at predicting crack propagation. The generalized finite element method is good at describing discontinuous field like a fracture. Finite cover method(FCM), which defines the multiple covers, is one of the candidates to describe the discontinuous deformation. Moreover, a lot of constitutive equation has devised in order to deal with complex material behavior. Though there are many material constants, they sometimes have no physical meaning. In this study, a simplified Lemaitre model with FCM is employed to crack propagation simulation under multi-axial loading by applying different combinations of normal and transverse loads to the model. Some respective examples show the result of crack propagation and examine the effect of the multi-axial loading.</p>

    DOI CiNii

  • き裂進展のための体積ロッキングを回避した有限被覆法の開発

    杉山裕文,松井和己,山田貴博

    日本計算工学会論文集 ( 日本計算工学会 )  2016   2016年10月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成17年度 日本計算工学会奨励賞

    2006年05月    

  • 平成14年度 日本計算工学会論文賞

    2002年05月    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 熱力学に立脚した統一的マルチフィジックス・マルチスケール解析手法の開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月  代表者:  松井和己

  • 高エネルギー白色X線を用いた疲労過程における結晶学的損傷評価と寿命予測

    基盤研究(B)

    研究期間:  2010年04月  -  2013年03月  代表者:  秋庭義明

  • 潤滑剤の流体・ミクロ挙動を考慮した塑性変形予測に関する研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2010年04月  -  2013年03月  代表者:  久保木孝

  • 仮想物理空間の基礎となる連成解析手法の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2009年04月  -  2012年03月  代表者:  山田貴博

  • マーカ粒子特性有限要素法による大変形統一解析手法の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2006年04月  -  2009年03月  代表者:  山田貴博

全件表示 >>

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • IT/MT分野におけるシミュレーション技術の適用に関する研究

    国内共同研究  

    研究期間: 2004年04月  -  2006年03月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院環境情報学府  超スマート社会の構築に向けて

  • 大学院環境情報学府  科学技術ソフトウエア工学演習

  • 大学院環境情報学府  科学技術ソフトウエア工学

  • 大学院環境情報学府  中核人材育成プログラムⅢ

  • 大学院環境情報学府  中核人材育成プログラムⅡ

全件表示 >>

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 第16回計算工学講演会

    (柏市) 

    2011年05月
     
     

  • 第15回計算工学講演会

    (福岡市) 

    2010年05月
     
     

  • International Workshops on Advances in Computational Mechanics

    (日本・横浜市) 

    2010年03月
     
     

  • 第14回計算工学講演会

    (東京) 

    2009年05月
     
     

  • 日本機械学会 2008年度年次大会

    (横浜) 

    2008年08月
     
     

全件表示 >>