森下 信 (モリシタ シン)

MORISHITA Shin

所属組織

大学院環境情報研究院 人工環境と情報部門

職名

教授

研究分野・キーワード

機能性材料,MR流体,液晶,ニューラルネットワーク,振動制御,細胞成長,摩擦振動,セルオートマトン,複雑系

メールアドレス

メールアドレス



写真a

代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Controllable Squeeze Film Damper (An application of Electro-Rheological Fluid )   1992年

    【論文】 セルラオートマトンによる小売店舗内購買シミュレーション  1999年

    【論文】 Low-intensity Pulsed Ultrasound Activates the Phosphatidylinositol 3 Kinase/Akt Pathway and Stimulates the Growth of Chondrocytes in Three-dimensional Cultures: a Basic Science Study  2008年

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 セルオートマトンによる群集流動の特性に基づく歩行行動のモデル化(避難行動シミュレーションの開発 その1)   2013年09月

    【論文】 磁気粘性グリースを用いたクラッチの開発  2014年

    【著書】 知って納得!機械のしくみ  2014年

    【論文】 Molecular mechanism responsible for fibronectin-controlled alterations in tissue stiffness in advanced chronic liver fibrogenesis  2016年01月

    【論文】 Application of Swarm Intelligence to a Vibration Monitoring System  2017年09月

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1978年03月

    横浜国立大学   工学部   造船工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1978年04月
    -
    1983年03月

    東京大学  工学系研究科  船舶工学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士 -  東京大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年10月
    -
    2018年03月

      横浜市立大学   医学部   客員教授

  • 1991年04月
    -
    1997年03月

      東京大学   生産技術研究所   研究員

  • 1991年01月
    -
    1991年02月

      米国マサチューセッツ工科大学   客員研究員

  • 1990年04月
    -
    1990年12月

      米国プリンストン大学   Visiting Fellow

  • 1983年04月
    -
    1985年09月

      豊橋技術科学大学   助手

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1982年04月
    -
    継続中
     

    日本機械学会

  • 2005年04月
    -
    継続中
     

    日本建築学会

  • 2001年04月
    -
    2019年03月
     

    日本AEM学会

  • 1990年04月
    -
    継続中
     

    アメリカ機械学会

  • 1982年12月
    -
    継続中
     

    日本トライボロジー学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 機械力学・制御

  • 設計工学・機械機能要素・トライボロジー

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • セルオートマトンによる非線形現象のモデル化

    研究期間:  - 

  • 摩擦に起因する振動騒音の低減

    研究期間:  - 

  • 動物細胞の力学モデルの構築

    研究期間:  - 

  • ニューラルネットワークによる適応的振動制御

    研究期間:  - 

  • MRダンパを用いた可変減衰機構

    研究期間:  - 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 機械力学ハンドブック

    金子成彦、他 (担当: 共著 , 担当範囲: 機械力学のための数学基礎 )

    朝倉書店  2015年11月 ISBN: 9784254231403

    Amazon

  • 知って納得 機械のしくみ

    森下信 (担当: 単著 )

    朝倉書店  2014年07月 ISBN: 9784254201567

  • 機械工学ハンドブック

    中島尚正,他 (担当: 共編者 , 担当範囲: 過渡振動 )

    朝倉書店  2011年09月 ISBN: 9784254231250

    Amazon

  • 制振工学ハンドブック

    制振工学ハンドブック編集委員会 (担当: 共著 , 担当範囲: 磁気粘性流体 )

    コロナ社  2008年05月 ISBN: 9784339045857

  • Biomedical Applications of Vibrations and Acoustics in Therapy, Bioeffects and Modeling

    Ahmed Al-Jumaily, etc (担当: 共著 , 担当範囲: Chapter 4: Effeccts of Mechanical Vibration on Cultured Osteoblasts )

    アメリカ機械学会  2008年 ISBN: 9780791802755

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • ジャーナル軸受内油膜の動的特性

    森下 信

      1983年03月  [査読有り]

    未設定   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 培地の流れが細胞増殖に与える影響

    山本 大智, 森下 信

    Dynamics & Design Conference ( 一般社団法人 日本機械学会 )  2018 ( 0 )   2018年08月

    共著

     概要を見る

    <p>The effect of long term medium flow on bone cell proliferation was investigated experimentally. Mechanical stimulation is known to increase bone density and strength in our bodies due to the responses of cells inside bones. It is reported that cultured bone cell density is increased by mechanical vibration and its effect is dependent on the frequency. However, how cells respond to mechanical vibration is still unknown. A variety of chemical or physical phenomena should be induced by mechanical vibration. In order to understand the mechanism, we need to find out which of the phenomena largely affects cell proliferation. Previous experiment by our group has indicated that medium sloshing, one of the frequency dependent phenomena, affects bone cell proliferation. In this paper, in order to understand how the sloshing affects cell proliferation, we focused on one of the sloshing-induced phenomena, medium flow. Bone cells were cultured under medium flow which is generated by micro-pumps. Time over change of the cell density was measured and compared with that of controls and vibrations. The obtained result indicates that bone cell proliferation is increased by medium flow and its effect is about a half of that of mechanical vibration.</p>

    DOI CiNii

  • 群知能を用いた制振システムの擬似不規則波応答

    樋浦 琢也, 森下 信

    Dynamics & Design Conference ( 一般社団法人 日本機械学会 )  2018 ( 0 )   2018年08月

    共著

     概要を見る

    <p>The response of the vibration control system using swarm intelligence for pseudo random wave has been investigated. As an example of swarm intelligence, a swarm of ants can find an optimal route between their nest and the food in various environment using special pheromone. In this sense, the network of agents in a swarm may have some kind of intelligence or higher function appeared in a simple agent, which is defined as the swarm intelligence. The concept of swarm intelligence may be applied in diverse engineering fields such as flexible pattern recognition, adaptive control system, or intelligent monitoring system, because some kind of intelligence may emerge on the network without any special control system. In previous studies, the swarm intelligence was applied to a mechanical vibration control system composed of a network of units equipped sensors and actuators. Five units composed of a displacement sensor and a variable dynamic damper were placed on each mass of the five degree-of-freedom lumped mass system. A unit composed of a sensor was placed on the basement. Each unit was connected to each other to exchange information of state variables measured by sensors on each unit. Because the network of units configured as a mutual connected network, a kind of artificial intelligence, the network of units could memorize the several expected vibration-controlled patterns and could produce the signal to the actuators on the unit to reduce the vibration of target system. In this study, pseudo random wave response of a vibration control system was simulated. The results showed that the vibration control system could reduce the vibration, especially the response to first natural frequency compared with ON-OFF controller.</p>

    DOI CiNii

  • 微小ばね-質量系の減衰特性に関する研究

    濵田 将平, 森下 信

    Dynamics & Design Conference ( 一般社団法人 日本機械学会 )  2018 ( 0 )   2018年08月

    共著

     概要を見る

    <p>In this study, a very small mass-spring system was constructed and its damping characteristic was studied experimentally. In the field of dynamics, the dominant theory will change depending on the size of an object. The mathematical model relevant to the motion of an object is called Newtonian dynamics, but it is only an approximation. Even in the case the size is not so small as governed by quantum mechanics, the influence of inertia, viscous force, or electro-static force will change when a dynamic system is miniaturized. Therefore, it is necessary to estimate these dynamic effects quantitatively to treat a very small physical system as represented by micro-machine. In this paper, a small mass-spring system was constructed and the free vibration experiment in the vacuum chamber was conducted to clarify its damping properties. The diameter of wire of the coil spring was around 20 μm, and the diameter of coil spring was around 400 μm. As a result, it was revealed experimentally that the air resistance is too large to ignore in micro scale.</p>

    DOI CiNii

  • 学習能力を持った群れによる物体の運搬制御シミュレーション

    石津 諒太, 森下 信

    Dynamics & Design Conference ( 一般社団法人 日本機械学会 )  2018 ( 0 )   2018年08月

    共著

     概要を見る

    <p>A transportation simulation of multiple objects to the appropriate goals by a robotic swarm has been performed with learning ability of the swarm. It is often observed that each insect in a colony seems to have its own agenda, and the group as a whole appears to be highly organized. By swarming, social insects achieve difficult tasks that an insect cannot manage alone. This collective behavior emerged from a group of social insects has been called "swarm intelligence". Applications of swarm intelligence show high robustness and scalability, but, when it comes to applying to some intelligent task, the adjusting process of the parameters for a desired cooperative behavior may be a difficult, time-consuming task for a human designer. On the other hand, the artificial neural networks are known to have the learning ability. In this study, the swarm behavior in nature was simulated by "Boids" model. Boids model was known to be able to simulate the motion of a flock of birds by simple rules. Using this model, a cooperative transportation task has been simulated. The cooperative transportation task is to transport some objects by a swarm. In addition, the task of decision-making problem about transportation goal has been added. In this problem, the swarm of Boids makes a decision about the goal from the size of an object, considering each Boids as a unit of artificial neural networks, the network of Boids maps to the transportation destinations. Additionally, the back-propagation method has been applied to learn the appropriate goals. As a result, it is shown that the artificial swarm acquires the learning ability how to decide an appropriate goal for given objects.</p>

    DOI CiNii

  • Effects of Learning Patterns on a Vibration Control Performance using Swarm Intelligence

    Takuya Hiura and Shin Morishita

    Proceedings of 14th International Conference on Motion and Vibration Control   2018   2018年08月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    The performance of a vibration control system based on a concept of “swarm intelligence” has been studied. There are various examples of the swarm intelligence in the nature, a swarm of ants, birds, or fish. In this sense, the network of agents in a swarm may have some kind of intelligence or higher function appeared in a simple agent, which is defined as the swarm intelligence. The concept of swarm intelligence may be applied in diverse engineering fields such as flexible pattern recognition, adaptive control system, or intelligent monitoring system, because some kind of intelligence may emerge on the network without any special control system. In previous studies, the swarm intelligence was applied to a mechanical vibration controlling system composed of a network of units equipped sensors and actuators. In this study, the relationship between the patterns given to the control system in the learning procedure and its vibration reduction performance was investigated. The principal patterns were selected for learning process of the network from the vibration mode of the model in this paper. The simulation results showed that the control system learning the patterns from vibration mode could reduce vibration amplitude more effectively than the system learning the pattern designed so that the amplitude of mass might be reduced at a different mass position.

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 理想的PBL教育の事案例

    森下 信

    日本工学教育協会誌 ( 日本工学教育協会 )  65 ( 1 ) 6 - 11   2017年01月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 次世代を担う技術者教育の現状と課題

    森下 信

    日本機械学会誌 ( 日本機械学会 )  119 ( 1173 ) 470 - 473   2016年08月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 人材育成・工学教育の動向

    森下信

    日本機械学会誌 ( 日本機械学会 )  117 ( 1149 ) 503   2014年08月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • セルオートマトンによる避難シミュレータの開発

    篠崎喜彦,森下信

    セイフティエンジニアリング   172   16 - 21   2013年09月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 磁気粘性グリースの制振要素への可能性

    森下 信

    振動技術   ( 26 ) 201 - 204   2012年

    総説・解説(学術雑誌)   単著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 避難行動シミュレーションシステム及び避難行動シミュレーション方法

    特願 特願2012-163630 

    篠崎喜彦,森下 信,小山維之

  • 人流演算装置

    特願 特願2007-271425 

    森下信

  • 機能性要素および該機能性要素を用いた流量可変バルブ

    特願 特願2001-352024  特開 特開2003-158883 

    森下信

  • 環境シミュレータ,および,環境シミュレーション方法を実現するプログラムを記憶した記憶媒体

    特願 特願平11-313203 

    森下信,近藤孝広,中野孝昭,中島秀之

  • 機能性流体を用いたアクチュエータによる振動制御装置および方法

    特願 特願平11-104500 

    森下信,土屋高志

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学発明表彰

    2010年04月01日    

  • 日本AEM学会 著作賞「セルオートマトン」(養賢堂)

    2007年10月    

  • 日本機械学会110周年功労者表彰

    2007年10月    

  • 横浜国立大学ベストティーチャー賞

    2006年04月01日    

  • 日本機械学会 機械力学・計測制御部門 功績賞

    2005年08月    

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 超小型動的機械システムの基本特性と振動制御手法の開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月  代表者:  森下信

  • 細胞シグナル伝達網を模擬した新たな適応的振動制御システム

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2015年04月  -  2016年03月  代表者:  森下信

  • 界面電界現象を利用した超小型可変減衰要素の開発

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2014年04月  -  2015年03月  代表者:  森下 信

  • タンパク質の固有振動特性のマイクロセンサへの適用可能性

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2013年04月  -  2014年03月  代表者:  森下信

  • 微小振動計に対するレーザを用いた光減衰機構の開発

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2012年04月  -  2013年03月  代表者:  森下 信

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 地域イノベーション創出研究開発事業

    提供機関:  経済産業省  戦略的技術支援事業

    研究期間: 2010年04月  -  2012年03月  代表者:  森下 信

  • 継承と想像により次世代技術者を育成するモデル事業

    提供機関:  経済産業省  産業技術人材育成事業

    研究期間: 2009年04月  -  2011年03月  代表者:  森下 信

  • 産学連携による神奈川県内高等学校生徒に対する早期工学人材育成プログラム開発事業

    提供機関:  経済産業省  早期工学人材育成事業

    研究期間: 2008年04月  -  2011年03月  代表者:  森下 信

  • 地域産業に貢献する統合型実務実践人材育成事業

    提供機関:  経済産業省  中小企業産学連携製造中核人材育成事業

    研究期間: 2007年04月  -  2009年03月  代表者:  森下 信

  • 産学連携人材育成調査事業

    提供機関:  経済産業省 

    研究期間: 2006年04月  -  2007年03月  代表者:  森下 信

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会論文集

    編集委員 

    2012年04月
    -
    2013月03日
     

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • MRダンパに関する研究

    学内共同研究  

    研究期間: 2009年01月  -  2009年03月 

  • 振動と騒音の低減に関する研究

    国内共同研究  

    研究期間: 2006年10月  -   

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院環境情報学府  システムモデリング演習

  • 大学院環境情報学府  システムモデリング

  • 大学院環境情報学府  調和システム学演習

  • 理工学部  機械力学Ⅰ

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会教育賞

    2011年04月15日   日本機械学会  

    受賞者: 早期工学人材育成委員会

     概要を見る

    経済産業省から受託した高大連携事業として,高校生に対して産業界と共同して工学の面白さを伝える活動を行った

  • 横浜国立大学ベストティーチャー賞

    2006年04月   横浜国立大学  

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会理事会

    2019年04月
    -
    継続中

    学協会   会長

  • 日本機械学会 理事会

    2018年04月
    -
    2019年03月

    学協会   筆頭副会長

  • 日本クレーン協会 理事会

    2017年06月
    -
    継続中

    学協会   理事

  • 日本機械学会 理事会

    2017年04月
    -
    2018年03月

    学協会   副会長

  • JABEE技術者教育認定に関する検討委員会

    2016年04月
    -
    2017年03月

    政府   委員

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 振動と音を科学する

    環境情報研究院  (横浜) 

    2014年11月
     
     

  • 専門高校・第2回進学セミナー

    神奈川県専門高校校長会  (横浜) 

    2014年09月
     
     

  • 第11回セルオートマトン国際会議(ACRI2014)

    (ポーランド) 

    2014年09月
     
     

  • 最先端ロボットの現状と将来像

    環境情報研究院  (横浜) 

    2013年11月
     
     

  • 第10回セルオートマトン国際会議(ACRI2012)

    (サントリーニ(ギリシャ)) 

    2012年09月
     
     

全件表示 >>