中村 文彦 (ナカムラ フミヒコ)

NAKAMURA Fumihiko

所属組織

役員

生年

1962年

研究分野・キーワード

都市交通計画,公共交通,バス輸送,発展途上国

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.cvg.ynu.ac.jp/G4/



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 都市交通のモビリティ・デザイン まちづくりと公共交通を中心に   2017年07月

    【著書】 バスがまちを変えていく ~BRTの導入計画作法~  2016年06月

    【著書】 バスでまちづくり  2006年10月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 都市交通のモビリティ・デザイン まちづくりと公共交通を中心に   2017年07月

    【著書】 バスがまちを変えていく ~BRTの導入計画作法~  2016年06月

    【論文】 The Pattern of Travel Behavior in Khon Kaen City  2017年09月

    【論文】 これからの都市交通の捉え方についての一考察  2016年09月

    【論文】 Perspective on an urban transportation strategy with BRT for developing cities  2017年09月

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1985年03月

    東京大学   工学部   都市工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年03月

    東京大学  工学系研究科  都市工学専攻  博士課程  中退

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士 -  東京大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年12月
    -
    2011年03月

      放送大学   神奈川学習センター   非常勤講師

  • 2010年04月
    -
    2015年03月

      日本大学   理工学部社会交通工学科   非常勤講師

  • 2001年04月
    -
    2015年03月

      工学院大学   建築都市デザイン学科   非常勤講師

  • 1992年04月
    -
    1994年04月

      アジア工科大学院   助教授(海外派遣)

  • 1989年04月
    -
    1995年03月

      東京大学   工学部   助手

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2012年06月
    -
    継続中
     

    国際開発学会

  •  
     
     
     

    土木学会

  •  
     
     
     

    日本都市計画学会

  •  
     
     
     

    世界交通学会

  •  
     
     
     

    交通工学研究会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 都市交通計画

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 都市における公共交通の役割に関する研究, 発展途上国の都市交通の整備方策, 交通需要マネジメント施策の評価,

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 都市交通のモビリティ・デザイン まちづくりと公共交通を中心に

    中村文彦 (担当: 単著 )

    サン・ネット  2017年07月

  • 自動二輪車の交通事故分析とその活用

    高田邦道、秋山尚夫、荒牧英城、福田敦、中村文彦、小早川悟、関根太郎、西田泰、稲垣具志、西原相五、南部繁樹  (担当: 共著 )

    日本交通政策研究会  2017年04月

  • 地域交通の維持における住民参画の意義と課題

    青木亮、寺田一薫、中村文彦、湧口清隆、大井尚司、大島登志彦、加藤博和、酒井裕規、須田昌弥、高橋愛典、寺田英子、松崎朱芳 (担当: 共著 )

    日本交通政策研究会  2017年03月

  • 新興国の都市公共交通政策の動向に関する研究

    中村文彦、太田勝敏、竹内健蔵、寺田一薫、岡村敏之、秋元伸裕、加藤博和、松行美帆子、坂本邦宏、矢部努、山﨑基浩、長瀬吉夫、板谷和也、中村一樹、高橋洋一、土屋広太郎、岡見沙里夏、中道久美子 (担当: 共著 )

    日本交通政策研究会  2017年02月

  • 記念講演会 都市バス輸送とまちづくり BRT及びTODの課題

    中村 文彦 (担当: 単著 )

    日本交通政策研究会  2016年11月

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 多様な輸送方式を取り入れた鉄道端末バス輸送計画手法に関する研究

    中村文彦

      1991年03月

    未設定   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • The demand for public buses in sub-Saharan African cities: Case studies from Maputo and Nairobi

    Tembe Atanasio, Nakamura Fumihiko, Tanaka Shinji, Ariyoshi Ryo, Miura Shino

    IATSS RESEARCH   43 ( 2 ) 122 - 130   2019年07月

    共著

    Web of Science DOI

  • PERFORMANCE EVALUATION OF CONSECUTIVE SIGNALIZED INTERSECTIONS UNDER HETEROGENEOUS TRAFFIC CONDITIONS IN CAIRO, EGYPT

    SHOKRY Sherif, TANAKA Shinji, NAKAMURA Fumihiko, ARIYOSHI Ryo, MIURA Shino

    土木学会論文集D3(土木計画学) ( 公益社団法人 土木学会 )  74 ( 5 ) I_1207 - I_1218   2018年12月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    This article highlights the operational performance evaluation of consecutive signalized intersections under heterogeneous traffic conditions. It investigates the impacts of such traffic conditions, as a dominant operation in developing cities, on a set of four signalized intersections located in an urban arterial corridor in Cairo, Egypt. Therefore, the influences of complexities due to the heterogeneity in traffic operation including the diverse static and dynamic properties of vehicles, aggressive drivers' behavior and the lack of lane discipline were investigated. To accomplish this research objective, PTV-VISSIM, as a microsimulation environment was employed to analyze and estimate the Level of Service (LOS) of the studied intersections. To represent the studied intersections as indisputable as the reality, special attention was given to calibrating and validating different simulation parameters. The results emphasized the significant impact of the heterogeneous traffic conditions on the studied intersections, especially under heavy traffic conditions during peak hours. The intersections throughputs, delays, discharge rates and the total travel time was dramatically impacted. This study recommends the necessity of deployments new innovative schemes, in which the operational performance of the existing conventional intersections could be enhanced. Unconventional intersection designs as a viable interstation treatment could be proposed to alleviate congestions.

    DOI CiNii

  • 維持管理費用の縮減と地域の効用の低下の比較による廃橋を含めた橋梁管理のあり方に関する研究

    岩柳 智之, 田中 伸治, 中村 文彦, 有吉 亮, 三浦 詩乃

    土木学会論文集D3(土木計画学) ( 公益社団法人 土木学会 )  74 ( 5 ) I_1069 - I_1079   2018年12月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    わが国では道路橋の急速な老朽化を迎え,またその損傷が深刻なために修繕・更新費は莫大であり,その全てを予防保全型で維持管理することにも限界がある.そのため廃橋を維持管理の選択肢として取り入れる必要があるが,地域の理解を得るために廃橋の効果や影響を客観的に示す方法が必要となる.そこで本研究では廃橋による費用対効果計算として将来の維持管理・更新費用の縮減効果と地域の効用の低下による損失を比較する方法を提示した.そして実地域を対象とした計算を行い,廃橋が受け入れられる余地を検討し,廃橋を含めた維持管理のあり方を議論した.計算の結果,廃橋の効果がある橋梁はなかった.しかし,他の橋梁と比較し,維持管理・更新を続ける効果の低い橋梁が見られ,廃橋にする場合,しない場合それぞれの望ましい管理方針を示した.

    DOI CiNii

  • 発展途上国における持続可能なBRTに関する研究:バンコクBRTを事例として

    田原 正博, 中村 文彦, 田中 伸治, 三浦 詩乃

    土木学会論文集D3(土木計画学) ( 公益社団法人 土木学会 )  74 ( 5 ) I_1121 - I_1130   2018年12月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    開業後七年が経過したタイ・バンコクのBRT(Bus Rapid Transit)は,計画時の利用者数目標に到達せず,日本円で約30億円に及ぶ累積損失により,2017年4月末での廃止が決まった.しかし一か月後には,沿線地域の公共交通が十分でないことや投資資金回収を理由に廃止が撤回された.本研究ではこのように不安定な事業運営が続く本事業に着目し,事業の持続可能性を検討することを目的に交通工学及び事業経営的観点から分析を行った.工学的観点での分析では,交差点信号制御と運行の工夫で定時性阻害要因の低減が期待でき,コストを増やさず同数以下の車両数で運行本数を増加できる可能性を明らかにした.事業経営的観点での分析では,運行費用・収入の計算を基にシステムの潜在力をさらに活かす運行体系の存在可能性を明らかにした.

    DOI CiNii

  • 平面交差部におけるAlternative Intersectionsの日本への適用に関する研究

    犬飼 望, 田中 伸治, 中村 文彦, 有吉 亮, 三浦 詩乃, 小根山 裕之, 柳原 正実

    土木学会論文集D3(土木計画学) ( 公益社団法人 土木学会 )  74 ( 5 ) I_1327 - I_1338   2018年12月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    交差点の平面幾何構造と交通制御を工夫し,右折車と対向直進車の交錯を減らすAlternative Intersections(以下,AI)と呼ばれる新しい交差点概念が海外にて提案されている.本研究ではAIが我が国でも交通制御の選択肢の1つになり得るという仮説のもと,適用に向けた知見を得ることを目的とする.日本に存在する交差点からAIの適用可能性があると考えられる交差点を選定し,観測データを基本入力値としたシミュレーションを用いてAIを仮想再現し,交差点処理性能評価を行った.また,従来型交差点と構造が大きく異なるAIを日本人ドライバーが迷いや違和感なく運転できるかどうかドライビングシミュレータを用いて検証した.その結果,我が国におけるAIの適用領域の目安を示し,日本人ドライバーにとってAIは工夫次第で受容性があることを明らかにした.

    DOI CiNii

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 巻頭言 情報通信技術と都市交通

    中村文彦

    まちと交通 (豊田都市交通研究所)     2012年08月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 「かしてつバス」に見る日本のBRTの将来像

    中村文彦

    運輸と経済     61 - 71   2012年06月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 震災復興における地域交通の課題

    中村文彦

    交通安全教育(日本交通安全教育普及協会)     6 - 17   2012年04月

    総説・解説(その他)   単著

  • 海外特派員だより ブラジル連邦クリチバ市の都市交通の現状と課題

    中村文彦

    都市計画 294     75   2011年12月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 震災から学ぶモビリティ確保の課題 -回復力の強い交通インフラとしてのバスシステムへの期待-

    運輸と経済 運輸調査局     61 - 63   2011年08月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 土木学会国際活動奨励賞

    2007年06月    

  • 都市住宅学会 著作賞受賞

    2003年    

  • (財)交通協力会 交通図書賞

    2003年    

  • 東日本鉄道文化財団交通調査・研究優秀賞

    2003年    

  • 日本都市計画学会論文奨励賞

    1992年    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 東南アジア版鉄道雑誌の試作と現地の鉄道文化育成に与える影響

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2014年04月  -  2016年03月  代表者:  中村文彦

     概要を見る

    本研究では、都市鉄道が普及しつつある東南アジア大都市において、鉄道が人々に認知され、さまざまなかたちで関わりを持つようになる可能性(鉄道文化普及可能性と名付ける)を探るため、我が国での鉄道と人々との関わりのうちの、鉄道愛好雑誌の意義を確認した上で、同種の鉄道愛好雑誌の東南アジア版を試作し、人々への鉄道文化普及可能性向上への影響を計測することを目的とする。

  • インテリジェントBRTシステムの設計・評価用シミュレーションシステム開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月  代表者:  中村文彦

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Transit Oriented Development(TOD)と関連論点

    中村文彦  [招待有り]

    海外の都市開発分野における産学官連携ため交流分科会  (都市計画学会)  2019年08月28日  

  • 街路と道路と都市交通

    中村文彦  [招待有り]

    都市交通とストリートデザイン・マネジメントセミナー  (新潟市役所)  2019年08月23日   新潟市

  • 都市交通の課題とMaaS

    中村文彦  [招待有り]

    第38回エネルギー・資源学会  (東京大学駒場キャンパス)  2019年08月05日   エネルギー・資源学会

  • 都市バスシステムと街路空間 バス停・バスターミナルの意味

    中村文彦  [招待有り]

    ストリートマネジメントと都市交通  (沖縄総合事務局)  2019年07月16日   内閣府沖縄総合事務局 開発建設部

  • スマートシティに向けた都市交通の課題とMaaSの可能性

    中村文彦  [招待有り]

    SSKセミナー MaaS×スマートシティの新潮流  2019年07月09日   新社会システム総合研究所

全件表示 >>

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • バスと縁石の正着性に関する研究

    提供機関: ㈱ブリヂストン  国内共同研究  

    研究期間: 2016年08月  -  2017年06月 

  • アジア都市における’場’の機能を持った道路設計・運用に関する研究開発

    提供機関: 国土技術政策総合研究所  企業等からの受託研究  

    研究期間: 2016年05月  -  2019年03月 

  • 東京を対象とした次世代都市交通システムの研究

    提供機関: トヨタ自動車㈱  企業等からの受託研究  

    研究期間: 2016年02月  -  2016年12月 

  • バス正着における縁石とタイヤに関する研究

    提供機関: ㈱ブリヂストン  国内共同研究  

    研究期間: 2015年10月  -  2016年07月 

  • 名護バスターミナルのあり方に関する研究

    提供機関: ㈱トーニチコンサルタント  企業等からの受託研究  

    研究期間: 2015年06月  -  2015年08月 

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院都市イノベーション学府  都市基盤政策特論

  • 大学院都市イノベーション学府  Urban Transportation Planning and Policies

  • 大学院都市イノベーション学府  都市基盤政策論

  • 都市科学部  都市環境実験・演習A

  • 都市科学部  公共交通工学

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年11月
     
     
    第58回土木計画学研究発表会秋大会   (学会等における学生の発表実績)

     概要を見る

    発表区分:博士前期・修士 組織:横浜国立大学 大学院都市イノベーション学府 都市地域社会専攻 都市地域社会コース 組織名(和):土木学会 組織名(英): 主たる指導教員:有 発表学会等名(和):第58回土木計画学研究発表会秋大会 発表学会等名(英): 国際/国内の別:国内 開催地:大分大学 主たる経費:研究費

  • 2018年09月
     
     
    土木学会第73回年次学術講演会   (学会等における学生の発表実績)

     概要を見る

    発表区分:博士前期・修士 組織:横浜国立大学 大学院都市イノベーション学府 都市地域社会専攻 都市地域社会コース 組織名(和):土木学会 組織名(英): 主たる指導教員: 発表学会等名(和):土木学会第73回年次学術講演会 発表学会等名(英): 国際/国内の別:国内 開催地:北海道大学 主たる経費:研究費

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 国土交通省交通政策審議会

    2013年03月
    -
    2015年03月

    その他   委員

  • 国土交通省交通政策審議会交通体系分科会

    2013年03月
    -
    2015年03月

    その他   委員

  • 相模原市新しい交通システム導入検討委員会

    2013年02月
    -
    2015年01月

    その他   委員

  • 日本交通政策研究会理事

    2012年06月
    -
    2014年06月

    その他   理事

  • 国際交通安全学会 研究調査部会企画委員会

    2011年04月
    -
    2015年03月

    その他   委員

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 2019年度公開講座 都市交通計画最前線サマースクール

    横浜国立大学都市イノベーション研究院  (横浜国立大学 土木工学棟セミナールーム) 

    2019年07月
     
     

     概要を見る

    モビリティデザイン演習体験

  • NHK文化センター横浜国立大学提携講座「知の大学」

    NHK文化センター  (ランドマークタワー) 

    2019年05月
     
     

  • JICA課題別研修「総合都市交通計画」コース

    国際協力機構  (JICA東京国際センター) 

    2018年11月
     
     

     概要を見る

    「都市のバス交通計画とその運営」講義実施 「パラトランジット」講義実施

  • JICA課題別研修「都市計画総合」コース

    国際協力機構  (JICA東京国際センター) 

    2018年10月
     
     

     概要を見る

    「都市計画/TODとバス、バストランジットの活用」講義実施

  • 国土交通大学校 専門課程 街路・都市交通施設研修

    国土交通大学校  (東京都小平市) 

    2018年09月
     
     

     概要を見る

    「中心市街地の交通まちづくり」の講義

全件表示 >>