本倉 健 (モトクラ ケン)

MOTOKURA Ken

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

職名

教授

生年

1979年

研究分野・キーワード

触媒化学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

https://www.motokura.org/

関連SDGs




代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Dehydrogenative Coupling of Alkanes and Benzene Enhanced by Slurry-Phase Interparticle Hydrogen Transfer   2021年01月

    【論文】 Controllable Factors of Supported Ir Complex Catalysis for Aromatic C-H Borylation  2020年12月

    【論文】 Transformative reduction of carbon dioxide through organocatalysis with silanes  2018年11月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  大阪大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2021年03月

      東京工業大学   物質理工学院   准教授

  • 2016年04月
    -
    2017年09月

      東京工業大学   物質理工学院   講師

  • 2008年10月
    -
    2016年03月

      東京工業大学   大学院総合理工学研究科   講師

  • 2007年04月
    -
    2008年09月

      東京大学   理学系研究科   助教

  • 2006年07月
    -
    2007年03月

      東京大学   理学系研究科   助手

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 脱石油に向けたCO2資源化技術 化学・生物プロセスを中心に

    湯川英明(監修), 本倉健 他 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 第7章 有機分子触媒によるCO2からのギ酸シリルの合成 )

    シーエムシー出版  2020年07月 ISBN: 978-4-7813-1510-2

  • 化学の要点シリーズ11 層状化合物

    本倉健 (担当: 単著 , 担当範囲: コラム13 “層状化合物を用いた酸・塩基連続触媒反応” )

    共立出版  2014年06月 ISBN: 4320044169

  • Bridging Heterogeneous and Homogeneous Catalysis

    Ken Motokura, Toshihide Baba, Yasuhiro Iwasawa (担当: 共著 , 担当範囲: Acid-Base Cooperative Catalysis for Organic Reactions by Designed Solid Surfaces with Organofunctional Groups )

    Wiley-VCH  2014年04月 ISBN: 9783527335831

  • 触媒の設計・反応制御 事例集

    本倉健, 馬場俊秀 (担当: 共著 , 担当範囲: 第3節 “シリカ表面への有機官能基の配置による協同触媒作用の発現” )

    技術情報協会  2013年04月 ISBN: 4861044782

論文 【 表示 / 非表示

  • Porous FeO (OH) dispersed on Mg‐Al hydrotalcite surface for one‐pot synthesis of 2‐substituted quinoline derivatives

    Ken Motokura, Nao Ozawa, Risako Sato, Yuichi Manaka, Wang-Jae Chun

    ChemCatChem ( Wiley )    2021年03月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Reusable Silica-Supported Ammonium BINSate Catalysts for Enantio- and Diastereoselective Friedel-Crafts-Type Double Aminoalkylation of N-Alkylpyrroles with Aldimines

    Hatano Manabu, Zhao Xue, Mochizuki Takuya, Maeda Kyogo, Motokura Ken, Ishihara Kazuaki

    ASIAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY ( Wiley )  10 ( 2 ) 360 - 365   2021年02月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Heterogeneous Organocatalysts for the Reduction of Carbon Dioxide with Silanes

    Pramudita Ria Ayu, Motokura Ken

    CHEMSUSCHEM: Chemistry and Sustainability, Energy and Materials ( Wiley )  14 ( 1 ) 281 - 292   2021年01月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Dehydrogenative Coupling of Alkanes and Benzene Enhanced by Slurry-Phase Interparticle Hydrogen Transfer

    Moe Takabatake, Ayako Hashimoto, Wang-Jae Chun, Masayuki Nambo, Yuichi Manaka, Ken Motokura

    JACS Au ( ACS )  1 ( 2 ) 124 - 129   2021年01月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Controllable Factors of Supported Ir Complex Catalysis for Aromatic C-H Borylation

    Maeda Kyogo, Uemura Yohei, Chun Wang-Jae, Satter Shazia Sharmin, Nakajima Kiyotaka, Manaka Yuichi, … 全著者表示

    ACS CATALYSIS ( ACS )  10 ( 24 ) 14552 - 14559   2020年12月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • シリカ固定化Pd錯体触媒によるアリル化反応とFTIRによるアリルアルコール活性化機構解明

    本倉健

    FTIR TALK LETTERS   32   2 - 5   2019年04月

    総説・解説(その他)   単著

  • 活性点集積型触媒の開発と高効率有機反応への展開

    本倉健

    触媒   60   211   2018年06月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 固定化Pd錯体-有機分子触媒のXAFSによる構造解析とアリル化反応機構の解明

    本倉健

    九州シンクロトロン光研究センター年報2015     11   2017年03月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 固体表面における協奏的触媒作用:金属錯体・金属カチオン・有機分子の集積による有機反応の促進

    本倉健

    有機合成化学協会誌   75   200 - 208   2017年03月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 銅錯体およびフッ化物触媒によるケイ素系還元剤を用いた二酸化炭素の高効率変換反応

    本倉健

    触媒   58   147 - 150   2016年04月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第 19 回グリーン・サステイナブルケミストリー(GSC)賞 奨励賞

    2020年06月   公益社団法人 新化学技術推進協会   固体表面の多機能触媒作用による環境調和型ファインケミカルズ合成  

    受賞者:  本倉 健

  • 東工大工系教育賞

    2019年12月18日   東京工業大学工系3学院   研究室体験科目「研究プロジェクト(応用化学)」における新システム導入  

    受賞者:  本倉健

  • 文部科学大臣表彰若手科学者賞

    2019年04月17日   文部科学省   固体表面への触媒活性点集積による新規分子変換反応の開発  

    受賞者:  本倉健

  • 東工大挑戦的研究賞

    2016年07月29日   国立大学法人東京工業大学   固体表面への触媒活性点集積による新規分子変換反応の開発  

    受賞者:  本倉健

  • 第65回 進歩賞

    2016年03月26日   日本化学会   ワンポット合成に向けた表面協奏効果を発現する活性点集積型触媒の開発  

    受賞者:  本倉健

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 担体表面と固定化分子触媒との協働による不活性結合の活性化

    新学術領域研究

    研究期間:  2020年11月  -  継続中  代表者:  本倉健

  • 固体表面への機能集積による有機分子触媒反応の高効率化

    新学術領域研究

    研究期間:  2018年04月  -  2020年03月  代表者:  本倉健

  • 複数活性点をもつ固体表面反応場のsite-isolation概念による設計と構築

    新学術領域研究

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月  代表者:  本倉健

  • 固体表面における協同触媒作用概念に基づく不活性結合と不活性分子の活性化

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月  代表者:  本倉健

  • 固体表面を利用した金属錯体と強配位性官能基の共存による新規触媒活性点構造の創出

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月  代表者:  本倉健

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • アルカンの協奏的活性化を指向した活性点集積型触媒の開発

    提供機関:  科学技術振興機構  さきがけ

    研究期間: 2017年10月  -  継続中  代表者:  本倉健

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2021年03月
     
     
    [第127回触媒討論会]学生ポスター発表賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    受賞者:高畠萌(東京工業大学) 指導教員:本倉健 教授 受賞論文:「固体酸と担持Pt混合系によるアルカンとベンゼンの脱水素カップリング反応」 授与団体:一般社団法人 触媒学会 受賞年月:2021(R3)年3月21日 https://catsj.jp/news/9305

  • 2020年10月
     
     
    第10回CSJ化学フェスタ2020 優秀ポスター発表賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    受賞者:前田 恭吾 (東工大物質理工) 指導教員:本倉健 教授 受賞論文:「固定化Ir錯体による芳香族C-Hホウ素化反応における活性向上因子の解明」 授与団体:日本化学会 受賞年月:2020(R2)年10月22日

  • 2020年10月
     
     
    第10回CSJ化学フェスタ2020 優秀ポスター発表賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    受賞者:高畠 萌 (東工大物質理工) 指導教員:本倉健 教授 受賞論文:「固体酸触媒と担持金属触媒の混合系によるアルカンとベンゼンの脱水素カップリング」 授与団体:日本化学会 受賞年月:2020(R2)年10月22日 https://www.csj.jp/festa/2020/document/award.pdf

  • 2020年06月
     
     
    ACC-2020 presentation award (Student Award)   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    受賞者:小澤奈央(東京工業大学) 指導教員:本倉健 教授 受賞論文:「Fe containing Mg Al hydrotalcite as a solid catalyst for one pot synthesis of quinoline derivatives」 授与団体:The 4th Asian Clay Conference (ACC 2020) 受賞年月:2020(R2)年6月9日

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示