宮路 幸二 (ミヤジ コウジ)

MIYAJI Koji

所属組織

大学院工学研究院 システムの創生部門

職名

准教授

生年

1970年

研究キーワード

圧縮性流体力学、空力弾性力学、航空宇宙工学、数値流体力学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.shp.ynu.ac.jp/



学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1997年

    東京大学   工学系研究科   航空宇宙工学専攻   博士課程   修了

  •  
    -
    1994年

    東京大学   工学系研究科   航空宇宙工学専攻   修士課程(博士前期課程)   修了

  •  
    -
    1992年

    名古屋大学   工学部   航空学科   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) - 東京大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   システムの創生部門   准教授  

  • 2004年12月
    -
    2007年3月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   システムの創生部門   助教授  

  • 2001年4月
    -
    2004年11月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   システムの創生部門   講師  

  • 1999年4月
    -
    2001年3月

    専任   横浜国立大学   工学部   講師  

  • 2021年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院先進実践学環   准教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年4月
    -
    1999年3月

      宇宙科学研究所   中核的研究機関(COE)   研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本航空宇宙学会

  •  
     
     
     

    日本機械学会

  •  
     
     
     

    日本流体力学会

  •  
     
     
     

    American Institute of Aeronautics and Astronautics

研究分野 【 表示 / 非表示

  • フロンティア(航空・船舶) / 航空宇宙工学  / 航空宇宙工学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 流体工学  / 圧縮性流体力学

  • その他 / その他  / 数値流体力学

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Numerical Analysis of Shock Wave Reflection and Interaction Using Unstructured Solution Adaptive Grids

    宮路 幸二

    1997年3月

    学位論文(博士)   単著  

    DOI

     詳細を見る

    東京大学大学院 工学系研究科 航空宇宙工学専攻
    非定常に伝播する衝撃波、及び、空間内で複雑に干渉する衝撃波を高解像度に捉えるための数値的研究。物理量の空間分布に応じて動的に計算格子点配置を行う手法を開発し、現実的な計算時間、記憶容量での高精度な解析をかのうにした。爆発事故時などに生じる非定常衝撃波の反射、回折問題では三次元物体背面での衝撃波の集中により最大圧力が発生することを確認した。衝撃波干渉問題では、解適合格子無しでは捉えられなかった超音速せん断層が明確に捉えられ、壁面加熱率に対する影響を適正に見積もることが可能となった。

  • デルタ翼の空力特性に及ぼすTrailing-Edge Lateral Blowingの効果

    宮路 幸二

    1994年3月

    学位論文(修士)   単著  

     詳細を見る

    東京大学大学院 工学系研究科 航空宇宙工学専攻 
    デルタ翼の新たな空力特性改善手法として翼付近からの噴き出しを提案し、その効果を実験的、数値的に確認した。また、風洞実験との比較の過程において風洞側壁境界層がデルタ翼まわりの流れに影響を与えることを見出し、数値計算によりその影響を定量的に議論した。

論文 【 表示 / 非表示

  • Efficient Implicit Method for a High-Order Flux Reconstruction Approach Using Modified Matrix-Free Defect Correction

    MIYAJI Koji, KOYAMA Hisato

    TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, SPACE TECHNOLOGY JAPAN   20 ( 0 )   16 - 25   2022年2月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本航空宇宙学会   共著  

    <p>An efficient implicit time integration method for high-order CFD using the flux reconstruction (FR) approach is studied. The formulation is based on the method called matrix-free defect correction on sub-cells (DECS), which considerably reduces the computational cost of the preconditioned block LU-SGS (BLU-SGS). However, the present method uses the exact FR formulation for the simplified viscous terms in the left-hand-side Jacobian, and it does not explicitly use sub-cell divisions as a result of using the finite-difference formula. The performance of the proposed method is compared with BLU-SGS and DECS. Reductions of the computation time for the convergence are not remarkable, but the slightly improved stability and reduced memory storage suggest the present method as a reliable alternative to the existing methods.</p>

  • Program of High Mach Integrated Control Experiment, “HIMICO” Using S-520 Sounding Rocket

    SATO Tetsuya, TAGUCHI Hideyuki, KOJIMA Takayuki, TSUCHIYA Takeshi, TSUE Mitsuhiro, NAKAYA Shinji, M … 全著者表示

    TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, SPACE TECHNOLOGY JAPAN   19 ( 6 )   831 - 837   2021年11月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本航空宇宙学会   共著  

    <p>JAXA and some universities have proposed a hypersonic flight experiment named “HIMICO: High Mach Integrated Control Experiment” using a 1.5-meter class vehicle launched by the S-520 sounding rocket. The experiment aims to establish an integrated control method including the interference between the airframe and engine under the actual Mach 5 flight condition. Two flight experiments are planned step by step to reduce technical risks. Feasibility studies have been conducted by experiments and CFD analysis. This paper reports the summary of the flight test plan and preliminary studies on the vehicle shape, flight trajectory, component design and technical issues.</p>

  • Prediction of Aeroelastic limit cycle oscillation by the time spectral CFD

    Hiroto Takegawa, Koji Miyaji

    2021 Asia-Pacific International Symposium on Aerospace Technology   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   単著  

  • Study on the Effect of Dihedral for the Reduction of the Sonic-boom Intensity

    Takuma Tsuda, Koji Miyaji

    2021 Asia-Pacific International Symposium on Aerospace Technology   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   単著  

  • 時間スペクトル法CFDによる自励振動予測手法の開発

    大島 亮祐, 宮路 幸二

    航空宇宙技術   20 ( 0 )   1 - 8   2021年3月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本航空宇宙学会   共著  

    <p>The time-spectral (TS) method to numerically predict self-excited oscillation due to the fluid dynamics-- rigid body dynamics coupling is developed and validated through the comparison with the time-marching (TM) method. A residual of the TS equation of motion of a rigid body is found to be a useful indicator to realize limit-cycle oscillations. It is minimized by repeating the frequency update by the Newton iteration, where the gradient of the residual with respect to the frequency is obtained from the flow simulation, and the displace update by solving the TS equation of motion. The developed method is validated by two problems: one is an oscillating cylinder due to the Karman vortex, and another is a transonic, pitching wing due to the movement of the shock wave around the wing. In both problems, the TS methods quantitatively reproduce free oscillations by the TM method. The simulation time is shortened by a factor of 4 for the transonic wing problem. </p>

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008002176

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 次世代超音速旅客機の空力性能数値シミュレーション

    日本流体力学会誌ながれ   21 ( 1 )   1 - 2   2002年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   単著  

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 時間スペクトル法による高速数値計算を用いたフラッターの不確実性評価の研究

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • ラジエータファンまわりのCFD解析

    2008年4月 - 2011年3月

    民間財団等 

    代表者:宮路幸二

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 流体・構造連成数値解析

  • 低速から超音速までの流体の数値解析

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 近傍場圧力波形計測のための衝撃波/乱流境界層干渉に関する数値的研究

    企業等からの受託研究  

    研究期間: 2011年08月  -  2012年3月 

  • 熱交換器の伝熱促進(境界層制御)に関する研究

    企業等からの受託研究  

    研究期間: 2008年04月  -  2011年3月 

  • エンジン過給器の性能予測

    企業等からの受託研究  

    研究期間: 2005年04月  -  2009年3月 

  • 航空機外部搭載付加物の空気力学特性予測

    企業等からの受託研究  

    研究期間: 2003年04月  -  2004年3月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   数学・力学演習Ⅰ

    理工学部

  • 2022年度   航行力学

    理工学部

  • 2022年度   航空機空力設計論Ⅱ

    大学院先進実践学環

  • 2022年度   航空機空力設計論Ⅰ

    大学院先進実践学環

  • 2022年度   航空機空力設計論

    大学院理工学府

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2021年03月
     
     
    日本航空宇宙学会学生賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:津田 卓麿(横浜国立大学) 指導教員:宮路幸二 准教授 受賞論文:「低ソニックブーム超音速機設計における上反角の効果に関する研究」 授与団体:日本航空宇宙学会 受賞年月:2021(R3)年3月 https://www.jsass.or.jp/award/ (2020年度分未更新,近日中に更新されます.)

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 極超音速推進技術検討委員会

    2020年06月 - 2021年3月  委員

     詳細を見る

    委員区分:その他 

  • アジア太平洋航空宇宙技術国際シンポジウム

    2017年04月 - 2020年3月  連絡・実行委員会委員長(日本)

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2021年
    -
    現在
      理工学部教職課程運営委員会   (部局内委員会)

  • 2019年04月
    -
    2021年3月
      理工学府教務・図書委員会   (部局内委員会)