MITSUO Sadayuki

Organization

International Strategy Organization

Title

Professor

Research Fields, Keywords

Classroom research, Foreign language activities, English education, English teaching methodology (high school)



Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Education in TESOL -  Temple University (U.S.A)

Field of expertise (Grants-in-aid for Scientific Research classification) 【 display / non-display

  • Foreign language education

 

Books 【 display / non-display

  • Language Arts

    (Part: Contributor )

    Tamagawa University Press  2016.07 ISBN: 4472405199

  • Classroom Research in the Field of Language Education

    (Part: Joint Work )

    2010.12

Thesis for a degree 【 display / non-display

  • A Japanese COLT: Analyzing Teaching Performance in a Junior High School Practicum

    満尾貞行 

      2012.06  [Refereed]

    Doctoral Thesis   Single Work

     View Summary

    COLTをベースに、独自の観察シートの作成を試みた。(様々な言語活動の項目に関してその相互関係を知り、結果として学習者がどのような英語活動(特にコミュニケーション活動)をどの程度行ったかを記録できる。この記録は数値化でき、統計分析を可能にする。) 研究目的は、観察シートの開発、三者の視点の比較分析、中学校教員からより具体的なフィードバックを得る方法の確立にある。 実習生、英語科教育法を担当する大学教員、中学校英語教員を被験者として、実習生5名の実習授業のビデオ観察をしてもらい、作成した観察シートを用いて、記録してもらった。その他の質問にも回答してもらい、統計分析を施した。 この観察シートを用いることで、観察に不慣れな実習生も視点を具体的に持って授業観察ができること、彼らにとって授業分析がより具体的になること、小学校、大学における英語の授業の分析のための観察シートに繋がること等を挙げた。 (本文総数ページ数、英文、301)

  • Intercultural Communication

    満尾貞行 

      1985.03  [Refereed]

    Master Thesis   Single Work

     View Summary

    価値観は、人々の非言語活動にも影響を与える。異文化交流の際、異なった価値観を背景に持つ非言語活動から誤解が生まれることがある。文化人類学者F.クラックホーンの価値論、J.C.コンドンの価値論に基づき、価値観と非言語活動の関係を論じつつ、この誤解の問題を考察し、英語教育にどう生かすかを提起した。 (本文総数ページ数、英文、107 )

Papers 【 display / non-display

  • The analysis of YNU Freshmen's TOEFL Test Results in the past 5 years

    WATANABE Masahito,TAJIMA Yukiko,MITSUO Sadayuki

    The journal of Tokiwanomori ( YNU )  5   41 - 81   2018.08  [Refereed]

    Joint Work

    DOI CiNii

  • Exploring the possibilities of teacher training program for globalization

    Mitsuo Sadayuki, Hashimoto Yukari

    YCEB report ( Yokohama city board of education )    8 - 34   2014.03

    Joint Work

  • 学習者の英語への関心・意欲―高学年~中学校1年夏と3年夏―

    満尾 貞行

    ARCLE REVIEW 研究紀要 ( ベネッセ教育総合研究所 )  8   56 - 70   2014.03  [Refereed]  [Invited]

    Single Work

     View Summary

    本研究では、英語学習に対する学習者の関心・意欲の要因を探ることである。横浜国立大学教育人間科学部附属横浜小学校の英語活動の観察(平成22年度)および中学校における英語科授業観察(平成23年度)、平成23年度入学の附属中学校生徒へのアンケート調査(1年次4、7月、3年次7月)で収集できたデータ分析を中心としている。結果として、①発信型の英語学習、②英語でクラスメートとコミュニケーションする、③みんなで協力する、を要因として見いだせた。 (pp. 56-70)

  • 初学者用オンライン英語学習プログラムの可能性

    満尾 貞行

    Arcle Review 研究紀要 ( ベネッセ総合教育研究所 )  7   79 - 89   2013.03

    Single Work

     View Summary

    ベネッセの試験的オンライン英語学習プログラムは、学習者である小学生、指導者である講師、それに教材が学習を成功するかどうかの大きな要因である。これに「小学校外国語活動」の授業等の学習、保護者の関わり方が、さらに要因として加わる。本稿では、このプログラム教材の内容の概略と観察対象になった子どもたちについて述べ、次に筆者の観察メモを中心に利用者である子どもたちや利用者の保護者、それに講師の方々のコメントを主な参考資料として、オンライン学習の特徴と今後の課題を論じる。 (pp. 79-89)

  • Elementary and junior high school collaborations for English education

    Nakamura Yoshio, Takahashi Kuniroshi, Watanabe Masahito, Mitsuo Sadayuki

        78 - 102   2012.03

    Joint Work

display all >>

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    Project Year: 2009.04  -  2013.03