中村 靖 (ナカムラ ヤスシ)

NAKAMURA Yasushi

所属組織

大学院国際社会科学研究院 国際社会科学部門

職名

教授

生年

1957年

研究キーワード

マクロ経済モデル、ロシア経済、金融経済、空間経済モデル、経済発展

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0002-0026-8715

代表的な業績 【 表示 / 非表示

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1986年

    東北大学   経済学研究科   経済学

  •  
    -
    1979年

    東北大学   経済学部   経済学

学位 【 表示 / 非表示

  • 経済学博士 - 東北大学

  • 経済学修士 - 東北大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院国際社会科学研究院   国際社会科学部門   教授  

  • 2006年4月
    -
    2013年3月

    専任   横浜国立大学   大学院国際社会科学研究科   教授  

  • 2004年4月
    -
    2006年3月

    専任   横浜国立大学   経済学部   教授  

  • 2002年4月
    -
    2004年3月

    専任   横浜国立大学   大学院国際社会科学研究科   教授  

  • 1998年4月
    -
    2002年3月

    専任   横浜国立大学   経済学部   教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年11月
     
     

      Bank of Finland   Bank of Finland Institute for Economies in Transition   Visiting researcher

  • 2018年10月
    -
    2020年9月

      一橋大学経済研究所   経済研究所   運営委員会委員

  • 2018年10月
     
     

      Halle Institute for Economic Research (IWH)   Visiting researcher

  • 2018年8月
    -
    2018年12月

      Higher School of Economics - National Research University   International Center for the Study of Institutions and Development   Visiting researcher

  • 2014年8月
    -
    2014年11月

      Bank of Finland   Bank of Finland Institute for Economies in Transition   Visiting researcher

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1980年
    -
    現在
     

    比較経済体制学会

  • 2005年1月
    -
    現在
     

    European Association for Comparative Economic Studies

  • 1990年1月
    -
    現在
     

    環太平洋産業連関分析学会

  • 2017年1月
    -
    現在
     

    Regional Studies Association

  • 2011年
    -
    現在
     

    Association for Comparative Economic Studies

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 理論経済学  / 経済理論

  • 人文・社会 / 経済政策  / 経済政策(含経済事情)

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 情報処理安全確保支援士

  • 応用情報技術者

  • PCAP - Certified Associate in Python Programming

  • PCEP - Certified Entry-Level Python Programmer

  • 基本情報技術者/第2種情報処理技術者

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ユーラシア地域の空間経済分析

    研究期間:

  • 日本とロシアの経済発展の比較

    研究期間:

  • 計算可能一般均衡モデル

    研究期間:

  • マクロ経済シミュレーションモデルの開発

    研究期間:

著書 【 表示 / 非表示

  • Monetary Policy in the Soviet Union

    Yasushi NAKAMURA( 担当: 単著 ,  範囲: 1-222)

    Palgrave McMillan  2017年9月  ( ISBN:9781137494160

    Amazon

     詳細を見る

    総ページ数:222   担当ページ:1-222   記述言語:英語 著書種別:学術書

    This book sheds light on ​the Soviet economic system, which claimed the eventual abolition of money, collapsed following a monetary turmoil. It argues that the cause of the economic collapse was embedded in the design of the economic system. The Soviet economic system restricted the market, but continued to use fiat money. Consequently, it faced the question for which no feasible answer seemed to exist: how to manage fiat money without data and information generated by the market? Using Soviet data newly available from the archives, the book evaluates the performance of the components of monetary management mechanism, discovers the continuous accumulation of open and secret government debts, and quantitatively analyzes the relationship between economic growth and the money supply to support the argument. The book concludes that the Soviet economic collapse marked the end of the long history of Soviet monetary mismanagement.

  • Russian Economic Development over Three Centuries

    Kuboniwa, M., Nakamura, Y., Kumo, K., Shida, Y.( 担当: 共編者(共編著者))

    Palgrave-Macmillan  2019年11月  ( ISBN:9789811384288

     詳細を見る

    総ページ数:443   記述言語:英語 著書種別:学術書

    This book aims to provide a comprehensive statistical picture of the Russian economic development covering the Imperial, Soviet, and New Russian periods. The authors have reconstructed Russian socio-economic statistics from both published and archival materials. The book gives concise descriptions as well as new insights on the Russian economic development. Compiled such that estimations by the authors are kept to a minimum and extensive explanations and notes on the sources, the definitions, the statistical methodologies, the problems and inconsistencies of the original data, and the pitfalls of interpreting the time series are given makes this a standard reference book of the Russian economic history. It will be of value to economists, scholars of collectivist economics, and scholars of Russia and the Soviet experience.

  • The Russian Economy and Oil and Gas

    Yasushi NAKAMURA( 担当: 共著)

    北海道大学出版会  2008年6月  ( ISBN:9784832966956

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 転換期のロシア経済

    久保庭正彰、田畑伸一郎、上垣彰、田畑理一、石川健( 担当: 共著)

    青木書店  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:その他

  • 計画経済のミクロ分析

    ( 担当: 単著)

    日本評論社  1992年12月  ( ISBN:4535580529

     詳細を見る

    総ページ数:274   担当ページ:1-274   記述言語:日本語 著書種別:学術書

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 計画経済と市場経済

    中村靖

    1992年3月

    未設定   単著    [査読有り]

     詳細を見る

    計画経済における家計,企業,政府の経済主体の行動を定式化し,計画経済における生産性低下の原因を分析した.

論文 【 表示 / 非表示

  • Structural Changes in World Population and Economy, 1950 to 2100: Visualization and Analyses

    Yasushi NAKAMURA

    Center for Economic Institutions, Working Paper Series, Institute of Economic Research, Hitotsubashi University   ( 2020-3 )   1 - 31   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   出版者・発行元:Institute of Economic Research, Hitotsubashi University   単著  

    This study promotes the use of the economic centroid method, which calculates the mean
    of the coordinates of the regions in an area weighted by a socioeconomic variable. It
    applies this method to world population and economic data from 1950 to 2100. Supported
    by the deviations from proportional growth approach and a newly developed Quantum
    GIS Python tool, it successfully visualises structural changes in the world population and
    economy. The economic centroid method needs further development to add the ability to
    minimise the influence of the geographical location of a region on the centroid’s
    movement.

  • World GDP and Employment including the Soviet Bloc

    Yasushi NAKAMURA

    Open Science Framework   2020年

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   出版者・発行元:Open Science Framework   単著  

  • ロシア経済の太平洋シフトと日本産業の展望:空間経済構造分析

    Yasushi NAKAMURA

    平成30年度 産業構造調査研究事業 研究報告書   1 - 60   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   出版者・発行元:Sangyo Kouzo Chyosa Suishin Kikou   単著  

    The report identified that there was not significant shift of the Russian economy to the Asia and Pacific region despite the desire of the Russian government. On the other hand, the significance of economic relations of Russia to Europe was confirmed, Russia's dependency on Europe is historically and geographically important. It is naturally encouraged that the Russian economy enlarge economic relations with Asia; it, nevertheless, seems true that only reconstruction of Russian economic relations to Europe can recover the Russian economy. This implies that Russia should abandon the ideology inclining to the state intervention and a closed economy.

  • Establishing A New State under Human Resource Constraint: The Experience of the German Reunification

    Yasushi NAKAMURA

    RRC Working Paper   ( 75 )   1 - 41   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   出版者・発行元:Institute of Economic Research, Hitotsubashi University   単著  

    The human resources of East Germany were short in the terms of political integrity and professional qualification to establish the new public institutions modeled to those of West Germany. Dispatching West German personnel, extensive re-training, and creation of informal personal network were the solution to compensate the shortage and to transfer knowledge and know-hows to East Germany. Reunified Germany established the new public institutions quickly, although the sudden change might discourage East-German personnel's self-efforts to improve their capacities. The German experience suggests that it is difficult for the other ex-socialist countries those cannot expect quick transfer of knowledge and know-hows from the democratic market countries to establish their new public institutions quickly. It would take a long time of a generation and more for those countries to complete the systemic transformations, because the accumulation of the human capital needs the long period.

    その他リンク: https://www.ier.hit-u.ac.jp/rrc/English/RRC_WP_No75.pdf

  • The Relationship between the Real and Financial Economies in the Soviet Union

    Yasushi Nakamura

    Explorations in Economic History   66   65 - 84   2017年7月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   単著  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 体制転換後の国家機構構築とその運営に必要な人的資源育成についての研究

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  挑戦的研究 (萌芽)

    代表者:中村靖

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    ドイツ統一後の東独地域における国家機構・行政機構の構築とその運営に必要な人的資源の確保のために何がおこなわれ,どれだけの費用がかかり,どれだけの成果を挙げたかを分析する.この研究成果は,今後の体制転換後,紛争解決後の復興時における国家機構構築のために有益な情報と知識を提供する.本研究は,経済史,経済体制論,政治学,行政学の境界領域でおこなわれ,他に類似の研究は存在しないか,きわめて少ないと思われる.

  • ロシアの長期経済発展の実証的分析:1860-2010年

    2015年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    代表者:中村 靖

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

     本研究は,従来利用できなかったアーカイブ資料を含むロシア歴史統計を制度論観点から数量的,計量的方法によって分析し,ロシアの過去150年の経済発展を総括することを目的とする.研究は国際共同研究としておこない,その成果は英語版書籍(World Scientific出版社予定),ロシア語版書籍(Statistika出版社と交渉中)として出版する.

  • マイクロ・データにもとづくロシア経済構造分析用計算可能一般均衡モデルの構築

    2002年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:中村靖

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    資源産業と金融部門を明示的に含むロシア経済の一般均衡モデル作成を目的として研究をおこなった。
    金融部門モデル化では、ロシア家計貯蓄・消費行動の情報不足を補うためにロシア人研究者と共同でロシア国内2地域計500標本のパイロット・サーベイをおこなった。この調査から数多くの新たな情報が得られ、静態的実物的ロシアCGEモデルの作成が可能となった。ロシア側からも「従来にない情報を得られた」と評価された(研究協力者S-Shashnovのロシア語論文参照)が、ロシア側の組織上、資金上の問題により本研究の資金規模では本格調査の実施は不可能になった。マクロ統計ベースの金融モデル化に重点を移し、2001年資金循環表を推計した、この資金循環表はバランシング処理を前後で数値が大きく変化した。このことは、ロシア公式統計に大規模な情報の欠如、不整合があり、推計資金循環表の信頼性は実際の分析に利用できる水準にないことを意味する。
    資源産業モデル化では、企業会計情報をもとに石油ガス企業行動をCGEモデルに組込む作業を完了した。このモデルは、石油ガス価格統制の経済的意義の分析などを多くの成果をもたらし、その成果は国内外のレフェリー付学術雑誌などにすでに発表されている。また静態CGEモデル作成方法論についても標準的方法をほぼ確立する成果をあげた。しかし、金融モデル化が完了しなかったため資源産業CGEモデルは静態モデルにとどまった。静態モデルでは本研究の最終目的であるロシアの長期的経済発展の分析をおこなえない。研究助成期間は終了したが、(1)金融部門を大幅に縮小したロシア動態モデル、(2)ロシア推計資金循環表と同等の金融部門を含む日本経済動態モデルの開発を続けている。この継続研究に対して科学研究費補助金は交付されなかったため、研究の進行は遅い。

  • 金融部門を含む計算可能一般均衡モデルによるロシア経済分析

    2000年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:中村靖

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    研究目的
    本研究は、金融部門を含むロシア経済計算可能一般均衡(CGE)モデル(プロトタイプ)を作成し、家計貯蓄行動に焦点をあてたロシア経済構造分析をおこなうことを目的とした。
    研究成果
    本研究において、CGEモデル作成方法論、およびウズベキスタンCGEモデル(プロトタイプ版)作成の2点で具体的成果をあげ、研究発表リスト文献においてこれらの成果を発表した。これらの成果のうち、実際のデータから中規模CGEモデルを作成する標準的手順の提唱と解説は、これまで他に例がないものであり、経済学の教育・研究インフラの整備という点でも意義があったと考える。ウベキスタンCGEモデルの完成は、プロトタイプであるならば、条件さえ整えばロシアCGEデルの作成が可能であることを示すものである。
    一方、ロシアCGEモデル(プロトタイプ)は次の問題により作成できなかった。(1)1995年ベンチマーク産業連関表と国民経済統計間の非整合性に関連して、ロシア統計当局が統計指標の修正を繰り返しおこなったこと。(2)1992-98年各年のロシア・ミクロ統計を分析した結果、統計的にはロシア家計貯蓄(預金)率はこの期間ゼロになることを発見したこと、の2点である。
    今後の研究計画
    ロシアCGEモデル作成の障害のうち(1)は、国民経済計算との整合性を高めた1996-97産業連関表が最近公表されたことで解決の見通しがついた。(2)は、金融CGEモデル作成上はやっかいな問題であるが、それ自体はロシア経済の本質的理解にかかわる興味深い発見である。この事実を確認、分析するため、ロシア人研究者との共同研究を企画している。その一部は日本学術振興会の平成14年度研究者招へい事業として実現する予定である。また「マイクロ・データにもとづくロシア経済構造分析用CGEモデルの構築」として平成14-16年度基盤研究(C)に応募している。

  • 移行経済諸国の分配と経済発展の相互関係

    1995年4月 - 1997年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:中村靖

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    1.成果
    (1)日本、沖縄県、英国、米国、ロシアのSAM作成を通じ、国民経済計算(SNA)統計の利用方法、データ不足への対処方法、分析目的に応じたSAMのデザイン方法について知識を蓄積した。
    (2)不整合なデータから作成したSAMの各勘定の収支を一致させるために必要となるマトリックス・バランシング手法についてサーベイし、各手法をテストした。結果として、各勘定の収支均等を制約条件として原データからの乖離率の2乗和を最小化する最適化問題を解くという手法がSAM作成に適していることがわかった。
    (3)SAMの乗数手法を実際に応用し、従来の産業連関表による乗数分析との違いをあきらかにした。とくに構造パス分析については、分析用ソフトウェアを新規に作成、実用化した。
    2.今後の課題
    (1)ロシア経済SAMの作成、分析は、統計データの問題により最終的な成果は得られなかった。しかし、ロシア経済統計について理解を深めることができ、今後のロシア経済SAM作成の手掛かりを得た。
    (2)SAMの発展形態である計算可能一般均衡(CGE)モデルの作成を開始することを予定していたが、SAMの作成、分析(特に分析用ソフトの作成)に予想以上の時間がかかり、この方向へ前進することができなかった。しかし、本研究により、CGEモデルに必要なデータ面についての基礎は固まった。今後、ロシアSAMとロシアCGEモデルの作成に本格的に取りかかる。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • ロシアを中心とした新興諸国国際的金融連関の統計的分析

    2015年4月 - 2016年3月

    一橋大学経済研究所  一橋大学経済研究所共同利用共同研究拠点事業

    代表者:中村 靖

  • 市場経済移行諸国の生産性成長パターンの比較研究

    2014年4月 - 2015年3月

    北海道大学スラブユーラシア研究センター  「スラブ・ユーラシア地域(旧ソ連・東欧)を中心とした総合的研究」に関わ る「プロジェクト型」の共同研究

    代表者:中村 靖

  • ロシア家計行動の統計的分析

    2002年4月 - 2003年1月

    日本学術振興会  ロシア及びNIS諸国研究者交流事業

    代表者:中村 靖

  • ロシア家計貯蓄行動の分析

    2001年9月 - 2001年10月

    地方自治体  国際交流(招聘)

    代表者:中村 靖

  • 移行経済諸国との経済関係の日英比較

    1998年3月 - 1999年3月

    The British Council  The British Council Grant

    代表者:中村 靖

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Structural Changes in World Population and Economy, 1950 to 2100: Visualization and Analyses

    中村 靖

    比較経済体制学会2020年度大会  (西南学院大学)  比較経済体制学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:西南学院大学  

    The paper aims to introduce a new ‘economic centroid’ method to visualize and analyze structural changes of the sub-regions in relative to their upper region which employs the concept of ‘economic centroid’. The paper first explains the definition of ‘economic centroid’ and a decomposition method to analyze changes in ‘economic centroid’ being based on the deviation from proportional change (DPG). Next, the paper introduces a newly developed python tool for a GIS software, QGIS, and a Graph library, Plotly, to perform the economic centroid analysis. Finally, the paper presents an example to apply the economic centroid method and the python tool to the world-wide structural changes in population and economy. The example using the actual and projected data on population and GDP by country for 1950 to 2100 shows that the economic centroid method can successfully visualize the significance of the structural changes in the world population and economy occurred after 1950 and of challenges ahead for a sustainable growth toward 2100.

  • Grwoth and Structural Change in the Russian Regions and Industries

    Yasushi NAKAMURA  [招待有り]

    Development of a QGIS-Python Tool for Economic Centroid Analysis  (北海道大学スラブユーラシア研究センター)  北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学スラブユーラシア研究センター  

    QGISとPythonを用いた空間経済構造分析ツールEcatの解説およびその米国とロシアへの応用例を報告した.

  • 地理情報システムの比較経済研究への応用

    Yasushi NAKAMURA, Xinyuan ZHANG, Kaori ARIKAWA

    比較経済体制学会第59回全国大会  (一橋大学)  比較経済体制学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:一橋大学  

    経済重心の軌跡をその基準変動からの偏移を計測することで構造変化を探る手法について,日本,米国,中国,ロシアの人口重心,GRP
    重心,労働生産性重心をもちいて例示した.

  • Changes in Russian Spatial Economic Structure

    Yasushi NAKAMURA  [招待有り]

    International Center for Governance and Economic Development Studies Seminar Series   (Higher School of Economics, Moscow)  International Center for Governance and Economic Development Studies, Higher School of Economics

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Higher School of Economics, Moscow  

    Changes in the Russian spatial economic structure were presented by calculating various economic centroids. The result suggested the dependency of the Russian economy on the western Europe.

  • Is Russia moving to the East? A Simple Spatial Analysis

    Yasushi NAKAMURA  [招待有り]

    Bank of Finland Institute for Economies in Transition (BOFIT) Seminar Series  (Bank of Finland, Helsinki)  Bank of Finland Institute for Economies in Transition (BOFIT)

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Bank of Finland, Helsinki  

    To confirm if the Russian economy moves to the East / the Pacific Ocean, the various economic centroids were calculated. The results show no movement to the East.

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • Journal of Interdisciplinary Economics

    Advisory Board 

    1985年1月
    -
    現在
     

  • 比較経済体制学会年報

    編集委員長 

    2005年6月
    -
    2007月6日
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年度   制度と経済:ポリティカル・エコノミー入門

    経済学部

  • 2021年度   中村(靖)ゼミナール

    経済学部

  • 2021年度   中級ロシア東欧経済

    経済学部

  • 2021年度   中級ロシア東欧経済 分野別演習

    経済学部

  • 2021年度   ゼミナールⅠ

    経済学部

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • マクロ経済学

    機関名:法政大学

  • 経済システム特殊講義(経済構造の国際比較)

    機関名:立正大学

  • 現代政治経済学

    機関名:東北大学

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 一橋大学経済研究所運営委員

    2018年10月 - 2020年9月  運営委員

     詳細を見る

    委員区分:その他 

  • 比較経済体制学会

    2015年09月 - 2017年9月  代表幹事

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 防災の主流化

    2014年09月 - 2015年7月  アドバイザー

     詳細を見る

    委員区分:政府 

  • 北海道大学スラブ-ユーラシア研究センター共同研究員

    2001年04月 - 現在  共同研究員

     詳細を見る

    委員区分:その他 

  • 大規模産業連関表に係る技術指導(ウズベキスタン)

    2000年11月 - 2002年3月  技術指導者

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • International Workshop on Russian Historical Statistics

    日本,横浜  2017年2月

  • International Workshop on Economic Development of Eurasian Countries from Wider Perspectives

    日本,横浜  2017年2月

  • Economic growth of economies in transition in comparison: from the perspectives of value added generation and productivity

    日本,札幌  2015年3月

  • Statistical Analyses of International and Financial Relations among Emerging Economies: With Special Attention to Russia

    日本,東京都  2014年3月