中森 泰三 (ナカモリ タイゾウ)

NAKAMORI Taizo

所属組織

大学院環境情報研究院 自然環境と情報部門

職名

准教授

生年

1976年

研究分野・キーワード

土壌動物、菌類、相互作用、生態、分類、生態毒性

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://soil-biology.ynu.ac.jp



写真a

代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Defensive role of cystidia against Collembola in the basidiomycetes Russula bella and Strobilurus ohshimae   2007年11月

    【著書】 日本産土壌動物 第二版: 分類のための図解検索  2015年02月

    【論文】 mRNA expression of a cadmium-responsive gene is a sensitive biomarker of cadmium exposure in the soil collembolan Folsomia candida  2010年05月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Two new littoral species of the genus Anurida Laboulbène, 1865 (Collembola, Neanuridae) from the Pacific coast of Asia   2018年

    【論文】 New or little-known taxa of Anurophorinae (Collembola) with anal spines from East Asia with notes on DNA barcode  2017年

    【論文】 The preference of Morulina alata (Collembola: Neanuridae) feeding on some fungal sporocarps and the effects of passage through the gut on spores  2017年

    【論文】 A quantitative protocol for DNA metabarcoding of springtails (Collembola)  2016年

    【著書】 土壌微生物と土壌動物の相互作用  2018年

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年

    大阪大学   基礎工学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2005年

    千葉大学  自然科学研究科(学習院大学、甲南大学以外の大学)  博士課程  修了

  •  
    -
    2001年

    滋賀大学  教育学研究科  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術) -  千葉大学

  • 修士(教育学) -  滋賀大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

      独立行政法人放射線医学総合研究所   博士研究員

  • 2006年06月
    -
    2007年03月

      独立行政法人農業環境技術研究所   契約研究員

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

      独立行政法人放射線医学総合研究所   研究員

  • 2005年07月
    -
    2006年03月

      独立行政法人放射線医学総合研究所   客員研究員

  • 2005年04月
    -
    2005年06月

      独立行政法人放射線医学総合研究所   業務補助員

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2013年03月
     

    日本生態学会

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    日本分子生物学会

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    日本放射線影響学会

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    日本環境毒性学会

  • 2000年04月
    -
    継続中
     

    日本土壌動物学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 放射線・化学物質影響科学

  • 生物多様性・分類

  • 生態・環境

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 環境生物・生態系に対する放射線の影響に関する研究

    研究期間:  - 

  • 土壌動物と微生物の相互関係

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 土壌生態学

    中森泰三 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 土壌微生物と土壌動物の相互作用 )

    朝倉書店  2018年08月 ISBN: 978-4-254-43572-6

  • 神奈川県昆虫誌2018

    中森泰三,一澤圭,吉田篤人 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: トビムシ目Collembola )

    神奈川昆虫談話会  2018年

  • 日本産土壌動物 第二版: 分類のための図解検索

    一澤圭,伊藤良作,須摩靖彦,田中真悟,田村浩志,中森泰三,新島溪子,長谷川真紀子,長谷川元洋,古野勝久,青木淳一 (担当: 共著 )

    東海大学  2015年02月 ISBN: 4486019458

  • 森林土壌と土壌動物の放射線影響

    森林環境研究会(編著)金子信博,中森泰三 (担当: 共著 )

    公益財団法人森林文化協会  2014年

  • 菌類の事典

    中森泰三 (担当: 共著 , 担当範囲: 動物に対する防御 )

    朝倉書店  2013年11月 ISBN: 4254171471

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Juvenile Desoria gracilliseta (Collembola, Isotomidae) with four anal spines

    Matsumoto, N., Suma, Y., Nakamori, T.

    Edaphologia   ( 104 ) 11 - 18   2019年  [査読有り]

    共著

  • Two new littoral species of the genus Anurida Laboulbène, 1865 (Collembola, Neanuridae) from the Pacific coast of Asia

    Babenko, A., Nakamori, T.

    Zootaxa   4425   575 - 581   2018年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • トビムシのDNAバーコーディングの現状

    中森 泰三, 齋藤 星耕

    タクサ:日本動物分類学会誌 ( 日本動物分類学会 )  44 ( 0 ) 23 - 31   2018年

    共著

     概要を見る

    <p>Collembola, also called springtails, are wingless microarthropods that are widespread in terrestrial habitats and mainly inhabit soil. Applications of collembolan DNA barcoding are expected in taxonomy, ecology, and environmental sciences to unveil cryptic diversity, to provide a rapid and easy method for community measurements, and to provide an accurate identification method for ecotoxicological test species for non-taxonomists. Collembolan DNA barcoding was initiated in 2004 with Canadian specimens and is now ongoing in several countries. A rapid method for non-destructive DNA extraction from individual specimens has been developed to preserve voucher specimens. A quantitative protocol for Collembola DNA metabarcoding has also been developed. Collembolan DNA barcode data are gradually accumulating, although data on type specimens and topotypes are still scarce. Because several cryptic lineages have been found through DNA barcoding, taxonomists who can classify cryptic lineages and describe cryptic species are needed.</p>

    DOI CiNii

  • The preference of Morulina alata (Collembola: Neanuridae) feeding on some fungal sporocarps and the effects of passage through the gut on spores

    Nakano, M., Ochiai, A., Kamata, K., Nakamori, T.

    European Journal of Soil Biology   81   116 - 119   2017年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • New or little-known taxa of Anurophorinae (Collembola) with anal spines from East Asia with notes on DNA barcode

    Potapov, M., Nakamori, T., Saitoh, S., Kuznetsova, N., Babenko, A.

    Zootaxa   4318   312 - 324   2017年  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 土壌の生物多様性と機能を活用した森林土壌の放射性セシウム除染

    金子信博,黄よう,中森泰三

    日本森林学会誌   97   2015年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 日本産ミズトビムシ科およびムラサキトビムシ科(六脚亜門:内顎綱:トビムシ目)の分類

    中森泰三,一澤圭,田村浩志

    Edaphologia   95   43–82   2014年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Application of lessons learned from Chernobyl accident for radioecological monitoring

    Zaitsev, A.S., Gongalsky, K.B., Nakamori, T., Kaneko, N.

    Pedobiologia   57   5 - 14   2014年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI

  • トビムシをめぐる生物間相互作用

    中森泰三

    昆虫と自然   42   9 - 12   2012年

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • Environmental protection: researches in National Institute of Radiological Sciences

    Fuma, S., Ban-nai, T., Doi, M., Fujimori, A., Ishii, N., Ishikawa, Y., Kawaguchi, I., Kubota, Y., Maruyama, K., Miyamoto, K., Nakamori, T., Takeda, H., Watanabe, Y., Yanagisawa, K., Yasuda, T., Yoshida, S.

    Radiation Protection Dosimetry   146   295–298   2011年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 土壌中カドミウムの検出方法

    特願 特願2009-072224  特開 特開2010-220562 

    中森泰三、藤森亮、坂内忠明、久保田善久、吉田聡

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本土壌動物学会研究奨励賞

    2010年05月29日    

  • 第19回日本菌学会奨励賞

    2009年08月20日    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 野生菌食動物におけるキノコ毒誘導遺伝子群の網羅的探索

    若手研究(B)

    研究期間:  2010年04月  -  2012年03月  代表者:  中森泰三

研究発表 【 表示 / 非表示

  • マツカサキノコ属菌におけるトビムシに対する殺虫作用の種間比較

    鎌田耕作,中森泰三,寺嶋芳江,Nguyen Duc Hoang Pham,出川洋介

    日本菌学会60周年記念大会  (京都市)  2016年09月18日   日本菌学会

  • 傷害に対する子実体菌糸の反応

    田中葵,中森泰三

    日本菌学会60周年記念大会  (京都市)  2016年09月17日   日本菌学会

  • Reinforcement and adaptation to insecticidal mushroom in Collembola.

    Nakamori, T., Kamata

    XIV International Colloquium on Apterygota  (Nara (Japan) )  2016年08月24日  

  • Effects of food quality on the toxicity of dietary cadmium in the soil microarthropod Folsomia candida (Collembola).

    Ban, Y., Nakamori, T.

    XIV International Colloquium on Apterygota   (Nara (Japan) )  2016年08月24日  

  • Preference of Morulina alata (Collembola: Neanuridae) for fungal sporocarps and effects of gut passage on spores.

    Nakano, M., Tanaka, A., Kamata, K., Nakamori, T.

    XIV International Colloquium on Apterygota  (Nara (Japan) )  2016年08月24日  

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院環境情報学府  土壌動物学演習

  • 大学院環境情報学府  土壌動物学

  • 大学院環境情報学府  生態学特別講義

  • 大学院環境情報学府  土壌生物学Ⅱ

  • 大学院環境情報学府  土壌生物学Ⅰ

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • ISO/TC190国内専門委員会

    2019年04月
    -
    継続中

    その他   「ISO/TC190国内専門委員会」委員

  • 日本土壌動物学会評議委員

    2017年06月
    -
    継続中

    学協会   委員

  • 日本土壌動物学会編集委員

    2012年06月
    -
    2017年05月

    学協会   委員

  • 日本きのこ学会幹事

    2011年04月
    -
    2012年03月

    学協会   国際担当

  • ISO/TC190国内専門委員会

    2010年05月
    -
    2019年03月

    その他   「ISO/TC190国内専門委員会」委員SC4主査

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 土壌動物を使ってアクティブラーニング型授業を実践しよう〜研究者や教員と共に学ぶ参加型ワークショップ〜

    横浜国立大学環境情報研究院  (横浜) 

    2017年05月
     
     

  • Colorful fungus–Collembola interactions in brown ecosystems.

    (Nara) 

    2016年08月
     
     

     概要を見る

    ICSZ-ICA Joint Symposium--Soil biodiversity for our future earth

  • トビムシ「土の中の小さな虫に」

    NPOスプリングボードユニティ21主催フォーラム「「土から学ぼう」参加型環境教育2013」  (函館) 

    2014年11月
     
     

  • 毒きのこは香りで動物に警告する?

    鳥取大学ポストグローバルCOEプログラム「持続性社会構築に向けた菌類きのこ資源活用」主催公開シンポジウム「きのこの香りを科学する―菌類の揮発性物質の機能、役割とその利用」  (東京) 

    2014年03月
     
     

  • 「陸のプランクトン」トビムシ―その個性とつながりをみつける

    NPOスプリングボードユニティ21主催フォーラム「生物多様性の保全を考慮した環境セミナー2013」  (函館) 

    2013年12月
     
     

全件表示 >>