三角 隆太 (ミスミ リュウタ)

MISUMI Ryuta

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

職名

准教授

生年

1974年

研究分野・キーワード

流体工学, 晶析,撹拌・混合, 乱流計測, 数値流動解析

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.kaminoyamalab.ynu.ac.jp



出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年

    九州大学   工学部   化学機械工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年

    京都大学  工学研究科  機械工学専攻  博士課程  修了

  •  
    -
    1998年

    九州大学  工学研究科  化学機械工学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  京都大学

  • 修士(工学) -  九州大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年01月
    -
    2010年12月

      デルフト工科大学   客員研究員

  • 1998年04月
    -
    2001年03月

      日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1996年
    -
    継続中
     

    (社)化学工学会

  • 2003年
    -
    継続中
     

    日本海水学会

  • 2017年07月
    -
    継続中
     

    分離技術会

  • 1998年
    -
    継続中
     

    (社)日本機械学会

  •  
     
     
     

    AIChE(米国化学工学会)

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 化工物性・移動操作・単位操作

  • 流体工学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 溶液晶析場の流動状態に基づいた核発生・結晶成長に関する数値モデルの開発

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

  • 撹拌槽における異相系流体の流動・混合・反応・伝熱機構に関する研究

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

  • 気液界面を通しての物質輸送に関する研究

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 多様化するニーズに応えて進化するミキシング (最近の化学工学66)

    三角隆太、上ノ山周 化学工学会(編) (担当: 共著 )

    三恵社  2017年01月 ISBN: 9784864876155

  • 晶析工学は、どこまで進歩したか (最近の化学工学64)

    三角隆太ほか化学工学会 (編集) (担当: 共著 , 担当範囲: 7章 撹拌型晶析槽内における撹拌羽根への結晶粒子の衝突現象と微粒子発生 )

    三恵社  2015年01月 ISBN: 9784864873253

    Amazon

  • 最新ミキシング技術の基礎と応用」(化学工学の進歩42)

    三角隆太ほか 化学工学会 (著) (担当: 共著 , 担当範囲: 基礎編第6章 固液混合 )

    三恵社  2008年10月 ISBN: 9784883616565

    Amazon

  • 粉体・ナノ粒子の創製と製造・処理技術 -基礎物性からプロセス設計の実務・トラブル処理まで-

    三角隆太・ほか (担当: 共著 , 担当範囲: 第4章 第8節 攪拌型晶析槽における操作条件と粒子径の制御 )

    テクノシステム  2014年11月

論文 【 表示 / 非表示

  • PIV Measurements of Fluid Velocity Distribution in a Turning Radius of Impeller Blades in Transition Regime

    Misumi, R., T. Hakamada, H. Tanabe, M. Kaminoyama

    Proc. of 16th European Conference on Mixing (ECOM16)   ( 118 )   2018年09月

    共著

  • Quantification of the Concentration Distribution of a Highly Concentrated Dispersion Phase in a Liquid-Liquid Stirred Vessel using Image Analysis

    Kaminoyama, M., R. Misumi, K. Sugiyama

    Proc. of 16th European Conference on Mixing (ECOM16)   ( 162 )   2018年09月

    共著

  • Starting Torque of Several Impellers

    Nishi, K., S. Watanabe, Y. Kudo, Y. Bando, R. Misumi, M. Kaminoyama,

    Proc. of 16th European Conference on Mixing (ECOM16)   ( 117 )   2018年09月

    共著

  • 装置サイズが異なる回転円筒型液液抽出装置の混合部における流動状態

    三角隆太, 轟慧, 國井佳奈子, 仁志和彦, 上ノ山周, 佐野雄一, 坂本淳志, 竹内正行

    化学工学論文集   44 ( 5 ) 285 - 291   2018年09月

    共著

    DOI

  • 撹拌槽内での摩耗微結晶生成速度と母結晶摩滅量に対する結晶種類と撹拌条件の影響

    朝比奈 英里, 宮内 翔大, 三角 隆太, 上ノ山周

    日本海水学会誌 ( 日本海水学会誌 )  72 ( 4 ) in press   2018年08月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 撹拌槽の中の流動・混合の計測方法

    三角隆太,上ノ山周

    分離技術   47 ( 1 ) 14 - 18   2017年01月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 電気抵抗方式トモグラフィ法を用いた化学装置における混相流の可視化計測

    上ノ山周, 一条 憲明, 仁志和彦,三角隆太

    化学工学   80 ( 8 ) 460 - 463   2016年08月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 撹拌槽における異相系流体の流動挙動・混合過程・分散現象の可視化(数値流動解析手法と電気抵抗方式トモグラフィ計測法を用いて)

    上ノ山周, 仁志和彦,三角隆太

    混相流(特集 混相流と分離・混合技術(2))   29 ( 4 ) 317 - 315   2015年02月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 撹拌型晶析装置内での結晶粒子の浮遊挙動とスケールアップ

    三角隆太,仁志和彦,上ノ山周

    分離技術   45 ( 1 ) 9 - 13   2015年01月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 撹拌槽の中の固液の流れ(槽底からの固体粒子の浮遊と撹拌羽根への粒子衝突)

    三角隆太,仁志和彦,上ノ山周

    混相流   28 ( 4 ) 437 - 443   2014年12月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 電気抵抗分布画像の画像処理方法

    特願 2013-144130  特開 2015-17852 

    一条 憲明 外6名

  • トモグラフィ装置及びトモグラフィ計測方法

    特願 2012-65333  特開 2013-195343 

    一条 憲明 外6名

  • トモグラフィ装置及びトモグラフィ計測方法

    特願 2012-51622  特開 2012-208113 

    一条 憲明 外6名

  • ポリ塩化ビニルの粉体特性を評価する方法

    特願 2007-210521 

    原田 佳尚 外5名

  • 重合状態判定装置

    特願 2007-197236 

    上ノ山 周 外5名

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Outstanding Paper Award of 2017, Journal of Chemical Engineering of Japan

    2018年05月   化学工学会  

    受賞者:  Nishi, K. Y. Bando, R. Misumi and M. Kaminoyama

  • 日本海水学会賞(奨励賞)

    2012年06月07日    

  • 日本海水学会 第62年会 学術研究ポスターセッション ポスター大賞

    2011年06月    

  • Outstanding Paper Award of 2007, Journal of Chemical Engineering of Japan

    2008年03月    

  • (社)化学工学会 粒子・流体プロセス部会 第1回粒子・流体プロセス賞

    2003年    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 撹拌型晶析装置における二次核生成モデルと結晶凝集モデルの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月 

  • 工業晶析装置内の混相流と溶液状態に着目した現象モデルの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  2017年03月  代表者:  三角隆太

  • 工業晶析装置内の撹拌翼形状と溶液状態を考慮した汎用的な有効核発生モデルの開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月 

  • 溶液晶析の結晶品質のCFDによる高精度予測を目的とした核発生モデルの開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2007年04月  -  2010年03月  代表者:  三角隆太

  • 溶液晶析による結晶製品の品質予測・制御を目的としたCFD晶析反応モデルの開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2004年04月  -  2006年03月  代表者:  三角隆太

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 撹拌型化学装置における流動・分散状態の可視化・定量化手法とその適用事例

    三角 隆太  [招待有り]

    化学工学会第83年会講演要旨集  2018年03月15日  

  • 撹拌型晶析装置の流動・混合と結晶状態の定量化

    三角 隆太  [招待有り]

    分離技術会第11回晶析操作の基礎と実践  2017年01月17日  

  • 固液撹拌槽内の諸現象の定量化

    三角 隆太,上ノ山 周  [招待有り]

    化学工学会 第66回 最近の化学工学講習会 「多様化するニーズに応えて進化するミキシング」  2017年01月15日  

  • 【講義と演習】撹拌操作の基礎と撹拌型晶析装置のスケールアップの考え方

    三角 隆太  [招待有り]

    日本粉体工業技術協会 平成28年度第2回晶析分科会  2016年11月13日  

  • 回分式冷却晶析における結晶粒径分布と凝集状態の経時変化の画像解析による算出法

    林 葉月,三角 隆太,上ノ山 周,仁志 和彦

    化学工学会第48回秋季大会  (徳島大学 常三島キャンパス )  2016年09月06日  

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 化学装置内の撹拌・混合技術全般

  • 液体混合・固液分散に関する研究

  • 溶液晶析における結晶成長・核発生・結晶摩耗に関する研究

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 層流撹拌に関する研究

    国内共同研究  

    研究期間: 2017年04月  -  継続中 

  • 撹拌型晶析装置の粒径分布解析に関する研究

    国内共同研究  

    研究期間: 2016年06月  -  継続中 

  • 乱流撹拌技術に関する研究

    国内共同研究  

    研究期間: 2016年02月  -  継続中 

  • 乳製品製造装置に関する研究

    国内共同研究  

    研究期間: 2009年07月  -  継続中 

  • 液液撹拌装置に関する研究

    国内共同研究  

    研究期間: 2008年09月  -  継続中 

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  ミキシング化学工学特論

  • 大学院理工学府  ミキシング化学工学

  • 教養教育科目  物質工学と社会

  • 理工学部  化学工学Ⅰ

  • 理工学部  移動および速度論A