中井 里史 (ナカイ サトシ)

NAKAI Satoshi

所属組織

大学院環境情報研究院 自然環境と情報部門

職名

教授

生年

1961年

研究キーワード

環境疫学、環境保健、健康リスク評価、室内環境、大気汚染、曝露評価

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://risk.kan.ynu.ac.jp/nakai/

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0001-8772-640X

写真a

代表的な業績 【 表示 / 非表示

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Source region identification and source apportionment of volatile organic compounds in the Tokyo Bay coastal area, Japan   2021年02月

    【論文】 Detection of tobacco smoke emanating from human skin surface of smokers employing passive flux sampler - GCMS system  2018年08月

    【論文】 携帯型環境たばこ煙中ニコチン捕集装置の開発―送風型パッシブサンプラー(Semi-active sampler)を用いたニコチン個人曝露量調査―  2018年06月

    【論文】 窒素酸化物,二酸化窒素,浮遊粒子状物質曝露評価のためのLand Use Regression (LUR) モデル構築および大気汚染疫学調査への適用可能性  2018年

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年3月

    東京大学   医学系研究科   保健学   博士課程   修了

  •  
    -
    1984年3月

    東京大学   医学部   保健学科   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 保健学博士 - 東京大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   自然環境と情報部門   教授  

  • 2001年4月
    -
    2005年3月

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   自然環境と情報部門   助教授  

  • 1997年8月
    -
    2001年3月

    専任   横浜国立大学   環境科学研究センター   助教授  

  • 2021年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院先進実践学環   教授  

  • 2021年4月
    -
    2023年3月

    併任   横浜国立大学   安全衛生推進機構   安全衛生センター   教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年3月

      東京農工大学   農学府   非常勤講師

  • 2016年4月
    -
    現在

      東京大学   医学部   非常勤講師

  • 1992年9月
    -
    1993年7月

      ハーバード大学公衆衛生大学院   文部省在外研究員

  • 1989年4月
    -
    1997年7月

      東京大学   助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2000年
    -
    現在
     

    International Society of Exposure Science

  • 2000年
    -
    現在
     

    日本臨床環境医学会

  • 1997年
    -
    現在
     

    環境科学会

  • 1997年
    -
    現在
     

    International Society for Environmental Epidemiology

  • 1997年
    -
    現在
     

    The Society for Epidemiologic Research

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 環境影響評価

  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 曝露評価およびその方法論の検討

    研究期間:

  • 大気汚染、室内環境問題などの健康影響に関する疫学研究

    研究期間:

著書 【 表示 / 非表示

  • 都市科学事典

    中井里史( 担当: 単著 ,  範囲: 6-2-2 大気汚染と対策技術)

    春風社  2021年3月  ( ISBN:978-4-86110-734-4

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 大気環境の事典

    大原利眞,大河内博,中井里史,伊豆田猛,指宿堯嗣,上野広行,奥田知明,金谷有剛,速水洋,三阪和弘( 担当: 共編者(共編著者))

    朝倉書店  2019年9月  ( ISBN:9784254180541

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  • リスク学事典

    日本リスク研究学会 編( 担当: 共著 ,  範囲: 用量-反応関係の評価)

    丸善出版  2019年6月  ( ISBN:978-4-621-30381-8

     詳細を見る

    総ページ数:832   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 栄養学概論 ~栄養のプロへの第一歩として~

    田中平三、中村丁次、中井里史、他( 担当: 共著)

    同文書院  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 室内環境学概論

    室内環境学会( 担当: 共著 ,  範囲: 第8章 室内環境の未来 8.1 都市環境と室内環境)

    東京電機大学出版局  2010年11月  ( ISBN:9784501625900

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 2. 都市部における沿道汚染に関する疫学的研究 -室外汚染の室内への影響-

    中井里史

    1989年3月

    学位論文(博士)   単著  

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of land use regression model for seasonal variation of nitrogen dioxide (NO2) in Lahore, Pakistan

    Saimar Pervez,Ryuta Maruyama,Ayesha Riaz, Satoshi Nakai

    Sustainability   13 ( 9 )   4933   2021年4月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

    Ambient air pollution and its exposure has been a worldwide issue and can increase the possibility of health risks especially in urban areas of developing countries having the mixture of different air pollution sources. With the increase in population, industrial development and economic prosperity, air pollution is one of the biggest concerns in Pakistan after the occurrence of recent smog episodes. The purpose of this study was to develop a land use regression (LUR) model to provide a better understanding of air exposure and to depict the spatial patterns of air pollutants within the city. Land use regression model was developed for Lahore city, Pakistan using the average seasonal concentration of NO2 and considering 22 potential predictor variables including road network, land use classification and local specific variable. Adjusted explained variance of the LUR models was highest for post-monsoon (77%), followed by monsoon (71%) and was lowest for pre-monsoon (70%). This is the first study conducted in Pakistan to explore the applicability of LUR model and hence will offer the application in other cities. The results of this study would also provide help in promoting epidemiological research in future.

    その他リンク: https://www.mdpi.com/journal/sustainability

  • Children’s exposures to boron and biocides from slime products in Asian regions

    Miyoung Lim, Sooyoung Guak, Nam Yong Cheong, Yoon Chae Song, Kin-Fai Ho, Satoshi Nakai, Shih-Chun C … 全著者表示

    Journal of Exposure Science and Environmental Epidemiology   2021年3月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

    その他リンク: https://www.nature.com/jes/

  • Source region identification and source apportionment of volatile organic compounds in the Tokyo Bay coastal area, Japan

    Fukusaki Y., Kousa Y., Umehara M., Ishida M., Sato R., Otagiri K., Hoshi J., Nudejima C., Takahashi … 全著者表示

    Atmospheric Environment: X   9   100103   2021年2月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • 化学物質過敏症患者への家族サポートの現状に関する研究

    高橋 奎, 中井 里史

    室内環境   23 ( 3 )   221 - 229   2020年12月  [査読有り]

    DOI CiNii

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 室内環境学会   共著  

    化学物質過敏症に関しては, 臨床的また環境学的な研究は多々あるものの, 日常生活を送る中でのケアやサポートといった側面からの研究はほとんどおこなわれていない。本研究はこのような状況を考慮し, 患者のかかえる悩み等の現状, さらには身近にいて日常生活をサポートする家族との認識等の一致や違いを探り, 患者へのケアやサポートを行う際や, なんらかの改善が必要となる場合に役立ててもらうことを目的として, 化学物質過敏症患者とその家族を対象に調査票を用いた調査を行った。症状が出現する原因に関してはある程度の一致は認められたが, 日常生活で気をつけることに関しては, 患者と家族の考えに高い一致性が認められたものは必ずしも多くなかった。回収率が高くないこともあり, どの程度本研究で得られた結果を一般化できるかに課題があるが, 患者と家族の認識の一致性に関する基礎的情報をある程度得ることができた。しかし今後も, 基礎的な情報を得る努力を継続することが必要である。

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007949067

  • 電子・加熱式たばこから発生するカルボニル化合物に及ぼす吸煙プロトコールの影響

    蘓原滉稀,関根嘉香,山本匠,佐藤祥大,中井里史,柳沢幸雄

    室内環境   23 ( 2 )   89 - 97   2020年8月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/browse/siej/-char/ja

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 室内環境  ―第6講 空気汚染の対策と今後―

    一條佑介,中井里史

    大気環境学会誌   55 ( 33 )   A51 - A56   2020年5月

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著  

  • 室内環境―第2講 室内空気汚染の人体への影響と管理―

    水越 厚史, 中井 里史, 野口 美由貴, 橋本 一浩

    大気環境学会誌   54 ( 5 )   A103 - A114   2019年9月  [依頼有り]

    DOI CiNii

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 大気環境学会   共著  

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007706243

  • シックハウス問題の本質について

    中井里史

    におい・かおり環境学会誌   50 ( 3 )   177 - 185   2019年5月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 におい・かおり環境協会   単著  

  • PM2.5を中心とする最近の大気環境と健康影響について

    中井 里史

    生活と環境   58 ( 12 )   4 - 8   2013年12月

    CiNii

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本環境衛生センター   単著  

  • 環境汚染の健康影響手法と不確実性

    中井 里史

    環境情報科学   41 ( 4 )   4 - 9   2013年1月

    CiNii

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:環境情報科学センター   単著  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度室内環境学会賞・論文賞

    2018年12月   一般社団法人 室内環境学会   携帯型環境たばこ煙中ニコチン捕集装置の開発―送風型パッシブサンプラー(Semi-active sampler)を用いたニコチン個人曝露量調査―  

    受賞者:  鈴木 義浩, 野口 美由貴, 福島 靖弘, 雨谷 敬史, 秋山 幸雄, 榎本 孝紀, 山崎 章弘, 中井 里史

  • The outstanding published paper in 2007 demonstrating an application of risk assessment (presented by yje risk assessment specialty section at the annual meeting of the society of toxicology)

    2008年03月    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 大気汚染疫学研究における曝露評価用Land Use Regressionの開発

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:中井 里史

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 室内環境管理のための加熱式たばこ・電子たばこ喫煙実態把握とPM2.5捕集方法に関する研究

    2020年4月 - 2023年3月

    民間財団等  公益財団法人喫煙科学研究財団一般研究

    代表者:中井 里史

  • 電子・加熱式たばこの環境中エアロゾル測定法の検討

    2018年4月 - 2020年3月

    民間財団等  公益財団法人喫煙科学研究財団

    代表者:中井 里史

  • 日常生活環境下での調査票によるETS曝露評価方法の開発・検討

    2013年4月 - 2018年3月

    地方自治体  喫煙科学研究財団特定研究助成金

    代表者:中井 里史

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 欠損値を補完した生活行動データに基づく消費者製品からの化学物質曝露量推定

    上野舞子,施ろ佳,竹田宣人,光崎純,藤原亜矢子,中井里史

    2019年室内環境学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 化学物質過敏症・シックハウス症候群患者への家族サポートの現状に関する研究

    中井里史,高橋奎

    2019年室内環境学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 加熱式たばこ・電子たばこに起因する室内PM2.5濃度-加熱処理を利用した測定-に関する検討

    河西萌,小牧啓克,小林あかり,松見豊,伊藤奏,中井里史

    2019年室内環境学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 加熱式たばこ・電子たばこを含むたばこ製品の喫煙状況調査

    小林あかり,伊藤奏,小牧啓克,河西萌,中井里史

    2019年室内環境学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • A study on the measurement method of indoor PM2.5 concentration emitted from heat-not-burn tobacco and electric cigarettets

    Moe Kawanishi, Kana Ito, Yoshikatsu Komaki, Yutaka Matsumi, Satoshi Nakai

    ISEE-IES AC 2019  (Daegu, Korea) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Daegu, Korea  

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 環境科学会誌

    編集統括担当理事 

    2017年3月
    -
    2019月2日
     

  • 大気環境学会誌

    編集実務委員 

    2010年9月
    -
    2014月7日
     

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 室内空気汚染による健康影響評価およびその曝露評価に関する研究

  • 大気汚染を中心とした曝露評価手法および曝露指標に関する研究

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 大気汚染疫学研究での曝露評価へのLUR(Land Use Regression)モデル実装可能性に関する研究 -道路延長簡易算出手法の開発-

    提供機関: (一財)日本自動車研究所  企業等からの受託研究  

    研究期間: 2020年04月  -  2021年2月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年度   化工数学

    理工学部

  • 2021年度   環境管理学

    理工学部

  • 2021年度   環境管理学

    都市科学部

  • 2021年度   環境リスクとつきあうⅡ

    教養教育科目

  • 2021年度   科学者・技術者のための研究倫理

    大学院環境情報学府

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 統計学

    機関名:横浜市立大学看護短期大学部

  • 環境生物学特別講義Ⅱ

    機関名:東京農工大学農学府

  • 臨床・疫学研究の実例

    機関名:東京大学医学部

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2020年12月
     
     
    欠損値を補完した生活行動データを利用した消費者製品からの化学物質曝露量推定 ─多重代入法を用いた検討─   (学会等における学生の発表実績)
  • 2019年12月
     
     
    加熱式たばこ・電子たばこを含むたばこ製品の喫煙状況調査   (教育方法・実践に関する発表、講演)
  • 2019年12月
     
     
    加熱式たばこ・電子たばこに起因する室内PM2.5濃度-加熱処理を利用した測定-に関する検討   (学会等における学生の発表実績)
  • 2019年12月
     
     
    欠損値を補完した生活行動データに基づく消費者製品からの化学物質曝露量推定   (学会等における学生の発表実績)
  • 2019年10月
     
     
    A study on the measurement method of indoor PM2.5 concentration emitted from heat-not-burn tobacco and electric cigarettets   (学会等における学生の発表実績)

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 公益社団法人環境科学会理事会

    2017年03月 - 現在  理事(~201903 編集統括担当、201903~ 表彰担当)

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 公益社団法人大気環境学会理事会

    2014年09月 - 現在  理事(財務担当)

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 大気環境学会関東支部役員会

    2012年10月 - 現在  監事

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 横浜市廃棄物処理施設生活環境影響調査専門委員会

    2020年08月 - 現在  委員

     詳細を見る

    委員区分:自治体 

  • 川崎市公害防止調査研究検討会議

    2018年06月 - 現在  委員(委員長)

     詳細を見る

    委員区分:自治体 

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度化学物質健康問題に関する講習会

    役割:講師

    東京都  平成30年度化学物質健康問題に関する講習会  2018年7月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 行政機関

    種別:講演会

  • 平成27年室内環境学会学術大会

    宜野湾市  2015年12月

  • 神奈川県立保健福祉大学研究基礎講座

    神奈川県立保健福祉大学実践教育センター  神奈川県立保健福祉大学実践教育センター  2013年2月

     詳細を見る

    種別:公開講座

    研究方法論2<量的研究>

  • 神奈川県立保健福祉大学研究基礎講座

    神奈川県立保健福祉大学実践教育センター  神奈川県立保健福祉大学実践教育センター  2012年2月

     詳細を見る

    種別:公開講座

    研究方法論2<量的研究>

  • 神奈川県立保健福祉大学研究基礎講座

    神奈川県立保健福祉大学実践教育センター  神奈川県立保健福祉大学実践教育センター  2011年2月

     詳細を見る

    種別:公開講座

    研究方法論2<量的研究>

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    現在
      環境情報学府人工環境専攻長   (部局内委員会)

  • 2018年04月
    -
    現在
      環境情報研究院施設安全衛生委員会委員長   (部局内委員会)

  • 2017年04月
    -
    現在
      学術研究部会委員   (全学委員会)

  • 2017年04月
    -
    2019年3月
      学術情報リポジトリ委員会委員   (全学委員会)

  • 2015年04月
    -
    現在
      環境情報学府環境リスクマネジメント専攻長   (部局内委員会)