守田 正志 (モリタ マサシ)

MORITA Masashi

所属組織

大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門

職名

准教授

研究分野・キーワード

建築史, 都市史, イスラーム, 地中海地域, 西洋建築史

ホームページ

http://www.arc-ynu.jp/%E6%95%99%E8%82%B2%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%88-%E7%A



写真a

代表的な業績 【 表示 / 非表示

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 中世アナトリアのイスラーム墓廟建築にみる三角形平面を用いたドーム移行部の歴史的展開   2017年11月

    【論文】 マケドニア共和国スコピエ近郊に残る中世創建のビザンツ教会堂建築の調査報告  2018年03月

    【著書】 Historic Christian and Related Islamic Monuments in Eastern Anatolia and Syria from the Fifth to Fifteenth Centuries A.D. - Architectural Survey in Syria, Armenia, Georgia, and Eastern Turkey  2015年02月

    【論文】 ワン湖北東部エルジシュ(Erciş)市近郊の墓廟建築の調査報告:キリスト教・イスラームの文化混淆地域における歴史建築の研究21  2013年06月

    【論文】 『イスタンブル・ワクフ調査台帳』にみる15世紀中期から16世紀末期のイスタンブルの商業地域におけるワクフの運用実態 ‐オスマン朝初期におけるイスラーム都市の史的研究 4 ‐  2012年07月

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    2001年03月

    東京工業大学   工学部   建築学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2008年03月

    東京工業大学  総合理工学研究科  人間環境システム専攻  博士課程  修了

  • 2001年04月
    -
    2004年03月

    東京工業大学  総合理工学研究科  人間環境システム専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  東京工業大学

  • 修士(工学) -  東京工業大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年09月
    -
    2015年03月

      日本工業大学   建築学科   非常勤講師

  • 2012年04月
    -
    2016年03月

      立教大学   文学部   非常勤講師

  • 2011年04月
    -
    2015年03月

      東京工業大学   特別研究員

  • 2008年12月
    -
    2011年03月

      東京工業大学   GCOEプログラム   グローバルCOE研究員(PD)

  • 2008年04月
    -
    2008年11月

      東京工業大学   大学院総合理工学研究科   特別研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2016年09月
    -
    継続中
     

    日本イコモス国内委員会

  • 2016年06月
    -
    継続中
     

    文化財建造物保存修理研究会

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    都市史学会

  • 2012年09月
    -
    継続中
     

    地中海学会

  • 2002年12月
    -
    継続中
     

    日本建築学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 建築史・意匠

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 建築士(1級)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 異文化間での建築技術交流に関する研究

    研究期間:  - 

  • 東地中海地域におけるドーム建築の歴史的展開に関する研究

    研究期間:  - 

  • アナトリア地域におけるイスラーム墓廟建築に関する研究

    研究期間:  - 

  • イスラーム都市史研究-都市基盤継承に関する研究

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 『地中海を旅する62章』

    松原康介(編著)、守田正志、他34名 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 「ティレとその周辺-アイドゥン君侯国の足跡が残る町」、「トラブゾン-ビザンツ期の教会堂・修道院建築の宝庫」 )

    明石書店  2019年02月 ISBN: 978-4-7503-4784-4

    Amazon

  • Historic Christian and Related Islamic Monuments in Eastern Anatolia and Syria from the Fifth to Fifteenth Centuries A.D. - Architectural Survey in Syria, Armenia, Georgia, and Eastern Turkey

    東アナトリア研究会 編, 篠野志郎 編, 藤田康仁 編, 守田正志 編 (担当: 共編者 , 担当範囲: Vol.1 Chap.6, Vol.2 Chap.15 Sec.22-56, Vol.2 Chap.17 Sec.5-11 )

    彩流社  2015年02月 ISBN: 978-4-7791-20

    Amazon

  • Stone Arks in Oblivion‐東アナトリアの歴史建築

    篠野志郎、藤田康仁、守田正志 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 墓廟建築にみる建築技術の伝播 )

    彩流社  2011年09月 ISBN: 9784779116430

    Amazon

  • Historical Architecture of Eastern Anatolia in the Middle Age, under the Prospective on Interactive Building Techniques

    Shiro Sasano, Takayuki KUROTSU, Masashi MORITA, Murat NURLU, Mete MİRZAOĞLU, Derya Polat ŞAHİNBAZ, Kentaro MOTOKI, Kazuoh SEO, Hiroki TAKAHASHI, Yasuhito FUJITA, Shojiro MOTOYUI (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Part 1: Chapter 3: Principal Islamic Architecture Surveyed in the Project, Part2: Chapter 7: A Study on Construction Method and Internal Composition of Mausoleums Built between the 12th and the 14th Centuries in Anatolia )

    私家版  2009年03月

  • カフカース‐二つの文明が交差する境界

    鈴木董、黛秋津、前田弘毅、宮澤栄司、篠野志郎、藤田康仁、守田正志、瀬尾和大、木村崇、乗松亨平、中村唯史、早坂眞理 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: アナトリアの覇者・セルジューク王朝の建築文化 )

    彩流社  2006年11月 ISBN: 978-477911215

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 北キプロス・トルコ共和国に残る中世創建のビザンツ教会堂の調査報告

    守田正志

    2018年度日本建築学会関東支部研報告集Ⅱ ( 日本建築学会関東支部 )    439 - 442   2019年03月

    単著

  • トルコ共和国ディルゲンレル(Dirgenler)村近郊のデレアウズ(Dereağzı)に残る中世ビザンツ教会堂の調査報告

    守田正志

    2018年度日本建築学会関東支部研報告集Ⅱ ( 日本建築学会関東支部 )    436 - 438   2019年03月

    単著

  • マケドニア共和国スコピエ近郊に残る中世創建のビザンツ教会堂建築の調査報告

    守田正志

    2017年度日本建築学会関東支部研報告集Ⅱ ( 日本建築学会関東支部 )    559 - 562   2018年03月

    単著

  • 中世アナトリアのイスラーム墓廟建築にみる三角形平面を用いたドーム移行部の歴史的展開

    守田正志

    日本建築学会計画系論文集 ( 日本建築学会 )  82 ( 741 ) 3001 - 3011   2017年11月  [査読有り]

    単著

     概要を見る

    アナトリアにおける12世紀後半から15世紀前半創建の三角形平面を用いたドーム移行部を有す墓廟を対象に、その移行部の展開を検討した。その結果、12世紀後半において先行する隣接の建築文化圏で用いられたドーム移行部を模したかのように、八角形平面の躯体上部入隅に小さな三角形平面を複数用いる移行部がアナトリア中央部で初めて創出された。その移行部を基にしながら、時間の経過とともに、移行部の形状の複雑化および簡便化という相反する2つの方法により、「トルコ三角」「不連続トルコ三角」「トルコ扇」などの多様な移行部へと展開させ、その使用地域をアナトリア西部へと拡張していった可能性を指摘し得た。一方、「トルコ襞」に関しては、他の類型との関係について指摘し得なかった。こうした点も含め、モスクやマドラサなどを含めた、中世アナトリアにおける三角形平面を用いたドーム移行部の包括的な展開については、今後の検討課題としたい。

    DOI CiNii

  • ベチン城塞(Beçin Kalesi)に現存する2棟の中世墓廟建築の調査報告

    守田正志

    2017年度日本建築学会大会学術講演梗概集 ( 日本建築学会 )    821 - 822   2017年09月

    単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 西アジア地域の都市空間の重層性に関する計画論的研究

    新学術領域研究

    研究期間:  2019年04月  -  継続中  代表者:  松原 康介

     概要を見る

     一連の考古学的・歴史学的研究の進捗を踏まえつつ、本研究では、現代的視点から都市文明の本質に光をあてる。西アジア地域には、数千年の歴史を誇る魅力的な都市が多く存在する。歴史都市は、形成と破壊を繰り返しながら今日に至った。稠密な都市空間に採光と通風をもたらす中庭や、住民のプライヴァシーを守る袋小路、キリスト教会とモスクの隣接・連携した空間は、地域に固有の生活文化の受け皿としても重要である。また、歴史の途上において破壊、廃棄され、今日では遺跡を残すのみとなった都市空間もまた、かつて多様な文化が共生し重層的に蓄積されてきたことを証言する文化遺産として意義を持つものである。歴史都市に対する現代的視点からのアプローチとは、都市を現代社会において位置づけ、保全・継承するための展望を得ることを意味する。  本研究は、これまで西アジア地域の都市研究を進めてきた松原(都市計画)、谷口(文化財保存)、木村(文化人類学)の3名が中心となって、形成と変容、破壊と廃棄、再生と持続の結果としての都市空間の重層性のあり方を明らかにする。そこから、人口急増に伴う都市の計画的拡張や、歴史的空間の保全と継承、多様な価値観の共存がもたらすレジリエンス、防災・復興と国際協力といった、広義の都市計画の課題を展望したい。

  • イタリアと日本における人間活動に資する地下空間資源の 劣化度評価と保存修復

    二国間交流事業共同研究

    研究期間:  2019年04月  -  2020年03月  代表者:  小口 千明

     概要を見る

    本二国間共同研究においては、Underground Building Heritage (UBH)(地下建造物遺産:人工洞窟、鉱山、人間の居住地などの地下空間)の利活用について、学際的な観点からの研究を進めている。具体的には、以下の項目について共同で調査を行っている。 1) 地上都市持続可能な発展を支える歴史的地下空間によって果された役割 2) UBHの特徴づけに影響する宗教的、考古学的、近代的な感覚が果たす役割 3) 風化、劣化、負の建物の浄化と再転換による火山性および脆性の地震リスクなどの危険なプロセスが果たす役割

  • 遺跡・遺構からみるアナトリア都市文化の通時的分析

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月  代表者:  阿部拓児

     概要を見る

    アナトリア(小アジア)半島は大きく3度の文化的な転換によって区切られた、4時代の変遷(古典古代=「異教」時代/中世ビザンツ=キリスト教時代/セルジューク・オスマン=イスラーム時代/世俗国家トルコ共和国時代)を経験してきた。しかし、これらは既存の社会・文化の断絶ではなく、前時代の遺産の変質および再解釈による連続性として理解されるべきである。そこで本研究では、考古遺物、建築遺構、都市遺跡など物質文化の側面から、上記のアナトリア都市文化がたどってきた変節の歴史を、一つのストーリーとして描き出す。その際、時代と研究手法を異にする3人の研究者が相互の研究を補完することによって、これまでに例を見ない、総合的な歴史像の構築を目指す。

  • 異文化間での技術交流にみる中世東地中海地域のドーム建築の系譜とその歴史的評価

    若手研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月  代表者:  守田正志

  • 近隣文化圏との建築技術交流にみるアナトリアの中世期イスラーム墓廟建築の史的展開

    若手研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月  代表者:  守田正志

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 中世アナトリアにおける三角形平面を用いた特殊なドーム移行部の歴史的展開に関する研究

    提供機関:  民間財団等  大林財団 研究助成

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月  代表者:  守田正志

     概要を見る

    東地中海地域、特にアナトリア地域(現在のトルコ共和国)の中世に創建されたイスラーム建築において、多角形のドーム・ベイ上部にドームを載せる際に、複数の三角形平面を組み合わせた折板構造による独特なドーム移行部を用いている場合がある。本研究は、この特殊なドーム移行部について、形態的特徴の分析から系譜図を導出し、その歴史的展開を解明することを目的とする。併せて、周辺キリスト教およびイスラーム文化圏の建築との横断的な比較検討により、研究成果を中世アナトリア地域固有の現象として評価するだけでなく、同地域に展開した多様な建築の歴史の中へ位置づける。  すなわち、本研究は特異なドーム移行部を起点に、ドーム架構という建築技術に注目することで宗教の枠組みを取り除き、地域としての建築の展開を史的に明らかにするものである。この建築技術への着眼点は、多様な宗教・建築文化が混淆するアナトリアの建築を等価に扱え、イスラームとキリスト教に代表される異なる文化・宗教に属す建築群を一定の指標で比較検討できる新たな研究手法を提示する点で独創的である。その成果は、これまで等閑視されてきたイスラーム建築とキリスト教建築との関係を解明するものであり、ヨーロッパ世界中心で展開されてきた西洋建築史観の再考に繋がる。また、本研究の特色は、継続した現地調査による遺構の正確な現状把握およびデータの採取にある。その調査結果は、今後の修復・保存に向けた基礎資料など、幅広く活用し得る。さらに、多量かつ精細なデータの分析により、技術的観点から同地域の建築の変遷・系譜を明らかにすることで、特に本国においては事例紹介的側面が強い既往のイスラーム建築史の刷新を可能とし、その学術的意義は高い。

  • トルコ共和国の歴史的都市・建造物における地震被害の実態と防災対策に関する研究

    提供機関:  国立大学法人東京工業大学  国立大学法人東京工業大学COE若手研究者研究費

    研究期間: 2008年12月  -  2011年03月  代表者:  守田正志

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 地域の高精細地表情報を活用した環境教育の実践

    小倉 拓郎, 早川 裕弌, 田村 裕彦, 小口 千明, 守田 正志, 清水 きさら, 緒方 啓介, 山内 啓之

    日本地球惑星科学連合2019年大会  (千葉県幕張メッセ)  2019年05月   日本地球惑星科学連合

     概要を見る

    小学校の総合的な学習の時間では,身の回りにある様々な問題状況について,問題の解決や探究活動に主体的,創造的,協同的に取り組む態度を育て,自己の生き方を考えることができるようにすることを目標としている(文部科学省 2008).この目標を達成するために,地域や学校の実態に応じて,自然体験や観察・実験などの体験的学習や,地域との連携を積極的に行うことが求められている.演者らは,自然地理学・地理教育・空間情報科学・建築学・歴史学・文化財科学などの専門分野を生かし,横浜市登録地域文化財に指定されている「田谷の洞窟」保存プロジェクトを実施している.このなかで,UAS(Unmanned Aerial System,通称ドローン)を用いたSfM多視点ステレオ写真測量や,地上レーザ測量(TLS: Terrestrial Laser Scanning)などを用いた高精細地表情報を基盤に,洞窟保全や文化財保護などの研究を通して,地域の地表・地下環境情報のアーカイブに取り組んでいる.本研究では,横浜市田谷町「田谷の洞窟」とその周辺域を対象とし,高精細地表情報の取得方法や利活用事例に触れることを通した課題発見型・体験型の地域学習を実践し,児童たちの学習効果について検証する.  本授業は,横浜市立千秀小学校第6学年の総合的な学習の時間および図画工作科を利用して実施した.当該校では,田谷の洞窟を主題として,1年間を通して地域の歴史や文化財の保存,環境についての学習を発展させてきた.学習のまとめとして,3学期にUAS-SfMやTLS由来の地表データから大型3D地形模型を製作した.地形模型作成プロセスを通して,児童たちは地形の凹凸や微細な構造を手で感じ取り,1・2学期に学習した地域学習の内容を喚起させた.その上で,デジタルで高精細な地形モデルや,アナログな立体模型を自由に俯瞰したり,近づいて観察したりすることで,さまざまなスケールにおける地域の構造物や自然環境の位置関係,規模について再認識することができた.  本授業のまとめとして地域で報告会を開催し,作成した大型3D地形模型を利用しながら地域住民や参画する大学教員・大学院生と意見交換を行った.生徒たちは意見交換を通して1年間の学習の整理だけでなく,多様な学問分野の視点や時空間スケールで地域を見つめなおし,自ら立てた課題の再考察や新たな課題を発見することができた.

  • 多分野統合共同調査から地域づくりへ展開させる地下文化財「田谷の洞窟」保存活動の実践的試行

    田村 裕彦, 小口 千明, 早川 裕弌, 小倉 拓郎, 緒方 啓介, 守田 正志

    日本地球惑星科学連合2019年大会  (千葉県幕張メッセ)  2019年05月   日本地球惑星科学連合

     概要を見る

    横浜市栄区田谷町にある真言宗定泉寺の境内の山中に「田谷の洞窟」と呼ばれる全長570mの地下文化財がある。この洞窟は、真言宗の修行洞窟であり、横浜市登録地域文化財である。約800年前の鎌倉時代にその起源があるとされ、三層構造の人工の素掘りのトンネルである。その内部には、300を超える美しい浮彫のレリーフが施されている。近年、この「田谷の洞窟」は、劣化風化による損傷が激しい。この地下文化財の3Dデジタルデータ保存を目的とした、多分野統合による基礎調査を実践的に進めている。これまでの実践的な試行からその効果と課題等を明らかにする。

  • 東京都23 区外の市庁舎建築の調査報告

    守田正志

    日本建築学会関東支部研究発表会シンポジウム「関東の昭和後期の市庁舎建築」  (日本大学)  2018年03月02日   日本建築学会関東支部歴史・意匠専門研究委員会

  • アナトリア地域における中世イスラーム墓廟建築の系譜に関する試論

    守田正志

    日本建築学会東洋建築史小委員会定例研究会  (建築会館)  2014年07月   日本建築学会東洋建築史小委員会

  • 中世創建の墓廟建築にみるアナトリア地域のキリスト教・イスラーム建築文化の融合

    守田正志

    地中海学会定例研究会  2014年02月   地中海学会

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院都市イノベーション学府  建築理論スタジオF

  • 大学院都市イノベーション学府  建築理論スタジオS

  • 教養教育科目  Prospects of Arch, Infstr & Ecosystem Sci

  • 都市科学部  Practice in Arch, Infstr, Eng & Ecosystem Sci

  • 都市科学部  建築理論演習

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 2019年度「初等中等教育におけるGISを活用した授業に係る優良事例表彰」国土交通大臣賞:総合的な観点

    2019年09月18日   一般社団法人 地理情報システム学会  

    受賞者: 横浜市立千秀小学校・田谷の洞窟保存実行委員会(メンバー:田村裕彦・妻鳥あゆ美・佐藤 学・大谷千登世・小口千明・早川裕弌・ 小倉拓郎・守田正志・緒方啓介・山内啓之)

     概要を見る

    日本国内の初等中等教育現場においてGISを実践的に活用した授業において先導的な取組みを実践している教員・グループへの表彰 表題「三次元地理情報を活用した域環境に関する探究型学習の実践」

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 横浜市立千秀小6年1組 田谷の洞窟 1/50 縦輪切り模型製作プロジェクト

    田谷の洞窟保存実行委員会  (横浜市立千秀小学校) 

    2019年02月
     
     

     概要を見る

    都市近郊農村の地域振興(横浜市栄区田谷町周辺)および地域史跡の保存を検討する資料として、田谷の洞窟の断面模型を地元の小学生とともに作成した。小学6年生が共同で巨大な洞窟の断面模型を製作する事を通して、田谷の洞窟保存活動と地域振興に寄与する 「ものつくり」の「達成感」と「行動力 」を学ぶ地域学習の一環を担うものでもあった。

  • 知求アカデミー講座:地中海学セミナー

    ㈱ワールド航空サービス  (ワールド日比谷サロン(日比谷マリンビル4階) ) 

    2019年02月
     
     

     概要を見る

    「トルコ三都物語ー ブルサ・エディルネ・イスタンブル」 オスマン朝は、1453年にビザンツ帝国の首都コンスタンティノープルを手中に収め、新たな首都イスタンブルに定めた。しかし、イスタンブル以前にも首都と定められた都市がある。ブルサ・エディルネである。それら三都市の都市建設の経緯と共に、オスマン朝の都市文化・歴史を、聴講者にわかりやすく解説した。

  • 知求アカデミー:オープンカレッジ

    ㈱ワールド航空サービス  (自由学園明日館) 

    2018年03月
     
     

     概要を見る

    「キリスト教・イスラーム文化混淆としてのトルコ建築史」 11世紀以降、イスラーム建築文化がもたらされたトルコの大地には、それ以前に栄えたキリスト教文化の証としてビザンツ、アルメニア、ジョージア教会建築遺構が多数現存している。こうした建築遺構を概観しながら、宗教の枠を超えたトルコの建築文化・歴史を、聴講者にわかりやすく解説した。

  • 横浜市立千秀小6年1組 地形模型製作プロジェクト

    田谷の洞窟保存実行委員会  (横浜市立千秀小学校) 

    2018年02月
    -
    2018年03月

     概要を見る

    都市近郊農村の地域振興(横浜市栄区田谷町周辺)を検討する資料として、地域の敷地模型を地元の小学生とともに作成した。小学6年生が共同で巨大な地形模型を製作する事を通して、田谷の洞窟保存活動と地域振興に寄与する 「ものつくり 「ものつくり達成感」と「行動力 」を学ぶ地域学習の一環を担うものでもあった。

  • 知求アカデミー講座:地中海学セミナー

    ㈱ワールド航空サービス  (横浜情報文化センター 情文ホール) 

    2018年01月
     
     

     概要を見る

    「キリスト教・イスラーム文化混淆としてのトルコ建築史」 11世紀以降、イスラーム建築文化がもたらされたトルコの大地には、それ以前に栄えたキリスト教文化の証としてビザンツ、アルメニア、ジョージア教会建築遺構が多数現存している。こうした建築遺構を概観しながら、宗教の枠を超えたトルコの建築文化・歴史を、聴講者にわかりやすく解説した。

全件表示 >>