中尾 方人 (ナカオ マサト)

NAKAO Masato

所属組織

大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門

職名

特別研究教員

生年

1974年

研究キーワード

木質構造

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0003-1936-5846

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年

    筑波大学   工学研究科   構造工学専攻   修士課程(博士前期課程)   修了

  •  
    -
    1997年

    筑波大学   基礎工学部   構造工学主専攻   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) - 横浜国立大学

  • 修士(工学) - 筑波大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション研究院   都市イノベーション部門   特別研究教員  

  • 2007年4月
    -
    2011年3月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   特別研究教員  

  • 2001年4月
    -
    2007年3月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   助手  

  • 1999年12月
    -
    2001年3月

    専任   横浜国立大学   工学部   助手  

  • 2011年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   理工学部   建築都市・環境系学科   特別研究教員  

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1998年12月
    -
    現在
     

    日本コンクリート工学会

  •  
     
     
     

    日本地震工学会

  •  
     
     
     

    日本建築学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 木質科学

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築構造、材料

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 木造住宅の耐震性能評価に関する研究

    研究期間:

  • 伝統的構法の木造建築物の構造性能評価

    経常研究  

    研究期間:

  • 伝統的木造建築物の耐震性能評価

    研究期間:

  • 木造建築物の耐久性評価

    その他の研究制度  

    研究期間:

著書 【 表示 / 非表示

  • 既存木造建築物健全性調査・診断の考え方(案)(木質部材・接合部等)

    中島正夫, 山口修由, 石山央樹, 大塚亜希子, 輿石直幸, 澤田圭, 津和佑子, 戸田正彦, 中尾方人, 原田真樹, 森拓郎, 山崎真理子( 担当: 分担執筆)

    日本建築学会  2022年3月   [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • メタルラス及びラスシート下地の設計技術資料(鉄鋼造編)

    山中豊茂,近藤敏,中尾方人( 担当: 共著)

    ラスシート工業会 技術委員会、近畿メタルラス工業組合  2020年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • 建築工事標準仕様書・同解説 JASS15 左官工事

    井上 照郷, 大久保 孝昭, 輿石 直幸, 永井 香織, 宮村 雅史, 守屋 善裕, 稲垣 和宏, 三原 斉, 中尾 方人, 森脇 貴志, 斎藤 金次郎, 鈴木 光, 鳥越 宣宏, 山口 雅人, 山田 宮土理,山中 豊茂( 担当: 分担執筆)

    日本建築学会  2019年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 伝統的構法のための木造耐震設計法

    伝統的構法木造建築物設計マニュアル編集委員会( 担当: その他)

    学芸出版社  2019年6月  ( ISBN:9784761540944

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • プレキャスト鉄筋コンクリート連層耐震壁の水平せん断耐力の評価法と設計例

    今井弘、松本智夫、武田友喜、小室邦博( 担当: 共著)

    日本建築学会  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

学位論文 【 表示 / 非表示

論文 【 表示 / 非表示

  • 筋かい金物の形状が引張筋かい耐力壁の耐震性能に及ぼす影響

    中尾 方人, 古田 智基

    日本建築学会技術報告集   28 ( 68 )   185 - 190   2022年2月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本建築学会   共著  

    <p>To clarify the difference in the structural performance of the plate-type-connector, the box-type-connector, and the L-shaped-connector, the static shear loading tests of tensile brace shear walls were performed. From the tests, it was found that the plate-type-connector provides high lateral stiffness, while the structural performance of the L-shaped-connector was lower than the ones of the plate-type-connector and the box-type-connector. Regarding the relationship between the axial load of a brace and the diagonal displacement of a wood frame, the difference in initial stiffness was not detected in the specimens with 1P, 1.5P, and 2P of wall length.</p>

  • 在来軸組CLTフラットスラブ構法における各部の構造特性の検証

    古田智基,中尾方人

    西日本工業大学紀要   50   75 - 80   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   共著  

  • L形筋かい金物を用いた引張筋かい耐力壁の復元力特性の評価に関する研究

    宮崎 太郎, 中尾 方人, 古田 智基

    日本建築学会構造系論文集   84 ( 765 )   1421 - 1431   2019年11月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本建築学会   共著  

    <p> A braced shear wall is an important shear resistant element in post and beam construction in Japan. Braced shear walls have better work-ability than nailed plywood shear walls and easier to install ventilation holes and piping holes. Also, it has advantages such as high wall magnification can be obtained by using in combination with plywood, it is widely used in wooden houses.</p><p> Though many studies have been done on the static structural performance of braced shear walls, it was difficult to predict the load- story displacement relationship of the braced shear wall on tensile direction. In this study, focused on the braced shear wall using L-shaped brace connectors that connect the ends of a brace and columns, which have become popular in recent years, static shear loading tests of the single-braced shear wall specimens were conducted. Variables of the specimens were the wall length, the thickness of the L-shaped brace connector, the number and the length of screws.</p><p> Then, an analysis model of the braced shear wall with the L-shaped brace connectors was proposed and static pushover analyses were conducted. The analysis result showed close to the load-displacement relationship of the experiment up to about 1/50 rad.</p><p> From the static shear loading tests and the pushover analyses, following findings were obtained.</p><p> </p><p> a) As the thickness of the L-shaped brace connector increases, the shear strength of the braced shear wall increases and the ultimate displacement decreases.</p><p> b) Effect of the number of the screws on the column on the shear strength of the braced shear wall is small in the case of 910mm of wall length. However, in the case of 1365mm and 1820mm of wall length, since a ratio of the horizontal component of the axial tensile force of the brace to the vertical component of the one increases, it affects the shear strength.</p><p> c) With long screws on the column, the maximum shear strength of the braced shear wall increases. However, there is possibilities of pulling-through the screw from the connector or splitting failure of the column. Therefore, the higher pull-out strength of the long screw may not affect the maximum strength.</p><p> d) Even if the number of screws on the brace side increases, the influence on the shear strength of the braced shear wall is small due to cracks on the end of the brace. If the cracks on the brace do not occur, the maximum shear strength of the braced shear wall is considered to increase.</p>

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007753071

  • 単位壁長の通気構法モルタル外壁のせん断耐力および変形性能

    中尾方人,井上照郷,稲垣和宏,梅田泰成,山中豊茂,近藤敏,宮村雅史

    日本建築学会技術報告集   24 ( 56 )   165 - 170   2018年2月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本建築学会   共著  

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/aijt/24/56/24_165/_article/-char/ja/

  • 開口を有する軽量モルタル塗り通気構法外壁のせん断耐力評価

    中尾 方人,小野 泰,田原 賢,宮村 雅史,井上 照郷,古賀 一八

    日本建築学会構造系論文集   82 ( 733 )   451 - 461   2017年3月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本建築学会   共著  

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/aijs/82/733/82_451/_article/-char/ja/

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 「メタルラス標準施工マニュアル-鉄骨造編-」と「ラスシート施工マニュアル」について

    中尾方人

    建材フォーラム   2020年11月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   単著  

  • 木造住宅の構造と耐震性

    中尾方人

    セイフティエンジニアリング   ( 193 )   20 - 25   2018年12月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:公財 総合安全工学研究所   単著  

  • 伝統系耐力壁の靭性

    中尾方人

    建築技術   ( 821 )   142 - 145   2018年5月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:建築技術   単著  

  • 腰掛け鎌継ぎの引張性能

    中尾方人

    建築技術   ( 731 )   150 - 151   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   単著  

  • 既調合軽量モルタル塗り通気工法外壁の構造性能

    古賀一八,稲垣和宏,山中豊茂,田原賢,石井壮一郎,中尾方人,小野泰,宮村雅史,伏木剛志,鈴木光,守屋善裕,大原信二,山崎肇,井上照郷

    建築仕上技術   36 ( 424 )   38 - 53   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著  

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • ラスモルタル構造体、支持金具

    中尾方人

     詳細を見る

    出願番号:特願2020-057603  出願日:2020年3月27日

    出願国:国内  

  • 木造建物の構造

    古田智基, 中尾方人

     詳細を見る

    出願番号:特願2019-079433  出願日:2019年4月18日

    出願国:国内  

  • エネルギー吸収機構及び木造建物

    古田智基,中尾方人

     詳細を見る

    出願番号:特願2019-021908  出願日:2019年2月28日

    出願国:国内  

  • 木造建物の構造

    古田智基,中尾方人

     詳細を見る

    出願番号:特願2018-064386  出願日:2018年3月29日

    特許番号/登録番号:特許7054183 

    出願国:国内  

  • エネルギー吸収機構及び木造建物

    古田智基,中尾方人

     詳細を見る

    出願番号:2017-227401  出願日:2017年11月28日

    特許番号/登録番号:特許第6635607号  発行日:2019年12月27日

    出願国:国内  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • コンクリート工学講演会,優秀講演賞

    1999年07月    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 木造住宅における多様な内外装材に対応した層間変位追従性能の検証法の開発

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:中尾方人

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 任意寸法の軸組を対象とした筋かい耐力壁の性能設計実現に向けた基礎研究

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:中尾 方人

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 高減衰ゴムを用いた靱性型高倍率パッシブ制振機構の開発および簡易応答予測法の提案

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:古田智基

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 高耐久高耐力外装材による耐震補強効果の検証

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    代表者:中尾方人

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 伝統木造建築物の構造ディテールに基づく設計法の構築に関する研究

    2007年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  科学研究費補助金

    代表者:鈴木 祥之

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 大地震を想定した木造住宅用筋かい金物の開発と簡易な耐震設計法に関する研究

    2019年7月 - 2020年3月

    公益財団法人横浜工業会  公益財団法人横浜工業会 研究助成

  • モルタル外壁の耐震性能評価

    2018年9月

    日本建築仕上材工業会 

  • モルタル外壁の耐震性能評価

    2018年9月

    一般企業 

  • 木造住宅を対象とした外装材の層間変位追従性能の評価法の開発

    2018年4月 - 2019年3月

    横浜学術教育振興財団  横浜学術教育振興財団 研究助成

  • 木造耐力壁の耐震性能評価

    2017年12月

    個人 

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 高耐力・高靭性筋かい金物を用いた筋かい耐力壁の耐震性能および各部の変形

    中尾方人、古田智基

    日本建築学会大会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Seismic Performance of a Traditional Wooden House in Okinawa

    Shogo OMI, Juan Jose CASTRO, Masato NAKAO

    The 17th World Conference on Earthquake Engineering 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Simple Shear Strength Evaluation Method of Mortar Finishing External Wall with Opening

    Masato NAKAO

    The 17th World Conference on Earthquake Engineering 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 水平構面にCLTを用いた在来軸組構法木造住宅の開発 その1 構法の概要とCLTの二方向曲げ実験

    古田智基、中尾方人

    日本建築学会大会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Evaluation of Seismic Performance of Braced Shear Wall with L-Shaped Brace Connector

    Masato NAKAO, Tomoki FURUTA

    World Conference on Timber Engineering 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 木質建築物や構造要素の性能評価

  • 新構法、材料、デバイスの開発研究

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 水源林保全学習ツアー参加者への意識調査および分析

    提供機関: 森の循環推進協議会  企業等からの受託研究  

    研究期間: 2017年07月  -  2018年8月 

  • 木造住宅制振構造標準化を目的とした減衰機能付加型筋かい制振金物の実用検証

    提供機関: 科学技術振興機構  出資金による受託研究  

    研究期間: 2015年12月  -  2017年9月 

  • 土塗り壁の構造性能評価

    提供機関: NPO法人 緑の列島ネットワーク  出資金による受託研究  

    研究期間: 2012年11月  -  2013年3月 

  • 伝統的構法の継手・仕口の構造性能評価

    提供機関: NPO法人 緑の列島ネットワーク  出資金による受託研究  

    研究期間: 2011年10月  -  2012年3月 

  • 構造物の耐震性能を高機能化する次世代パッシブトリガーダンパーの開発

    提供機関: 独立行政法人建築研究所  出資金による受託研究  

    研究期間: 2009年04月  -  2012年3月 

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   建築材料実験

    理工学部

  • 2022年度   建築材料・構造実験

    都市科学部

  • 2022年度   建築構造計画と構造デザインⅡ

    都市科学部

  • 2022年度   建築構造・構法設計演習

    都市科学部

  • 2022年度   建築構造・構法設計演習

    理工学部

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 木造住宅の材料・構法と耐震設計

    機関名:琉球大学

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 弘前市伝統的建造物群保存地区保存活用審議会

    2021年08月 - 2022年10月 

     詳細を見る

    委員区分:自治体 

  • 建築研究開発コンソーシアム「CLTを使った新しい木造住宅用構造システムの開発」委員会

    2021年 - 現在  幹事

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 日本CLT協会 性能表示検討小委員会

    2021年 

     詳細を見る

    委員区分:その他 

  • 木質構造制振小委員会

    2020年04月 - 現在 

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 伝統的木造建築物構造設計検証小委員会

    2019年04月 - 2022年3月  幹事

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 大阪府建築士会 建築技術講習会

    役割:講師

    2021年

  • 第一工業大学公開講座「安心・安全」住宅を住まい手が主体的に手に入れるには」

    2016年3月

     詳細を見る

    種別:公開講座

    木造住宅における耐震性確保のポイントについて解説した。

  • 伝統構法木造軸組と土壁

    金沢工業大学地域防災環境科学研究所  石川県白山市八束穂 金沢工業大学やつかほリサーチキャンパス  2009年5月

     詳細を見る

    種別:講演会

    土壁の解析法についての講演

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 耐震固定具の一般ユーザ向け解説書の作成指導

    役割:監修

    2021年3月

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    2021年3月
      理工系創立100周年記念誌編纂委員会 委員   (その他の主要活動)