中村 一穂 (ナカムラ カズホ)

NAKAMURA Kazuho

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

職名

准教授

生年

1970年

研究キーワード

ろ過、界面物理化学、計測制御システム、体外診断、膜分離

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs




直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Filtration and backwashing behaviors of the deep bed filtration using long length poly-propylene fiber filter media   2018年

    【論文】 Characterization of pore size distribution of non-woven fibrous filter by inscribed sphere within 3D filter model,  2018年01月

    【論文】 炭酸カルシウムの反応晶析における溶液のイオン組成とゼータ電位の変化, 化学工学論文集  2018年01月

    【論文】 The Behaviors of Organic Impurities in Distillation Column for Bioethanol Production Plant from Waste Woods  2016年

    【著書】 膜ファウリングと膜面における現象  2014年

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年

    横浜国立大学   工学研究科   物質工学   博士課程   単位取得満期退学

  •  
    -
    1993年

    横浜国立大学   工学部   物質工学   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) - 横浜国立大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   准教授  

  • 2001年4月
    -
    2007年3月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   助手  

  • 2000年4月
    -
    2001年3月

    専任   横浜国立大学   工学部   助手  

  • 2018年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院理工学府   化学・生命系理工学専攻   准教授  

  • 2011年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   理工学部   化学・生命系学科   准教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年4月
    -
    2000年3月

      日本ミリポア(株)   アナリティカル製品事業部   /

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2011年
    -
    現在
     

    日本海水学会

  • 2010年
    -
    現在
     

    日本油化学会

  • 2010年
    -
    現在
     

    日本イオン交換学会

  • 2009年
    -
    現在
     

    環境システム計測制御学会

  • 1993年
    -
    現在
     

    化学工学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / バイオ機能応用、バイオプロセス工学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 移動現象、単位操作

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 多孔質膜の評価と応用

    研究期間:

  • 単位操作と移動現象

    研究期間:

著書 【 表示 / 非表示

  • 都市科学事典

    中村一穂 ほか384名( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 水素社会)

    春風社  2021年2月  ( ISBN:9784861107344

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  • 水処理用分離膜の開発最前線

    中村一穂 ほか34名( 担当: 共著 ,  範囲: 第5章1膜ファウリングとその理解)

    シーエムシー出版  2020年12月  ( ISBN:978-4-7813-1565-2

     詳細を見る

    総ページ数:12   担当ページ:246-257   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    膜ファウリング現象とその理解について解説した。

  • バイオリファイナリーと分離技術

    中村 一穂(共著、監修) 他( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第6章「水素発酵」6-1「バイオマスを利用した水素の生産」)

    日本液体清澄化技術工業会(LFPI)  2020年7月 

     詳細を見る

    総ページ数:166   担当ページ:90-97   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 分離プロセスの最適化とスケールアップの進め方(№2028)

    中村一穂 共74名( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 限外ろ過(UF)法の条件検討と最適化(第5章,第5節))

    技術情報協会  2019年11月  ( ISBN:978-4-86104-766-4

     詳細を見る

    総ページ数:634   担当ページ:283-287   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 化学プロセスのスケールアップ、連続化

    中村一穂 外( 担当: 分担執筆)

    (株)技術情報協会  2019年3月  ( ISBN:978-4-86104-739-8

     詳細を見る

    総ページ数:696   担当ページ:241-248   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    ISBN-978-4-86104-739-8
    「化学プロセスのスケールアップ、連続化」(株)技術情報協会(2019年3月29日)、p.241-248
    タイトル:濾過のメカニズムとプロセス設計

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Analysis of Electrokinetic Response of Solid-liquid Mixture during Expression Operation

    Masashi Iwata, Kazuya Shimoizu, Haruna Sadai, Tomohiro Iwasaki, Kazuho Nakamura, Mohammed Saedi Jami

    Separation and purification technology   256   117761   2020年2月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • 炭酸カルシウムの反応晶析における溶液のイオン組成とゼータ電位の変化

    中村 一穂, 高岸 太一

    化学工学論文集   44 ( 1 )   29 - 34   2018年1月  [査読有り]

    DOI CiNii

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 化学工学会   共著  

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/kakoronbunshu/44/1/44_17wh036/_article/-char/ja/

  • Characterization of pore size distribution of non-woven fibrous filter by inscribed sphere within 3D filter model

    Kazuho Nakamura, Tetsuo Suda, Kanji Matsumoto

    Separation and Purification Technology   197   289 - 294   2018年1月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER   共著  

  • Filtration and backwashing behaviors of the deep bed filtration using long length poly-propylene fiber filter media

    Kazuho Nakamura, Jiro Nakamura, Kanji Matsumoto

    Journal of the Taiwan Institute of Chemical Engineers   2018年1月

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER   単著  

    その他リンク: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1876107018300324?via%3Dihub

  • 界面科学による濾過ケークの構造と圧力損失の基礎研究

    中村 一穂

    ホソカワ粉体工学振興財団年報   26 ( 0 )   105 - 109   2018年

    DOI CiNii

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益財団法人 ホソカワ粉体工学振興財団   単著  

    <p>粒子懸濁液のケーク濾過における濾過特性は,粒子間間隙を液体が透過する際に生じる圧力損失を反映する.この粒子間間隙の大きさを評価するため,粒子の周囲に形成される電気二重層の厚さを利用した流動電位に基づく間隙サイズ<i>D</i><sub>sp</sub>の評価方法の開発を行い,従来の評価指標(動水直径<i>D</i><sub>h</sub>,キャピラリー相当径<i>D</i><sub>p</sub>)と比較した.粒子径の異なるPMMA微粒子を用いて形成したケークの<i>D</i><sub>sp</sub>を評価した結果,<i>D</i><sub>sp</sub>は<i>D</i><sub>h</sub>,<i>D</i><sub>p</sub>と同様に粒子の平均粒子径<i>d</i><sub>50</sub>が小さくなるのに従い小さくなる傾向があった.<i>D</i><sub>sp</sub>は,ケーク比抵抗α<sub>AV</sub>が大きいときに小さくなる傾向が得られ,ケーク層中の粒子充填構造の評価に使用できることが分かった.種々の粒子(PMMA粒子,JIS粉体(関東ローム,重炭酸カルシウム),PbSO<sub>4</sub>,Zn(OH)<sub>2</sub>)により<i>D</i><sub>sp</sub>を評価した結果,その絶対値は<i>D</i><sub>h</sub>,<i>D</i><sub>p</sub>に対して1/4~1/10程度の値であった.<i>D</i><sub>sp</sub>と同時に評価される表面電荷密度<i>q</i><sub>p</sub>は粒子の種類に依存し,その絶対値はおよそ1 × 10<sup>–3</sup>から1 × 10<sup>–2</sup> C/m<sup>2</sup>の範囲の値を示した.</p>

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007656742

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 膜濾過システムの高性能化~フィルターの界面と構造の設計~

    中村一穂

    JACI Newsletter   73   3 - 3   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   単著  

  • タンパク質、微粒子の膜濾過 -ファウリングの解明と制御ー

    中村一穂

    分離技術   49 ( 6 )   14 - 18   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   単著  

  • 不織布フィルターの評価と濾過特性

    中村 一穂

    分離技術   46 ( 4 )   208 - 213   2016年7月

    CiNii

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:分離技術会   単著  

    不織布フィルターは独自の内部構造をもつため特徴的な濾過特性を示すことが知られている。不織布フィルターの構造、濾過特性、濾過条件の関係について解説した。

  • 膜ファウリング現象とその低減化手法の開発

    中村一穂

    機能材料   35 ( 8 )   5 - 11   2015年8月  [依頼有り]

    CiNii

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:シーエムシー出版   単著  

    膜ファウリング現象の基礎と対策について解説した。

  • 液体清澄化技術Q&A[12] -固液分離の単位操作③膜分離 (その2)-

    中村 一穂

    化学装置   56 ( 7 )   6 - 8   2014年7月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:工業通信   単著  

    水処理に用いられる膜分離について解説した。

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 水素製造方法及び水素生産システム

    中村一穂、谷生重晴

     詳細を見る

    出願人:横浜国立大学

    出願番号:特願2019-119738  出願日:2019年6月27日

    出願国:国内  

    水素発酵において、有機酸、特に乳酸の生成に起因するpHの低下を抑制しつつ高速で水槽発酵可能な水素製造方法および水素生産システムを提供する。

  • 水質監視装置及び水処理設備

    松本幹治、中村一穂、古市光春

     詳細を見る

    出願人:横浜国立大学、栗田工業

    出願番号:特願2005-348950  出願日:2005年11月

    出願国:国内  

  • 膜ろ過性能の検知方法、検知装置、膜ろ過方法および膜ろ過装置

    深田尚平、松本幹治、中村一穂

     詳細を見る

    出願人:JFEエンジニアリング株式会社

    出願番号:特願2004-171256  出願日:2004年6月

    公開番号:特開2005-351707 

    出願国:国内  

受賞 【 表示 / 非表示

  • 石油学会 論文賞

    2012年05月    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ナノ・マイクロ空間の固液界面制御による圧力損失の低減効果

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:中村一穂

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    濾過ケークや多孔質膜などの微細な間隙を液体が通過する際に生じる圧力損失について、新しい界面状態の測定装置の開発と表面改質による界面の開発を行う。

  • 界面科学に基づくナノ・マイクロ空間の圧力損失モデル

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:中村一穂

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    ナノ・マイクロ空間の水の粘性に及ぼす、空間サイズ、固体表面の物性(親・疎水性、荷電特性)、溶質の種類(イオン、高分子電解質、界面活性剤ほか)の影響について検討し、圧力損失のモデル化を行った。

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 高速水素発酵菌による未利用バイオマスからの世界最高効率の水素発酵プロセス開発

    2019年4月 - 2021年3月

    北海道大学  ロバスト農林水産工学研究プログラム

    代表者:中村一穂

     詳細を見る

    水素発酵による未利用バイオマスからの水素回収プロセス開発に必要なバイオマスおよび菌叢の調査を行う。メタン発酵を行っているバイオプラント、液肥利用農家のヒアリングを行い、有用菌叢の調査およびバイオマスの種類などの現地およびラボにおける検討を行った。

  • 南インドにおける持続可能な環境保全とエネルギー技術の開発

    2019年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  JSPS 二国間交流事業 共同研究・セミナー

    代表者:中村一穂

     詳細を見る

    南インドは産業成長の場として注目されており、SDGsに基づく持続可能な環境保全技術やエネルギー技術の開発が大きな課題となっている。本セミナーでは、インドより著名な研究者を招聘し、SDGsに基づく研究開発の動向、日印および横浜の産学官ネットワークの構築を主な目的とするセミナー、見学会を行った。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 電気粘性効果による精密ろ過膜のフラックス変化と表面改質の影響

    中村一穂、和久井健司、末永毅

    化学工学会第86年会  (オンライン)  化学工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • 混合培養系による水素発酵特性に及ぼす基質条件の影響

    中村一穂、彦坂莉希、和久井健司、谷生重晴

    化学工学会第86年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 横浜インド産学官連携による実践人材育成事業の紹介

    中村一穂

    第4回横浜国大日印産官学連携人材育成セミナー  (オンライン)  YNU日印セミナー実行委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  • SDGsが目指す社会と企業の取り組み

    中村一穂  [招待有り]

    LFPI 水環境とSDGsの視点 ー企業が目指すこと‐  (オンライン)  日本液体清澄化技術工業会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  • Development of microflora for hydrogen production from biomass

    Nakamura Kazuho

    Japan-India YNU Symposium 2020  (オンライン)  横浜国立大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • ペトロテック

    編集委員 

    2017年5月
    -
    2020月4日
     

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 分離プロセスのための計測・制御技術

  • 膜ろ過プロセスに関する研究

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年度   プロセス工学技術創生実習S

    大学院理工学府

  • 2021年度   プロセス工学技術創生実習F

    大学院理工学府

  • 2021年度   分離工学特論

    大学院理工学府

  • 2021年度   バイオ創生・計測工学実習S

    大学院理工学府

  • 2021年度   バイオ創生・計測工学実習F

    大学院理工学府

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 2019年度分離技術会年会奨励賞・住友化学賞

    2019年05月25日   分離技術会  

    受賞者(グループ): 塩澤滉平

     詳細を見る

    金属水酸化物のろ過・圧搾特性とケーク構造との関係

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2021年07月
     
     
    令和3年度化学工学会秋田大会 学生奨励賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:天野晃太(横浜国立大学大学院理工学府 ) 指導教員:中村一穂 准教授 受賞論文:「電気粘性効果による精密ろ過膜の圧力損失の低減」 授与者:化学工学会東北支部、関東支部、北海道支部 受賞年月:2021(R3)年7月1日

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 化学工学会

    2019年04月 - 現在  代議員

     詳細を見る

    委員区分:その他 

    化学工学会 代議員 平成31年度 

  • 化学工学会

    2019年04月 - 2021年3月  関東支部 幹事

     詳細を見る

    委員区分:その他 

    化学工学会 関東支部 幹事 平成31・32年度 

  • 造水促進センター事業評価委員会

    2019年01月 - 2020年12月  副委員長

     詳細を見る

    委員区分:その他 

    造水促進センター事業評価委員会副委員長 2019年1月1日~2020年12月31日まで

  • 造水促進センター事業評価委員会

    2019年01月 - 2020年12月  委員

     詳細を見る

    委員区分:その他 

    造水促進センター事業評価委員委員 2019年1月1日~2020年12月31日まで

  • 分離技術会

    2018年06月 - 現在  企画委員会副委員長

     詳細を見る

    委員区分:その他 

    分離技術会 企画委員 平成30・31年度

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • SDGsに取り組む大学特集「ポスト2030に向けた知と実践」

    役割:取材協力

    東洋経済新聞社  東洋経済ACADEMIC SDGsに取り組む大学特集 Vol.2  2020年6月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業, 行政機関, メディア

    種別:新聞・雑誌

    研究紹介記事 p.48-49:
    「安全な水を、世界に」研究力で解決する世界の水問題
    発売:2020年6月26日

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2017年03月
    -
    現在
      日印交流関係の活動   (その他の主要活動)