松永 友有 (マツナガ トモアリ)

MATSUNAGA Tomoari

所属組織

大学院国際社会科学研究院 国際社会科学部門

職名

教授

生年

1969年

研究分野・キーワード

経済史、西洋史、イギリス、社会政策、経済政策

メールアドレス

メールアドレス



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Reconsidering the Tariff Reform Controversy in Britain: Joseph Chamberlain’s Tariff Reform Versus Arthur Balfour’s Plan of Retaliatory Tariffs   2021年12月

    【論文】 The paradoxical coexistence between free trade ideology and economic nationalism within left liberals in Britain  2021年03月

    【論文】 The Origins of Unemployment Insurance in Edwardian Britain  2017年

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1992年

    早稲田大学   法学部  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年

    早稲田大学  政治学研究科  西洋政治史   

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 政治学修士 -  早稲田大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院国際社会科学研究院   国際社会科学部門   教授  

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    専任   横浜国立大学   大学院国際社会科学研究科   教授  

  • 2009年04月
    -
    2011年03月

    専任   横浜国立大学   大学院国際社会科学研究科   准教授  

  • 2021年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院先進実践学環   教授  

  • 2017年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   経済学部   経済学科   教授  

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    社会経済史学会

  •  
     
     
     

    政治経済学・経済史学会

  •  
     
     
     

    西洋史学会

  •  
     
     
     

    歴史学研究会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパ史・アメリカ史

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 近現代イギリスの社会政策と通商政策

    その他の研究制度  

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 禁忌の兵器

    榎本珠良,松永友有,小谷賢ほか (担当: 共著 , 担当範囲: 大戦間期のイギリス国際軍縮政策と質的軍縮論 )

    日本経済評論社  2020年02月 ISBN: 4818825506

  • ゼロからはじめる経済入門

    氏川恵次、松永友有、山崎圭一ほか (担当: 共著 )

    有斐閣  2019年05月

  • ブリティッシュ・ワールド

    竹内真人、松永友有、横井勝彦、勝田俊輔ほか (担当: 共著 )

    日本経済評論社  2019年02月 ISBN: 978-4-8188-2522-2

  • よくわかるイギリス近現代史

    君塚直隆、松永友有ほか (担当: 分担執筆 )

    ミネルヴァ書房  2018年06月 ISBN: 978-4-623-08318-3

  • 国際政治史における軍縮と軍備管理

    榎本珠良、松永友有、竹内真人、小谷賢、ジョゼフ・マイオロ、キース・クラウス (担当: 共著 , 担当範囲: 第4章 )

    日本経済評論社  2017年03月 ISBN: 9784818824607

    Amazon

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Reconsidering the Tariff Reform Controversy in Britain: Joseph Chamberlain’s Tariff Reform Versus Arthur Balfour’s Plan of Retaliatory Tariffs

    Tomoari Matsunaga

    Journal of European Economic History ( Associazione Bancaria Italiana )    2021年12月  [査読有り]

    単著

  • The paradoxical coexistence between free trade ideology and economic nationalism within left liberals in Britain

    Tomoari Matsunaga

    History of European Ideas ( Routledge )    2021年03月  [査読有り]

    単著

    DOI

  • 1902年植民地会議における帝国海軍同盟構想と帝国通商同盟構想

    松永 友有

    国際武器移転史 ( 明治大学武器移転史研究所 )  ( 11 ) 81 - 109   2021年01月  [査読有り]

    単著

  • ジョン・メイナード・ケインズの国際経済思想:経済的ナショナリズムと自由貿易主義国際平和論との相克

    松永 友有

    経済学史研究 ( 経済学史学会 )  62 ( 1 ) 26 - 50   2020年07月  [査読有り]

    単著

     概要を見る

    John Maynard Keynes is known to have frequently changed his opinion on free trade and protection. There have been two contrasting interpretations of Keynes's thought on the external economic policy, with one considering him essentially a free trader and the other finding him a protectionist. This article elucidates an original coherent explanation for Keynes's ambiguous thinking on Britain's external economic policy by observing the contradictory coexistence of economic nationalism and pacifist free-trade ideology among the New Liberals (left-leaning Liberals), of whom he was one. Since the 19th century, Britain had a peculiar political tradition in that the proposal of a protectionist policy almost entirely came from the political right, whereas the political left monolithically supported unconditional free trade under the influence of Richard Cobden's idealistic internationalism. New Liberals, such as J.A. Hobson and Keynes, were sympathetic to the vision of a balanced national economy in which the manufacturing, rather than the financial sector, played a central role. In this sense, New Liberals had much in common with the historical economists, such as William Cunningham and William Ashley, who supported the Conservative Party's protectionist campaign. Both Hobson's theory of underconsumption and Keynes's theory of effective demand emphasized the importance of domestic, rather than foreign markets. This meant that the New Liberals' economic thinking was essentially more congruent with a protectionist policy to safeguard domestic manufacturing industries than free trade. Nevertheless, the New Liberals found it extremely difficult to support a protectionist policy because of protectionism's strong association with right-wing politics in Britain and its incommensurability with their belief in a pacifist free-trade ideology. This dilemma formed the backdrop of Keynes's allegedly inconsistent attitudes on the external economic policy of his time.JEL classification numbers: B10, B20, B27.

    DOI CiNii

  • 草創期の社会保障政策に対する通商政策の規定的影響

    松永 友有

    社会政策 ( 社会政策学会 )  10 ( 1 ) 108 - 121   2018年06月  [査読有り]

    単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 国民経済の開放性が草創期の社会保険制度に及ぼした影響に関する国際比較研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2023年03月 

  • 社会保障政策に対する通商政策の規定的影響に関する国際比較研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月  代表者:  松永 友有

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 軍縮・軍備管理と武器移転・技術移転に関する総合的歴史研究

    提供機関:  文部科学省  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業

    研究期間: 2015年04月  -  2020年03月  代表者:  横井 勝彦

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ジョン・メイナード・ケインズの国際経済思想

    松永 友有

    マルサス学会  (釧路公立大学)  2017年06月24日  

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 国際武器移転史

    編集委員 

    2016年01月
    -
    継続中
     

  • 歴史と経済

    編集委員 

    2002年10月
    -
    継続中
     

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 軍縮・軍備管理と武器移転・技術移転に関する総合的歴史研究

    提供機関: 明治大学  国内共同研究  

    研究期間: 2015年04月  -  2020年03月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院国際社会科学府  ワークショップⅣ(グローバル経済と社会2)

  • 大学院国際社会科学府  ワークショップⅢ(グローバル経済と社会1)

  • 大学院国際社会科学府  演習Ⅱb(博士後期)

  • 大学院国際社会科学府  演習Ⅱa(博士後期)

  • 大学院国際社会科学府  演習Ⅰb(博士後期)

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 国際武器移転史研究所

    2016年01月
    -
    継続中

    学協会   編集委員

  • 政治経済学・経済史学会

    2002年10月
    -
    継続中

    学協会   編集委員

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 戦間期・質的軍縮論の展開と帰結

    武器と市民社会研究会  (拓殖大学) 

    2018年12月
     
     

  • 横浜国立大学公開講座

    横浜国立大学公開講座委員会  多角的リスクのマネジメント 

    2016年10月
     
     

  • 第二次世界大戦は不可避だったのか

    明治大学武器移転史研究所  (明治大学) 

    2016年05月