松本 勉 (マツモト ツトム)

MATSUMOTO Tsutomu

所属組織

大学院環境情報研究院 社会環境と情報部門

職名

教授

生年

1958年

研究分野・キーワード

(1)暗号設計技術(2)鍵事前配布方式KPS(Key Predistribution System)(3)依頼計算(4)人工物メトリクス(5)バイオメトリクス(6)耐タンパーソフトウェア(7)ディジタル証拠性基盤(8)モバイル機器のセキュリティ(9)情報ハイディング

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://ipsr.ynu.ac.jp/



写真a

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1981年03月

    横浜国立大学   工学部   電気工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1986年03月

    東京大学  工学系研究科  電子工学専攻  博士課程  修了

  •  
    -
    1983年03月

    横浜国立大学  工学研究科  情報工学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士 -  東京大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年06月
    -
    継続中

      国立研究開発法人 産業技術総合研究所   情報技術研究部門   研究顧問

  • 2013年04月
    -
    2016年03月

      (独)日本学術振興会    学術システム研究センター   専門研究員

  • 2006年09月
    -
    継続中

      日本学術会議   連携会員

  • 2005年08月
    -
    2012年03月

      独立行政法人産業技術総合研究所   情報セキュリティ研究センター   研究顧問

  • 2004年08月
    -
    2005年03月

      独立行政法人国立印刷局   非常勤研究員

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    国際暗号学会

  •  
     
     
     

    電子情報通信学会

  •  
     
     
     

    情報処理学会

  •  
     
     
     

    日本セキュリティマネジメント学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 通信・ネットワーク工学

  • 計算機システム

  • ソフトウェア

  • 情報学基礎理論

  • バイオメトリクス

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 電子株主総会の研究

    岩村、神田(編) (担当: 共著 )

    弘文堂  2003年

  • 電子政府・電子自治体

    多賀谷(編) (担当: 共著 )

    第一法規  2002年

  • Coding Theory and Cryptography

    Harald Niederreiter (Ed.) (担当: 共著 )

    World Scientific  2002年

  • デジタル文書証明

    (担当: 共著 )

    NTT出版  2001年

  • 情報処理学会(編), エンサイクロペディア情報処理2000/2001

    (担当: 共著 )

    オーム社  2000年

論文 【 表示 / 非表示

  • A Demonstration of a HT-Detection Method Based on Impedance Measurements of the Wiring Around ICs

    Fujimoto Daisuke, Nin Shota, Hayashi Yu-Ichi, Miura Noriyuki, Nagata Makoto, Matsumoto Tsutomu

    IEEE TRANSACTIONS ON CIRCUITS AND SYSTEMS II-EXPRESS BRIEFS   65 ( 10 ) 1320 - 1324   2018年10月

    共著

    Web of Science DOI

  • EM Security Analysis of Compact ECDSA Hardware

    Koiwa Kosuke, Fujimoto Daisuke, Hayashi Yuichi, Nagata Makoto, Ikeda Makoto, Matsumoto Tsutomu, Homma Naofumi

    2018 JOINT IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ELECTROMAGNETIC COMPATIBILITY AND 2018 IEEE ASIA-PACIFIC SYMPOSIUM ON ELECTROMAGNETIC COMPATIBILITY (EMC/APEMC)     12 - 12   2018年

    共著

    Web of Science

  • HT-detection method based on impedance measurements of ICs

    Nin Shota, Fujimoto Daisuke, Hayashi Yu-ichi, Miura Noriyuki, Nagata Makoto, Matsumoto Tsutomu

    2018 JOINT IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ELECTROMAGNETIC COMPATIBILITY AND 2018 IEEE ASIA-PACIFIC SYMPOSIUM ON ELECTROMAGNETIC COMPATIBILITY (EMC/APEMC)     11 - 11   2018年

    共著

    Web of Science

  • IoTProtect: Highly Deployable Whitelist-based Protection for Low-cost Internet-of-Things Devices

    Wu Chun-Jung, Tie Ying, Hara Satoshi, Tamiya Kazuki, Fujita Akira, Yoshioka Katsunari, Matsumoto Tsutomu

    Journal of Information Processing ( 一般社団法人 情報処理学会 )  26 ( 0 ) 662 - 672   2018年

    共著

     概要を見る

    <p>In recent years, many Internet-of-Things (IoT) devices, such as home routers and Internet Protocol (IP) cameras, have been compromised through infection by malware as a consequence of weak authentication and other vulnerabilities. Malware infection can lead to functional disorders and/or misuse of these devices in cyberattacks of various kinds. However, unlike personal computers (PCs), low-cost IoT devices lack rich computational resources, with the result that conventional protection mechanisms, such as signature-based anti-virus software, cannot be used. In this study, we present IoTProtect, a light-weight, whitelist-based protection mechanism that can be deployed easily on existing commercial products with very little modification of their firmware. IoTProtect uses a whitelist to check processes running on IoT devices and terminate unknown processes periodically. Our experiments using four low-cost IoT devices and 4, 981 in-the-wild malware binaries show that IoTProtect successfully terminated 99.92% of the processes created by the binaries within 44 seconds after their infection with central processing unit (CPU) overhead of 24% and disk space overhead of 288KB.</p>

    DOI CiNii

  • Toward Collaborative Defense Across Organizations

    Sasaki Takayuki, Yoshioka Katsunari, Matsumoto Tsutomu

    Journal of Information Processing ( 一般社団法人 情報処理学会 )  26 ( 0 ) 790 - 803   2018年

    共著

     概要を見る

    <p>New attack methods, such as new malware and exploits are released every day. Attack information is essential to improve defense mechanisms. However, we can identify barriers against attack information sharing. One barrier is that most targeted organizations do not want to disclose the attack and incident information because they fear negative public relations caused by disclosing incident information. Another barrier is that attack and incident information include confidential information. To address this problem, we propose a confidentiality-preserving collaborative defense architecture that analyzes incident information without disclosing confidential information of the attacked organizations. To avoid disclosure of confidential information, the key features of the proposed architecture are (1) exchange of trained classifiers, e.g., neural networks, that represent abstract information rather than raw attack/incident information and (2) classifier aggregation via ensemble learning to build an accurate classifier using the information of the collaborative organizations. We implement and evaluate an initial prototype of the proposed architecture. The results indicate that the malware classification accuracy improved from 90.4% to 92.2% by aggregating five organization classifiers. We conclude that the proposed architecture is feasible and demonstrates practical performance. We expect that the proposed architecture will facilitate an effective and collaborative response to current attack-defense situations.</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 「情報学を創る」情報セキュリティに関する総合的な研究 ― 科研「情報学」プロジェクトのセキュリティ研究を振り返って ―

    情報処理   48 ( 4 ) 368 - 375   2007年04月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 生体認証システムの脆弱性について―身体的特徴の偽造に関する脆弱性を中心に―

    宇根正志

    金融研究,日本銀行   24 ( 2 ) 35 - 83   2005年07月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 人工物メトリクスの評価における現状と課題

    松本弘之, 宇根正志, 松本 勉, 菅原嗣高

    金融研究,日本銀行   23 ( 別冊2 ) 61 - 140   2004年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • インフォメーションハイディングの概要

    情報処理(情報処理学会誌)   44 ( 3 ) 227 - 235   2003年03月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 通信におけるインフォメーションハイディング

    井上大介, 鈴木雅貴

    情報処理(情報処理学会誌)   44 ( 3 ) 254 - 259   2003年03月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成22年度文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)

    2010年04月13日    

  • 第4回情報セキュリティ文化賞

    2008年03月    

  • NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド 第5回ドコモ・モバイル・サイエンス賞 先端技術部門【優秀賞】 業績:「ディペンダブルな生体認証技術を築くためのセキュリティ評価技術の研究」

    2006年10月    

  • 平成18年度情報化促進貢献個人表彰 経済産業省商務情報政策局長表彰「情報セキュリティ促進部門」

    2006年10月    

  • 情報処理学会第6回コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS2003) 優秀論文賞

    2003年10月    

全件表示 >>

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • バイオメトリクスセキュリティ評価基準の研究開発

    国内共同研究  

    研究期間: 2003年  -  2004年 

  • 高セキュリティソフトウェアの開発(プログラム修正ツール実証実験)

    国内共同研究  

    研究期間: 2003年  -  2004年 

  • 高セキュリティソフトウェアの開発(プログラム修正ツール作成)

    国内共同研究  

    研究期間: 2003年  -  2004年 

  • 耐タンパーモバイル環境とその応用に関する研究

    国内共同研究  

    研究期間: 2002年  -  2004年 

  • 高セキュリティソフトウェアに関する研究

    国内共同研究  

    研究期間: 2002年  -  2003年 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院環境情報学府  情報セキュリティデザイン演習

  • 大学院環境情報学府  情報セキュリティデザイン演習

  • 大学院環境情報学府  セキュリティ解析Ⅱ

  • 大学院環境情報学府  セキュリティ情報学応用

  • 大学院環境情報学府  セキュリティ情報学Ⅱ

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • CRYPTREC暗号技術検討会

    2016年04月
    -
    継続中

    政府   座長

  • 電子情報通信学会ハードウェアセキュリティ研究専門委員会

    2018年04月
    -
    継続中

    学協会   委員長

  • 「バイオメトリクス標準化調査研究委員会」WG6(日本規格協会INSTAC)

    2003年05月
    -
    2004年03月

    その他   委員

  • 地方公共団体による公的個人認証技術基準検討会(総務省)

    2003年
    -
    継続中

    その他   構成員

  • 情報セキュリティ戦略研究会(経済産業省)

    2003年
    -
    継続中

    その他   委員

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • クローズアップ現代,NHK総合テレビ,2004-02-26, “生体認証”

    2004年02月
     
     

  • サイエンスZERO,NHK教育テレビ,2004-01-21, “バイオメトリクス”

    2004年01月
     
     

  • ニュースモーニングサテライト,テレビ東京,2003-11-04, “生体認証”

    2003年11月
     
     

  • Let’s, 朝日新聞(夕刊),2003-11-17, “バイオメトリクス”

    2003年11月
     
     

  • NHK総合テレビ,首都圏ネットワーク, 2003-09-10, “危機管理・本人確認最新システム「生体認証」最前線”

    2003年09月
     
     

全件表示 >>